旧裏エトセトラ

主にポケモンカード旧裏面について。
レギュレーション:関東殿堂2018新殿堂ランク

イメージ 1

3 ミュウツー(コロコロ/ファンブックプロモ)
1 アンノーンW(neo4)
1 アンノーンA(neo2)
1 アンノーンN(PF2)
1 アンノーンT(neo4)
1 コラッタ(ロケット団)

11 超エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ
1 ナツメの眼

4 礼儀作法
4 リサイクル
4 ポケモン回収
3 遺跡の石板
2 ロケット団参上!
2 夜の廃品回収
1 パソコン通信★★
1 プラスパワー
1 超エネルギーリムーブ★★★★
1 突風★★
1 まきちらせ!ベトベトガス
1 抵抗力低下ジム

アンノーンWの特殊能力で、突風や超エネルギーリムーブを使いまわすデッキです。
『超リムを何度も撃ちまくりたい!』という邪悪な願いからデッキを作りました。
とにかく早めにアンノーン達を並べる&必要なトレーナーカードを手札かトラッシュに用意する必要があるので、サーチ・ドローカードは厚めに積んでいます。礼儀作法4積みのおかげで序盤から無理なくロケ参コラッタの動きができ、スムーズに展開しやすくなっています。

ポケモン回収でアンノーンWを手札に戻してから場に出しなおすと、再度特殊能力を使用することができるため4積みにしています。2体目のミュウツーを育てたい時に邪魔になったコラッタの回収用にも使えます。
アンノーンQは上記の動きができないよう、追加のテキストが付いてます。残念。

ナツメの眼はアンノーンTとシナジーがあるため1枚採用。パソコン通信は序盤の事故防止&突風や超リムサーチのための必須カードですが、旧裏杉並殿堂2019では超リムの殿堂ランクが6点に増加したため突風との二択での採用となってしまいました。これまた残念。

ミュウツーならベトベトンをワンパンできるので、他のアンノーンデッキに比べれば特殊能力ロックにやや耐性ありか。とはいえ、アンノーンWの特殊能力頼みのデッキのため戦況はコインに大きく左右されることになります。安定はしませんが、それも込みで対戦を楽しみたいという人向けのデッキかもしれません。
ポケモン回収はアンノーンFINDデッキだと凄まじい性能の汎用カードになりますが、そちらは次回の記事で紹介したいと思います。

デッキ紹介記事は以上になります。ありがとうございました。
レギュレーション:旧裏杉並殿堂2019新殿堂ランク

飽きずにヨルノズクシリーズ。ベトベトン程ではないにせよ、多くの相棒を見つけられるカードだと思いますが、プレイングが単調になりがちなせいか周囲では使用者が少ない印象があります。


・わるヘルノズク

イメージ 1

4 デルビルLv.15(neo2)
3 わるいヘルガー(neo4)
4 ホーホー(neo1)
4 ヨルノズク(neo1)
ポリゴン(ロケット団)
ポリゴン2(neo3)

7 炎エネルギー
4 悪エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
2 マサキ

4 ポケモン交換おじさん
3 プラスパワー
3 突風★★×3
2 礼儀作法
2 学習装置
2 夜の廃品回収
1 パソコン通信★★
1 エネルギースタジアム

2エネで高火力が出せるわるいヘルガーと3積みの突風で押しつつ、中盤以降はヨルノズクで相手の動きを鈍らせ、ポリゴン2の特殊能力で炎エネルギーを悪エネルギーに変えることで30・50ダメージを使い分けながら前のめりに殴っていくデッキです。殿堂ランクに余裕があるため、序盤にしっかり展開できるようパソコン通信を採用しています。

進化前のデルビル(neo2)は、悪タイプの方を4枚採用。1ターン目から悪エネルギーを貼れるので、オーキドはかせで無駄にトラッシュせずに済むのがありがたいです。
水デッキ相手ならヨルノズクを壁にしつつ大量に並べ、相手のアタッカーや後続をワンパンして反撃の芽を摘みながら動けば・・、という感じ。

ヨルノズクは逃げるコスト0のため、ホーホースタートからの2ターン目で進化→ベンチにさがってアタッカーに繋ぐ動きが便利で4.4積みしがちですが、1枚ずつ減らしてリサイクルにしてもいいかもしれません。新殿堂ならポリゴン2を活かせるヤミカラスが◎。
デッキの欠点としては、デッキ・ベンチスペース共にカツカツなせいでエイパムを抜いてしまった事と、エネルギーの消費が激しいためエネルギースタジアムを早めに割られると苦しい所でしょうか。後攻デルビルスタート時の耐久が不安定な所も気になりますが、そこは突風で時間を稼いでフォロー可能か。
補足:わるいヘルガーとヨルノズクの組み合わせは、ういさんがヘルガー(neo3)とのダブルアタッカーとして使用していたデッキを参考にさせていただきました。あちらはエリカからのくすぐりマシーン+にせオーキドはかせという異色のギミック付きでしたが、自分はメインのカードを太めに積んだ速攻寄りの構築にしています。(3/24追記)


・マリルリノズク

イメージ 2

1 マリル(サザン)
3 マリル(ANAプロモ)
3 マリルリ(neo1)
4 ホーホー(neo1)
4 ヨルノズク(neo1)
1 エイパム(neo1)

11 水エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
2 マサキ

4 ポケモン交換おじさん
4 リサイクル
2 学習装置
2 突風★★×2
2 夜の廃品回収
1 パソコン通信★★
1 礼儀作法
1 いいきずぐすり
1 エネルギーリムーブ★★
1 でこぼこジム

マリルリの技を見てみると、『コイン表ならマヒ+ベンチ全体に10ダメージ』と結構強い事が書いてあります。
1進化ながら同じneo1収録の2進化ポケモンであるデンリュウと同じ技(こちらはダメージ40ですが)を持っているので、試してみないと損だなとデッキを作成。特殊能力を持たないカードですが、特殊ロックのベトベトンよりも相手の動きを止めて試行回数を稼げる&マヒ回復を阻止できるヨルノズクと組ませました。同じダメージバラ撒き系のわるいライチュウわるいアーボックデッキと比べると、GRミュウツーで殿堂ランクを喰わないので突風と鋼エネルギー対策のエネルギーリムーブが強みです。
早めに突風やエネルギーリムーブを持ってきて、リサイクルで使いまわすためにパソコン通信を採用。
マリルはマリルリとのベンチダメージのシナジーを考慮してサザンアイランド1枚、HP50かつ1エネでも技が使えるANAプロモが3枚。

ヨルノズクを複数立ててマリルリが全体ダメージバラ撒きモードになれば強力ですが、HP70の3エネ要求はやや重いので、ホーホースタートなら壁にしたまま体制を整える方が無難です。雷タイプは流石に厳しいので、対戦で当たらないよう祈るしかないと思います。

デッキ紹介記事は以上になります。ありがとうございました。

レギュレーション:旧裏杉並殿堂2019新殿堂ランク

イメージ 1

4 イシツブテ(neo3)
3 ゴローン(neo3)
1 ゴローニャ(化石)
2 ベトベター(化石)
1 ベトベトン(化石)★★★★
1 ブビィ(イントロneo)
1 マンキー(ジャングル)

11 闘エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ

4 リサイクル
3 ポケモン交換おじさん
2 礼儀作法
2 プラスパワー
2 学習装置
2 突風★★×2
2 エリカの親切
2 夜の廃品回収
1 ポケモンいれかえ
1 抵抗力低下ジム

ベトベトンで地味な殴り合いに持ち込み、エリカの親切でじしんのベンチダメージ毎回復しながらテンポよく攻撃していくデッキです。
イシツブテの1エネ20→ゴローンの2エネ40点のマナカーブの優秀さはお見事。(プラパを絡めればHP70にも手が届く!)
相手が草デッキでも、特殊能力への依存度が高い場合はベトベトンで足止め&ブビィで打点調整すればワンチャンあるか。
ベトベトンのサイド落ち対策&ベトベタースタートを避けるためのたねポケ水増し用のマンキー(ジャングル)は、覗いたサイドは自力で覚えていなければならないという脳トレ機能付き。折角の闘デッキなので、オコリザル(サザン) とセットで使うのも面白いかもしれません。

1枚挿しのゴローニャは4エネ要求が重いものの、バトル場の相手の残りHPを20以下にしてから次ターン突風でベンチを呼び出してじばくすることで、サイド2枚取りも狙えます。フィニッシャーとしては十分な性能。
じばくのベンチ全体20ダメージが強力なだけに、ゴローン(拡張シート緑)がもう少し使いやすければゴローニャ(プロモ)共々良いシナジーを持てたのに・・と勿体ない気持ちになります。

余談ですが、子どもの頃にゴローニャのHP80を見た時は『岩のポケモンなのに、全然硬くないじゃん!』と思ったものですが、今考えるとじばくの100ダメージからディフェンダーでギリギリ耐えられないように設定されたのかなと勝手に納得しています。
そんな風に頼りないと思っていたこのカードの活躍を見られるからか、地味ながら妙に好きなデッキです。

デッキ紹介記事は以上になります。ありがとうございました。
昨年は全く更新できていなかったので、書けるうちに色々書いておこうと思います。
大したデッキはありませんが(本当に)、少しでも誰かに参考にしてもらえれば幸いです。

レギュレーション:旧裏杉並殿堂2019

イメージ 1

4 フシギダネ(拡張シート青)
3 フシギソウ(イントロ)
3 フシギバナ(第1弾)
4 ケーシィ(第1弾)
3 ユンゲラーLv.40(拡張シート緑)
2 フーディン(第1弾)
2 カツラのロコンLv.18(カツラ)
2 カツラのキュウコン(ジム拡張2)
1 エイパム(neo1)

5 草エネルギー
4 レインボーエネルギー
1 リサイクルエネルギー★

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
2 エリカ

4 ポケモン交換おじさん
2 パソコン通信★★×2
2 ふうせんのみ
2 夜の廃品回収
1 ダウジングマシーン★★★
1 エネルギースタジアム


カツラのキュウコンの特殊能力『ほのおでかいふく』のテキストを見てみると、『「炎」エネルギーカードをつけるたびに〜』と書いてある。
→手札からとも、基本エネルギーとも指定されていない!
オフィシャルブックでもエラッタがかかっていない!
フーディンでダメカンをカツラのキュウコンに移してから、フシギバナでレインボーエネルギーを何度も付け替えることで無限回復ができるぞ!

