ここから本文です
ゲーム広告資料館
チラシの残されたゲームのキヲク・・。全てのゲームに歴史あり!

書庫全体表示

イメージ 1

・少年バンダイ’91 前編(バンダイ 1991年)


<掲載タイトル>
ドラゴンボール供〃秧瀬侫蝓璽!!/ファミコンジャンプ’91/
からくり剣豪伝 ムサシロード(以上FC)/機動戦士ガンダムF91/
ナイトガンダム物語(以上SFC)/GARMS オペレーションガンダム/
まじかるタルるートくん(以上GB)

今回はバンダイが発行していたカタログになります。
冊子は表紙も入れて16ページ、大きさはスーパーファミコンの
箱と同じくらいなので、カセットに封入していたものかもしれません。
バンダイ以外にもグループ会社から発売されたタイトルも掲載されています。

裏表紙は当時すでに発売中だったタイトルが並んでいます。
上から「まじかるタルるートくん」(FC)、「ウルトラマン」(SFC)、
「からくり剣豪伝ムサシロード」(GB)になります。
ちなみに「ウルトラマン」はバンダイのスーパーファミコン参入第1弾でした。

それでは、中のページをご紹介していきます。

イメージ 2

・ドラゴンボールZ供〃秧瀬侫蝓璽供!(ファミコン)


宇宙最強、その名はフリーザ。
誰かがこいつとやらねばならない。'

まずは「ドラゴンボールZ供廚任后
「ドラゴンボールZ」としては「強襲サイヤ人」に続く2作目となりますが、
ゲーム自体は88年に発売された「大魔王復活」から続くカードを用いて
移動や戦闘を行うシステムとなっています。

ストーリーは原作は鳥山明先生の漫画「ドラゴンボール」、
そしてテレビアニメ「ドラゴンボールZ」のフリーザ編をベースにしており、
Z戦士たちとフリーザ一味のナメック星でのドラゴンボール争奪戦が描かれます。

前作ではやや単調だった戦闘も本作ではアニメーションがスピードアップしています。
また、一度に敵全体を攻撃できる複数攻撃、通常攻撃と必殺技を組み合わせた
複合攻撃が可能になりました。
必殺技使用時にはカットインが入るなど、演出も強化されています。

ストーリー以外にも対戦で楽しめる「天下一武道会」モードも用意されており、
こちらでは4人リーグ戦やバトルロイヤルが楽しめるようです。

イメージ 3

・ファミコンジャンプ’91 最強の7人(ファミコン)


最強の7人が揃いしとき、
ようやくドラマの幕が上がる。

続いて「ファミコンジャンプ’91」。
正式タイトルは「ファミコンジャンプ供廚箸覆辰討い泙后
89年に発売された「ファミコンジャンプ」の続編になります。

前作はいろいろなミニゲームを混ぜ込んだアクションRPGでしたが、
本作では正統派RPGとなりました。
登場作品も当時人気のあったイラストの7作品に絞られました。

マルチオープニングシステムというものを採用しており、
最初は7人の中から1人を選んでスタートし、最終的に7人がそろって、
ジャンプワールドの危機を救うために戦います。

製作には監修に堀井雄二氏、開発はチュンソフトと、
「ドラゴンクエスト」でおなじみのメンバーも加わった
豪華なソフトでしたが、前作のお祭り的なノリが
なくなってしまったのは残念でした。

イメージ 4


・からくり剣豪伝ムサシロード(ファミコン)


ジパング国はファミコン界にもあった!
からくり野郎、総出演で大暴れ!!

こちらはユタカというメーカーから発売されました。
原作は90〜91年にかけて放送されたテレビアニメです。

ゲームは「ゼルダ」タイプのアクションRPG。
1話完結の短編5本のシナリオで構成されており、
1〜4話までは自由に選択して始めることができます。
4画面を1エリアとして、12〜16エリアを1話分としているとのこと。
広いのかどうか分かりにくいです・・・。

イラストではユニークなキャラクターがたくさんいますが、
ファミコンではキャラが小さくて、いまいち魅力を引き出せていないようです。

イメージ 5


・機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122(スーパーファミコン)


新しい時代のため、胸に信じるもののため、
この青春をかけて戦う。

こちらはSFCのタイトルです。
原作は1991年に劇場公開された映画になります。

ゲームの方は「F91」の外伝的な位置づけとなっており、
映画には登場しない「F90」という機体がメインで活躍します。
また、ストーリーも映画につながる前史としての描かれ方になっています。

ゲームはリアルタイムのシミュレーション。
プレイヤーはガンダムに乗り込み、レーダーで敵を捕えて
コマンド選択で攻撃します。
画面上の敵をすべて倒せばクリアとなりますが、
撃墜されたり、行動不能になるとゲームオーバーになります。

シミュレーションゲームとしてはそれほど難易度は高くないので、
もうひとつの「F91」の世界が楽しめる作品ではないかと思います。


今回はここまでとさせて頂きます。
残りのページを改めてご紹介していきます。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事