ここから本文です
なおと&かずしパパのブログ
骨髄移植を克服したレーサーは、これからもずっと走り続けます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

カデット ラストレース



イメージ 1



2016ジュニア選手権東西統一戦
参加台数  33台
鈴鹿サーキット国際南コース
10月22・23日
長いようであっという間の3日間が終わりました。
今回は金曜日から学校をお休みさせて頂きサーキットに入りました。

イメージ 2



21日金曜日
練習走行は4本だけだったのでギアはそのままで直人のフィードバックだけを信じてトレッドやアライメントそしてシートセッティングなどセッションごとに変化して行く路面に合わせて変更して行きました。
そしてなんとか2人で良いセットが出せました。

イメージ 3



22土曜日
デリバリーエンジンを搭載してギアもデリバリー用に変更しました。
雲り気味で湿度も高そうなのでキャブのセットも変更しました。
フレームセットは前日に決まっていたので2本のフリー走行はデリバリーエンジンでのキャブセットに集中しました。
直人も車を壊さない様に無理せずに周回を重ねてクリアを取ってみたりスリップを使ったりしてタイムを出しました。結局2本とも全体のベストに近いタイムで走る事が出来ました。

公式練習      1:00・428    11番手
路面温度が低いせいかラバーが思ったほど乗っていないと直人が言ったので、セット変更なしで走行しました。
あまりガツガツ行かずにタイヤの熱入れと皮剥きに集中してチェッカー前に走行を終了しました。
トップタイムとのギャップは0、31でした。

タイムトライアル  1:00.554    16位
KFが走行した後なのでタイヤのエアとフロントのアライメントを変更して走行
5周目までは前に引っかかり25番手と苦しい状況…
そして最終ラップでアタックするも前で接触があり避けてラインがずれてロスしてまいました。結局この周タイムがベストで16位で終了しました。
本人いわくあのロスでコンマ3は失ったらしいです。
しかトップが圧巻の走りで唯一の59秒台でした。タイムギャップはコンマ6

23日 日曜日
公式練習2
予選ヒート前の練習走行なので、バトル仕様のセットに変更しました。
パッシングをイメージして走行しました。
色々なコーナーでインに入って試したみたいでした。
直人は25Rのアンダー以外は完璧と太鼓判を押してくれました。

イメージ 4



予選ヒート  9位
スタート直後の1コーナーでのクラッシュを上手くかわして順位を上げて行きました。そしてガンガン前を抜いて行って5位を走行しました。
さらにヘアピンで仕掛けて4位に浮上!
と思ったのはつかの間クロスでやられて終わってみると4位グループの一番後ろの9位でゴールでした。

イメージ 5



決勝ヒート  29位  
スタート直後に2コーナーで激しく追突されてスピンコースアウト
本人いわくインが空いたので刺そうしたら後ろからノーブレーキで突っ込んで来られたらしいです。
それでもエンジンはストップしてグラベルにハマったマシンをなんとか脱出させて直人の怒りのカデットのラストランが再開しました。
クラッシュで肘をエンジンでぶつけたみたいでハンドルを切るたびに激痛が走ります。
それでも前よりも速いペースで走ってクラッシュ直後は12秒差あったギャップが最終ラップには2秒まで縮みましたが、結局最下位の29位でゴールでした。
トップから30秒後のゴールだったのでピットウォールには誰もいない寂しいラストレースでした。
僕はもちろんちゃんと拍手で迎えてやりましたよ。
直人は僕に走行後に「せっかく良い車を作ってくれたのにごめんなさい」泣きながら謝りました。
そして肘を押さえながら…
相当痛かったのでしょうね、汗でぐっしょりでした。
普段は虫が大好きでやさしい性格なのですがこの精神力の強さは長い闘病生活で身についたのだと思います。
まぁたたの打撲で済んだので良かったです。
一生懸命走っているのは見ていて分かったので僕は一切レースの事は話さず。
「頑張ったな!おつかれさん」とだけ声をかけました。

イメージ 6


イメージ 7



この3日間充実していて本当に楽しかったです。
メカニックとしてやっと最高のマシンで送り出してやる事が出来ました。
直人のシーズンは終了しましたがこのシーズンでドライバーとしてのスキルはかなり上がったと確信しました。
僕のメカニックスキルも…(笑)
そして何よりもSLレースにはないこのイコールコンディションで実力を発揮出来た事は僕達親子にとって大きな自信となりました。
そして最後に、こうしてまた親子でカートが出来た事に本当に感謝しております。
直人にも「ありがとう」と言いたいです。

しばらくはカートから離れて息抜きします。そしてお休みさせて頂きます。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事