・・というだけのデッキです。正直、コンボパーツが多すぎるわ、ベトベトンやピッピエリカのウツボット等がいるとフーディン・カツラのキュウコンを出せないわでとにかく穴が多い構築です。一応、鋼タイプ相手にカツラのキュウコンで殴ったり、トラッシュした虹エネをユンゲラーで回収したりという動きもできますが・・。

健全な旧裏プレーヤーの皆さんは、素直にフシギバナデッキにポケモンセンターを積んだり、フーディンとバリヤードを組ませたりしましょう。

デッキ紹介記事は以上になります。ありがとうございました。
7/7(土) あぷーさんと池袋BIGMAGICで対戦してきました。

レギュレーション:関東殿堂ランク2018


【デッキ紹介】
(レシピは後日調整したものになります。)

・メタモンドール

イメージ 11

4 スリープ(R)
3 スリーパー(拡張)
3 メタモン(拡張)
2 ドードー(1弾)
2 ドードリオ(J)
1 エイパム(neo1)

9 超エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ
1 ナツメの眼

4 ピッピ人形
4 リサイクル
3 ポケモン交換おじさん
3 夜の廃品回収
2 プラスパワー
1 超エネルギーリムーブ★★★★
1 ダウジングマシーン★★
1 突風★★


あぷーさんのメタモン考察記事を読んでいると、『メタモンがなにかの化石orピッピ人形に化ければ状態異常にならず、気絶してもサイドを引かれない』と目から鱗な情報が。このロジックを以前から気になっていた将棋さんのダークドールデッキに組み込んでみました。

調整後、わるいゲンガー&ププリンout➡ドードリオ&メタモンin、殿堂ランクは突風・ダウジングマシーン・超エネルギーリムーブ各1枚。
 

・ストライクベトン

イメージ 12

4 ストライク(拡張)
1 ベトベター(R)
1 ベトベター(化石)
1 ベトベトン★★★★
1 ブビィ(イントロneo)

13 草エネルギー
1 なんでもなおし配合エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ
 
4 礼儀作法
4 学習装置
4 リサイクル
4 プラスパワー
2 夜の廃品回収
1 ダウジングマシーン★★
1 突風★★
1 ポケモン交換おじさん
1 ワープポイント
1 エネルギースタジアム
 

 『たねアタッカー主力&たねポケモンの枚数を絞ったデッキの礼儀作法って超強いな…』
→『オーキドはかせの前に使えば、エネルギーやポケモンのどうぐを無駄にトラッシュせずに済む!学習装置4積みだ!』
→『学習装置で特殊能力に頼らずに擬似加速出来るから、相手の動きをロックするベトベトンを入れよう!』

…という流れでデッキを作成。たねポケモンメイン&礼儀作法・ポケモンのどうぐ・エネルギー多投と、気が付けばB3さんのR団サンダーライコウスペクトな感じに。
逃げる0のブビィはスラッシュダウンの制約解除のためのキーカードですが、サイド落ちした時はベトベトンと同じく前のめりにサイドを引きにいけばいいだろうという打算。草抵抗持ちの鋼タイプはだいぶ厳しい。


・やさレディバリヤード
 
イメージ 13

2 バリヤード(J)★★★×2
1 バリヤード(拡張)★★
2 ヤドン(neo)
3 ヤドラン(化石)
2 レディバ(neo)
2 やさしいレディアン(neo4)
2 ナゾノクサ(R)
1 わるいクサイハナ
1 エイパム(neo)

5 超エネルギー
4 草エネルギー
4 きずぐすり配合エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ
1 ナツメの眼
 
4 ポケモン交換おじさん
4 ポケモン回収
3 夜の廃品回収
2 はんげきのツメ
1 エリカの親切
1 エネルギースタジアム


スイカさんのカードランク記事でやさしいレディアン&バリヤードの記述を見て、実際どうなんだと作成。

最初は回復ギミックをフーディンとメノクラゲに任せていましたが、立ち上がりの遅さ、いれかえ系カードも含めたデッキスペースの圧迫が気になりヤドランへタッチ交代。1枚積みのエリカの親切は、708さんのアイデアを参考にさせていただきました。ポケモンセンターに殿堂ランクが付く今環境ならではの活用法という感じで、上手く決まるとニヤリとしたくなります。

バリヤードで殴る事に特化しているため有利不利の相性がハッキリしてしまいますが、鋼エネルギー採用の耐久デッキは反撃のツメとナゾノクサの毒技で何とか出来るはず。


・錯乱ピィエレブーわるポリ2

イメージ 14

1 ピィ(neo)★★
2 ポリゴン(R)
2 わるいポリゴン2(neo4)
4 エレブー(第一弾)
1 ライコウ(neo3)
2 R団のストライク(Gym)

12 雷エネルギー
4 草エネルギー
2 なんでもなおし配合エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 ナツメの眼
2 クルミ
 
4 礼儀作法
4 学習装置
4 ポケモン回収
2 リサイクル
1 パソコン通信★★
1 錯乱ジム★★★★


関東殿堂ランクでneo1のピィが殿堂ランク2点になったので、錯乱ジムとのコンビにパソコン通信を足して、序盤に錯乱ジム設置➡ピィのピピピでアドを稼ぐ動きを狙いやすくなりました。礼儀作法は実質ドロソ。
相手に『遅い』を押し付け、自分は『速い』動きで得をしようとするコンセプトは上記のストライクベトンと似てますね。ポケモン回収は初手ピピピ&アタッカーの保護用。トレーナーロック時のライコウのいなびかりは強力で、ヤミカラス除けにもなります。


 ・マイン多色


・ホウオウルギアエレブーベトン

イメージ 15

2 ホウオウ(PF3)★×2
3 ベトベター(化石)
1 ベトベトン★★★★
3 エレブー(第1弾)
1 ルギア(neo)
1 ベロリンガ(J)
1 ピィ(プロモ)

4 雷エネルギー
3 炎エネルギー
3 水エネルギー
1 草エネルギー
1 闘エネルギー
1 超エネルギー

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
3 クルミ
2 マサキ
1 ナツメの眼

4 ポケモン回収
4 リサイクル
3 ポケモン交換おじさん
2 ディフェンダー
2 学習装置
2 夜の廃品回収
2 エネルギースタジアム
1 突風★★
1 礼儀作法


最近ネコアルツさんが熱心に研究しているらしい(実際に8月の関西旧裏オフでも使用されていました。)ホウオウルギアベトンデッキのコンパチ版。
エレブーとかいう殴れるベロリンガ、繋ぎのポケモンとしては本当に強い。ホウオウとのタイプ相性も最高です。



1戦目:メタモンドールvsカツラ加速リザードン

イメージ 1

お相手は初手ヒトカゲ。「炎デッキとは、あぷーさんにしては珍しいな」と思っていたらカツラのドードーか出てきて思わず二度見。カツラで加速した炎エネをヒトカゲ&リザードンの特殊能力で引っ張ってきてほのおのうずを連射するデッキとのこと。

イメージ 2

やや大振りな構築なため、こちらが有利かなと油断していたらピッピ人形を引けず盤面が揃わない。スリーパーを立てて攻撃を開始するも、ポケモン逆指名で引きずり出されてあっさり落とされる。なるほど、カツラのガーディではなくドードーを採用したのはそのためか…!その後はリザードンの耐久力に苦しめられ、ピッピ人形を出すために無理をして山札を掘った事と、夜の廃品回収のサイド落ちに泣き、山札切れで負け。

反省
対戦後は、お互いにデッキを公開して意見交換会。こういうのがずっとやりたかったんですよ!普段の集まりではついつい対戦の回数をこなす事を優先しがちになるため、テクニカルなデッキを得意とするあぷーさんと個々のデッキや戦術について話し合えるのは本当にありがたいです。

対戦の流れやデッキコンセプトを振り返り、自分はとにかくスリーパー(とピッピ人形)を立てないとゲームが始まらないのでドローカードを増やす事に。火力不足と山札切れに備えてエイパムと2枚目のプラスパワーも投入。低火力➡いやしの野原、超エネルギーリムーブ➡エコロジムと相性の悪いスタジアムを上書きするためのカードも必要か。

一方のあぷーさんは、毎ターンカツラを使うために超エネルギー回収やエネルギースタジアム等を採用しつつも炎エネ不足に悩む場面があったとのことで、何を削りエネルギーに枠を割くか悩まし気な様子でした。対戦結果の通り、上手くハマれば間違いなく強いデッキだと思うので、より洗練されたカツラ加速リザードンを楽しみにしてます!


