だからPA屋なんですってば

訪問者数が6/22で174万、7/18で175万、8/15で176万ヒットしましたっ おありがとうござーい。

全体表示

[ リスト ]

少しでもPAをいぢったことがある人なら 「ファンタム電源」 をご存知かと思います。
ミキサーに装備されている 「+48V」 と書かれたスイッチのことでありやんす。

ミキサーからコンデンサマイクやアクティブ式ダイレクトボックス (DI) に、
バランス型マイクケーブルとXLR型コネクタを使用して48V電源を供給する、
という仕組みであることは、たいていの方が知っていることと思います。

かくゆうオイラも、そこまでは承知しております。
加えて言うなら、電源不要のダイナミックマイクやパッシブ型DIにファンタム電源を供給しても
特に問題とはならない。少なくともマイクとDIが壊れることはない。
ただ、音質的に好ましいとは言えない、程度の知識はありますた。

しかし、その理由についてはまったくもって無知でありまして、
とにかく、電源供給側 (ミキサー) から見て、両端がXLR端子のマイクケーブルを使えば、
たとえコンデンサマイクとダイナミックマイクを混在したまま、まとめてファンタム電源を送っても
特に問題はない、という最低限の知識のみでこれまで数々の現場をこなしてまいりました。

またその証拠、とは言い難いですが、安価なコンパクトミキサーのほぼ100%が、
チャンネル毎にファンタム電源のオン・オフが切り替えられない仕様であり、
「コンデンサマイクとダイナミックマイクの併用時に一括ファンタム電源オンにしてもいいよ〜」
と、暗にメーカー側が言っていると、受け取っておりますた。

しかしながら、先日、とあるベテランPAさんと会話していたとき、
「ファンタム電源不要のマイク、DIにファンタム電源を送るなんて・・・シロウトか!」
といったツッコミを受け、その理由 (感電トラブル発生のリスク等) を解説いただきますた。

電気回路に詳しくないオイラでは上手く説明できませぬが、要約いたしますと、
ITTキャノン製のXLR端子の場合、本来、浮いているべき1番の線が半田付け不良等により、
ごくまれに2番・3番に触れてしまうことによりショートを起こし、そこに48Vを送ると、
そのダイナミックマイクに 「ギターを弾きながら」 唇が触れたときに感電してしまうとのこと。
実際に感電して唇が火傷跡のようになってしまった方がいらっしゃるとか。

ちなみにノイトリック製のXLR端子の場合やギターを弾かずに歌だけ歌う方の場合は問題ないらしいです。

参考までにこちらのサイトにはダイナミックマイクにファンタム電源を送っても問題なしと書かれております。
http://wikiwiki.jp/staf1/?%B5%BB%BD%D1%2F%A5%DE%A5%A4%A5%AF%A1%A6%A5%CF%A5%A6%A5%EA%A5%F3%A5%B0#pea7bc2d

んで、オイラ的結論としては、オイラが使用しているマイクケーブルはすべてノイトリック製だし、
今まで一度たりともダイナミックマイクにファンタム電源を送ってトラブったこともないし、
ま、従来どおりの使用方法のままでいこう、と思っております。
少なくとも自分の機材持込の現場の場合は。

もちろんハコに「乗込み」で現地機材を利用してPAオペする場合は、
事前に管理者に確認するよう務めることといたしますけどね。

もし、当ブログをご覧の方で、ファンタム電源関連のトラブル経験された方、
ファンタム電源に一家言おありの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお願いしますっ。









■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

  ▼ 9月定例やまぼうしライブ
   日時 : 9月14日(金) 19時30分〜21時00分
   会場 : コーヒー&ギャラリー やまぼうし
   料金 : @500円 (ワンドリンク付き)
   内容 : 19時30分〜 ノーザン☆スター (セクシャルヒーリング)
        20時15分〜 クロキユウタ (フォークなブルース)
  https://2iqvfa.sn2.livefilestore.com/y1pCqhzacRcJN1J8cuGEsv0g13cjoYTl95AbuhwSnjvA6NE3gGpLxHpAGIRR-jmip52gEJFJXFqdtzwKhoczcgIlyVWdtFCf9Oe/20120914yamaboushilive_flyer.jpg?psid=1

