だからPA屋なんですってば

訪問者数が4/2で143万、4/24で144万、5/16で145万ヒットしましたっ おありがとうござーい。

炎のロックンロール

ご存じ クイーン の日本におけるデビューシングル曲 「炎のロックンロール」
原題は Keep Yourself Alive
2017年現在、トヨタ自動車のSUV 「C−HV」 のテレビCM曲としてもお馴染みです。


ポップな曲調ながらしっかりとハードロックのテイストはキープされており、
実に馴染みやすいキャッチーなナンバーであると感じますが、
デビュー当時、イギリスではまったく売れなかったというのは信じがたいですな。

・・・この曲もアコギ弾き語りでカバーできそうな気がするなあ〜。
チャレンジしてみるべーか?



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

伝承

昨晩、カーラジオのFMを聴いていたら、不意にこの曲が流れてきますた。
アメリカン・プログレ・ハードの雄 カンサス の不朽の名曲 「伝承」 でございます。


もうイントロのギターリフから変拍子 (といってもわかりやすい譜割りですが)
が炸裂しているところなんざまさしく典型的な70年代プログレ。

つーか、2017年の今日において、決してメインストリームではない
70年代プログレナンバーがしっかりとメジャーなFMウェイブに乗って
オンエアされるなんざ、まさにオヤヂロック世代から現代のワカモノロック世代への
「伝承」 を感じてしまった次第でござんす。

なんてな。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

ジェシカ

グレッグ・オールマン が亡なくなられました。
言わずと知れたサザンロックの雄 オールマン・ブラザーズ
メインパーソナリティののおひとりでございます。

とはいうものの、実はオイラ、まったくと言っていいほどオールマンを聴いておらず、
知っている曲といえば、フリー・バーズジェシカ のわずか2曲。
ま、オイラがPA担当させていただいたアマチュアバンドの多くが
彼らの曲をカバーしていたので、「聞き覚えのある曲」 はたくさんあるはずですが。

というワケで、いささかベタではありますが、
彼らの代表曲の一つである ジェシカ でございます。


いかにもアメリカンロックというテイストあふれるメジャー・ブルース・ナンバー。
ブリティッシュロックにはまず、ありえないフレーバーですな。

ただ、やはりオイラ的には オールマン より 
レーナード・スキナード の方がお好みかなあ〜

なんちて。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

雇われPAでした

本日(5月27日)は、静岡市駿河区にあるライブスペース
「カフェ・ブラット」 の マンスリーライブの雇われPAどした。

慣れない ベリンガー X32 に苦戦しつつも、何とか無事にこなせた
・・・と自己評価する次第でしたが、いかがだったでしょーか、お客さんっ。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

退院しました

実は一昨日から本日まで二泊三日の検査入院しておりました。

とりあえず、検査結果はシロで一安心。

カテーテルと点滴の針が痛かったズラよー。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

Positive Grid が2017年5月31日まで自社製品 50%オフセール を開催中とな。
BIAS シリーズの購入を検討されていた方にはうれしいお知らせだと思います。
オイラは iPad アプリを所有していますが、Windows版 の購入を思案中。

興味を持たれた方はこちらをご覧あれ。









■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

も少し続く サウンドクラフト Ui24r ネタ。

本日はデモサイトの 「EQ」 をいぢくってみませう。

▼ Ui24R DEMO

▼ Ui24R Manual

まずは画面下のチャンネルタブの部分をダブルクリック〜左にスライドして、
「Guitar」 タブをセレクトしてみます。

イメージ 1

続いて左上のメニューから 「EDIT」 をクリック。

イメージ 2




するとデジミキユーザーにはお馴染みのグラフィカルなEQ画面が表示されます。

イメージ 3

ご覧のとおり、4ポイントの フルパラメトリックEQ に 
HPF・LPF が付属するというゼータク仕様。

さらに、画面下部のメニューの中の 
「RTA (リアルタイム・アナライザー)」 ボタンを押すと、
ギターチャンネルの波形がオーバーレイ表示されますっ!