2戦目:ストライクベトンvsわるクサフォレトス

イメージ 3

あぷーさんはバトル場スタートのクヌギダマを逃がせず、こちらのスラッシュダウンでサイドを先行する形に。 

「フォレトス2体体制でこうそくスピンされたら無理だなぁ」と怯えていましたが、突風でベンチのクヌギダマ育成を許さず。ベイビィとわるいクサイハナでかなり時間を稼がれるも、ワープポイントとコイン表で押し切って勝ち。

反省
状態異常を強みにするポケモン相手  (メジャーなのはメガニウム・わるいゲンガー・わるいベトベトン・ベロリンガ・エレブー・スリープ辺りか)相手では、なんでもなおしエネが足りない。ベイビィ2体以上のデッキはワープポイントからサイド獲得に繋げにくい➡わるいベトベトン採用もありか。


3戦目:やさレディバリヤードvsバリヤードゲンガーメタモンドリオ


お相手は、ゴーストのポルターガイストでリソースの消耗を誘い、中盤からはメタモンのすごい変身によりアタッカーのバリヤードとサポートのゲンガーを増やして攻めるデッキ(ゲンガーの逃げる1は偉い!)。
バリヤードに変身すれば、却って『40以上のダメージを負った状態でワープポイント等でベンチに押し込まれ、変身が解除され自動的に気絶する』という展開を警戒せずに済むのもナイス。ロジカルで多彩な動きが見られる、これぞあぷーさんの構築!という印象を受けます。

イメージ 4

イメージ 5

こちらヤドンスタートで、向こうのバトル場にはゴースが。したでなめるで20ダメージ+マヒはしんどいなと、逃すか壁にするか考えているとヤドランが手札に。

キズぐすりエネを貼って逃し、やさしいレディアンが中々立たなかっためバリヤード(拡張)を置いて生身(?)のバリヤードで殴ることに。その後きらめきタッチでバリヤードを状態異常無効にするも、バリヤードに変身したメタモンを突破するのに手間取る内に天敵のゲンガーが出現。ヤドラン➡ポケモン回収、エリカの親切で回復しきれなくなったダメカンを移動されバリヤードを落とされ続けて投了し負け。

反省
まず第一に、回復リソース節約と相手のバリヤード対策を兼ねてスリープorわるいクサイハナを採用すべきとアドバイスが。鋼エネ付きの相手をナゾノクサでどくにしたり、こんらんの自傷ダメージがヨガのポーズとのシナジーを持つわるいクサイハナか、一枚の枠で仕事が出来る安定のスリープどちらにするかは中々悩ましいです。
また、バリヤード(拡張)を鋼対策のエレキッドに替えるか検討していると、『抵抗力低下ジムを貼っても、超抵抗を持つポケモンへ"最初の10ダメージ"を入れるのに苦労する』とのこと。やさしいレディアンとバリヤードだけを見れば、さほどデッキの枠を食わないので細かいバリエーションが色々と作れそうです。今後も試行錯誤を重ねる価値は十分にありそう。


4戦目:錯乱ピィエレブーわるポリ2vsわるマタメタモンドリオ
 
イメージ 6

初手ピピピで盤面を整えていくも、わるマタ側は3ターン目には50ダメージを叩き出せる状態に。自分も返しのターンに錯乱ジムを置いて反撃を開始、しかし鋼エネが辛い。分の悪い殴り合いをしつつも、徐々に相手の展開が遅れこちらのペースに。

ライコウのいなびかりも織り交ぜサイドを引いていきますが、ここであぷーさんが礼儀作法を使用。

「よし、手札にドロソは無い…マチスの交渉!?」

ドガースを置いた後のリサイクルで会心のコイン表2連続。
序盤に使用したオーキドはかせを戻し、ここでマチスの交渉が炸裂。渋々要求を飲み、互いにサイドを引くと何とそこからオーキドはかせをドローされてしまいました。
勢いに乗ってオーキドはかせもコイン成功、しかし次の手札には逆にドローカードが入り過ぎた様子で、オーキドはかせを3連発+マサキを使用しようとするも全てコイン裏。その後のポケモン逆指名2枚も錯乱ジムの前に沈む。
殿堂ランク4点は伊達じゃない…!

イメージ 7

その後もこちらが攻め続け、サイド枚数は1-3に。
バトル場のライコウがいなびかりを発動させれば勝ちという場面で、手元に雷エネがないためオーキド・ウツギはかせを使用➡失敗。ムキになってリサイクル2枚を使用➡失敗。あぷーさんはリサイクルのコイン表で、返しのターンに火力70ダメージのわるマタが顕現。更に錯乱ジムを割られてしまい、わるマタの猛攻を凌ぎきれず負け。

反省
サイド残り1枚という油断から、自ら勝利を遠ざけてしまいました。お粗末。
対戦中に痛感したのは、錯乱ジム下でのリサイクルはとにかく使い勝手が悪いということ。相手にスタジアムカードを戻されてしまう事も考えると、4枚も積む必要はありませんでした。あとはR団のストライクの腐りやすさも気になる。HP60にエネルギー3枚は中々貼れないので、電抵抗の相手を切ってサンダーに替えてもいいかもしれません。錯乱ジム+ピィの組み合わせ自体は多くの相方を見つかる思うので、他の可能性も探っていきたいと思います。


5戦目:マイン多色vsバクバクフーン

お相手の炎デッキに対しビリリダマ&フリーザーで最高の形でスタートするものの、ウツギはかせとの2択で迷った末に手札5枚でナツメの眼を使用すると、ドロソもポケモン交換おじさんも無い事故が発生。
立ち往生している内にバクフーンにファイヤーレイズを成功されフリーザーが気絶、その後も爆発ジムとかえんぐるまでサイドを引かれ続けます。終盤にエネエネで無理やりひかるライチュウを起動するも、呼び出したneo1 バクフーンを逃がされてかえんぐるまを撃たれて負け。

イメージ 8

マイン多色も爆発力があるだけに、つい序盤にブン回して相手を圧倒しよう、楽に勝とうと欲張る癖が出てしまいました。エネルギー貼ってウツギはかせで済ますべきでした。お気に入りのデッキだけど、最近良い所を見れてないなぁ。
(5月のあさりのみそしるさんの旧裏イベントでも0勝3敗だったし。)


6戦目:ベトンホウオウエレブーvsカツラ加速リザードン

イメージ 9

早々にベトベトンを立ててエレブーで殴っていくものの、中々ホウオウが来ない。後続用のベトベターを出す前にポケモン逆指名からほのおのうずでベトベトン気絶。

イメージ 10

その後はエレブー達に2枚目のエネルギーを貼りすぎてホウオウを動かせず、2体目のベトベトンで足止めするものの、2ターンに1度バトル場を吹き飛ばすリザードンを止められず負け。HP120はやっぱり硬い。

反省
学習装置の枚数が足りていなかった。
ホウオウ保護用のディフェンダーがあれば善戦できていたかもしれないが、対戦中気になったのは相手の方が圧倒的にエネルギースタジアムで得をしていた事。
自分も同カードを採用しているばかりに、それを咎めるられなかったのが痛かった。エネスタ最大の敵はエネスタ自身なのかもしれない(?)



終わってみれば1勝5敗と散々な結果に。
メタモンドールとやさレディバリヤードは、前日夜の突貫工事(個人的にはワンナイトビルドと呼びたい)で組んで構築が雑だったものの、デッキ自体は色々と可能性を感じられ、持っていった甲斐がありました。アドバイスをいただけたのも大変ありがたく、デッキをいじる事でまた旧裏モチベが上がってきました笑

という事で、あぷーさん、お付き合いいただきありがとうございました!
また機会があれば対戦お願いします。


【まとめ】
・あぷーさん、強い。
・やさレディバリヤード、錯乱ピィはバリエーション多数?
・エネスタの敵はエネスタ。

レポート記事は以上になります。ありがとうございました。
 

2/10(土) 秋葉原のイエローサブマリンで行われた旧裏交流会へ参加してきました。

【お知らせ】2/10・3/17に旧裏対戦交流会@秋葉原やります!

レギュレーション:関東殿堂ランク2018

4/28(土)に行われる関東旧裏オフでは、従来の新殿堂ランクとは異なる独自の関東旧裏オフ用殿堂ランク(2018)を採用するとのこと。
新殿堂ランクでは重い制限が掛かっていた当時のパワーカード達が緩和され、最近の関東環境で暴れていた、特殊な動きで相手を詰ませるタイプのカードが制限されたという印象。ピィ(プロモ)が★1→0になったのも特徴的で、手札事故&劣勢時に一方的なゲームになりにくいようしつつ、当時の公式の殿堂ランク環境に寄せる事を目指した調整でしょうか。
※708さんのHPで殿堂ランクの指針個別のカード解説等の解説記事が公開されています。詳しくはリンク参照

今回は関東殿堂ランク告知後初の対戦会という事で、トップメタと思われるわるマタや実験デッキを持って秋葉へ向かいました。新しい環境で期待半分、不安半分・・はてさて、どうなることやら(NA.滝口順平)



【使用デッキ】
ヤドキングノズク
イメージ 1
4 ヤドン(ロケット団)
3 ヤドキング(neo1)
2 ヤドラン(化石)
4 ホーホー(neo1)
3 ヨルノズク
1 バリヤード(拡張)★★
1 ミュウツー(プロモlv.60)

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
3 クルミ
3 マサキ 
1 ナツメの眼

4 交換おじさん
3 礼儀作法
2 突風★★
2 ポケモン回収
 パソコン通信★★
1 いいきずぐすり
1 学習装置
3 夜の廃品回収

10 超エネルギー

ヤドンでエネ加速して2ターン目にヤドキングへ進化!
足止めしてる間にヨルノズクを複数立てて相手の手札を咎めてゴリ押しだ!
・・と考えていたものの、ホーホーの逃げ1と、関東殿堂ランク環境では初手たねポケモンが1枚の時に引き直しが出来ない事を忘れていたせいで思い通りの展開にはなりませんでした。
一人回しするまでもなく分かる事だろうに、これだからオフ会前夜の思い付き構築は。
特殊能力で相手のトレーナーを山札に戻すせいで時間が掛かる割りに低火力なのが痛く(デッキ内最大火力は40)、エネ加速や毒技持ちを咎めるのも難しい。マッドインパクトの混乱効果も壁ポケ相手では意味が無いし・・。

