ここから本文です
ゲーム広告資料館
チラシの残されたゲームのキヲク・・。全てのゲームに歴史あり!

書庫全体表示

マイティボンジャック

イメージ 1

・マイティボンジャック(テクモ 1986年)

  
冒険大活劇

今回からテクモを特集していきます。
まずはテクモのファミコンソフト第1弾「マイティボンジャック」です。
チラシはA4サイズで両面印刷となっています。

ゲームの方は縦横スクロールのアクションゲームでした。
魔王ベルゼブルに捕えられた王族を救うために、マイティ兄弟の末っ子ジャックが
大ピラミッドに挑みます。ジャックはいかにもスーパーヒーローの格好をしているのに
敵と戦うことはなく、ひたすら逃げ回るのが斬新でもあり歯がゆくもありました。(笑)

本作はアーケード版「ボンジャック」をベースに制作されており、
画面上の爆弾を取らなければ進めない小部屋のシーンなどにその名残を見ることができます。

また、チラシにも書いてる通り「ゲーム偏差値」というユニークなシステムもあり、
これはプレイの仕方によって、反射神経、記憶力、判断力、応用力を総合的に
判断するものであったようです。しかし何を根拠に判定しているのかわからないので、
偏差値が出たところで「ふーん」ぐらいしか思わなかったですね。(笑)

「マイティボンジャック」は難しいゲームではありましたが、当時としてはボリュームもあり、
よくできた作品であったと思いますが、現在までリメイクされてないのが残念なところです。

ちなみに、アーケード版「ボンジャック」はPS2の「テクモヒットパレード」、
XBOXの「テクモクラシックアーケード」に収録されています。
しかし音楽に版権問題があったそうで、PS2版ではBGMがなく、
XBOX版はファミコン版の音楽を使用しているとのこと。
古い話では、セガの8ビットゲーム機で使えた「マイカード」でも出ていました。
私は未プレイですが画面写真を見た限り、ちょっとグラフィックが寂しく、
移植度もいまいちだったようですね。
でも、これらの家庭用版、アーケード版、それぞれ遊び比べてみると面白いかもしれません。

あと、チラシ裏面の下に次回作の予告がありますが、第2弾に「スーパースターフォース」、
第3弾「ソロモンの鍵」となっておりますが、実際の発売順は逆でした。
こんなところに注目するのも当時のチラシの楽しみ方です。(笑)

この記事に

  • 顔アイコン

    マイティボンジャック♪ヽ( ・∀・)ノ エキストラコイン等、アイテムも非常に多く、ジャンプのボタンコントロールも終盤には緻密になり…σ(^_^)難易度高シ!!デス。エンディングヲ一回デモ見タカッタデス…

    [ art*0*02 ]

    2006/7/15(土) 午前 1:16

    返信する
  • arts0102さん>コメントありがとうございます。敵を倒せない分、細かい操作が要求されるので結構難しかったですよねぇ。不器用な私にはエンディングなんて到底無理。(笑)

    [ やまたま ]

    2006/7/17(月) 午前 0:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事