Lure Garakuta 館 Fishing Diary

Lure Garakuta 館(http://www.geocities.jp/lure_garakuta_kan/)の釣行記

全体表示

[ リスト ]

濁点あり

 今朝は8時前から起きていた。
 釣りに行くなら今だと思いながらもダラダラと動けずにいたら、時刻は12時過ぎになった(笑)
 釣りに行きたいけど、暑いしなあ、家から一歩も出ずに今日はタイイングでもして過ごすか、腐ってしまうなあと思い始めたところでかじやんから釣りのお誘いの電話をもらった。
 これは行くしかないと思い、すぐに行くと返事して急いでバス釣りの準備をして家を出た。
 それにしても暑いなあと思いながら荷物を積み込み、車載の気温計を見たら36度と表示していた。
 この時間だと高速道路は空いていたが、今日が渋滞のピークらしいので帰りが気掛かりであった。

 森の中のかじやん邸へ向かい、かじやんをピックアップし、関西のバス釣りのルーツと言われている湖へ向かう。
 平水時より5m以上減水しており、風がかなり強かった。
 最初からトップは諦めてワームをセットし、風の当たる面の駆け上がりを狙う。小さな岬などもトレースしたが、まったく反応がなく移動。
 この時期の定番であるバックウォーターに入る。
 ベイトフィッシュは確認できるが、バスやギルの姿は一切見られず。普通ならボーっと浮いているのがいても良さそうなのだけど・・・
 ワームから小型のトップへチェンジするも反応なく、小型のフローティングミノーにチェンジ。
 すぐにミノーを触ってくるような感触があったが、次のキャストで手元まで3尾の魚が追いかけてきたのを確認できたが、案の定、「バス」−「濁点」の魚であった。
 しばらくして魚が掛かったが、それほどの重量感がなく、ひょっとすると濁点しの魚かなあ?と思ったが、22,3cmのバスであった。何気に今年最初のバス。

イメージ 1


 その後、日が落ち始めるとユスリカか何かがハッチし始めたのか、それにつられて小魚がライズし始めたので、これはバスも活性化するだろうと思ったのだが、意外に地味にちょろっとベイトフィッシュを追う姿が見られただけで、しかもヘドンのプラグを追うには小さそうであった。
 20cmぐらいのバスを追加して、18時前に終了。
 魚は小さくても楽しかった。

イメージ 2


イメージ 3


 高速道路は渋滞が始まっていたので、山道を抜け、なんとか1時間ちょっとで帰宅。
 暑さに負けて腐りそうになっていたところを釣りに誘ってくれたかじやんに感謝!!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事