わるいヤドキングに悪エネルギーを足して回復しながら殴る構築も試しましたが、こちらはHPと特殊能力のパワーが低下してしまうのが悩ましい。嫌らしく、時間が掛かる割りに微妙な強さという、何とも言えないデッキになってしまいました。

わるマタ
イメージ 2
拡張シートのぶんれつドガースが無制限化(★1→0)され大幅強化か。この特殊能力は敵味方問わず技によるダメージ&気絶や状態異常に関わらず発動します。ドロソ事故の状況でも、エネを貼って『みんなでばくはつ』すれば自動的に火力が上がっていくのが強いですね。コメパン『みなばく』は積み技。
余談ですが、拡張シートのドガースって発売当時は悪マタ救済用に設計されたカードだったのでしょうか。

やさランノズク
イメージ 3

イメージ 8
4 チョンチー(neo4)
3 やさしいランターン
4 ホーホー(neo1)
4 ヨルノズク

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ 
1 ナツメの眼

4 ポケモン交換おじさん
4 ポケモン逆指名★
3 礼儀作法
3 夜の廃品回収
2 おうごんのみ★
2 でこぼこジム
1 パソコン通信★★
1 学習装置

9 雷エネルギー
(現在は2枚目の構築に変更。)

しつこくヨルノズクシリーズ。
ヨルノズクが逃げる0だからポケモン逆指名4積みしよう→呼ばれた後続でそのまま殴れる軽いアタッカーと組ませようという構築。
ヨルノズクとでこぼこジムで時間を稼ぎ、やさしいランターンの『スパーク』で相手が育てるポケモンにダメージを蓄積させてからポケモン逆指名で狙い撃ちするのが理想の流れ。やさしいランターンは上位互換気味のキングドラと比べると確定でベンチダメージを置けるのが偉く、ベトベトンとの組み合わせと同様に相手の展開を遅くする程強くなるカードだと思います。でも鋼エネルギーは勘弁な。

対戦中みけるさんにアドバイスを貰いましたが、プラスパワーがあるとベンチダメージと併せて火力調整がしやすく重宝します。

マタドガスわるベトン
イメージ 4
3 ベトベター(化石)
1 ベトベター(拡張シート)
4 わるいベトベトン
4 ドガース(拡張シート)
3 マタドガス(拡張シート)
1 ピィ(プロモ)

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ 
1 ナツメの眼

3 ポケモン交換おじさん
3 夜の廃品回収
2 突風★★
2 ポケモンいれかえ
2 学習装置
2 ロケット団のアジト
1 ダウジングマシーン★★
1 エネルギーリムーブ★★
1 いいきずぐすり
1 リサイクル
1 お上品攻撃

9 草エネルギー

テーマはどくざんまい。ポケモンカードGB2で遊んだ人なら一度は組んだはず。
見た通りのシンプルなデッキですが、毒+お上品攻撃で相手の耐久を調整し、相手の番の返しのポケモンチェックで気絶させる→出てきた後続のポケモンへ先制して『ヘドロパンチ』を叩きこめると強力です。
ただし、関東殿堂ランク環境の速攻or大型のアタッカー相手では若干パワー不足感が否めず、 進化されながら殴られたり、ポケモン逆指名で毒回復&わるいベトベトンの『ねんちゃくえき』をスカされてベトベターやマタドガスを落とされ続けるのが辛いです。
個人的には好きなデッキですが、当日の戦績はイマイチでした。

イメージ 6
708さんのデッキ。おうごんのみが★2→1になったので、いいきずぐすりを突風に差し替えて使用。ベロリンガは相手のピィを止められず、大量のドローを許してしまうので対策必須か。
わるマタ相手だとひかるハガネールが壁役として活躍してくれたものの、いいきずぐすりを削ったのは却って辛かったです。リカバリーが難しいニドキングデッキで回復カードを減らしたのは愚策でした。

カメックスフリーザー
イメージ 5

カメックスが★4→2になったので組んでみたのの、構築がダメダメで十分な力を発揮出来ず。2ターン目にポケモン育てやさんからカメックスを立てて『あまごい』でエネ加速!という動きを狙ってやるのは中々難しい。
フリーザーの『ふぶき』で裏を出した時のベンチダメージのフォローが出来ないのが痛かったです。次はポケモン回収かポケモンセンターを入れよう。



一戦目:ヤドキングノズクvs.R団サンダーライコウ(ういさん)
イメージ 9

こちらホーホースタートで相手のバトル場にはR団のサンダー。雷タイプ、エネ加速&高火力技持ちのたねポケモンとヨルノズクが苦手な要素を兼ね備えた天敵です。

先攻のため、ホーホーで『プラズマ』を耐えて2ターン目にヨルノズクへ進化させてベンチに下げる→とりあえずのヤドキングで足止めして後続を育てるプランに。
1ターン目にヤドンを引けず、仕方なくミュウツーにエネを貼って終わると、返しのターンでプラスパワーを付けられホーホー気絶。嗚呼、死兆星が見える。

イメージ 10
後手後手になりながらヤドキングを育てるも『マッドインパクト』のコインは裏で混乱に出来ず、あっさり落とされる。この時点でサイドは0-3、相手のベンチには2体目のR団のサンダーが控え絶望的な状況。席が足りず店を移る必要もあった(遊戯王の新弾発売で混雑していた)ため、たまらず降参し負け。
1進化や高性能なたね等、トレーナー依存度が低いポケモンに先攻し殴られるとヨルノズクでは止められず辛いです。

二戦目:わるマタvs.カツラのリザードンキングドラ(ういさん)
イメージ 7
ドガーススタートでサクサク並べていくも、カツラのヒトカゲの『メラメラ』とエネルギーリムーブでわるいマタドガスが丸裸に。エネルギーを剥され『みんなでばくはつ』でドガースの特殊能力を発動できないのも痛い・・のですが、それ以上にういさんのドローが停滞し、カツラのリザードンが来るもエリカの親切を連打しながらゴリ押して勝ち。

イメージ 43

これぞ種族値の暴力。ダウジングマシーンでエリカの親切を再利用出来るのが心強かったです。

三戦目:やさランノズクvs.ストライクハッサムマチスのラッタ(ういさん)
イメージ 40

イメージ 41
ヨルノズクで再挑戦。ドードリオ軸のデッキにでこぼこジムが刺さり、ヨルノズクを2体立てマチスのラッタの『いかりのまえば』を耐えながらもこちらのペースに。

イメージ 42
相手の主力ポケモンが全てHP60&70のためダメージの相性も良く、最後は10ダメージ入れていたドードリオを呼び出して勝ち。わるいハッサムに鋼エネが付いたら危なかったものの、そうはならずホッとしました。

やさランノズクデッキの楽しい所は、ベンチを殴れるのでポケモン逆指名を温存しやすく、ここぞという場面で効果的に使える所かなと思います。わるいクロバットで、頭の中でそろばん弾きながらダメカンを置いていく感覚に似てるかも。

四戦目:マタドガスわるベトンvs.ネールトプス(伍段さん)
イメージ 11
次は伍段さん。十八番のネールトプス相手に、どくざんまいデッキでどこまでやれるか。
序盤ピィのお見合いになるも、コイン表が出ずわるいベトベトンを持ってこれない。得意の相手が目の前にいるのに口惜しい。
新殿堂ランク環境ではブビィ同士の殴り合いがよく見た光景でしたが、今度はこうなるのか・・。

イメージ 12

イメージ 13
ピィを逃がされ、相手のハガネールが出動。鋼エネルギーが4積みされているのため、エネルギーリムーブで1枚剥がしたところで止まりません。R団の秘密基地込みのHP80も『テールクラッシュ』の30or50ダメージには効果が薄く、おうごんのみで回復されながら殴られ続ける。途中プテラを落としたせいで、こちらは一度毒状態にすると完全に手持無沙汰になってしまいました。ベトベターの『ベトベト』や『ちいさくなる』が恋しい・・。
流れを変えられずそのまま負け。

ネールトプスはハガネールが★0→1、おうごんのみ★2→1となりややパワーダウンした印象ですが、708さんが言っていた通り「殿堂ランクが上がったからと言って、個々のカードパワーが下がったワケではない」ので、依然として強力だと思いました。
バリヤードやヤミカラス辺りも、警戒せずにデッキを組むと突然現れて詰まされるパターンが増えそう。

五戦目:キングベトンvs.わるマタ(伍段さん)
イメージ 14

イメージ 15
序盤ひかるハガネールを壁に粘るも、ニドリーノのサイド2枚落ちが響いて殴り合いで押される展開に。
ベトベトンを立てた時には相手の場にドガース系が4枚揃い『みんなでばくはつ』が威力70に。HP90のニドキングに付けたおうごんのみが効果を発揮出来ず(ダメージ70-40→次ターンの70でクロック変わらず)、708さんのデッキレシピからいいきずぐすりを抜いた自分に泣かされる。

イメージ 16
何とかサイドを5枚引くも、あと一手届かず負け。
R団の特訓ジム2枚を先に使い切ったのもキツかったです。わるマタ相手にジムを割る事の大切さよ。

六戦目:やさランノズクvs.わるいリザードンバクフーン(伍段さん)
イメージ 17
3ターン目にわるいリザードンの『れんぞくファイヤーボール』でやさしいランターンを落とされ冷や汗をかくも、ヨルノズクで相手の展開を止める。
ピィを出されてもポケモン逆指名で後方へ押し込み、『スパーク』のベンチダメージで削り落とします。

イメージ 18
バクフーンが立つも、アタッカーの育成を許さず押し切って勝ち。
先程の試合もあり、HP80のやさしいランターンではおうごんのみが腐る場面が多いため、一発余分に耐えるだけならきのみでいいのかなとか考えてました。

七戦目:マタドガスわるベトンvs.メガバナ(みけるさん)
イメージ 19
手札事故のため、一度はオーキド博士を使うものの序盤全くエネを貼れず。
仕方なくピィをわるいベトベトンで足止めするも、高種族値のジャングルがすくすくと育っていくのをただ眺めるだけの状況に。

