画廊曼荼羅

茨城県土浦市・大和田画廊

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


ご覧いただきありがとうございます。
 
DIC川村記念美術館様 から
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・◆

 
DIC川村記念美術館
 

レオナール・フジタとモデルたち


イメージ 1


「乳白色の下地」と呼ばれる独自の画面によって、
両大戦間のパリで一躍時代の寵児となった
レオナール・フジタ(藤田嗣治 1886-1968年)

多様な主題・ジャンルでその才能を発揮しましたが、
彼の画業の中心を占めるのが
人物を描いた絵画であることに疑問の余地はありません。

本展は、初期から晩年までの約90点の作品を、
描かれたモデルに関連する書簡や写真などの資料を交えて
紹介することによって、フジタの思考とモデルに注ぐ
まなざしを再検討するものです。

またフランス・エソンヌ県の特別協力により、
フジタがモデル研究の集大成として群像表現に挑んだ
4点の壁画を展示いたします。

                 (パンフレットより一部抜粋)


 開催期間 

2016年9月17日(土)〜 2017年1月15日(日

 
 開館時間 

午前9時30分〜午後5時00分
(入場は閉館の30分前まで)

 
 入館料 

一般:1300円(1100円)
学生・65歳以上:1100円(900円)
小中学生・高校生:600円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金


 場所 

DIC川村記念美術館

千葉県佐倉市坂戸631

 
詳しくは公式HPをご覧ください。

 

◆・・・・・・・・・・・・◆


 

興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事