BOSSの『心の鏡/参之巻』 WEBお遍路

心に花を咲かせよう。。。ってσ(o^_^o) オレ花咲き爺さん?(笑)

全体表示

[ リスト ]

募金活動にみる闇の部分



イロイロな意味を持って「やりきれない気持ちになる」ニュースを観てしまった・・・
とでも言いたくなってしまう・・・σ(▼▼:)オレ

この種の難病児等のための募金活動は、ここ数年まるで流行かのごとくよく見かけることがある。
裕福では無いご家庭の方々がお子様を助けたい一心で募金を募る
そしてまた心優しい方たちがボランティア精神で立ち上がり、援助の輪が広がっていく・・・

これはこれで素晴らしい事。。。ではあるのだが
数々の問題点も浮上してきてはいないだろうか?!
このYahooBlogsでも多くの方々が協力されていました・・・ね

今回はあえて苦言を呈したいと思います!!!

まずは下記のYahoo!ニュースをみてもらおう。。。

≪参考資料≫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071101-00000163-mai-soci
<心臓移植手術>京大ちゃん「救う会」代表が父親脅かす
11月1日22時51分配信 毎日新聞

 難病男児のための募金活動を巡り、男児の父親に暴行し現金を脅し取ろうとしたとして千葉県警香取署は1日、「けいた君を救う会」代表で同県多古町一鍬田、自動車板金工場経営、水沢滋容疑者(45)を傷害と恐喝未遂の疑いで逮捕した。

 調べでは水沢容疑者は9月1日、成田市の元専門学校講師、松田祐樹さん(37)を自宅工場に呼び出し、押し倒すなどして左腕打撲の軽傷を負わせ、木刀で脅して現金800万円を要求した疑い。

 松田さんの長男京大ちゃん(2)は難病の拡張性心筋症で、松田さんの友人の水沢容疑者を代表に「けいた君を救う会」を結成。渡米して心臓移植手術をするため、約1億円の募金を集めた。06年11月に移植が成功し、今年帰国していた。

 その後、松田さんの妻の妊娠が分かり、夫婦の活動姿勢に不満を抱いた水沢容疑者が、ボランティア活動で仕事を休んだ自分とメンバー6人の損失として現金を要求したという。調べに対し水沢容疑者は「自分が得るべきものを要求しただけ」と供述している。【黒川将光】
(追加ニュース) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000061-san-soci


素のまま・・・報道活字のまま・・・読んでしまえば・・・
「けいた君を救う会」代表の、水沢滋容疑者は奉仕とは縁遠いヒドイ奴!!!
。。。ってことになるだろう
傷害と恐喝未遂の疑いがある以上、現時点では否めない事実と受け止められる・・・

しかし☆この事件は「傷害・恐喝」事件にとどまらず大きな問題を投げかけている。

σ(▼▼:)オレは、こうした事由(募金活動)を否定する気も無い・・・
といって完全肯定する気にもなれない。
それは、この種の募金活動は「人の情」に訴えかけ成り立っている要素は大きい。
それはそれで純粋無垢な「愛・命・人情」であれば美しく気高いものであると思うのだが・・・
一ヶ月前くらいにオレのブログ記事でも紹介したが
「募金詐欺」なるものも輩出してしまっている(怒)
本格的なものから、あわよくば振込み入金万歳ってものまでネット上では見かけるようになった。


そして・・・今回は遂に、とでも言ってしまっていいと思うが
募金徴収関係者間による事件の発生である・・・嘆かわしい

詳細な事件報道が成されていない現段階では軽はずみな言葉を避けるべきではあるが
あえて「なぜ?こういうことになったんだろう?」。。。と、想定してみる。
再度☆オレは言っておくが、あくまでもオレの勝手な想像でここから先は書き綴っています
くれぐれも事実認識と錯誤しないでいただきたい <m(__)m>

容疑者の犯行動機。。。「夫婦の活動姿勢に不満を抱いた」とある。

松田さんの奥様が現時点、妊娠何ヶ月かは報道上不明であるが
逆算して、行為は・・・いつごろであったのだろう?(不埒な意味ではない!)
その時節の頃、街頭に立ち懸命にボランティアされていた方々は現存していたであろう。
この募金活動の際起きた「マリンスタジアム事件(注 法にも挫けることなく
多くの方々が、その後も懸命な活動をされていたようである・・・
問題は当事者の松田ご夫妻が、どれほどの身を切る思いに値する尽力をされていたのであろうか?
それは「救う会」の関係者から観て、どれほどのものであると理解されたのであろうか?
また重大なことも考えられる。。。それは。。。
このご夫妻にとって、お子様の病気は何なんであろう?
お二人目のお子様をご懐妊される前に『遺伝子検査』など医療機関等での調べはしたのであろうか?
同じ親の元・・・京大ちゃんと同じくする難病の確立はないのであろうか?
(あくまでもオレの端的な疑問であり、懸念するのものである。)

是非。。。事実関係を知りたいものである!

