ここから本文です
ゲーム広告資料館
チラシの残されたゲームのキヲク・・。全てのゲームに歴史あり!

書庫全体表示

ダライアスプラス

イメージ 1

・ダライアスプラス(NECアベニュー 1990年)


16体の巨大戦艦!!
業界初のPC・SG両対応!!

今回は「ダライアスプラス」です。
チラシはA4サイズの両面印刷となっています。

ゲームは横スクロールのシューティング。
異星人ベルサーの来襲で死の星と化した惑星ダライアス。
生き残ったプロコとティアットは戦闘機シルバーホークに乗り込み、
ベルサーの包囲網を突破し、脱出を試みるのでした。

オリジナルは1986年にタイトーが発表したアーケード作品。
3つのモニターを連結して迫力あるワイドな画面で遊べる筐体として、
当時のゲームファンに強烈なインパクトを与えました。
PCE版は当然1画面となりますが、その迫力を失わない、
見事な移植として当時は大きな評価を得ておりました。

PCE版はCD-ROMとHuカードの2つのメディアで、
CD-ROM版(スーパーダライアス)は90年3月、
Huカード版は同年9月に発売されました。
ステージ構成はAC版と同じく全28ステージ中、
7ゾーンをクリアすればエンディングですが、
クリアしたゾーンによりエンディングが異なります。

また、PCE版はどちらも2人同時プレーはカットされています。

CD-ROM版はAC版でも登場していないボス戦艦が追加され、
全26体登場しましたが、Huカード版ではその中から
選抜された16体がプレイヤーを苦しめます。

Huカード版は通常のPCエンジンの他、
スーパーグラフィックス(SG)にも対応しており、
SGでプレーした場合、画面のチラツキが多少軽減されます。

現在はWiiのバーチャルコンソールでCD-ROM版とHuカード版の
どちらもダウンロードすることができます。

また、チラシ裏面には現在もプレミアがついている
「ダライアスα」の告知も出ております。
こちらはソフトの付いているアンケートハガキを送ると、
抽選で800名にプレゼントされたものでした。
内容は16体のボスとの一騎打ちが楽しめるモードと
4分間のタイムトライアルモードです。


この記事に

  • 顔アイコン

    エンジンのダライアスと言えばスーパーダライアスが
    評価高いですが、私が遊んでいたのはPLUSの方です。
    サウンドも上手くコンバートしてあって気に入ってました。
    当時ダライアスαが当選した人が羨ましいですね〜。
    アーケードが一番熱かった、良い時代でした。
    チラシもカッコいいです。 削除

    [ kabejima ]

    2011/4/18(月) 午前 1:04

    返信する
  • 顔アイコン

    >kabejimaさん
    コメントありがとうございます♪
    私もCD-ROM版を買ったのはあとだったので、
    Hu版の方が思い入れが強いです。
    SGにも対応っていうので期待したんですが・・。

    αはスーパーダライアスには標準装備なので、
    プレミア価格で買うほどでもないかなと思いますよ〜。

    この時代は本当にみんな熱かったですよね。
    チラシを見ながら当時の興奮を思い出しました。w

    [ やまたま ]

    2011/4/24(日) 午後 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    突然の質問で恐縮ですが、ダライアスαの当選通知をお持ちではないでしょうか?フランスの友人が探しておりまして・・もし情報をお持ちでしたら何か教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

    [ fuk***** ]

    2017/12/15(金) 午後 5:10

    返信する
  • コメントありがとうございます。

    ダライアスαは私も周りも持ってる者がいないため、当選通知については全く分かりません。αに関する資料で所有しているのは、このチラシくらいです。

    お役に立てず申し訳ありません・・・。

    [ やまたま ]

    2017/12/16(土) 午後 3:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事