だからPA屋なんですってば

訪問者数が9/18で164万、10/11で165万、11/6で166万ヒットしましたっ おありがとうござーい。
オイラが中学生の頃 (1975年)、静岡市中心街にある映画館 「オリオン座」 に
「燃えよドラゴン」 を観に行きました。
当時、たしかに ブルース・リー は大人気だったものの、
オイラ的にはあまり興味はなく、友人に誘われたので 「ついていった」 だけのことでした。

果たして、映画を見た率直な感想は 
「世間で騒がれているほどのゴイスな映画とは思わなかった」 です。

むしろ、同時上映されていたアメリカのB級映画の方に興味をそそられたワケですが、
長いことその映画のタイトルを失念しておりました。

先日、何気なしに 「燃えよドラゴン」 でネット検索していたらこのポスター画像を発見ーっ!

イメージ 1


おお、このポスターの最下部に書いてあるではないか!


そうだ! たしかこんなタイトルだったような気がするっ!

ジャングルを舞台に、主人公が悪者に翻弄されながらも最終対決で勝利する、
という、ほとんど捻りのない、単純明快な勧善懲悪モノだったと記憶しています。

そんな 「よくありがちなB級映画」 をなぜ殊更に覚えていたかというと、
最後の悪者オヤブンとの1対1の勝負で、様々な格闘技が次々と展開されていき、
その様が、当時プロレス界で流行していた 「異種格闘技戦」 を想起させたから、
という理由でございます。

ダメモトでユーチューブ検索してみたら・・・あった!


そうそう、この格闘シーンのオチャラケ度がツボにハマってしまったんだよな〜。
なつかすぃー。
テロップで繰り広げられる格闘技の名前がいちいちキャプションされるのがまたおかしくて。
ちなみに、登場する格闘技は次のとーり。

Sumo (相撲)
Gung−Fu (カンフー?)
Tai−Chichuan (太極拳)
Karate (空手)
Bo−Jijsu (棒術? 杖術?)
Fisticuffs (ベアナックル・ボクシング)

おや? オイラの記憶では Wrestling があったような・・・気がするだけ?
まあいいや、久しぶりに記憶の彼方の思い出が蘇って楽しゅうございました。

果たしてこの映画を覚えている方、実際にご覧になられた方はいらっしゃるのか?
そちらに関しても興味津々でございます。

なんてな。

イメージ 2



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 1月定例やまぼうしライブ








日時 1月11日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 竹田キミヒコ (アコギ弾き語り)
    20時15分〜 PAL (アコギ弾き語りデュオ






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

先日 (2018年12月14日) の 月イチ定例やまぼうしライブ の際、
愛用のデジタルミキサー Mackie DL32R を使用するにあたり、
iPad 用アプリ 「Master Fader」 の最新版 「5.0」 で遠隔操作しようと思ったら、
おんや〜? 接続対象ハードウェア一覧に DL32R が表示されない?

仕方なく従来の 「4.0」 を使ってその日は操作したものの、
釈然としないのでインターネットで調べてみたら・・・


2018年6月21日

Master Fader5リリーススケジュールおよび対応内容

Master Fader5.0 : 2018年10月30日
アップデート対応Mackie製品 : DL32S / DL16S
アップデート対応デバイス : Androidデバイス(機能限定)

Master Fader5.1 : 2018年年末〜2019年年始
アップデート対応Mackie製品 : DL806 / DL1608 / DL32R / DL Dante Card
アップデート対応デバイス : Androidデバイス(フル機能実装) / Mac OS / Windows

Master Fader5.1.1 : 2019年1月〜2月
アップデート対応 : Axisデジタルミキシングシステム / DC16


おんや〜、2018年12月14日現在、「5.0」 に対応しているハードウェアは
新製品の DL32SDL16S の2機種のみだったんですな。
いやいや、これはオイラの早とちりでした。

上記情報によると、2019年早々には 「5.1」 がリリースされるとのことで、
なおかつ、待望の 「Windows対応」 が実現するので、
2019年1月11日の やまぼうしライブ に間に合うようであれば、
有線LAN接続によるモバイルパソコンでの遠隔操作にチャレンジしようと思いますっ!

