ここから本文です
6月10日(土) 東京・東中野キングスガーデンに於いて
第3回がん哲学外来ナース部会シンポジウムを開催いたしました。

当日は晴天(32度のいきなりの猛暑)の中、55名の参加者に恵まれました。
参加者の皆様ありがとうございました。
樋野先生、山先生、パネリストの皆様ありがとうございました。
実行委員(ナース部会・OCCがん哲のサポートスタッフ・東京医科歯科大学大学院の学生)の皆様ありがとうございました。
東中野キングスガーデンの奥山さま ありがとうございました。

開催時間を30分間違えるハプニングもありましたが、
山先生の『がんエンドオブライフケアとがん哲学外来』では、知識と希望をいただきました。
イメージ 1

パネルディスカッションでは、がん患者・家族・遺族・医療職とそれぞれの立場から、体験談を交えた病院では聞けない、本音の部分でのお話を伺うことができました。
さずが!コーディネーターの三澤さん。いつもありがとうございます。
イメージ 2
最後に、樋野興夫先生の特別講演。
何度聞いても「なるほど!」と、新しい発見と、元気と癒しをいただいております。
当日も早稲田大学での講義の後のお忙しい中、本当にありがとうございました。
感謝申し上げます。
イメージ 3

第4回を期待しつつ、まずはご報告まで。

がん哲学外来ナース部会代表 上杉有希


この記事に

開くトラックバック(0)

がん哲学外来ナース部会員みなさま
関係者みなさま

お世話になっております。がん哲学外来ナース部会です。
下記にて第3回がん哲学外来ナース部会公開シンポジウムを開催いたします。
ぜひご参加ください。(ご友人にもぜひご案内ください)
詳細は一般社団法人がん哲学外来HPをご覧ください。
http://www.gantetsugaku.org/img/event/20170610gantetsu_nurse.pdf

日時2017年6月10日(土)13:30〜16:30(受付開始13:00〜)
場所中野区「東中野キングス・ガーデン」(東中野駅徒歩3分)
定員60名会費1000円(当日受付にて申し受けます)
対象看護師・看護学生・医療関係者・がん哲学外来スタッフ
メールアドレスgantetsuns@yahoo.co.jp


がん外来哲学ナース部会
イメージ 1

この記事に

2016年7月2日(土)

第2回がん哲学外来ナース部会公開シンポジウム
  〜がん哲学外来へようこそ〜

の開催いたします。




2016年7月2日(土) 14:00〜17:00(受付開始13:30〜)
東中野キングスガーデン
中野区東中野4-2-16[ 東中野駅徒歩3分 ]

対象:看護師・看護学生・医療関係者 定員70名
参加費 500円
懇親会 近隣の店で予定 3500円

医療現場は患者の病状や治療の説明をすることに手一杯で、がん患者やその家族の精神的苦痛までを軽減させることができないのが現状です。
そういった医療現場と患者の間にある「隙間」を埋めるべく、「がん哲学外来」が生まれ、がん哲学外来に関わる看護師たちが、がん哲学外来ナース部会を立ち上げました。
「がん哲学外来」を知っていただき、臨床の場でどう生かしていくか、様々な立場・視点から語り合います。

申込期間を延長いたしました。
懇親会出席希望の方は、6月29日までにお願いいたします。
 申込先 nurse@gantetsugaku.org

氏名・資格・所属・メールアドレス・電話番号
懇親会参加の有無もお知らせください

基調講演演者とパネリストを事情により変更いたします。
上杉有希→高野みどりとなります
演題は変わりません。
ご了承ください。




第1部
基調講演
1内田 由美子 和み訪問看護ステーション代表・看護師
横浜がん哲学外来代表、がん哲学外来ナース部会世話人
『訪問看護師から見たがん哲学外来の可能性 〜実践を通して〜』

2
高野みどり 上武大学看護学部看護学科 看護・カウンセリング
       小児看護学領域長 准教授
がん哲学外来&メディカルカフェin春日部 主宰
がん哲学外来&メディカルカフェin野田 主宰
がん哲学外来ナース部会 スタッフ
『看護に活かす、がん哲学外来・メディカルカフェ』


第2部
パネルディスカッション
〜やさしく、ていねいな、しとやかさ〜

パネリスト

土屋 千雅子氏
青葉調剤薬局・薬剤師
OCCメディカルカフェ・スタッフ

大弥 佳寿子氏
サバイバー
東村山がん哲学外来メディカルカフェ主宰

中山 恭子氏
患者遺族
OCCメディカルカフェ・スタッフ

内田 由美子
和み訪問看護ステーション代表
看護師

高野みどり
上武大学看護学部看護学科 准教授



 第3部特別講演
樋野 興夫 先生
順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、医学博士
一般社団法人 がん哲学外来理事長
がん哲学外来ナース部会顧問
〜勇気と冷静と知恵〜