水沢容疑者は「自分が得るべきものを要求しただけ」と供述したとある・・・
このままの供述通りとすれば・・・募金額が一億円を超え数千万が残っていることに対し
金に目が眩んでしまった・・・のであろうか?
それとも・・・ご夫妻を恩知らずと受け止め、不信感を超え余りの歯がゆさに事件を
引き起こしてしまったのであろうか?

暴力はいけない!!!恐喝もいけない!!!。。。コレは間違いない
しかし、真なる経緯を知った上で水沢容疑者を語りたい・・・ものである
同時に、松田夫妻も。。。募金活動も。。。
 (注 法屮泪螢鵐好織献▲犹件」

   昨年8月30日、千葉ロッテマリンスタジアムにて行われた街頭募金で
   酒に酔った募金勧誘関係者が、募金に協力された観客の方々に対して
   「お前ら、1歳の子供が死ぬかもしれないのに見殺しにするのかよ!」
   ・・・という暴言を吐いたというもの。

   熱心なロッテファンの方は月に十数度スタジアムへ観戦に出向き
   内数回は募金に協力していても・・・入場時に募金しても退出時にしなかったら
   したことにはならない・・・ということになってしまう
   前回、もしくは他の場所で募金をしても、ここでしなくては・・・
   見殺しした事になってしまう・・・という事である。

   この件に関し「けいた君を救う会 事務局 代表 水澤 滋」は
   事件を有耶無耶にすることなく真摯なる態度で詫び、謝罪をしている。


では次に。。。釈然としない、不透明な部分に苦言を呈してみる。

当該の「救う会」には、あるブログが存在する。いわゆるオフィシャルブログである。
(数日中に捜査の一環として?!閉鎖となるではあろうがここでは伏せさせていただく)
そこでは昨年、会を発足してからの募金活動のネット拠点として今年の7月まで稼動していた・・・

報道にも取り上げられ、千葉を中心に企業系も賛同協力しての一大イベント化?ともとれる
ブームめいた感さえも感じられるようになって。。。

  デポジット     6000万円
  渡航費       1000万円
  滞在費        500万円(待機 術後の外来治療費を含む)
  医療予備費     500万円(幼児のため)
  計          8000万円

と、目標設定されていたが・・・募金は全国から集まり1億円を超えた!
期間ごとの入金額と合計金額は、ほどほどに更新されながら報告はされていたが・・・
今年の初旬に入り、目標額を達成し募金が止まりだすと・・・更新は滞りだした
4/27、になって「手術成功後、けいた君の帰国」が決まり
「両親からのメッセージ」と「救う会事務局からの御礼挨拶」なる記事が
久々に記事投稿された・・・
そして・・・次に更新されたのは、約三ヵ月後の7/20・・・であった。

さてさて、ここの規約なるものには(抜粋)
● けいた君を救う会規約

第3条(目的)
  本会は、松田京大(けいた)君の海外(アメリカ)における心臓移植を実現し
  無事に帰国するための支援と、そのために必要な費用の募金活動を行う事を目的とする。

第6条  (役員) 
  本会には,代表1名、事務局長1名、会計2名、監査2名の役員を置く。

第7条    (会計) 
  本会は、ホームページ等を通じて定期的に会計報告を行う事とする。

第8条(活動期間)
  当初の目的が達成された場合、本会は会計報告をもってその活動を終了する。

第11条(報酬)
  本会の役員、並びに会員は例外なく無報酬とする。

。。。と、あるのだがっ!

