ダルウィンのなんでも飼育栽培記

しばらく記事のアップやコメントが遅れそうです...

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全192ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ケーキ

当地では誕生日を迎えた本人がケーキを買って周りの人たちに振る舞う、という習慣があります。

今日も一人誕生日を迎えたスタッフがいて、彼から皆にケーキが一切れずつ配られましたが、



イメージ 1







あまりの色合いなので、まだ口にしていません...(;^_^A

この記事に

開く コメント(20)

チェ・ゲバラ

今日は時間の余裕があったので、

イメージ 1









以前DVDを購入したまま未だ観ていなかった「チェ」を鑑賞しました。

映画は第1部の「28歳の革命(The Argentine)」、第2部の「39歳 別れの手紙(Guerrila)」に分かれており、第1部がメキシコでのフィデル・カストロとの出会い(1955年7月)から、バティスタ政権を倒し最終目的地であるハバナへ進軍(1959年1月)するまで、第2部はキューバを去り(1965年4月)、ボリビアでの11ヶ月にも及ぶゲリラ活動で最後政府軍に捕らえられ処刑される(1967年10月)までが描かれており、計4時間半の大作なので、観るのもなかなか気合いが要ります。

この映画は基本的にチェ・ゲバラの歩んだ歴史と人柄をある程度鑑賞前に分かっていないと、突然観ても理解しにくい部分が多いかと思います。 4時間半と言っても、メキシコに渡るまでの少年・青年期について(これは別の映画がありますが)、キューバ革命を成し遂げ、新生キューバの立ち上げに尽くす時期、そしてコンゴでのゲリラ戦などは含まれておらず、チェの生涯全てが語られているわけではありませんが、革命戦士チェを知るために重要な2つの戦いにテーマを絞って描かれています。

ゲバラを愛し、彼の生涯を知っている人にとっては、第1部は楽しめるのですが、第2部は観るのがなかなか辛く、特に後半は胸が詰まりそうになります。 しかし最後まで観て感じるのは、本当によく史実を忠実に再現した素晴らしい映画だと思いました。 もちろんもっと盛り込んで欲しかった場面もたくさんありましたが。


ところで、この映画では描かれなかった革命達成後のキューバ国内でのチェの活躍についてですが、1959年11月には国立銀行総裁に就任しており、彼の在任中に発行された紙幣に彼のサインが書かれています。

イメージ 2







1960年発行 20ペソ紙幣 (P-80c)

左下の PRESIDENTE DEL BANCO の部分に書かれたシンプルなサインが、チェによるものです。
チェのサインの入った紙幣は全部で10種類ありますが、中には現在では入手がとても難しいものもあります。

一方キューバでは、チェのボリビアでの死から現在まで、チェを描いた3種類の3ペソ紙幣を発行しています。

イメージ 3
















イメージ 4
















現在も流通している2004年発行の3ペソ紙幣(P-127)

1980年代(P-107)、1990年代(P-113)にもチェの絵柄の紙幣が発行されていますが、絵はどれも基本的に同じ(表が大きな肖像画、裏がサトウキビを刈り取るチェの姿)ですが、デザインや色合いなどに違いがあります。

現代まで紙幣に肖像が描かれているということで、チェがいかにキューバの人に愛され慕われているか分かるような気がしますね。



この記事に

開く コメント(5)

おたまご

昨日のこと、うちで働くアピット君から 「カメが卵を産みました。 どうしましょう?」という問い合わせが。

今うちにいるカメたちで生体ペアといえばエミスのギガ・テラだけですが、産んだのは。。。



イメージ 1










なんと、キアシのイパでした。


イメージ 2





計ってみると、長辺3.5cm・短辺3cmくらいで、比較的まんまるに近い形をしています。

うちにいるキアシはメスのイパ1匹だけなので、同じ野外飼育場で暮らすエミスのギガとの異種交配でなければ無精卵ということになります。 有精卵である確率はほとんどないと思いますが、折角の我が家初リクガメお卵なので、しばらく暖かいところで保管し、様子を見てみます (;^_^A

この記事に

開く コメント(19)

姪っ子

先日の日曜日、朝から快晴だったので庭で亀たちの様子を観察。

イメージ 1







直射日光を甲羅全部で浴びながら葉野菜ミックスを食べ尽くすギガ。


イメージ 2




そしてその様子を一緒に観察をしたのは、義妹の娘であるこの子。
以前のブログ記事にも登場したことがあると思いますが、名前はサビラといいます。


イメージ 4



実は、義妹が旦那と不和で離婚手続き中であり、彼女も仕事を始め独り立ちのため努力している最中なので、新たな生活が安定するまで子供はうちでしばらく面倒を見ることとなり、この子は現在月の大半をうちの家で過ごしています。

幸い私や嫁さんによく懐いてくれ、今では我が子のように可愛がっています。


イメージ 3









元気でおおらかなに育って欲しいものです。

この記事に

開く コメント(12)

アカメカブトトカゲ

今朝、とうとう我が家のアカメカブト、ジルが他界しました。


イメージ 1






これは去年撮ったものですが、普段ほとんど動かないトカゲだったので、掃除の時以外はケージから出すこともなく、ジルと撮った画像は驚くほど少なかったことに気付きました。


イメージ 2





お迎えしたのが2007年11月19日。
子供の頃に水亀を何度か飼った以外は爬虫類を飼ったことがなかった私が、ルックスを気に入ってどうしても飼育したくなりお迎えしたのがこのアカメカブトトカゲでした。 

とにかくほとんど動かず、また元々小食なトカゲなので、調子がいいのか悪いのかかなりつかみにくい中での飼育でしたが、とにもかくにも私たちと4年半も一緒に暮らしてくれた子であり、本当に残念です。 

この記事に

開く コメント(4)

全192ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事