画廊曼荼羅

茨城県土浦市・大和田画廊

美術館企画展紹介

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ご覧いただきありがとうございます。

 
兵庫県立美術館  から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。

 
◆・・・・・・・・・・・・・・◆

\ 開催中です! /

 
兵庫県立美術館


生誕130年記念

東と西を結ぶ絵


藤田嗣治



イメージ 1


お河童頭に丸眼鏡で有名な藤田嗣治(1886-1968)の
生涯と画業をたどる展覧会です。

27歳で初めてフランスに渡って以来、81年の生涯の
半分近くを、フランスを中心とする異国で送った藤田の
芸術は、まさに東と西の文化の上に誕生したものです。

しかし、藤田自身は
二つの文化に引き裂かれる苦しみを味わいます。

本展は、画家の没後長らく遺族のものに保管され、
フランス、ランス市に寄贈された800余点の中から
選ばれた作品と、国内外の主要美術館および個人所蔵家から
ご拝借した作品約120点を展示し、
藤田の芸術の新たな解釈と理解を目指します。

                    (パンフレットより一部抜粋)



■■ 開催期間 ■■

2016年7月16日(土)〜 9月22日(木・祝)

休館日:月曜日
7/18、9/19は開館
翌7/19、9/20は休館


■■ 開館時間 ■■

午前10時 〜 午後6時
金・土曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)
  
   
■■ 入館料 ■■

一般:1400円(1200円)
大学生:1000円(800円)
高校生・65歳以上:700円(600円)
中学生以下無料
     ( )内は団体料金 

−−−
■■ 会場 ■■


兵庫県立美術館

神戸市中央区脇浜海岸通 1−1−1
[ HAT神戸内 ]


 

詳しくは公式HPをご覧ください。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 

ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
埼玉県立近代美術館様から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 
◆・・・・・・・・・・・・・◆

 
埼玉県立近代美術館


竹岡雄二 台座から空間へ
 

イメージ 1


作品を「つくること」ではなく、「見せること」視点を置くならば、
果たして芸術はどのように浮かび上がってくるのでしょうか。

この問いをめぐって制作を続けてきたのが、国際的な舞台で活躍する
ドイツ在住の美術家、竹岡雄二(1946年−)です。

作品を「見せる」際に必要となる台座の存在に注目し、
台座そのものをモチーフとする制作に着手。
その後、陳列するための仕組みをモチーフとした作品に加え、
陳列のための空間に眼を向けた制作を手掛けていきます。

「見せること」を探るために台座から始まった問いかけは、
展示される空間・場所・環境へと拡がっていきます。

                   
このたび、埼玉県立近代美術館と遠山記念館で、
竹岡雄二の芸術を大規模に紹介する展覧会を同時開催いたします。

これまでの活動を回顧するだけでなく、
作者が新たな試みに挑む展覧会です。

 
                   (パンフレットより一部抜粋)
 
◆・・・・・・・・・・・・・◆

■■ 開催期間 ■■

2016年7月9日(土)〜 9月4日(日)  

休館日:月曜日(7月18日は開館)

 
■■ 開館時間 ■■

午前10時〜午後5時30分
(入場は閉館の30分前まで)

 
■■ 入館料 ■■

     一般:1000円(800円)
高校・大学生:800円(640円)
中学生以下:無料       
        ( )内は団体料金  

※障害者手帳をご提示の方(付添い1名を含む)は無料です。

※併せてMOMASコレクション(1階展示室)も
ご覧いただけます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 2会場で同時開催 】

「竹岡雄二」展を両方観覧すると、
2会場目の観覧料が2割引になります。

※各館内では他の割引と併用できません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


埼玉県立近代美術館限定の 【夏割】 

夏休みのお子様連れや、大高生のグループでの観覧を応援します!

埼玉県立近代美術館で
1・中学生以下1名以上を含むグループ
2・大高生2名以上を含むグループ
で観覧の場合、グループ全員の「竹岡雄二」展の
観覧料が2割引きになります。



■■ 場所 ■■

埼玉県立近代美術館

さいたま市浦和区常盤9−30−1


詳しくは公式HPをご覧ください。


 
◆・・・・・・・・・・・・・◆


【 遠山記念館 】
 

 開館時間 

午前10時〜午後4時30分
(入場は閉館の30分前まで)

 
 入館料 

大人:700円(560円)
高校・大学生:500円(400円)
中学生以下:無料
※障害者手帳をお持ちの方は200円割引となります。
※併せて企画展「ガラスと土の造形」もご覧いただけます。


 場所 

遠山記念館
埼玉県比企郡川島町白井沼675
玉県比企郡川島町白井

詳しくは公式HPをご覧ください。

 
◆・・・・・・・・・・・・・◆


ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
静岡県立美術館 様 から、

企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 

風景とロダンの

静岡県立美術館


美術館に行こう!


