ここから本文です
ゲーム広告資料館
チラシの残されたゲームのキヲク・・。全てのゲームに歴史あり!

書庫全体表示

イメージ 1

・PCエンジン オフィシャルハンドブック(NEC 1989年)


ますます広がるPCエンジンワールド!!

今回はPCエンジン発売30周年ということで、
公開していなかった「オフィシャルハンドブック」をご紹介します。
こちらはPCエンジン発売から2年後の1989年11月発行となっており、
同年末から年明けにリリースされたタイトルが掲載されたカタログです。
折り畳んだ状態では封筒サイズの大きさですが、
広げると1メートルを超える大型のカタログとなっています。

イメージキャラクターは原作版のドラえもんですね。
これはハドソンが「ドラえもん」のゲームを同年に
発売していたからかもしれません。
裏表紙では初代PCエンジンのスペックとオプションの一覧が載っています。
この当時に新たな本体バリエーションが発売され、機種によって使えるものと
使えないものが一覧で分かりやすくなっています。

こちらのカタログは片面ではソフト、もう片面ではハードが
紹介されています。
まずはソフト側のページをご紹介します。
今回はタイトルが多いので、ゲームの紹介はしません。
すでに紹介済みのものも多いので、もっと詳しく知りたい方は、
以前書いた記事もご覧くださいね。

イメージ 2


まずは最初のページ。
すでにご紹介済みがほとんどですね。
「ニュートピア」は「ゼルダ」にそっくりなアクションRPGでした。

イメージ 3


次のページ。
タイトーの「バリバリ伝説」は懐かしい・・・。
PCE版「ぎゅわんぶらぁ自己中心派」、「USAプロバスケットボール」も
このブログでは初登場のタイトルでしょうか。

イメージ 4


さらに次のページ。
「PC原人」、名作の「イース機Ν供廚載っています。
タイトーの「ヘビーユニット」はすごい難しかった思い出がありますね。

イメージ 5


こちらは最後のページ。
発売予定のタイトルとすでに発売されたタイトルの一覧が出ています。
発売から2年経ち、ソフトも充実していたように思っていましたが、
意外と少なく、この年でようやく100本揃ったくらいだったようです。

次回は裏側のハードの面をご紹介します。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事