ここから本文です
ゲーム広告資料館
チラシの残されたゲームのキヲク・・。全てのゲームに歴史あり!

書庫全体表示

namcot INFORMATION '89夏

イメージ 1

イメージ 2

・namcot INFORMATION '89夏(ナムコ 1989年)


<掲載タイトル>
ラサール石井のチャイルズクエスト/クインティ/ドラゴンニンジャ/
ケルナグール/ワギャンランド/ハイドライド3/早打ちスーパー囲碁/
ファミリーピンボール/ローリングサンダー/デビルマン/
ドラゴンスピリット/マインドシーカー/ドラゴンバスター

今回はナムコのファミコンソフトに封入されたラインナップのチラシです。
二つ折りにすると、ファミコンのカセットくらいの大きさになります。

掲載しているタイトルは1989年初旬から夏にかけてリリースされたものです。
わずか半年くらいの間でこれだけのソフトをリリースしていたんですね。
ナムコの強さを改めて感じました。

これまで何度かナムコのチラシを取り上げてますが、
今回はまだ紹介していない2本をピックアップしたいと思います。

・デビルマン
1989年4月に発売されたタイトルです。
原作はご存知の通り永井豪先生の漫画になります。
アニメ化もされておりますが、ゲームの方では原作をベースにしています。

ゲームは横スクロールのアクションゲームです。
主人公の不動明(=デビルマン)を操作して、
人類を脅かすデーモン族と戦っていきます。

メジャーな原作ですが、ゲームではそれを活かしきれていない印象を受けます。
特にグラフィックはバ○ダイが作ったのではないかと思うくらいヘッポコ。
ナムコにしては珍しく駄作になってしまい、ファミ通の評価も4.50点と低評価でした。

・ドラゴンスピリット 新たなる伝説
もう1本は「ドラゴンスピリット」です。こちらも89年4月に発売されました。

ゲームは縦スクロールのシューティングゲームで同名アーケード作の移植ですが、
ファミコン版のストーリーはAC版の続編という形になっています。

主人公はアーケード版の主人公アムルの血を引く者で、
前作の最終ステージから始まる展開になっております。
ここをクリアできれば、AC版同様のブルードラゴンでゲームが進み、
クリアできなければ、初心者向けで初期能力の高いゴールドドラゴンになり、
通常よりも少ないステージを進むことになります。

続編という設定ながら、ステージ構成はアーケード版とほぼ同じです。
当時はPCエンジン版が発売された後にリリースされたので、
見劣り感が否めませんでしたが、それでもFC版ならではのアレンジがなされ、
かなり頑張った移植になりました。
ファミ通の評価は6.50点と健闘しています。


ちなみに、このチラシは今年入手したものです。
某中古ショップで箱・説明書付きの「スプラッターハウス わんぱくグラフィティ」を
購入したのですが、その箱に入っておりました。
現在ではファミコンのチラシを集めるのは難しいと思いますが、
箱入りの中古でも運が良ければ、こんなチラシをゲットできることがありますので、
中古ソフトを買う際には箱入りのものを狙ってみましょう。(笑)

この記事に

  • 顔アイコン

    このコメントは、広報の方が書いたんでしょうか?デビルマンの投げやりなコメントがいいですね(笑)
    マインドシーカーのコメントはどこまでマジなんでしょうか?ムーあたりのオカルト雑誌の怪しげな広告かと思えますね(笑)

    gunchang

    2008/8/8(金) 午前 1:12

    返信する
  • 顔アイコン

    >gunchangさん
    コメント&トラバありがとうございます。
    おそらく広報かナムコ隊の面々が考えたんだと思います。(笑)

    マインドシーカーは超能力者育成という内容で、ついついオカルトチックに捉えられてしまいますが、実は遊んだ人に心や意識について考えてほしいというコンセプトで作られています。内容はぶっ飛んでましたが、企画意図はいたって真面目だったんですよ〜。

    [ やまたま ]

    2008/8/8(金) 午後 8:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事