ささきの相撲話 大学編

自分の相撲どおり土俵際の後期試験でサクラサク。新潟大学1年生となりました。

新歓コンパ・・・落研に入りました

昨日は部活の新入生歓迎コンパがありました。実はわし相撲以外にも大学で何かやろうと思い考えた結果落語研究部に入ることにしたのです。相撲は部員一人で大学での活動ではないので大学の友達が出来ないですし。なぜ落語にしたかといいますと、相撲の噺とかもありますから相撲の経験が生かせると思ったのと、面白そうだし、話し方が鍛えられるということです。また中学のときに非常にお世話になった先生が大学時代に落研に入られていたということで授業で思い出話を語ってくださったことを思い出しまして。もちろん落語のほうはド素人です。これからがんばりたいです。
 
よりによって華の金曜日に夜9時過ぎまでの授業を取っていたこともあり、遅れて1次会の焼肉屋に向かいました。新入生でも呑める人はすごい呑んでいました。わしは・・・未成年とだけ言っておきましょう。これまでほとんど呑んだ経験がないのでアルコールに自分がどれだけ強いのかよくわかりません。先輩たちや同級生と話も盛り上がり、大学の飲み会らしさを味わい楽しかったです。あと酒の席の勢いか女の子がハグしてくれたので、これだけで大学に入ってよかった、落研に入ってよかったとの喜びがあふれてきました。
 
2次会はその近くのカラオケ屋に。大学近くの学生街ということもあり学生専用の店でした。11時過ぎから始まりましたが朝までやってしまいました。さすが落研という感じのカラオケでした。どちらかというとわしの選曲の趣味に近い人たちが多く古い歌が多くてよかったです。わしはこれまで健全な青少年だったため、夜行に乗るなどを除いては深夜に出歩くなどはなかったですが大学生になってまずはじめてのオールナイトでした。4時過ぎに店を打たら外は薄明るくなっていました。車も少なく早朝のさわやかな空気の中気持ちよく自転車で帰ることが出来ました。新潟大学の場合地方都市の郊外ということもありアパート組みはほとんどが大学の近くに住んでいるので帰りが楽でうらやましい限りです。自宅生だと家までが大変です。

.


みんなの更新記事