  ▼ 森下よしひさフィルムコンサート #03 / かぐや姫メドレー
  ※[YouTube]ロゴをクリックすると大きな画面 (別ウインドウが開きます) で観られます
  

  ▼ 北街道の唄プロジェクト
  http://www.kitakaidounouta-project.net/
  ※故・森下よしひささんの名曲をCD化するというプロジェクト。
   森下さんへのメッセージを掲示板にお書きください。
   CDをお買い求めいただければなおうれしス

  ▼ Recording Studio GARAGE MIHO (本館) はこちら
   http://www.geocities.jp/garage_miho

■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■−■

閉じる コメント(5)

顔アイコン

クラシックプロのケーブルとコンデンサーマイクを使ってレコーディングしてたとき、バチッときました。あれは痛かった・・・

2012/8/14(火) 午後 8:02 [ すー ]

顔アイコン

こんばんは、linear_pcm015です。

直流電流はトランスを乗り越えられませんから、問題はないです。ただ伝送される音声信号に48V電圧が乗っていることはかわりませんが…。
ノイトリックで大丈夫でITTでダメ、ということはないと思いますけどね…。すみません、そこに根拠を見出せなかったのでコメントさせていただきました。

2012/8/14(火) 午後 8:19 linear_pcm0153

顔アイコン

すーさま、いらさいませ。
そのバチっときたトラブルこそが、件のベテランPA屋さんが指摘したケースなんでしょうかねえ。でも、ダイナミックではなくコンデンサマイクに正常にファンタムを送っていたのだから、また別の原因のような気もします。

linear_pcm015さま、貴重なコメントありがとさんです。
恥ずかしながらオイラ、電気工学に疎くて、自分でブログを書いておきながら、件のベテランPA屋さんの説明内容が理解できておりません。
ただ、「ITTキャノン端子のマイクケーブルを使ってダイナミックマイクにファントムを送る時は要注意だが、ノイトリックなら心配ない。」と明言されたことはたしかです。
linear_pcm015さんにもわからないとなると・・・ちょっちマユツバな感じがしてきましたねえ。

2012/8/20(月) 午後 3:06 [ PAしのらり ]

顔アイコン

はじめまして

アンプ設計者さんの、
ttp://www.geocities.jp/brabecaudio/amp/techinf6.htm
こちらの読まれてましたらごめんなさいですが、
「ダイナミック・マイクロフォンの場合の注意」のところに
トランス型ではないコンデンサ平衡型ダイナミックだと、素子が壊れる旨のことが書いてありました。
不平衡型だとマイナスとアースが共有結線されているので、ダイナミックでもそうでなくてもショートするとか出てます… 弁償問題とかになるとこわいですね。

一番最後に、
「トランジスタ1個とコンデンサ1個、あと若干の部品」
というくだりがあるんですが、
ご専門のlinear_pcm015さまも懐疑的のとおり、端子納入メーカーによって差があるとすれば、半田技術の他にノイトリック製には、端子これが入ってるとか???

※プロレスの記事も、すごく面白いですね!
これからもPAしのらり先生のブログで、いろいろ勉強させていただきます。

2013/12/9(月) 午前 0:49 [ jazz20c ]

顔アイコン

jazz20cさま、いらさいませ。

ご紹介いただいたサイトは未読でしたので、興味深く拝見させていただきました。
・・・が、オイラ自身が電子回路の知識に明るくないので、ほとんど理解できません。
面目なし。
とりあえずカラオケ用途等の安価なアンバランス仕様のダイナミックマイクにファントム電源はご法度ということで理解することとします。

当ブログのプロレスネタが面白いと言って下さる方は希少(?)なので、ヒジョーにうれしいです。もう少しプロレスネタの比重を上げていきたいモチベーションを持ちました。(ホントか?)

ちなみにオイラ、単なる「ヲタク」で「先生」と呼ばれるような人種ではありませぬ。
今後ともお見知り置きのほどよろしゅうに。

2013/12/9(月) 午後 0:01 [ PAしのらり ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事