19XT

9年間ありがとうございました!

全体表示

[ リスト ]

Refrain!

ボーナスが予想以上に出て上機嫌な私T19、トレーニングマシンとかベッドとか欲しいものは山ほどあるけれど、取り敢えず靴を購入しました♪

イメージ 1

悪くないと思うけど・・・あなたのセンスは何か微妙にズレてる気がする
スクリームもっと派手なカラーにしても良かったんじゃないっすか?
T19いや、目立ち過ぎるのは宜しくないでも他人と被りたくないだからこそこの色なんだ特にVANSのスリッポン!超綺麗なエメラルド!
「」ビクッ
T19早速履いて出掛けてくる白も来るか?
いや・・・遠慮しとく・・・」

スリッポンの快適な履き心地に感動しつつ、足場の良い野池へ行って、久々のバス釣り


暑さのせいかトップへの反応が悪く、ペンシルを投げてもマイクロバスが追って来たのみ。
そこで新兵器を投入してみたところ、明確な引ったくりバイト

イメージ 2
ヒットルアーはK-1ミノー改
クロダイ戦でリップが砕けたK-1の腹に、ウェイトシールを貼った物です。

リップが無くなりオモリを足しただけの即席チューンですが、飛距離はアップ、動きのキレも増し、フォールによるアピールも可能なシンキングペンシルに生まれ変わってくれました。


本当はちゃんとしたシンキングペンシルが欲しいし、ジグやエギも買い足したいんですけど、それができない以上、こうやって自作していくしかありません(汗)。

K-1ミノー改でもう1本小バスを追加したところで、Mさんから電話が。
Mさんよぉ、12日にうちのガキ連れて船でジギング行こう思うとるんじゃけど、お前も来るか?
T19ジギング?何を狙うんですか?
Mさんそりゃ青物よ!ブリ、ヒラマサ、カンパチ
T19マジですか!?行きます行きます!丁度11、12と連休なんですよ!
MさんOK!じゃあ11日の昼頃出発して、夜は陸釣りでシーバスやろうやほいで12日の早朝に出船な
T19はい!宜しくお願いします!

と言うわけで、急遽オフショアジギングの予定が入ってきました!
船で日本海を攻めるのは初めて。これは13種ルールを一気に進める大チャンス!

私は12日に備えるべく、バス釣りを切り上げ帰宅。
PEラインを巻き替えたり、手持ちのジグのフックを交換したりと、浮かれ調子で準備を進めました。

そして11日。昼過ぎにMさんとその息子さん(高2)と合流し、島根県出雲市へ。まずは陸っぱりで肩慣らし。
適当な港に入り、ルアーをキャスト!

しばらくして、ルアーの背後にライター程の大きさをしたイカが付いて来ました。
ソイツは上下左右に動いてルアーを観察した後、スッと消え入るように泳ぎ去りました。
試しに小さめのエギを投げてフォールさせてみると、今度は10匹以上集まって来た!

イメージ 3

T19何イカなんだろ・・・」
Mさんエギングしよるん?
T19ちっちゃいイカがいっぱい居るんですよ
Mさんあぁ、ありゃアオリの新子じゃね
T19アオリイカだったんですか!
Mさんこまくてもアオリはアオリじゃけぇ、サイトで釣ろう思ったら難しいで一辺やってみんさい
T19分かりました!やってみましょう!

で、アオリベビーのサイトフィッシングにチャレンジするも、一向に釣れない・・・。


チェイスして来てもただエギを眺めるのみで、アタックしてきそうな気配が無い。
取り敢えず抱き付いてから食うか食わないかを考えるコウイカと比べると、赤ん坊の時点でここまで慎重なアオリイカは相当頭良いんだろうなと思います。

そうこうしてる内に夜になってしまい、そろそろイカは諦めようと、リールのハンドルを雑に巻いてエギを回収しようとした時でした。

釣れた!
イメージ 4

Mさんが気を利かして記念写真撮ってくれました。
ちっちゃくてもアオリはアオリですが、それにしたってちっちゃ過ぎですよね(笑)。

アオリベビーをリリースし、常夜灯の側へ行ってみると、何やらアナゴみたいのが表層を泳いでました。

おっしゃ!新魚種だ!」と心の中で叫び、すぐさまゲーリーグラブを投げてみます。

が、謎の魚はゲーリーグラブを無視。
ワームのサイズがデカ過ぎるようです・・・。
何アイツ・・・ウナギやアナゴとは違う気がする・・・。

その様子を見ていたMさんは、「ありゃウミヘビじゃね」と呟いた後、ガルプのサンドワームを漂わせ、あっさりその魚を仕留めてしまいました。

イメージ 5
Mさんやっぱりウミヘビじゃったな
T19ウミヘビ・・・

スマホで調べてみたところ、ウナギの仲間にはアナゴ科、ハモ科、ウツボ科などの他、ウミヘビ科という一群が存在していて、Mさんが釣ったコイツは『ホタテウミヘビ』って種類のようです。


それからは魚信が遠のいたんで、河口エリアへ移動
Mさんは水門周辺の水が複雑に動いているピンポイントへ、ショアラインシャイナーをキャスト。
そして僅か2投目にして、「もろたっ!」と叫ぶMさん。激しいエラ洗いの音が響いた後・・・

・・・MさんシーバスGET!
イメージ 6

Mさん67センチ・・・一応スズキサイズじゃね
T19凄い・・・」

私も負けじとシマノのジョイントミノーを水門目掛けて投げるも、Mさんのタックルと比べて全く飛距離が出ず、水門まで届かない

気付けば時刻は夜1時。数時間後には船に乗らなきゃいけない。
Mさんは「ジギングに備えてそろそろ寝ようや」と言いましたが、諦め切れなかった私T19。

Mさんと息子さんには先に車で休んでもらい、1人ミノーを投げ続けたのですが、アタリ1つ無い・・・。
結局シーバスは釣れないまま、一睡もしないまま朝が来てしまいました

心身共に結構くたびれていた私ですが、「こっからが本番だ!疲れてる場合じゃない!」と自分に言い聞かせ、Mさん達と共にチャーター船に乗り込み、5時30分、出航!


今回の決まり手ボラティルコンフリクト3000PE16ポンドK-1ミノー)、ナオリーRH

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事