ガレージきくちのがらくた箱

人生の実は・・・ただ生きることの中に・・・!

全体表示

[ リスト ]

S2000入庫


どうもガレージきくちです





さて今日から

S2000が入庫しました。


また?って方

でも、いつもの礼央さんのではありません。。。

某所の極悪S2000ペアの

もう1台の

K山号が礼央さんの紹介で入庫です(^_^;)




イメージ 1

早めの時間に入庫して頂いて助かりました。。。


でも見始めたのは暗くなってきてからなんですけどね

外装、ライト周りの基本点検もしながら

まずはエンジンルームチェック


イメージ 2

基本のエンジンオイル

この車輌はオーナーさんが

自身で油脂類のメンテはされてるので


イメージ 3

オイルと水は

良好な状態。


イメージ 4

メンテがちょっとしづらい

エアフィルターは

汚れてました。


湿式で洗浄で使えるタイプっぽいので

洗浄しておきますかね


ただ、ちょっとフィルターオイルはつけすぎかな(^_^;)


イメージ 5

フィルター下側と

インテークダクト内もオイルが付着してましたんで。


イメージ 6

ダクト外したついでに

スロットルバタフライもチェック

けっこう汚れるスロットル周り

汚れ具合の位置から

けっこうブローバイ吹いてるかも



イメージ 8

スロットル周りも

簡易ですが

洗浄しておきますね


イメージ 7

今回のS2000

ホンダ乗りなら知らないモノはいない

ス○ーンさんのコンプリートカーなんです


なので随所に、そのノウハウのパーツが

組まれています


S2000乗りの方が必ず対策する

吸気温度センサーの土台に

耐熱系のモノが挟まれていたりします。


自分がメンテしてる礼央さんのやつは

CSOさんにならって移設してますが。




イメージ 9

ブレーキ、クラッチ周りは、、、


イメージ 10

クラッチフルードは

けっこう汚れていますね


今回の入庫の理由の一つに

クラッチのペダルフィーリングの悪さがあるので


一度フルード交換して判断していきたいと思います。




イメージ 11

こういう通常とは違う使い方をされる車輌は

当たり前と言えば当たり前ですが


とにかく最初に点検


特に初めて触るクルマは

とにかく現状を把握しないと

試走もできませんので


内燃機関のキモである

プラグも

面倒でも点検します。


イメージ 12

プラグは

イリジウムに交換されてましたが

イリジウムはパッと見で

使用期間がわかりづらいので

某所で1年以上使用してるなら交換お勧めです


できれば通常のイリジウムタイプでなく

NGKであればイリウエイタイプをお勧めします

トルク感が少しよくなります(^_^;)


イメージ 13

エンジンルームだけで時間切れに

なりつつありましたが

下回りの点検も続行


ハブ周りのガタチェック

ハブベアリングは問題ないですが




右リヤに横方向のガタがあります


ん〜〜(ーー;)


イメージ 14

時間がないので

ホイールがついたまま今日は

下回りの目視点検


右フロント

ブーツ類は問題なし。


イメージ 15

フロントのアッパーアームブラケットの

補強板。。。

ん〜(^_^;)

溶接モリモリですねぇ


イメージ 16

専門の溶接担当者ってことでなく

スタッフさんが皆で製作してるのかな


イメージ 17

右側もおんなじ感じ(^_^;)



イメージ 18

左前も

ブーツ類は問題なし


イメージ 19

ブラケットの補強溶接は

こんな感じです(^_^;)


イメージ 20

ウチでメンテしてる礼央さんの

S2000だとガタの出やすい

ステアリングジョイント周りも

問題なし


イメージ 21

エンジンマウントは

あ〜やっぱりって感じの

「ハード」って書いてある。。。



この車両に乗ったことのある礼央さんは

乗り味を「上質な感じ」と言ってましたが

自分は駐車場動かしただけで

ん?何このマウントの硬さは?って思ったんですが


イメージ 22

こんだけハッキリ

ハードって書かれればねぇ

それも納得。


ただ室内騒音をおいとけるなら

マウント強化は走る面では良い方向に行くので


でもこの車輌は

純正の鉄プレートが付いてないんですね


イメージ 23

ミッションもO/H済みのモノが

積まれてるみたい


オーナーさんが自ら

クラッチのマスターとレリーズ

部品見る限りはホースも交換してるみたいですが

次回交換するなら

クラッチのホースは

走るならステンメッシュホースをおすすめします

圧倒的につながりがわかりやすくなります(^_^;)


イメージ 24

何かと干渉したときに

ずっこけた整流板の固定ボルトは

直せるようなら直しときます(^_^;)


イメージ 25

デフマウント周りも

フル強化

でもペラシャ回しての

デフのバックラッシュ感は意外に大きいかな


イメージ 26

イニシャルが8.5で組まれてるみたいですが

5年以上

5万キロ以上でどのくらいになってるか

怪しいので

これも後日測定ですね(^_^;)


イメージ 27

駆動系は

とにかく強化品のオンパレード

確かにこのコンプリートカー買うってのもありかな〜と思いますね(^_^;)



イメージ 28

やっぱり流石わかってるな〜と

思ったのはここの純正ブラケットを

自社で強化品があるにもかかわらず

交換してないこと

ここまでハードなマウント類つけてたら

ここを削り出しのブラケットにかえると

車内がうるさくてど〜しよ〜もなくなるってことを

わかってるんでしょうね


イメージ 29

リヤの足回りは

少しスプリングの

締めつけがゆるいかな〜と

ただスプリング上部のシートがゴム製っぽいので

経年によるつぶれで

少しゆるくなってるのかな


これは明日以降のチェックです



イメージ 30

この車輌のメンバー

ブラケットに補強が入ってます。


まあ、溶接は、、、って感じですが


イメージ 31

先ほど気になった

右リヤの横方向のガタ

トーを規制してる

このピロアームがちょっと怪しい。


イメージ 32

個人的には

ストリート使用で

このピロジョイントはいただけません。。。


このむき出しのピロブッシュを使うなら

走行毎のピロのメンテナンスが

必用になります


せめてカバーのついてるタイプでないと。。。


イメージ 33

他のブラケットも

まあ、


溶接はバチっとつけることが

大事ですから。



イメージ 34


今夜は時間切れ


明日以降は

タイヤ外して

ブレーキ周りをチェックして

サス周りをよく見て


その後試走ですかね







でわまた

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事