わくわく。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 1月定例やまぼうしライブ








日時 1月11日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 竹田キミヒコ (アコギ弾き語り)
    20時15分〜 PAL (アコギ弾き語りデュオ






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

ウォータールー

1974年リリース、アバ のセカンドアルバム 
「恋のウォータールー」 のタイトルナンバー。


アバ といえば、2年前くらいから2018〜19年頃に CG? VR? で復活とか、
2018年4月に35年ぶりに新曲をレコーディングしたとか、
旧来からのファンに期待を抱かせるような、思わせぶりのニュースが
小出しにアナウンスされていましたが・・・
オイラ的に2018年12月には何らかのリリースがあるものと期待していたので、
現在の 「なしのつぶて」 状態にはジレンマを感じますな。

年内に何らかの動きがあることを期待いたしませう。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 1月定例やまぼうしライブ








日時 1月11日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 竹田キミヒコ (アコギ弾き語り)
    20時15分〜 PAL (アコギ弾き語りデュオ






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

久しぶりに見たビジーフォーのステージ、つーか、演芸動画。
もう流石としか言いようのない、完璧なコミックバンド芸っ!


クレージーキャッツドリフターズ と続きたメジャー級のコミックバンド芸は、
ビジーフォー を最後に、2018年現在では根絶状態となっています。

メジャーから一枚落ちのレベルではそれなりに棲息しているものと妄想しますが、
ぜひメジャー級にまで上がってきて欲しいモノです。

▼こちらの方々は、十分オモシロいんですが、
ちょっち芸術の方に比重を置きすぎているというか、
も少し下世話なお笑いセンスの方にシフトしていただきたい気がしますねえ。



▼米米CLUBのスタイルで、
もっとお笑いにシフトしたバンドが登場してくれるこを切望いたします。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 1月定例やまぼうしライブ








日時 1月11日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 竹田キミヒコ (アコギ弾き語り)
    20時15分〜 PAL (アコギ弾き語りデュオ






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

オイラが高校生の頃、妹が買ってきた異様なジャケットのLPレコードが目に留まった。

イメージ 1

なんだこれは? と思いレコードを (無断で) 借りて聴いてみると・・・
再び発してしまいました。 なんだこれは?
歌詞カード、じゃないライナーノーツから日本のバンドだっつーことはわかったものの、
当時のオイラはメンバーの名前は誰一人知らず、それから数か月後に
はっぴいえんど を聴くようになり、そこで初めて 
細野晴臣 という人物を認知 (?) した次第です。

改めて説明の必要もないでしょーが、これこそが
YMO こと イエロー・マジック・オーケストラ のファースト・アルバム。
正確には、この盤はアメリカでリミックスされた、いわば 「改訂版」 でして、
ホントのオリジナルはこちらのジャケットになります。

イメージ 2

悔しいかな、こちらのオリジナル日本盤の出来とアメリカ盤を聴き比べると、
圧倒的に後者の方に軍配が上がります。

2018年の今日、ユーチューブでフルアルバム全曲を聴ける時代になったので、
未聴の方がいらっしゃるようであればぜひお聴きいただきたいっ。


1978年当時は無機質でそっけない音楽とか、ネガティブな批評もありましたが、
その後、テクノポリス と ライディーン のシングルが大ヒットすると、
あっという間にそんな悪評はふっ飛んでしまいましたとさ。

実際に音源を聴いていただければすぐわかりますが、
全曲、ドラムは 生ドラム、つまり、高橋ユキヒロ 氏がクリックを聴きながら
マニュアルで叩いております。 オートマチックなドラムマシンは使っていません。

「コンピューター音楽だからテンポに狂いがなくて人間らしくない」
等のイチャモンがいかに的外れだったのか、当時、ろくに聴きもしないで
批判だけしていた俄かリスナーには、耳の穴かっぽじいてちゃんと聴いてみろ!
と言いたいですな。

何を今さらですが、こんな革新的なアルバムを、リアルタイムで、
40年前に聴くことができたのは、実にラッキーだったと述懐いたします。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 12月定例やまぼうしライブ







日時 12月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 丸山研二郎 (アコギ職人)
    20時15分〜 福居八大 (津軽三味線)






 1月定例やまぼうしライブ








日時 1月11日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 竹田キミヒコ (アコギ弾き語り)
    20時15分〜 PAL (アコギ弾き語りデュオ






