だからPA屋なんですってば

訪問者数が2/14で170万、3/11で171万、4/13で172万ヒットしましたっ おありがとうござーい。
ユーチューブ放浪していて見つけました。
かつて 「テレビ探偵団」 てなテレビ番組で放送された
化粧品CMソングベスト10 なんだそうな。


恐らく80年代に放送されたコンテンツと思われます。
オイラ的には10位の 「不思議なピーチパイ」
3位の 「唇よ、熱く君を語れ」 がドツボでございます。

オイラの記憶が正しければ、この2曲に 
「ヘイ・レイディ!やさしくなれるかい」 を加えた3曲で
ザ・ベストテンのランキングでデッドヒートを繰り広げていたはず。
果たして軍配が上がったのは 渡辺真知子 でしたとさ!



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

今週土曜日 (2019年5月25日・土曜日)、
静岡市駿河区津島町にある 「カフェ・ブラット」 の
月イチ定例マンスリーライブに BLUES和也 名義にて出演させていただきます。

イメージ 1

①13:00〜13:30 心耳
②13:40〜14:10 大山 誠
③14:20〜14:50 色えんぴつ
④15:00〜15:30 BLUES 和也
⑤15:40〜16:10 そば兄ーブルーズ
⑥16:20〜16:50 川の流れにさからって
⑦17:00〜17:30 HOGS
⑧17:40〜18:10 ちーさいにゃんこ
⑨18:20〜18:50 高橋 弥生
⑩19:00〜19:30 BMB

自分で言うのもナンですが、最近出演させていただいたライブは
「自己満足度が高い」 というか、以前に比べて "わりかし上手くいった"感があるので、
今回もモアベター (死語) となるようがむばりませう。
期待しないでお待ちくださいまへ。

本ライブイベントは、入場無料ですが、
入口にてドリンク代(1杯だけ500円、フリードリンク1000円)をお支払いくださいませ。

▼会場所在地等の詳細については、こちらのリンクでご確認下さい。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

イメージ 1

先日、ジャズの野外ライブを観に行ったときのこと。
10組以上のバンドが出演するイベントだったので、
バンド入れ替えのたびにPAチームは忙しなくマイクの設置等を行っていましたが、
オイラ的に 「おや?」 と感じたのがサックス (アルトサックス、テナーサックス) 
の収音に使うマイクスタンドのこと。

前述のとおり、複数バンドが出演するイベントのため、
いくつもの予備マイクがステージ後方に用意されていて、
マイクスタンドもロングブーム、ショートブームの2種類が置かれていました。

オイラがPA担当するライブではほぼ100%の割合でサックス用には
「ショートブーム」 のマイクスタンドを使用します。
その理由は単に 「ロングブームだと見た目がダサい」 と思うから。

しかし、先日のジャズライブでは 「サックスはロングブーム」 がルーチンのようで、
オイラ的にはちょっち違和感を抱いた次第。

とは言え、PA屋的には、
サックスプレーヤーはソプラノサックスに持ち替える場合があったり、
ゲストプレーヤーがトランペットやトロンボーンで参加することも想定すると、
たしかに ロングブーム を使った方が 「多用途に対応できる」 といえます。

特に複数バンドが入れ替わり出演するイベントの場合はその可能性が高いので、
そういった意味では、このライブでサックス用にロングブームを使ったことにも
納得がいきます。
・・・が、どーしてもオイラ的には 「サックスはショートブーム」 でないと
「絵にならない」 気がしちまうんだよなー。

みなさんのご意見やいかに?



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(4)[NEW]

昨日 (2019年5月21日)、ニュースサイトを見ていたらにこんな記事を発見ーっ。


タイラー・ザ・クリエイター という方のことはま〜ったく知りませんでしたが、
上記リンク先の記事によると、かなりコアな 山下達郎ファン とのこと。
これはぜひ聴いてみたいと思い、ユーチューブ検索してみたら呆気なくヒット!
ぬわんと 「IGOR」 のフルアルバムがユーチューブに上がっていますた。