イメージ 20
ポケモンセンターとフシギバナの『エナジートランス』の組み合わせに為す術も無く負け。ドガースは1エネで殴れるイントロパック版3枚で良かったかもしれません。
メガバナの殿堂ランクはメガニウム、ポケモン逆指名3枚+ポケモンセンター2枚とのこと。ポケモン逆指名3枚!なるほど確かに、進化するタイミング等を調整すれば突風でなくとも十分そうですね。

八戦目:やさランノズクvs.トランスバーン(みけるさん)
イメージ 21
(こいつ負ける度にやさランノズク持ち出してんな・・)
相手メタモンスタートで「ん?」と思っているとベンチにフシギダネが。これはてぃらさんのメタモン&ホウオウデッキ・・!
110ダメージの『レインボーバーン』を連発される前にメタモンを何とかしなければ。

イメージ 22

イメージ 23
こちらはヨルノズクを立て、相手はエネを貯めてのにらみ合い。でこぼこジムで足止めしつつ、ポケモン逆指名でメタモンを落とすとフシギバナ・ホウオウとの殴り合いに。
イメージ 24
途中ポケモンセンターで時間を稼がれるものの、耐久火力特殊能力の全てが怖いフシギバナの二体目が育つ前にサイドを引き切って勝ち。
最終的なサイド差はついたものの、もう一度フシギバナが来ると負けていたかも。盤面的には結構ギリギリでした。

九戦目(最終戦):カメックスvs.オーダイル(みけるさん)
イメージ 25
時計を見るともう21時前、そろそろお開きのため最終戦。手貼りからフリーザーを動かして相手のラプラスを落とし、カメックスも育てて順調な展開に。

イメージ 26
プラスパワーも絡めて、オーダイルもこのまま押し込んでやるぜと思っていると、『ふぶき』でコイン裏連発、相手にはいやしの野原で回復されたりと雲行きが怪しい感じに。

イメージ 27
何とか1匹目のオーダイルを落とす頃には2匹目がしっかりと準備を終え、こちらは毎ターン一撃で気絶させられ手が付けられない状態に。『れいとうビーム』の麻痺で粘るものの、最後はジリ貧になり負け。

みけるさんのオーダイルデッキは、まきちらせ! ベトベトガスやディフェンダー等、特定のデッキへの対策カードを仕込みながらも無駄が無い洗練された構築で、かなり完成度が高かったように思います。
対戦後にデッキを広げた写真を撮れなかったのが悔やまれる・・。カスミのいかり無しでダウジングマーン1枚、スパイ作戦は4枚だったかな。
(訂正:殿堂ランクの内訳はオーダイル3枚、突風1枚とのこと。記事の公開後、みけるさんにご指摘いただきました。ありがとうございます。



イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34
他の方々の対戦の様子。
708さんとみけるさんが関東殿堂版のマイン多色を使っていたのが妙に嬉しかったり。「ひかるライチュウはやっぱり強い」とのこと。

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39
adv-PCGと現行の対戦の様子。
自分は前者の方はさっぱりですが、ピジョットのマッハサーチやホロンのマルマイン等のカードを見るとデッキ構築の自由度がやたら高いように見えます。
現行はラティオスゲンガーデッキを組んでみたものの、ゲンガーラインを集中攻撃され手も足も出ませんでした。残念。


今日の対戦を振り返ると、わるマタとオーダイルがトップメタである事は間違いないですが、ガチデッキを試しつつも各々好きなデッキを使ったりで、いつも通りのワイワイとした感じでした。

関東旧裏オフ用殿堂ランクが発表されてから初の対戦会でしたが、自分が旧裏オフに顔を出すようになった頃には既に新殿堂ランクが採用されていた事もあり、非常に新鮮な気持ちで楽しむことが出来ました。

上記の発表後、最初はどちらの方が対戦バランスが良いとか、マイナーカードでも活躍させられるのかと勝手に考えていましたが、そもそも互いの殿堂ランクのコンセプト自体が異なるので、「横に並べて良し悪しを比べるものではないな」と今は感じています。それぞれに独自の魅力があり、それぞれの舞台で輝けるカードやデッキがあると。

カードプールが変わらずとも、オフ会の度に新しい参加者の方が来られ、新しい遊び方やデッキが考案され、緩やかであれ変化の絶えない旧裏界隈。それ故に個人の考え方も様々ですが、その中でスタンダードのルールとして愛用されてきた新殿堂ランクと異なるルールが採用される事に対し、抵抗感がある方も当然いらっしゃると思います。
ただそれでも、自分はそんな新しい環境で遊んでみたいです。
赤があれば緑もある、それなら片方だけじゃなくて、両方遊んで確かめたい。もう何年も前に生産が終了して、子供時代に好きだった、そして大人になってもっと夢中になったあの頃のままの古い古いポケモンカードだからこそ、その新しい魅力に出会いたい。そう思います。

最後に長々とすいません。人のプレーヤーとしての我儘でしかありませんが、今自分の思う事を素直に言葉にしたつもりです。
こんな自分ですが、ご迷惑でなければ今後ともお付き合いいただければ幸いです。



【まとめ】
・赤があれば緑もある。
・関東殿堂ランクも楽しいぞ!
・新殿堂ランクでもこれまで通り遊ばせていただきます。好きだから。

交流会のレポート記事は以上になります。ありがとうございました。
あけましておめでとうございます。

1/6(土)、2018年の旧裏始めという事で、伍段さんと新殿堂ランクで遊んできました。
「記事にする程の事か」と思いますが、最近はブログを更新出来ていなかったので、デッキ紹介と忘備録を兼ねて書ける内に書いておきます。



【使用デッキ】
エネルギーサイクロン(悪いマルマイン+ドードリオ
イメージ 18

4 ビリリダマ(ロケット団)
4 わるいマルマイン
2 ドードー(J)
2 ドードリオ(J)
1 エイパム(neo1)
1 ヤミカラス(neo1)

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ
1 ナツメの眼

3 ポケモン交換おじさん
3 礼儀作法
4 ポケモン逆指名★
3 リサイクル
2 ポケモンセンター
1 超エネルギーリムーブ★★★★
2 夜の廃品回収
2 ロケット団の特訓ジム

6 雷エネルギー
4 悪エネルギー(特殊)

悪マインの『エナジーボム』は、殴りつつ自分のエネをベンチに付け替える技(ベンチが居なければ剥がして捨てる)。悪マインとエネをぐるぐる回しつつ、悪エネルギーで火力強化→ポケモン逆指名でモグラ叩きしてやるぜという魂胆です。
序盤にテンポ良くダメージを刻んでいき、そのまま逆指名連打でたねポケ育成をさせないのが理想の流れですが、悪マイン複数+ドリオを立てるのは結構コストが掛かり、ビリリダマがHP40と後攻時に不安な耐久なのも悩ましい所。それでもそこそこ戦えるのは逆指名4枚と超リムのおかげか。

月光作法(プクリン+ヨルノズク
イメージ 19


2 プリン(サザン)
2 プリン(J)
2 プクリン(J)★★★★
4 ホーホー(neo1)
4 ヨルノズク

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
4 マサキ 
2 ナツメの眼

4 礼儀作法
3 月の石
1 ポケモン交換おじさん
2 ワープポイント
2 プラスパワー
2 いいきずぐすり
1 ナツメのサイキックコントロール
1 学習装置
2 夜の廃品回収

4 基本エネルギー
3 きずぐすり配合エネルギー
3 なんでもなおし配合エネルギー
※後にマサキ4→3、ナツメの眼2→1、エイパム(neo1)1、ナツメのサイキックコントロール1→2に。

「打倒悪クロピクシー」から始まったデッキ。
悪クロはトレーナー依存度が高い&エネを絞っているので、ヨルノズクで妨害して月の石礼儀作法のシナジー且つ超抵抗持ちのプクリンで殴ろうという感じ。普段は余り使わないキズ薬なんでも直し配合エネルギーを活用出来るのも嬉しい。
このデッキなら新殿堂ランク環境でマイナー扱いされるプクリンも活躍出来るぞ!と意気込んだものの、実際に使ってみた感想は「突風無いのはやっぱりキツい&4積みヨルノズク様様だな」と。スイカさんのHPで、海外のトッププレイヤーが当時の環境を振り返る翻訳記事で度々名前を見かけたのを、今更ながら納得しました。手札を減らさないサーチ系カードも強いですが、山札圧縮&ヨルノズクの『みやぶる』による相手への妨害で自分の山札だけがガリガリ削れていきます。要エイパム。

ヨルノズクは序盤にホーホーを並べていくのが重要なので、サーチ系カードのリソースを奪わない1進化までのポケモンと組ませるのが良いかもしれません。
長期戦に強い鋼エネ耐久系、作法を活かした高殿堂ランク付たねポケ、育成中のベンチを叩けるヤミカラス、悪ライ、イーブイの『れんさしんか』を活かしたブラッキー、グドラの進化前&ドリオに強い優ランタン辺りでしょうか。月の石シナジーのドリオも熱いので、逆指名とプラパ山盛りのストライク(拡張)デッキも面白そう。アンノーンOにスペース割くのは流石に微妙。エネ加速後に自ら場を去るマインやトップオーキドを許さないヤドキング・悪ヤドキングもアリか。
伍段さんとの会話にも出てきましたが、悪クロデッキ相手ならロケット団の特訓ジムが刺さるので、上記のカードと一緒に組み込むとより嫌らしく出来そうです。

イメージ 20


4 キョウのビードル
4 キョウのコクーン
3 キョウのスピアー
4 フシギダネ(拡張)
2 フシギソウ(イントロ)
1 フシギソウ(サザン)
2 フシギバナ(第一弾)
1 エイパム(neo1)