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

トリオ・ザ・テクノ

オイラが高校生の頃、まさに日本の音楽界を席巻していたのが

その YMO が1978年のデビューから今年で40周年なんだと。
そらー、オイラも歳を取るわけだ。 ひえー。

YMO といえば、その前衛的な音楽もさることながら、
それ以前のニューミュージック系にありがちだった
「意図的にテレビに出演しないことで大物感を演出する」 
という手法を逆手に取り、積極的ではないにしろ、
オファーがあれば別にテレビ出演することは構わない、
というスタンスを取ったこともキャッチーであったと思います。

その方向性は、ぬわんと音楽番組のみならず、お笑い番組にも波及していき、
そーいった意味では、2000年あたりから顕著になったと思われる、
「ミュージシャンがトーク中心の音楽番組に出演する」 
というスタイルの先鞭をつけた、と言えなくもない・・・のかも?




これらが決して 「黒歴史」 などという自己否定のようなネガティブネタとして
扱われないのが YMO のゴイスなところだと思いますがいかがでせう?

(追記)
最後の “どてらYMO” による ライディーン の演奏は、
ドラムとベースとシンセのみ、つまり 「コードを弾くパート」 が存在していないのに、
必要十分なアンサンブルが構築されています。
そーいった意味では、「アンサンブルにコード楽器は必ずしも必要ではない」
ことの証明であるワケです。
アコギ弾き語リストのみなさんには、その辺のところを一度考え直してみては
いかがかな?



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 12月定例やまぼうしライブ







日時 12月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 丸山研二郎 (アコギ職人)
    20時15分〜 福居八大 (津軽三味線)






 1月定例やまぼうしライブ
イメージ 1








日時 1月11日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 竹田キミヒコ (アコギ弾き語り)
    20時15分〜 PAL (アコギ弾き語りデュオ






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

Arturia Pigments

ヴィンテージ・シンセサイザーのエミュレーションソフトでお馴染みの Arturia から、
ぬわんと、驚くなかれ、オリジナルのソフトシンセの新製品がリリースされました。

▼ Arturia Pigments
イメージ 1

▼ メーカーによる製品紹介ページ


オイラ的注目ポイントは、まず後発のソフトであるにもかかわらず、
音源として採用されているのが、「ウェーブテーブル」「アナログ減算」 という
昔ながらの2種類の音源 「しか」 用意されていない点と、
そこかしこに設置されている、時間経過による音源波形や変調の様子をモニターできる
小窓のようなディスプレイの多彩さでしょうか。
オシレーター、フィルター、エンベロープ、LFO、その他任意のファンクション、等々。

オイラのような、いつまで経ってもシンセの音作りができないヘタレには、
音作りを学習する教材としても有意な製品なのでは? と思ってしまった次第。

気になるお値段は、参照したサイトの情報によると、
通常価格: 199ユーロ(199ドル)
リリースセール特価: 149ユーロ(149ドル)
Arturia V Collection 6所有者: 69ユーロ(69ドル)
Arturia V Collection1~5所有者: 99ユーロ(99ドル)
それ以外のArturia製品所有者も 99ユーロ(99ドル)らしい?
なんだそうな。

ちなみにオイラは、V Collection 5 ユーザーですが、
「Pigments + V Collection 6 へのアップデート」 のバンドルで 168ユーロ
というインフォメーションが 「マイアカウント」 に表示されておりました。
うーぬ、心が動くなあ〜



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 12月定例やまぼうしライブ







日時 12月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 丸山研二郎 (アコギ職人)
    20時15分〜 福居八大 (津軽三味線)






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

今週金曜日は毎度おなじみ、月イチ定例やまぼうしライブ です。
今年のラストを飾るのは 「この二組が共演するときの降雨確率100%」 という、
ウソのようでホントのエピソードを持つ、いわくつきの出演者でございます。
最後に共演した2011年3月11日は、初めて雨が降らないと思ったら、
東日本大震災が発災してしまったという超ド級のエピソードの持ち主です。

一組目は、ますます 「ワールドミュージック化」 が進行しているアコギ職人にして、
やまぼうしライブ黎明期からのレギュラー出演者である 丸山研二郎
とっくの昔に音楽ジャンルの垣根を越えてしまった彼が、
今後、目指していく先には何が見えているのか?
はたまた、ポピュラーミュージックの世界にレイドバックするのか?
オイラも見届けてみたいと思います。