お申し込み方法:メールにてお申し込みください。
メールアドレス nurse@gantetsugaku.org
氏名・資格・所属・メールアドレス・電話番号
*懇親会参加の有無もお知らせください

申し込み締め切り延長いたします。
懇親会人数把握のため、
懇親会希望の方は、
6月29日までにお願いいたします。


がん哲学外来ナース部会部員募集中 ホームページ http://gantetsuns.jimdo.com/

イメージ 1
昨年のシンポジウムの様子です。
みなさんのご参加をお待ちしています。

この記事に

開くトラックバック(0)

2016年7月2日(土)

第2回がん哲学外来ナース部会公開シンポジウム
  〜がん哲学外来へようこそ〜

の開催が決定しました




2016年7月2日(土) 14:00〜17:00(受付開始13:30〜)
東中野キングスガーデン
中野区東中野4-2-16[ 東中野駅徒歩3分 ]

対象:看護師・看護学生・医療関係者 定員70名
参加費 500円
懇親会 近隣の店で予定 3500円程度

医療現場は患者の病状や治療の説明をすることに手一杯で、がん患者やその家族の精神的苦痛までを軽減させることができないのが現状です。
そういった医療現場と患者の間にある「隙間」を埋めるべく、「がん哲学外来」が生まれ、がん哲学外来に関わる看護師たちが、がん哲学外来ナース部会を立ち上げました。
「がん哲学外来」を知っていただき、臨床の場でどう生かしていくか、様々な立場・視点から語り合います。

お申し込みは定員になり次第、締め切らせていただきます。参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。
申込先 nurse@gantetsugaku.org

氏名・資格・所属・メールアドレス・電話番号
懇親会参加の有無もお知らせください

申し込み締切り 2016年6月18日(土)必着




第1部
基調講演
1内田 由美子和み訪問看護ステーション代表・看護師
横浜がん哲学外来代表、がん哲学外来ナース部会世話人
訪問看護師から見たがん哲学外来の可能性 〜実践を通して〜

2 上杉 有希(公財)東京都保健医療公社 東部地域病院看護師
がん哲学外来ナース部会代表・サバイバーナース
看護に活かす、がん哲学外来・メディカルカフェ


第2部
パネルディスカッション
〜やさしく、ていねいな、しとやかさ〜

パネリスト

土屋 千雅子氏
青葉調剤薬局・薬剤師
OCCメディカルカフェ・スタッフ

大弥 佳寿子氏
サバイバー
東村山がん哲学外来メディカルカフェ主宰

中山 恭子氏
患者遺族
OCCメディカルカフェ・スタッフ

内田 由美子
和み訪問看護ステーション代表
看護師

上杉 有希
(公財)東京都保健医療公社
東部地域病院 看護師


第3部特別講演
樋野 興夫 先生
順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、医学博士
一般社団法人 がん哲学外来理事長
がん哲学外来ナース部会顧問
〜勇気と冷静と知恵〜

お申し込み方法:メールにてお申し込みください。
メールアドレス nurse@gantetsugaku.org
氏名・資格・所属・メールアドレス・電話番号
*懇親会参加の有無もお知らせください

申し込み締切り 2016年6月18日(土)必着


がん哲学外来ナース部会部員募集中 ホームページ http://gantetsuns.jimdo.com/



この記事に

開くトラックバック(0)

樋野先生の言葉の処方箋で「解決できなくても、解消はできる」という言葉があります。私たち看護師は、看護計画を立てるときに、患者さんの問題を解決することを目標とします。
しかし、がん患者さんの実際を考えた時、解決が難しいことがたくさんあります。とくに患者さんの心の問題は、一度解決したように見えても、また繰り返します。がん哲学外来・メディカルカフェは、繰り返しの問題も、メディカルカフェに何度も参加することで、毎回解消することを目指します。


イメージ 1

がん哲学外来ナース部会 部員募集中!
ナース部会HP入会申し込み:http://gantetsuns.jimdo.com/メンバー募集/





がん哲学外来ナース部会HP:http://gantetsuns.jimdo.com/
一般社団法人がん哲学外来HP:http://www.gantetsugaku.org/
がん哲学外来市民学会HP:http://shimingakkai.org/index.html
一般社団法人がん哲学外来関西支部HP:http://azuma-clinic.wix.com/cancer-philosophy

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事