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ 
1 ナツメの眼

4 ポケモン交換おじさん
2 ポケモン逆指名★
2 ポケモンセンター
1 パソコン通信★★
1 超エネルギーリムーブ★★★★
3 夜の廃品回収
2 セキチクシティジム

8 草エネルギー

以前あぷーさんが、キョウのスピアー+セキチクシティジムについて話していたのを思い出し組んでみました。キョウのポケモン達はサポート用のトレーナーにカードパワーを吸われてる感がありますが、キョウのコクーン&フシギバナの特殊能力で、セキチクジムで手負いのスピアーを逃がす→後続で即殴れるのが面白い。コインでざわざわしたい時に使いたいデッキです。単調な動きになりますが、ポケセンを厚めに積めばクロバットや普通のスピアーでも似たような事は出来そうです。
「実験デッキだし、炎なんか知らん」と思っていたら3戦中2回も炎と当たってしまいました。現行ならタイプが多くて相性ゲーになりにくいのに・・(弱点スルーを棚に上げる)。高火力相手への返しの手段が乏しいため、久々にブビィが欲しいと思わされたデッキ。

いつもの。ロケ参コラッタの三枚を序盤展開用の礼儀作法に替えました。アタッカー、ビリリダマ、ヤドンをサクサク並べられて助かります。


さて当日。昼頃に地元の近くで伍段さんと合流しカードショップへ。秋葉まで出ると時間も手間も掛かるので近場はありがたい。
入店するとデュエルスペースは無料(席代取るのは都心だけか)、菓子の販売もあるとの事。甘い物で小腹を満たしつつ遊べるのは良いですね。今までは時折カードを覗くだけだったので知らなかった。
前置きはこの辺にして、とりあえず対戦開始。



一戦目:エネルギーサイクロンvs.エンテイカルゴ
イメージ 1
(飲み物映るわ角度がキツいわですいません。次回気を付けます)
イメージ 2

イメージ 3

お相手が序盤エンテイの『おたけび』で炎エネを装着。『ぐれんのほのお』を耐えつつ、虎の子のカルゴを呼び出し先制攻撃し、2体落とされながらも何とか撃破。その後ブビィに『モクモク』で粘られるも、後続のマグマッグ達をしつこく呼び出し殴り続けて勝ち。
エネだくデッキでのエンテイのエネ加速は恐ろしいですが、『ぐれんのほのお』の60ダメに対するロケジム込みの悪マインやドリオのHPとの相性の良さに救われました。

二戦目:月光作法vs.エリウツマタドガス(拡張)
イメージ 4

伍段さん曰く「エリカのウツドン+マタドガスでタチワキ毒催眠を再現するデッキ」とのこと。
ヨルノズクを前のめりに三体立てて手札を削り、プクリンで殴ってサイドを引いていくが、もう一枚のサイド落ちを見逃し&エネ事故回避のため夜廃を二枚とも切ったせいで二体目を立てられない!ナツメのサイキックコントロールからのお相手の夜廃を利用し何とか進化させるも、手間取っている内に育ったエリウツを止められず負け。
散々サーチカード使っておいて山札確認ミスはお粗末。

三戦目:ゾンビスピアーvs.悪リザバクフ
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

バトル場で闘いながら育てていたフシギソウをヒトカゲ(R団)に落とされ暗雲が立ち込める(1エネ40点は無慈悲過ぎる)も、悪リザになるとコイン裏を連発、こちらはスピアーが『しんけいどく』を決めまくり一進一退の攻防に。互いのサイドが残り一枚、山札もわずかの状況でバクフーンを呼びたしまたも『しんけいどく』コイン表、お相手のスリープが『えんかくさいみん』を成功させるも、返しのポケモンチェックで眠り解除、最後はフシギバナで〆て勝ち。
綱渡りに次ぐ綱渡りで、とにかくコインに救われた対戦でした。ちなみに、『ひっさつばり』は一度も使用せず(

四戦目:マルマイン多色vs.グドラベトン+ファンポリカラス
イメージ 8

イメージ 9

お相手の初手ベンチにベトベターがいて頭を抱えるも、事故気味のようでベトンが立たず、こちらはサーチカードとオーキドで順調に展開。ひかライを虹エネ二枚装着+マインでエネエネし起動、ヤドランとディフェンダーでサポートしながら殴る理想の展開に。グドラにビリリダマやヤドランを落とされ粘られるも、最後は逆指名からのサイド二枚取りで勝ち。
ブン回りからのひかライの虹エネ二枚最速起動は強過ぎました。お相手の事故もあり、デッキの強い所をフルに発揮出来た形に。

五戦目:ゾンビスピアーvs.エンテイカルゴ
イメージ 10

イメージ 11

またも悲しみの炎デッキ戦。それでもスピアーなら何とかしてくれる・・!とコインに賭けるも、調子に乗るなとばかりにカルゴに燃やされ続けて負け。
場に草エネをキープ出来ないのが辛かったです。こんな時のために学習装置を積んでたハズなのに、エネ事故に腹を立てて草エネ+ 一枚に替えたんだった。何やってんだ

六戦目:月光作法vs.ネールトプス
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

お相手先攻でイワークの『いやなおと』を喰らうも、プテラにはさせまいぞと『ひとみでさそう』でベンチの化石呼び出し。ヨルノズク警戒のためかカブトに進化され『かせきのみちびき』で後ろに並べられるも、こちらは順調にプクリンを育て、ヨルノズクが三体立つ理想の流れに。ワーポ等でサイドを引きつつ、『みやぶる』の妨害でハガネールに鋼エネを貯めさせずそのまま押し切って勝ち。

七戦目(最終):ゾンビスピアーvs.月光作法
イメージ 15

イメージ 17

イメージ 16

お相手にデッキをお貸しして対戦。「よし、今度は炎じゃないぞ」としつこくスピアーデッキを持ち出すも、序盤にしっかりホーホーを並べられる。その後、こちらが何とか体制を整える頃にはヨルノズクが四体に。何だこのゲ〇デッキは・・。スピアーの『しんけいどく』で表を出すも、ワーポや何でも直しエネでしっかり回復され、プクリンに殴られ続ける。最後は悪あがきと逆指名からフシギバナでヨルノズクを落とし、返しのプクリンで〆られサイド3-6で負け。
伍段さん、対戦ありがとうございました!

その他には現行のデッキで対戦を。現行は旧裏より短時間で対戦を楽しめて、アタッカーを立てるのが容易なので逆転勝ちを狙いやすいのが魅力的。手間とお金は掛かりますが、息抜きにちょうど良いですね。
旧裏の新殿堂ランク環境の方も、まだまだ新しい強さや既存の組み合わせの見直しやユニークな戦術を追求していけるなと感じました。メタにメタ張れば新発見、色々試して楽しんで、旧裏現環境の最果ての景色を見に行きたいなぁ。ブログの更新も程々に・・、一応ネタはあるので。



【まとめ】
・ヨルノズクはヤバい。
・デッキ名は変に凝らずに、中身が分かる名前を付けよう。
・2018年もまだまだ新しい旧裏に出会えそう。今年もよろしくお願いします。

デッキ紹介&対戦レポート記事は以上になります。ありがとうございました。
新殿堂レギュレーション採用後の旧裏オフでの入賞者&デッキやオフ会レポート記事をリンク付きでまとめました。
※リンクに関して問題があれば削除いたします。お手数ですがツイッターかブログにてお声掛けください。


2015
1位.白音紅さん:ナツメスピリッツ(ナツメのゴースト)
2位.ソラさん Here Comes Lugia !!(ルギアneo1・ベトベトン・多色種)
3位.スイカさん 夜の錯乱ドンファンQ(ドンファン・ヨルノズク・錯乱ジム)

1位.ソラさん  狂気のだくりゅう!(キングドラneo3・ベトベトン・カスミ系)
2位.コウタロウさんカツウィンバクフ(参考リンク)(カツラのウィンディ・バクフーンneo1)
3位.てろりさんバクカルゴ(参考リンク)(マグカルゴ・バクフーンneo1)

1位.708さん カツウィンバクフ(カツラのウィンディ・バクフーンneo1)
2位.ほえらさんカツウィンバクフ(参考リンク)(カツラのウィンディ・バクフーンneo1)
3位.スイカさんNo Grasses but Psycho(わるいクロバット・ナツメのユンゲラー)
オフ会レポート:スイカさん708さん(同上)
1位.ほえらさん帰ってきた頭の痛いデッキ(キングドラneo3・ベトベトン・コダック化石・ナツメのユンゲラー)
2位.スイカさんスイカ流わるマタ(わるいマタドガス・ラッキー第1弾)
3位.めちゃさんわるマタ(参考リンク)(わるいマタドガス)
オフ会レポート:ぐらさんスイカさんだだちよさん708さんほえらさん(同上)


2016
1位.KG      スライ(参考リンク)(ライチュウneo3・マルマイン第1弾)
2位.708さん ピクシーベトン(ピクシー・ベトベトン・スピアーneo3・カスミのニョロモ・ラプラス拡張)
3位.将棋さんリザバク(リザードンPF2・バクフーンneo1)

1位.スイカさんNo Grasses but Psycho(わるいクロバット・ナツメのユンゲラー)
2位.プルナレフさんスライ(参考リンク)(ライチュウneo3・マルマイン第1弾)
3位.白音紅さんカツブーエンテイ参考リンク※最終殿堂ランクver.)(カツラのブーバー・エンテイneo3)
オフ会レポート:スイカさんTAMAさん
旧裏祭り(弱点・抵抗力無しルール)
1位.スイカさん真・ぎゃくりゅうオーダイル(オーダイルPF1)
2位.首領さん  バクカルゴ(参考リンク)(マグカルゴ・バクフーンneo1)
3位.アンドリューさんメガバナ(参考リンク)(フシギバナ第1弾・メガニウムneo1)
オフ会レポート:白音紅さんスイカさん