そしてもう一組は、津軽三味線の師匠である 福居八大 氏が、
自身のバックバンド (?) である 「八大’豆 = Hachidai’s」 を率いて
約1年ぶりにやまぼうしライブに帰ってきます。
冬に聴く津軽三味線というのがまた、味があるんですな。
こうご期待でございます。

・・・というワケで、例によって時間と懐に余裕のある方は、ぜひぜひお寄り下さいませ。
お馴染みさんには説明不要とは思いますが、
念のため、会場所在地情報を記しておきます。
 
coffee&gallery やまぼうし
●所在地: 静岡市葵区辰起町8−17
●電  話:054−271−1602


よろしこ。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 12月定例やまぼうしライブ







日時 12月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 丸山研二郎 (アコギ職人)
    20時15分〜 福居八大 (津軽三味線)






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

突然ですが、年末に極寒の野外ライブの開催を企画しています。
ついては、次のとおり出演者を募集いたします。

[ シミフェスライブ 年末増刊号 ]
●日 時  2018年12月30日(日)10時〜15時
●入場料  無料
●ライブ出演者募集要項(予定)
 ・出演枠は一組あたり30分 (入れ替え時間は別途5分)
 ・①10時00分〜 ②10時35分〜 ③11時10分〜 ④11時45分〜
  ⑤12時30分〜 ⑥13時05分〜 ⑦13時40分〜 ⑧14時15分〜
 ・出演形態は、ソロの弾き語りでもバンド形式でも可。
  ただし、楽器は「すべて持ち込み」を原則とします。
 ・PA機材は主催者にて用意します。
 ・出演料やチケットノルマはなし。
 ・出演希望者はメールにて 「blues_kaz★ヤフー.co.jp」 あてに申し込んでください。
  アドレスは「★」は「@」に、ヤフーは「yahoo」に訂正のうえ送信してください。
 ・件名は「シミフェスライブ年末増刊号への出演希望」としてください。
 ・出演者名(芸名?)、連絡先、出演形態、参考リンク(ユーチューブ等)を
  記載してください。
 ・特に締切日は設定していません。募集数に達した時点で締切とします。
 ・応募多数の場合は、主催者の独断で選定させていただきます。

正直なところ、あまり集客は見込めませんが、年末の繁忙期にもかかわらず、
極寒の野外でライブを演りたい!という奇特な方にお集まりいただければ幸いです。

静岡、清水周辺のアマチュアミュージシャンの方々、ご検討くださいまへ。

よしなに。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 12月定例やまぼうしライブ







日時 12月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 丸山研二郎 (アコギ職人)
    20時15分〜 福居八大 (津軽三味線)






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

Positive Grid BIAS AMP 2

ああ、久しぶりにやっちまった。
デモ版をダウンロードして試奏していたら意外にもハイテンションになってしまい、
ついつい、正規版の購入ボタンをポチってしまいましたとさ。

イメージ 1


DAW使いのギタリストにはお馴染み、ギターアンプシミュレーターの分野では
その名を知られる ポジティブ・グリッド のフラッグシップ・モデル。

ちなみに、同社のラインナップには、ギターアンプそのもののシミュレーターである
「BIAS AMP」 と、エフェクターも統合した 「BIAS FX」 の2種類があり、
オイラは後者を所有していましたが、いよいよ前者にも手を出してしまった次第。

最近、このセリフを吐くことが多いですが、
ハッキリ言って、オイラ程度のギターの腕前では豚に真珠の高性能ソフトです。
ヘタクソはヘタクソなりに、高音質ギターアンプで弾いていると
ついついその気になってしまう、という依存症まがいの症状に陥ってしまうという
お手本のような症例です。


参考までに、オイラは
上記リンクの日本正規代理店の メディアインテグレーション ではなく
ポジティブグリッド本社のサイトからダウンロード購入いたしました。
そっちの方が若干お安く入手できますぞ。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−

 12月定例やまぼうしライブ







日時 12月14日(金)19時30分〜21時00分
会場 コーヒー&ギャラリー やまぼうし
出演 19時30分〜 丸山研二郎 (アコギ職人)
    20時15分〜 福居八大 (津軽三味線)






▼ 関連リンク

久しぶりにつくったオリジナル曲(デモトラック)























※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事