イメージ 4





イメージ 5

残念ながらデモバージョンのため、波形がホワイトノイズっぽくて、
画面上の周波数ポイントを動かしても波形が変化しないのがたまにキズですが、
まー、仕方ありません。

とまあ、ここまでは従来の廉価版デジミキにも搭載されていたと思いますが、
Ui24R の面白いところは、この画面上に、
ディエッサー の画面がさらにオーバーレイされる点だと思います。

画面下部の 「DE−ESSER」 ボタンを押してみませう。

イメージ 6






イメージ 7

どーですかっ、お客さんっ!!

今まで挙動不審 (?) だった ディエッサー の動きが 
「目」 で確認できるではあーりませんか。
他の方は知りませんが、少なくともオイラはプチ感動しちまったぜいっ。

昨日のブログでも書きましたが、
このグラフィックをデザインした方の手腕に拍手でございます。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

昨日ブログの続き。

日本での発売が待たれるサウンドクラフトの新しいデジタルミキサー
「Ui24R」 の操作をシミュレートできるWebサイトが面白すぎます。
マニュアル (英文) を参照しながら操作してみるとさらに面白いですな。


▼ Ui24R Manual

あくまで操作体系のみのシミュレーションで、
実際に音が出力されるワケではないので、
あまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、
ある意味、この前提条件でイヂってみて 「楽しい」 と感じる方であれば、
デジミキヲタクの才能あり、と認めてヨイかもしれません。
(もちろん褒め言葉です)

本日は、その基礎とも言うべき、チャンネルインプットの部分にフォーカスして、
シミュレートを体験いただきたいと思いますっ。

まずは上記の 「Ui24R DEMO」 のサイトにアクセスしてくらはい。

ミキサー操作の 「ホーム」 とも言うべきフェーダー操作画面が表示されます。

イメージ 1

CH1 KICK
CH2 SNARE
CH3 HIHATS
CH4 TOM1
CH5 TOM2
CH6 FLOOR

・・・というように、予め各チャンネルに楽器が割り当てられていて、
入力信号が VUメーター の動きで確認できますね。

ところで、一般的な物理ミキサー (ハードウェア) の場合だと、
フェーダーの前段に 「ヘッドアンプ (トリム/ゲイン)」 ツマミが装備されていますが、
この画面からはそのツマミは確認できません。

実は、左上部にオレンジ色で表示されている 「MIX/GAIN」 ボタンにカラクリがあり、
このボタンを押すと、ボタンの色が赤色に変わり、
ヘッドアンプの画面に切り替わります!

イメージ 2




   ↓
イメージ 3





イメージ 4

物理ミキサーでは回転ツマミで操作するのが一般的ですが、
このデジミキの操作画面ではフェーダーで操作する仕様となっています。

この画面で、各チャンネルの入力信号を適正値に調整することが
ミックス作業の第一歩となります。

残念ながらこのデモ画面では、
ゲインフェーダーを下げても VUメーター には反映されませんが、
恐らくホンモノでは、このフェーダー操作で
ちゃんとプリアンプを適正値に調整できると思います。

ゲインフェーダーのレベル調整が終わったら、
もう一度 「MIX/GAIN」 ボタンを押して、通常のフェーダー画面に戻ってみましょう。

相変わらずフェーダーの左横の VUメーター が動いていると思いますが、
試しに 「CH1 KICK」 のフェーダーをいちばん下まで下げてみます。

イメージ 5
イメージ 6







さっきまで光っていたVUメーターの色が、
「緑〜黄色〜オレンジ〜赤」 から 
「青色」 に変わったのがわかりましたでしょーか?















イメージ 7






今度は、ゆっくりとフェーダーを上げていくと、
青色の上に緑色がレイヤーしていく様子 がわかりますか?


















イメージ 8







フェーダーの位置が 「−24」 より上にいくと、
青色メーターは表示されなくなりますね。


















恐らくこれは、

青色表示のメーター = プリフェーダーのレベルを表示

緑〜黄色〜オレンジ表示のメーター = ポストフェーダーレベルを表示

しているものと推測されます。

つまり、青色の信号の動きと、
緑〜黄色〜オレンジの動きが一致するフェーダーの位置が
「ユニティゲイン = 一般的なミキサーでいうところのゼロデシポイント」 
と考えられるワケですっ!