1位.白音紅さんわるマタ参考リンク※最終殿堂ランクver.)(わるいマタドガス)
2位.スイカさん草に負けないオーダイル feat.ギエピー(オーダイルPF1・ピクシー)
3位.あさりのみそしるさんミニスカグドラ(キングドラneo3・ミニスカート)
1位.B3さんNo Water&ヤミカラス・エリカのウツボット(キングドラneo3・ヤミカラス・エリカのウツボット)
2位.あぷーさんわるクロゴース(わるいクロバット・ゴース&ゴースト拡張・バリヤードJ)
3位.みけるさん害悪ドンファン(参考リンク)ドンファン・ドードリオJ・アンノーンQ・オムナイト拡張・なにかの化石)
オフ会レポート:スイカさん (環境考察)708さん (環境考察)B3さん(同上)


2017
1位.スイカさんバンバンバンギ(バンギラス・フーディン・バリヤードJ・ヤミカラスneo1)
2位.KG ニドランフレンズ(ニドリーナ拡張)
3位.708さんドラピク(キングドラneo3・ピクシー)
オフ会レポート:スイカさんだだちよさん708さん

ウツボット杯(参考リンク※ウツボット強制採用ルール)
1位.首領さん ネールトプス(参考リンク)(ハガネールneo1・カブトプスneo2・プテラneo2)
2位.白音紅さんわるラフポルター(参考リンク)(わるいラフレシア・ゴースト拡張)
3位.将棋さん ターボカメックス(参考リンク)
1位.B3さん Rサンダーライコウ (R団のサンダー・ライコウneo2)
2位.てぃらさんカスギャラマルベトン(カスミのギャラドス・ベトベトン・マルマイン第1弾) 
3位.せつなさんタケキュウピクシー(タケシのキュウコン・ピクシー・ナツメのユンゲラー・スピアーneo2・キングドラneo3)
オフ会レポート:将棋さんスイカさん708さんB3さん(同上)

1位.スイカさん No Grasses改めピクロバゲラ(わるいクロバット・ピクシー・ナツメのユンゲラー)
2位.伍段さん:グドラベトン(参考リンク)キングドラneo3・ベトベトン・ポリゴンpromo・ヤミカラスneo1) 
3位.将棋さん(同率)わるクロピクシー(参考リンク)(わるいクロバット・ピクシー・ナツメのユンゲラー)
3位.カイソさん(同率)メガバナ(参考リンク)(フシギバナ第1弾・メガニウムneo1)
オフ会レポート・デッキ紹介:将棋さんスイカさんてぃらさん708さん
Welcome to ようこそサファリパーク!
『なかまのちから』でドッタンバッタン大騒ぎ!
イメージ 1

2017/1/21(土)に行われた第12回関西旧裏オフで使用したデッキの改良版です。
レギュレーション:新殿堂ランク(『レインボージムweb』参照)

【デッキ構成】
ポケモン 12枚(たね8枚)
3 ニドラン♀(拡張シート青)
1 ニドラン♀(ジャングル)
4 ニドリーナ(拡張シート緑)
4 ニドラン♂(拡張シート青)

トレーナー 39枚(ドロー18枚)
4 オーキドはかせ
4 クルミ
4 ウツギはかせ
3 マサキ
3 ナツメの眼

3 エネルギーリムーブ★★
3 ディフェンダー
3 まきちらせ!ベトベトガス
3 礼儀作法
2 ワープポイント
1 突風★★
1 学習装置
3 夜の廃品回収
2 抵抗力低下ジム

エネルギー 9枚
9 草


【特徴】
『わるマタ』より必要なパーツが少ないため事故を起こしにくい、シンプルな団体攻撃系デッキです。
『エネルギーリムーブ』などのカードで相手を妨害しながら、最大60ダメージのニドリーナの『なかまのちから』を連発していきます。

【ポケモン解説】

イメージ 2

・ニドラン♀(拡張シート青) 3枚
高スペックな進化前。
『どくばり』は、バリヤードや抵抗力低下ジムが無い時の対鋼ポケモン戦で重宝します。プラスパワーの無いこのデッキでは確定の10ダメージが非常にありがたく、ピクシードードリオわるいクロバットなど『なかまのちから』最高火力を絶妙に耐える連中に予めダメージを蓄積させておけば、後々戦況を左右する事も。
関西旧裏オフでワンキルとドンファンを警戒しジャングルのニドラン♀を4積みしたところ、スイカさん(バンバンバンギデッキ)のバリヤードを突破できず山札切れで敗北するという事態に・・。毒は偉大なり。

イメージ 3

・ニドラン♀(ジャングル) 1枚
デッキ内唯一のHP60のたね。
最序盤の草弱点相手に1エネで圧力をかけていく・・という場面は稀ですが、ベンチ狙撃や突風&プラパを絡めた奇襲を警戒しつつニドラン♀を育てる時は礼儀作法でこちらを召喚します。
相手のデッキによっては、相手に有利なニドラン♀を進化させずに残しておき、そのまま戦わせるプレイングも重要です。

イメージ 4

・ニドリーナ(拡張シート緑) 4枚
2エネで驚異の最大60ダメージ!プクリンもビックリの軽量級アタッカー。
とはいえHP60の耐久はやや頼りなく、常にサポート用のトレーナーで延命しながら後続を育てていく事が重要。
ポケモン交換おじさんなどのサーチ手段が無いため、ニドラン達と同じく山札内の枚数を常に把握しキープしていく必要があります。

ニドラン♀(ジャングル) とHPが変わらないため、『なかまのちから』一発で落としきれない相手を敢えてニドラン♀のまま殴り、次ターンにバトル場で進化するという動きもアリ。プラパとベイビィが無い故のささやかな火力調整です。
ニドリーナが落とされる度に夜の廃品回収を使用し、ニドラン♀、ニドリーナ、草エネルギーを一枚ずつ戻すのが基本的な流れ。
3エネの『みだれひっかき』は、どうしても頭数を揃えられない時に。

イメージ 5

・ニドラン♂(拡張シート青) 4枚
火力増強要員&初手に♀を引けない時の序盤の壁役、そしてこのデッキ最大の弱点でもある問題児。
『きあいだめ』で相手にプレッシャーを与える事が出来ますが、次ターンに技を撃つのは2キルを狙えるor事故ってどうしようもない場面のみ。リスクが高すぎて、こいつに2エネはそうそう貼れません。
『つのでとっしん』でワンパン出来ないピッピのバトル場呼びだし&ヤミカラスのロックが非常に辛いものの、ワープポイントをポケモンいれかえor回収に変えると今度はベイビィ判定のリスクを負わされ続けてしまいます。

突風1積みではベンチを殴りにくいので、ワーポも手放せず、ポケモン逆指名2積みは必ず逃げるコストを要求され使い勝手が悪いという悩ましい二択。
序盤にこいつを並べすぎると、ベンチが圧迫され後続のニドリーナを育て辛くなるので要注意。


【トレーナー解説】
・ドローソース 18枚
速攻とニドリーナの自引きのため、多めの枚数に。
礼儀作法、ディフェンダー、エネルギーリムーブなどドロソ使用後に撃ちたいトレーナーが多いため、ウツギを使うタイミングは計画的に。

イメージ 6
・エネルギーリムーブ★★ 3枚
鋼エネルギーによる耐久ポケモンの要塞化を許さぬ殺意の3積み。2枚ではこの手のデッキの強みを殺しきれません。
このカードがあれば、相手に種ポケ無しからの追加ドローや先攻を許してしまった場合でも、容易にアドバンテージを奪い返す事が出来ます。
リムーブと抵抗力低下ジムがあればハガネールも不利な相手ではありませんが、プテラの『げんしのきおく』➡『いかり』のコンボを常に警戒して動く事が重要になります。プテラ抜きなら、むしろカモです。
イメージ 14



イメージ 7
・ディフェンダー 3枚
ニドリーナの心許ない耐久を補う延命用カード。場のニドランの頭数をキープするという意味でも、このデッキとは非常に好相性です。
プラスパワーよりも、ディフェンダーや鋼エネに撃つリムーブの方が却って火力アップ(維持)に貢献します。重ね掛けで高火力の一撃を強引に耐えるという場面も。

イメージ 8
・まきちらせ!ベトベトガス 3枚
対象は使用時点で場にいるポケモンに限られるため、その後の相手ターンで進化したポケモンを縛れないのがネック。特殊能力持ちのポケモンを見てから、カウンターで撃つ形になります。

3枚はやや過剰と思われるかもしれませんが、速攻だけで相手を圧倒する程の火力はないため、特殊能力に依存した大型デッキを足止めするのに2枚では不足しがちという印象。

対メガバナ戦:メガニウムの『おいしげる』を使えず相手は完全に1ターンストップ、フシギバナの『エネジートランス』→ポケモンセンターのコンボも出来ません。
バクフーン(炎)戦:エネルギースタジアムを抵抗力低下ジムで潰しながらリムーブを併用すると、相手の苦悶の表情を拝めます。
バリヤード戦:『ヨガのポーズ』で殴ろうとしている時は、2エネ貼らせてから沈めたい。相手の成長を生暖かく見守る、光源氏作戦です。

イメージ 9
・礼儀作法 3枚
火力増強&後続育成用。ニドランやリムーブの枚数を確認できるのもありがたい。

ポケモン交換おじさんとの主な違いは以下の4点。手札事故の時は、相手のナツメの眼に期待して手札にキープしておくのが得策。
・進化カードのニドリーナを持ってこれない
・山札圧縮効果あり
・手札消費1枚のため、ポケモン交換おじさん程ナツメの眼の邪魔をしない
・手札が事故っている時に使うと、相手がナツメの眼を撃ってくれなくなる