ディック・ブルーナに学ぶ

モダン・アートの楽しみ方


イメージ 1


世界中で愛されている絵本の主人公・ミッフィー。
その生みの親であるディック・ブルーナ(1927〜)は、
絵本作家であるとともに、オランダを代表する
グラフィック・デザイナーです。

この展覧会は、絵本の内容に沿って、
ミッフィーと一緒にモダン・アートとの出会いを
楽しんでいただくとともに、ブルーナの様々な仕事を通して、
彼の絵本の世界とデザインの仕事の魅力をご紹介するものです。


◆◆◆ 開催期間 ◆◆◆

2016年7月9日(土)〜 9月8日(木)

休館日:毎週月曜日
(ただし7月18日は開館、翌19日休館) 


◆◆◆ 開館時間 ◆◆◆

午前10時 〜 午後5時30分
(入室は閉館の30分前まで)


○ 夜間開館 ○
7月23、30日、8月6、13、20、27日
(いずれも土曜日)

午後7時まで開館
(展示室への入室は午後6時30分まで) 


◆◆◆ 観覧料 ◆◆◆

一般:800円(600円)
70歳以上:400円(300円)
大学生以下:無料
  ( )内は前売及び20名以上団体料

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の
交付を受けている方と付添者1名は無料

※ロダン館、所蔵品展もあわせてご覧いただけます。


◆◆◆ 場所 ◆◆◆


静岡県立美術館
静岡市駿河区谷田53−2

 
詳しくはHPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
うらわ美術館様 から、
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・・◆

 
うらわ美術館



BIB 50周年


ブラティスラヴァ世界絵本原画展


絵本の50年 これまでとこれから



イメージ 1


スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで開催される

創設50周年を迎えた世界最大規模の絵本原画展

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(通称BIB)」


芸術性の高い作品や、実験的でユニークな作品が集まる
国際コンペティションとして知られるBIB

その歴史と功績を紹介する展覧会を開催します。

 
                (パンフレットより一部抜粋)



■■■ 開催期間 ■■■

2016年7月9日(土) 〜 8月31日(水)

休館日 : 月曜日、7月19日
(7月18日は開館)


■■■ 開館時間 ■■■

午前10時〜午後5時 / 土・日曜日のみ 〜午後8時
(入場は閉館の30分前まで)


■■■ 観覧料 ■■■

一般 : 610円(480円)
大高生 : 410円(320円) 
中小生 : 無料 
障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は半額
( )内は20名以上の団体料金

○リピーター割引○
観覧済の有料観覧券のご提示により、
団体料金でご覧いただけます。
(観覧日から1年、1名様、1回限り有効)


■■■ 場所 ■■■

うらわ美術館

さいたま市浦和区仲町 2-5-1
浦和センチュリーシティ 3F

 

詳しくは公式HPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・・◆


興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
札幌芸術の森美術館様 から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・◆


札幌芸術の森30周年記念


フランスの風景


樹をめぐる物語


コローからモネ、マティスまで。

絵のなかに生きている、森へ。


イメージ 1

本展は、フランスを中心とする美術館や
個人所蔵作品から約110点を展示し、
フランス近代風景画において画家たちが
「樹木」をどのようにとらえてきたのか、
作品に込められた物語をひもときます。

               (パンフレットより一部抜粋)


■■■ 開催期間 ■■■

2016年7月9日(土)〜 8月21日(日
 
会期中無休


■■■ 開館時間 ■■■

午前9時45分 〜 午後5時30分
(入場は閉館の30分前まで)

※7月30日、8月6日、8月13日、8月20日は
夜20時まで開館


■■■ 入館料 ■■■

一般:1200円(1100円)
高校・大学生:600円(500円)
小・中学生:400円(300円)
小学生未満:無料

65歳以上:1100円(1000円)
(年齢のわかるものをご提示ください。)

※( )内は20名以上団体料金

※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくと
ご本人と付き添いの方1名が無料になります。

※本郷新記念札幌彫刻美術館の半券をお持ちの方は、
( )内の料金でご覧いただけます。


■■■ 場所 ■■■


札幌芸術の森美術館

札幌市南区芸術の森2丁目75番地
 



詳しくは公式HPをご覧ください。

◆・・・・・・・・・・・・・◆


興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事