Lure Garakuta 館 Fishing Diary

Lure Garakuta 館(http://www.geocities.jp/lure_garakuta_kan/)の釣行記

全体表示

[ リスト ]

濁点あり、濁点なし

 連休中日。
 あと1週間で禁漁になるから渓流へ行くべきなのだが、身体が疲れ気味。
 でも、とにかくロッドを振りたいので近場で釣れる魚を釣りに出掛けることにした。
 8時前には起きていたのにウダウダしていたら12時近くなったのでバスとオイカワを釣れる準備をして家を出た。
 野池を数ヶ所回ったが、予想に反してヒシモがしっかりと残っていた。
 ライギョタックルも持ってくればよかった。

 台風の大雨で水は多めで、回った野池はどこもフライロッドを振るにはバックスペースが確保できなくなっていた。
 ズボラなスタートのせいでタイムリミットが迫ってくるので、関西のバスのルーツのダムのインレットへ向かう。
 先行のルアーマンに一声掛けて先を釣らせてもらう。
 魚の反応はイマイチで、釣っておられたところから先は水が悪くなっているとのことであった。

 15時過ぎに釣り開始。水位は前回より1mほど高くなっており、水温は21.8℃まで下がっていた。
確かにインレットを下るにしたがって透明度は低くなったが、悪いという感じはしなかった。水温が下がっているから意外に良いかも。
 いい加減な作りのポッパーをあまり止めずにポップさせながら引いてくると、バシャッと出た。しっかりフッキングが決まり寄せてくると、バスの引きではない。魚の動きに合わせてリトリーブし、最後は引き抜いた。
 案の定、濁点なしの魚、関西で言うところのケタバスであった。サイズは22,3cmといったところか。

イメージ 1

イメージ 2


 その後、フライをチェンジし、アクションも変えつつキャストを繰り返したが、1度反応があったのみ。
 17時を過ぎたので川を遡り始めると、水面がざわついている場所があったのでポッパーをキャストすると、バシャッとポッパーがひったくられた。
 今度は濁点ありのバス。サイズは同じく22,3cmであった。

イメージ 3

イメージ 4


 すぐ後に少し離れたところからダーッと走ってきて激しく良いサイズ魚が出たのだが、ラインチェックを怠っていたので、情けないことにまたラインブレイクをしてしまった。
釣り人失格。ちょっと考え直さないといけない。

 17時半までキャストを繰り返して終了。
川を遡ると先程声を掛けた方が、日が傾き始めて遡ってくる魚が増えたが、釣果はイマイチと笑顔で話してくれた。
 何となく、爽やかな気分。
 ちょっと挨拶を交わすだけでお互い気分良く、狭い釣り場を分け合うことができるのもである。
 ちょっとの気配りを心掛けたいものだ。

 兵庫県の東播地域は酒米「山田錦」の産地。最近は田んぼに酒蔵の名前入りの幟が立っているが、幸いなことに台風12号と15号の大きな被害がなかった様子。酒米以外の米も近日中に収穫が始まりそうであった。
 至るところに彼岸花が咲き、夕焼けがやけに綺麗な秋の一日であった。

イメージ 5

イメージ 6



本日の釣果:バス1尾、ケタバス1尾

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事