イメージ 10
・ 突風★★ 1枚
極端な火力がある訳ではないので、中盤以降のここぞという時に1回使えれば十分。ポケモン逆指名2積みは逃げるコストが(ry

イメージ 11
・ 学習装置 1枚
相手の場が立って殴り合いが続く時に欲しい一枚。
『なかまのちから』の連撃が止まる→ニドランが倒され火力が下がる
となるので、攻撃の手を緩めるワケにはいきません。
(手元に英語版しか無かったので、テキストはリンクから確認してください。)

イメージ 12
・ 夜の廃品回収 3枚
適切なタイミングでこまめに戻すために。2枚では少なすぎる。

イメージ 13
・ 抵抗力低下ジム 2枚
相手が草抵抗を持たないデッキでも早々に切るのはリスキーです。
リムーブの強みを生かすため、エコロジムや、エネルギースタジアム破壊用として有効活用できます。相手のデッキタイプの見極めが肝心。


【要警戒】
ニドラン♂の解説で書いた通り。ピッピの無限呼び出しを受けるだけで草エネは枯れ場が荒れ果てるという・・。どちらもデッキの色を選ばない所が嫌らしい。

まきベトガス無効、ディフェンダー貫通、軽いアタッカーと組む事が多いのでリムーブも刺さらない天敵。逃げる0&HP70のため、1ターン壁にした後にフジろうじんでまんまと山札に戻されてしまいます。

1エネ40ダメージ&リムーブ無効。わるクロと組まれると殆どどうしようもありません。わるクロ超憎し。


【まとめ】
「足止めして殴り続ける」事は得意なものの、搦め手にはどうしても弱いデッキです。「相手を倒す」よりも、「毎ターン妨害しながら相手の場に50,60のダメージを流し込んでボロボロにしていく」というイメージの方がしっくりくるかも。
短所ばかり挙げてしまいましたが、シンプルな殴り合いでは多くのデッキと互角以上に戦ってくれるデッキです。

山札内のニドラン・ニドリーナや各サポート用カードの枚数、リムーブや抵抗力低下シムを使用するタイミングに気を付ける必要がありますが、基本はシンプルでポケカ初心者や復帰して間もない方にも扱いやすいデッキだと思います。是非一度お試しあれ。

デッキ紹介記事は以上になります。ありがとうございました。



2017関西旧裏オフ(冬)戦績
1戦目 RYUTAさん カスミグドラ:4-1 〇
2戦目 ネッシュさん カビゴンデッキ:6-3 〇
3戦目 首領さん バクカルゴ:6-3 〇
4戦目 スイカさん バンバンバンギ:3-1 ×
勝利数+獲得サイド差で2位でした。4戦目はまきベト1枚&拡張シートのニドラン♀無し故にバリヤードを処理出来ず、山札切れで負け。

今はナツメの眼&ディフェンダー1→プラパ2、まきベト2→リサイクル2という積み方に。やはり60・70ダメージの差は大きかった。ナツメの眼やまきベトは使うタイミングが限られ腐りやすいので、状況によっては4枚目のリムーブにも出来るリサイクルに充てました。
6/17(土) 秋葉原のイエローサブマリンで行われた旧裏交流会へ参加しました。

ポケモンカード有象無象 【お知らせ】関東旧裏交流会@秋葉原


前回は新作デッキ無しで参加するも手持無沙汰になってしまったので、今回は思い付きで組んだデッキをいくつか持っていきました。

【使用デッキ】
イメージ 5

・デッキその1『つえー奴ら』
デリバード杯で使用されるビクトリーポイント仕様。
「初参加(初心者)の方の相手用にシンプルなデッキを。」と作製。
エネ配分も各色1枚、虹4枚(+エネスタ2枚)と多色構成。懐かしくも強力なたねポケモン達で相手を圧倒!・・出来ません。パワー不足とエネ事故で後半は延命しながらサイドを献上するだけ。
これは流石に弱すぎる。ボツ。


イメージ 6

・デッキその2『キョウラッキーフーディングドラ』
現在の旧裏界隈のルールでは「_のラッキー」にジムリーダー1人分の名前を書いて各種トレーナーの対象にする事が出来ます。
「キョウのラッキー×フーディン(ダメージスワップ)×セキチクシティジム(コイン表でキョウのポケモンを山へ帰す)」がシンプルに強いと考え、弱点無し+高火力の炎に強い+鋼エネを溶かせるキングドラと組ませました。

盤面を整えるまでが勝負、低火力相手にパターン入ると勝ちという感じ。
無限回復もそうですが、セキチクジム成功で山札を回復出来るのが偉い。貼ったエネも一緒に戻せるのでまさかの無限山札に?グドラの竜巻外しが多発し長期戦になったので余計にありがたかったです。
バリヤード&ヤミカラスも回復+山札耐久するだけでOKか。
スリープはバリヤード対策+時間稼ぎ用でしたが、場のスペースを圧迫するのでいらないかも。
悪マタメガバナ、ベトン、ドンファン辺りが課題か。ファンクラブポリゴンでグドラに超マーカーを置かれるのも痛い。


イメージ 7

・デッキその3『ゴミあさりムーブグドラ』
ヤドンのゴミあさりでエネルギーリムーブを撃ち続け、相手のエネが枯れてきたところをグドラ・ミュウツーで殴ります。
ゴミあさりは現行のバトルサーチャー感覚で使えるので、色々なトレーナーを1詰みしておくといいかも。しかしこのデッキ、リサイクルエネ搭載のグドラミラーは不利、厄介なベイビィとバクフーン入りの炎はグドラ頼りという頼りなさ。ただ、毎ターン回復してリムーブを欠かさず撃ち続ける限り、ヤドンを安定してワンパン出来る相手は少ないのが強みだと思います。

『キョウラッキーフーディングドラ』と比べ穴は多いものの、まだまだ改良の余地ありという印象。


イメージ 8

・デッキその4『ひかライフーディン』
マルマイン多色』のアタッカーを絞り、逆指名を抜いてワープポイントを多めに積みました。
ひかるライチュウならワーポで十分+フーディン避難用というシナジー。
フーディンをヤミカラスにロックされても、ワーポで解除しライチュウのサンダースコールで殴れます。
「ワーポを使うとヤミカラスを逃してしまう」という状況にならないのが強い。

理想は最序盤にゴースでトレーナーロックをして、ライチュウを十分に育ててから猛攻を仕掛ける。フーディンのダメージスワップでマインにダメカンを移す→エネエネでダメカンを蒸発させつつ火力を強化していくというもの。

対戦中カツノリさんにツッコミを受けましたが、デッキにゴースト(ポルターガイスト)を採用していませんでした。初手ロックからそのまま進化してor手札が溢れる後半にorライチュウが倒れた後のフォロワーとして殴れるコイツを抜くのはあり得ないなと反省。
ライチュウが荒らした後のベンチ狙撃、後半どさくさでのロック用にヤミカラスは入れていたのですが・・。
ミュウ(相手のエネ×10ダメ)は意外な天敵。悪クロ超許すまじ。

いざという時は、エネエネ+虹エネでマインやフーディンでも殴れます。
上記2つのデッキ同様、もう少し煮詰めていきたいです。


【当日の様子】
イエサブに着くと既に708さんと初参加のemptyさんが。
旧裏は初めてというemptyさんにリザバクをお貸しして対戦すると、すぐにデッキの回し方を覚えてしまいました。現行勢かなと思うとそうではなく、ADV・PCGの頃にプレイ経験があり、普段はデジタルTCGのシャドウバースをされているとの事。
なるほど道理で・・と思っていたら、708さんに借りた悪クロピクシーを見事に使いこなされ、こちらは5連敗を喰らってボコボコにされてしまいました。
イメージ 1
その後話を聞くと、何とPCG時代にジュニアの部で盾を獲得した経験があるとか。なるほど道理で!
emptyさん、次回は自分にポケカを教えてください笑


イメージ 2
その後はユークさんと対戦。スイカさんのブログ等を参考に熱心に研究されている方で、フォレトス×ドードリオ×バリヤードという関東では珍しいデッキを使われていました。フォレトスの高速スピンは鋼エネを1枚要求されるものの、虹エネで殿堂ランクを消費せずに済むのが偉いですね。自分もいつかデッキを組んでみたいカードです。
画像は『ひかライフーディン』のゴースロック→ライチュウ大暴れが上手く決まった場面。


イメージ 3
初代VC(ヴァーチャルコンソール)の対戦オフで知り合ったカツノリさんは、Myデッキ持参での初参加。
この方もPCGの大会で盾を獲ってます。今回は猛者が多い!
バンギラス悪いバンギラス悪いハッサム×マルマインというトリプルエースデッキ。自分の『キョウラッキーフーディングドラ』のグドラの竜巻が刺さりまくりで、この対戦はちょっと相性が良すぎました。(自分の良い場面だけ画像を載せる奴。)


イメージ 4
交流会は今回で2回目、途中参加のういさんと。『リムーブグドラ』にメガバナはマズいと思ったものの、お相手は草エネ8枚という構築で、何とかエネを枯らし、バリヤードで時間を稼いでLO勝ちが出来ました。


今回は708さんを中心に(店外で)トレードが行われ、PCG談議に花を咲かせたり(自分は分かりませんが)、現行の調整会をしていたB3さんに声を掛けられたりと大変賑やかでした。旧裏コレクターのひろさん、2回目参加のだいすけさんやその知人の方と対戦出来なかったのは心残りですが、また次の機会にお願いできればと。
最近は旧裏に興味を持って参加される方が多く、大変ありがたいです。


【まとめ】
・キョウのラッキー×フーディンから漂う害悪臭。今後要注意か。
・交流会の参加者増加中!
・今後はPCGオフやサイドイベントも行われるかも。


交流会のレポート記事は以上になります。ありがとうございました。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事