▼ 問題のサンプリング箇所は31分10秒〜32分40秒あたりです。

▼参考までにこちらがサンプリングの元ネタとなった楽曲 「Fragile (フラジール)」

うーぬ、聴いてみた率直な感想は
「これ、本当にサンプリング? ただカバーしているだけぢゃねーの?」
というところ。

もし本当にサンプリングしているのなら、かなりの加工を施していることになりますな。
ビット・クラッシャー、アナログ・テープ・シミュレーション、ピッチシフター等々。

Wikipedia で確認すると、テイラー・ザ・クリエイター 氏は
アメリカでもかなりの大物のようなので、そんな方が
達郎師匠の楽曲をディグしてくれるなんて、
タツローマニア的には単純にうれしく感じますな。

しかも、選曲対象が、いまブームになりつつある80年代シティポップテイストの曲ではなく
1998年リリースのアルバム 「COZY」 から、というのがマニアックだし、
さらに同アルバムの中でも 「セールスマンズ・ロンリネス」 という小曲とならんで
地味なナンバーの 「Fragile」 であることがまた、ソソられるぢゃあーりませんか。

ちなみに海外DJにサンプリングネタとして人気が高いナンバーの定番がこちら
▼ Dancer

特にイントロのドラムグルーヴの箇所が人気が高いんだそうな。
って、タツロー師匠のギターカッティングやボーカルぢゃないんかいっ!
(この曲でドラムを叩いているは 村上ポンタ氏でございます。)



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

雨に泣いている

雨ですなー。
2019年5月21日、午前7時30分現在、静岡市葵区には
大雨洪水警報が発令されています。

というワケで、あまりにも安易ではありますが、雨の歌をばご紹介。
1978年リリース、柳ジョージ&レイニーウッド のスマッシュヒット曲
「雨に泣いている Weeping In The Rain」 です。


イントロ、テーマ部、Aメロ、のほとんどが 
「Gm7 → Am7 → Dm7 → Dm7」 (Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅵm7→Ⅵm7) 
の繰り返しのみで構成されるという単純至極なコード進行であるにもかかわらず、
前述のとおり、見事なまでにテーマ部とAメロの違いが明確化されています。
まさにお手本のような編曲のテクニックが盛り込まれています。

アマチュア、特にシンガーソングライター初心者の方は、オリジナル曲作成のときに
何かと多種多様なコードを使ってしまいがちな傾向がありますが、
「同じコード進行で、多様なメロディ、異なるグルーヴを作る術」
を磨くことが肝要であると思いますぞ。

なんてな。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

ミスティ

ジャズのスタンダードとしてあまりにも有名な一曲。


ウィキペディアによると、もともとは1954年に制作されたインスト曲でしたが、
その後、歌詞が付けられ、1959年に ジョニー・マティス の歌唱による
本バージョンが発表されたとのこと。

オイラはイベントPAの際のBGM用途としてジャズのベストCD4枚組を購入し、
その中に収録されていた本バージョンを聴いてお気に召した次第。
このスローなスイング感が絶妙ですなー。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

セレブレイション

1980年リリース、クール・アンド・ザ・ギャング の大ヒット曲 「セレブレイション」


本曲がリリースされたばかりの頃だったか、当時、日曜の朝にはまだ
「笑っていいとも増刊号」 は放送されておらず、
たしかローランドがスポンサーしていた15分くらいの音楽番組 (番組名は失念) 
のテーマ曲として、本曲が使われていたので、
いやが応でも脳裏に焼き付いてしまいましたとさ。

実はオイラ、この曲もアコギ弾き語りでカバーできないか、
と練習中だったりするワケですが・・・
いるところにはいるモンですな、オイラと同じことを考えるバカが。


メインリフの サス4 の解釈というか、
左手コードフォームの運指がオイラ方式とは異なっていますが、
まあ〜ヒジョーに参考になります。
ちょっちこの動画を見ていろいろと研究させていただきませう。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

35年の時を経て

竹内まりや が1984年にリリースしたアルバム 「Variety」 収録曲である
「プラスティック・ラブ」 が海外での人気を受け、35年の時を経て、
オフィシャルMV が作られることとなったそうな。

▼ 関連ニュース
▼ プラスティック・ラブ オフィシャルMV (ショートバージョン)

本日現在、公開されているのはショート・バージョンとのこと。
サビの直前で終了してしまうのはなんとも消化不良です。
果たしてフル・バージョンが公開されることはあるのか?
まあ、気長に待つことといたしませう。

▼ こちらの まりや&達郎のライブ・ミクスチャーバージョンはなかなか気合入ってます!