うーぬ、プリフェーダーとポストフェーダーのレベル差が同時に把握できるとは、
このVUメーターの動きをデザインした方の能力に拍手喝采するしかありませんっ。
素晴しいアイディアですっ!!!


以前から何度も書いていますが、
オイラはミキサーのフェーダーは横一直線に半固定して、
ゲインつまみをコマメに動かす操作術を自分の 「得意技」 としておりますので、
この 「MIX/GAIN」 による画面切替方式や、
プリ・ポストフェーダーの信号を同時に確認できる  VUメーター の表示方式 は、
早くもチョーお気に入りとなっています。

うー、早くホンモノを使ってみてーズラ。



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

日本での正式な販売が待ち遠しい、サウンドクラフトのデジミキ 「Ui24R」

イメージ 1
ユーチューブには、このデジミキを遠隔操作するための
ソフトウェアの解説動画がアップされていますが、
この動画がまた秀逸でして、本製品のみならず、
今後のデジミキのデファクトスタンダードとなるであろう、
様々な機能がわかりやすく紹介されています。




本製品を購入する予定のない方、
今までデジミキを使用したことのない方、
デジミキを目の敵にしているベテランPAの方 (苦笑)、
等々、話のネタに一度、ご覧いただいてはいかがでしょう。

デジミキ導入の 「ハードルの高さ」 を痛感するかもしれませんが、
少なくともこれからPAオペレーターを目指す若者には、
「知っていなければならないこと」 のてんこ盛りなので、
デジミキを勉強する素材としてはオススメでございます。

また、こちらのサイトではWeb上で本ソフトを疑似体験できます。
オイラ的には実に面白い!
実際のPA現場を妄想しながらいぢくり回すと、
さらに妄想が広がりますっ!

▼ Ui24R DEMO



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

先日、例によってユーチューブ漂流していたらこんな動画を発見。


アマチュアが一人多重録音しているのか・・・
と流し見していましたが、彼が弾いている見覚えのないギター。

木目のフィニッシュが美しいテレキャスターシェイプのギターではありませぬか。
これは何というブランドなのか? 調べてみたいが手がかりがない。

ふと、オイラと同じ感想を持った方がいるのではないか、と思い、
コメント欄を検索してみると、おお〜、やはりいたではあーりませんか。

その受け答えによると、「Zoov Guitars」 というブランドとのこと。
早速、検索してみますた。

▼こちらがその「Zoov Guitars」 のサイト

おや、さっきの動画の主がトップページにフィーチャーされていますな。
ということは、この ジョシュ・ターナー というお方、
当該ブランドとエンドース契約しているプロミュージシャンなのか?

それはさておき、このテレキャスター型の製品は 「The Turn」 という名称で、
気になるお値段は $2,999 (!) なんだそうな。

イメージ 1



うーぬ、ギターはヒジョーに美しいんですが、出音はいたってフツーのカンジ。
テレキャスターシェイプなのに、見事にハムバッカーサウンド・・・って、当たり前ですが。
シングルに切り替えできないのかな?

繰り返しになりますが、いやー、カッコいいギターだな〜。
価格が10分の1、いや、5分の1だったら買いたかったな〜。

蛇足ながら、デモンストレーターのジョシュ氏が着ているTシャツにプリントされている
「しゃぶ辰」 というのが気になったので、一応、ヤフってみました。

▼こちら食べログに掲載されていた 「しゃぶ辰」 さんの店舗情報です。
参考までに (なんの?)



■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

▼ 月定例やまぼうしライブ











  日時 : 6月9日(金) 19時30分〜21時00分
  料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
  内容 : 19時30分〜 荒井 豊 (アコギインスト)
       20時15分〜 あぶぅ (アコギロック)



▼ 関連リンク












※オイラ20代の頃に加入していたアマチュアバンド アーバンギア のデモ音源です

※オイラがファン倶楽部会長(本人未公認)を務めるアマチュアミュージシャン あやあね のブログです

※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクトです

※オリジナル曲や関係各位のライブ音源等をアップロードしてあります

※宅録作品や関係各位のライブ映像等をアップロードしてあります

※2004年に立ち上げたホムペですが2007年以降更新しておりません

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事