◆ 第三条を鑑みれば「医療予備費」の解釈は?
◆ 第六条に記する役員6名・・・コレが今回事件との関与が考えられる
  自分とメンバー6人の損失として現金を要求。。。ということであろうか?
◆ 第七条でいう「定期的に会計報告」は成されていないに等しい。
◆ 第八条でいう「当初の目的は達成」されている・・・ではないか
  会計報告をしなければいけないのではないか?!
  暴力、恐喝事件で幕引きとは冗談でも許されないであろう。
◆ 例外なく無報酬である!!!それは当該ご夫妻もである!!!


総括してみる。。。

募金をして・・・虚しさが残るようであったり
無理強いなものであったり・・・疑惑が残るものなどボランティアではない!

「収支報告」「各費用明細と説明」「証拠書類等の整備」etc

こうしたものは絶対的報告義務がいるのではないだろうか?!
汗して働き、コツコツと時間を惜しんでも仕事した者・・・その個人の方々
また、その集大成なる会社においても厳密な管理と報告義務を持ち成り立っている。
そうした方々、団体が心を込めて募金をされたのであるから
その当該募金団体は、より厳密なる審査を受けるべきだし、報告義務があるはずだ。

行政機関は、こうした募金活動に対し認可・許可制にするべきではないだろうか?
それは、定期的報告書の完備、第三者機関収支管理など規制すべきである。
そして政府は募金個人活動禁止法案を早急に提示し可決してもらいたいものである。


哀しきかな、虚しきかな・・・
今後も。。。類似した事件、お涙頂戴詐欺は必ず起こるであろう・・・

心ある。。。情のある。。。真からの奉仕される方々が
バカを見ない日本でありたいものである・・・ヽ(`△´)/


・・・最後に、この事件。。。
このまま報道済みと処理される事なく徹底追跡調査をしていただき
今後の「募金のあるべき姿」のための症例として観ていきたいものである・・・



≪ご注意≫
 
 この記事に際しての『責務』『信念に基づく発言』は、記事作者であり管理者の
 BOSSこと私にあることを宣言しておきます(-ω-)/


BOSSの『心の鏡 参之巻』
Copyright (C) 2005 Allrights reserved

閉じる コメント(7)

街頭で募金したことは何回もありますけど、本当に正しく使われるのかなぁという疑問は毎回心のどっかにあるような気がします。
善意で成り立っているからこそ、その管理、報告義務は徹底してもらいたいですよね。

2007/11/2(金) 午前 7:25 ・*:。.ぱぴ.。:*・ 返信する

顔アイコン

拡張型心筋症の遺伝子診断はないと思う 削除

2007/11/2(金) 午前 8:14 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

私はこのような子に募金しません。
だって、親にはまだまだ捻出する余地がありそうに見えるから。
そして私は、自分の子にお金を使いたい。。
当初必要と言われていた金額よりも多く集まってますよね。
収支報告が不明瞭なので、余りを二人目の出産、育児費用に充てるの?って思っちゃいます。
もしかして、それでトラブルになったのかも??と勝手に考えてます。 削除

2007/11/2(金) 午後 7:38 [ えり ] 返信する

本当に、真面目に善意でやっているものもあるなかで、
どういったことが起きると、どれが本物?とか
どこまで、信じていいの?とかどうしてもなっちゃうよね
本当に困っている人を助ける行為の邪魔にもなっているような気がするね

2007/11/3(土) 午前 1:35 [ :*・゚・*:clover:*・゚・*: ] 返信する

募金活動も出来ないで亡くなっている人のほうが多いでしょう。
自分の息子が病気のとき、他人から恵んで貰ってまでなんて、考えるほどの気力も無かったわ。そうなると、募金活動も人任せで一人歩きしてしまう。ずっと以前にも問題になったけど、残ったお金で旅行したり、贅沢をした人たちもいるとか。。。
何処までが真実なのかわかりません。

2007/11/3(土) 午後 7:54 ros*h*p_47 返信する

顔アイコン

こんにちは。興味深く読ませていただきました。情報量に圧倒されました。すみませんが、この記事にトラックバックさせてください。

2008/3/23(日) 午後 0:09 abunonokodomowomamorou 返信する

顔アイコン

私は勝手独裁者と言われた、ヒトラーの制作に、遺伝病を持っていたら、子供を作ってはいけないと、言われたことは正しいと思う、その子供が孫かに、苦しみをさせてはいけないと、思うからで子供は作らないほうがいい。宇宙人の世界では、許されない。

2008/12/13(土) 午後 11:38 坂本廣志 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事