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(4)

DJI から  GoPro チックなアクションカメラがリリースされるとのことで
ちょっち、いや、かな〜り期待していたんですが・・・
カメラ性能は申し分ないものの、実売価格が 44,20円 とな。

うーぬ、GoPro HERO7 Black より 「ちょい安」 ですか。
それほどアクションカメラに興味がないオイラ的にはかなりの割高感が拭えません。

果たしてビデオ関係者の 「費用対効果」 のご意見やいかに?




■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

何度も書いてますが、オイラはライブ出演させていただくときは、
ほぼ100%の割合で 「カバー曲」 を演奏するようにしています。

理由は簡単。
お客さんが知っている曲を演ればウケるし、知らない曲を演ればシラケる、
という場面に何度も遭遇しているから。

むかーし、数少ないオリジナル曲をライブで弾き語ったとき、
お客さんから拍手をいただきましたが、「これはお付き合い拍手だ!」 
ということを 「その場の空気」 で体感してしまい、
もしかすると、アマチュアがヘタクソなオリジナル曲をライブで披露するということは
「ある意味、究極のオナニーではないか?」 という疑心暗鬼に陥ってしまい、
以後、よほどの心境変化がない限りオリジナル曲は封印するようになりました。

オイラ自身は、「プロレベルの音楽リスナー」 であると自認していますので、
どんなにヘタクソで自己満アマチュア野郎のオリジナル曲も聴くことができますが、
果たして公共の場所、たとえば街角でオリジナル曲を歌い続けて、
道行く人々の足を止めることができるアマチュアミュージシャンはどれほどいるのか?
恐らく100人に一人くらいの確率ではなかろうか? という見解を抱いています。

残念ながらライブハウスにわざわざ足を運ぶような、根っからの音楽好きリスナーは
世間一般的にはほんの一握りであり、大多数の一般の方は、
「自分が知らない曲にはまったく興味がない」 というのがごくごく普通だと思います。

さらに言えば、音楽ファンであっても、自分の興味の対象であるミュージシャンに対し、
「(ライブでは)自分が知っている曲を演奏してくれ!」 と思っている方が大半のはず。

▼ 参考 

山下達郎 師匠でさえ、知名度の低い自身の曲をライブで演奏することは躊躇するし、
以前、何かのインタビューでは
「もうオリジナルアルバムの新譜をリリースする必要はないかな?」
というような発言もしていたと記憶しています。すなわち、
「ベテランの域に入ったら、ファンとしての自分がそうであったように、
自分が好きなミュージシャンの新曲発表に対する期待感が薄れてくる。」
ことを、自分自身が認識していることを意味します。

その一方で、今まで自分があまり演ってこなかった、
他のミュージシャンの 「誰でも知っている曲」 のカバーを披露したときの
予想以上のお客さんからのバカ受けぶりに戸惑うと同時に、今さらながら
「お客さんが知っている曲を演奏すること」 の重要さを再認識されたそうな。

じゃあ、誰も彼もカバー曲を演ればいーじゃん! とまでは言いません。
自分のオリジナル曲のクオリティ、自分の歌唱力・演奏力に自信のある方は、
堂々とオリジナル曲披露を継続していけばいいと思います。
それが正解であったかどうかは、
お客さんが次のライブも来てくれるのか、そのとき以降、来なくなるのか、
で判定することができるでしょう。

オイラ自身が 「なぜライブに出演したいと思うのか?」 を自問自答したとき、
その答えは、「誰かに自分の存在を認めて欲しいから = 承認欲求」 に辿り着きました。
そして、その目的を果たすためには、オリジナル曲では不適格と判断しただけのこと。

それだけだいっ。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 6月定例やまぼうしライブ







日時 6月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 オープンステージ
 ・出演希望者は当日、直接会場にお越し下さい
 ・一組あたり10〜15分を目安とします
 ・楽器(ギター、ピアノ等)はご持参ください
 ・エントリー料は500円(ワンドリンク付き)です




▼関連リンク

2019.04.29 シミフェス17 ライブステージダイジェスト











2000年頃につくったオリジナル曲











※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事