画廊曼荼羅

茨城県土浦市・大和田画廊

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]



ご覧いただきありがとうございます。
 
静岡県立美術館 様 から、

企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 



再発見!ニッポンの立体


生人形からフィギュアまで



イメージ 1


古来、日本では仏像、神像、人形、置物、建築彫物など
様々な立体造形がつくられてきました。

しかし、それらは西洋的な彫刻の概念に基づくものではなく、
また西洋的な芸術鑑賞の対象でもありませんでした。

そのため、その多くは西洋的な彫刻とは異なるものとみなされて、
いわゆる美術(ファイン・アート)としては
位置づけられてきませんでした。

近年、日本近代彫刻史の再検討が盛んに行われる中で、
こうした日本の前近代以来の立体造形が改めて注目されています。

この展覧会ではこういった成果をうけて、
彫刻、工芸など従来のジャンル分けを越え、
より自由な視点から日本の立体造形を紹介いたします。

主に近世から現代にいたる
多彩な日本の立体造形作品を紹介しながら、
日本における「彫刻」と「工芸」という二つの分野の関わり、
西洋的彫刻世界と前近代的造形世界を往還する
わが国独特の感性について考えていきたいと思います。

                     (パンフレットより)


◆◆ 開催期間 ◆◆

2016年11月15日(火)〜           
        2017年1月9日(月・祝)

休館日:毎週月曜日
(ただし1月2日(月)および1月9日(月・祝)は開館

年末年始休館:12月26日(月)〜1月1日(日)


◆◆ 開館時間 ◆◆

午前10時 〜 午後5時30分
(入室は閉館の30分前まで)


◆◆ 観覧料 ◆◆
 
一般:1000円(800円)
70歳以上:500円(400円)
大学生以下:無料
  ( )内は前売及び20名以上団体料

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の
交付を受けている方と付添者1名は無料

※所蔵品展、ロダン館もあわせてご覧いただけます。


◆◆ 場所 ◆◆


静岡県立美術館

静岡市駿河区谷田53−2

 

詳しくはHPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事