画廊曼荼羅

茨城県土浦市・大和田画廊

美術館企画展紹介

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ご覧いただきありがとうございます。
 
札幌芸術の森美術館様 から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・◆


札幌芸術の森野外美術館


\ 開催中です! /


岩合光昭 野外写真展


ねこ科 THE CATS


ねこは野生動物だ。


イメージ 1


 動物写真家・岩合光昭がおよそ40年にわたって追い求めてきた
「ねこ」をテーマとした初の野外写真展です。

私たちの身近に暮らすイエネコのほか、ライオン、チーター、
トラ、サーバルなど野生のネコ科動物の姿を最大2m級の迫力ある
大型写真作品106点(うち屋内展示40点)で紹介します。

会場は4つのゾーンによって構成されます。「ねこの橋」では
好奇心に満ちたまなざしに、「ねこの丘」ではしなやかな
動きに注目します。グリッド状に木々が整列する「ねこの森」では、
自然に寄り添う穏やかな姿、時に見せる厳しい表情に着目します。

屋内展示スペース「ねこの家」では、イエネコとライオンを交互に並べ、
同じポーズながらも異なる愛らしさ、たくましさを共鳴させます。

「ねこ」たちが見せる美しさや気高さをてらうことなく
そのままに活写する岩合光昭の世界を、
緑豊かな空間でご堪能いただけるまたとない機会です。

                                                    (パンフレットより)


◆・・・・・・・・・・◆


■■ 開催期間 ■■

2017年4月29日(土・祝)〜 7月23日(日

会期中無休


■■ 開館時間 ■■

午前9時45分 〜 午後5時
(6月・7月は午後5時30分まで)
(入場は閉館の30分前まで)


■■ 入館料 ■■

大人(高校生以上):700円(630円)
65歳以上:560円(500円)
中学生以下:無料


※( )内は中学生以下を除く20名以上の団体料金

※65歳以上の方はご年齢のわかるものをご提示ください。

※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくと
ご本人と付き添いの方1名が無料になります。


■■ 場所 ■■


札幌芸術の森野外美術館

札幌市南区芸術の森2丁目75番地
 



詳しくは公式HPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・◆


興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。


ご覧いただきありがとうございます。
 
うらわ美術館様 から、
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・◆


\ 開催中です! /
 

うらわ美術館


サカツ・コレクション
日本のポスター芸術
明治・大正・昭和の彩り


イメージ 1


新しい商品を広めながら店頭を飾り、生活を彩った広告ポスター。

日本でポスターが作られ始めた明治以降、
浮世絵に続く美人画の系譜を元に、
日本画家や洋画家、図案家や無名の職人らによって、
高度な印刷技術を駆使した色鮮やかなポスターが数多く作られました。

時に海外の美術様式などを取り入れながら、
最先端の流行や時代の美意識を映し出したポスターは、
憧れとともに鑑賞される対象でもありました。

本展では、散逸した飲料メーカーのポスターの収集・保存に努める
サカツ・コレクションより、美人画ポスターを中心に、
選りすぐりの約85点を展覧します。

明治の引札から昭和戦前期まで、懐かしくも新しい
貴重なポスターの数々をご覧いただきます。

あわせて、当館とさいたま市立博物館のコレクションより、
同時代の印刷物として時代を彩った本や雑誌も紹介します。

商品のみならず、ファッションから建物まで、
人々の嗜好や風俗、世相を映したグラフィック作品を通じて、
日本の広告史、デザイン史、文化史、近代史の豊かな一端に
触れることができるでしょう。

レトロでモダン、時にノスタルジックで今なお新鮮、
多彩なポスターや本の数々をお楽しみください。

                (パンフレットより)


◆・・・・・・・・・・・◆


■■ 開催期間 ■■

2017年4月22日(土) 〜 6月18日(日)
休館日 : 月曜日


■■ 開館時間 ■■

午前10時〜午後5時
土・日曜日のみ 〜午後8時

(入場は閉館の30分前まで)


■■ 観覧料 ■■

一般 : 610円(480円)
大高生 : 410円(320円) 
中小生 : 200円(160円) 
障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は半額
( )内は20名以上の団体料金

○リピーター割引○
観覧済の有料観覧券のご提示により、
団体料金でご覧いただけます。
(観覧日から1年、1名様、1回限り有効)


■■ 場所 ■■

うらわ美術館

さいたま市浦和区仲町 2-5-1
浦和センチュリーシティ 3F

 

詳しくは公式HPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・◆

ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 


ご覧いただきありがとうございます。
 
神戸市立博物館 様 から、

展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・◆

 
神戸市立博物館


遥かなるルネサンス

天正遣欧少年使節がたどったイタリア


イメージ 1



 16世紀、キリスト教の世界布教にともない
宣教師が日本にもやってきます。

イエズス会士ヴァリニャーノは、
日本における布教をさらに深めるために、
日本人信徒をヨーロッパに派遣します。

後世に名高い「天正遣欧少年使節」です。

使節に選ばれた伊東マンショら4人の少年たちは、
1582年に長崎からイタリアに向けて旅立ち、
ローマで教皇グレゴリウス13世に謁見(えっけん)、
訪問する各地で手厚いもてなしを受けました。

 本展では、天正遣欧少年使節が訪れた
イタリア各地の都市の芸術を紹介し、彼らの足跡をたどります

ブロンズィーノやティントレットの絵画作品を始め、
タピスリー、陶器、ガラスなどの工芸品や書簡資料が
当時のヨーロッパを追体験させてくれることでしょう。

                    (パンフレットより)


◆・・・・・・・・・・・・◆


■■ 開催期間 ■■

2017年4月22日(土) 〜 7月17日(月・祝)

◆休館日◆
毎週月曜日(ただし、7月17日は開館)


■■ 開館時間 ■■

午前9時30分 〜 午後5時30分
(土曜日は午後7時まで)
(入室は閉館の30分前まで)
 

■■ 観覧料 ■■

一般:1300円(1100円)
高校生・大学生:900円(700円)
小学生・中学生:500円(350円)
小学生未満無料
( )内は20名以上の団体


※満65歳以上で「神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)」
持参の方は当日一般料金が半額。
※障がいのある方は、障がい者手帳などの提示で無料。
※小中学生で「のびのびパスポート」をお持ちの方は
同パスポートの提示により無料。

その他の減免、割引はHPをご覧ください。


■■ 場所 ■■

神戸市立博物館

神戸市中央区京町24


詳しくはHPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・◆

 
興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 



ご覧いただきありがとうございます。
 
山梨県立美術館 様 から、

展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
山梨県立美術館


バロックの巨匠たち

ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代


イメージ 1


本展では、ポーランドのヨハネ・パウロ2世美術館、
チェコのプラハ国立美術館、フランスのシャルトル会修道院美術館の
所蔵品より、バロック美術の名品を展示します。

ルーベンス、レンブラント、ヴァン・ダイク、ベラスケス、
ムリーリョといったバロックを代表する画家たちに加え、ティツィアーノなど
16世紀のヴェネツィア派や、フランドルで農民を主役とした
風俗画や静物画を描いたブリューゲル兄弟の作品を紹介します。

美術におけるバロックとは、おもに16世紀末から18世紀初頭にかけて
イタリアを起源としてヨーロッパで広まった様式をさします。

写実的な描写と明暗法によるドラマチックな
表現を特徴とするバロック絵画は、ヨーロッパ中へ伝播していくなかで、
各地の独自性を帯びて多様に発展していきました。

本展では、イタリア、オランダ、フランドル、スペイン、フランス、
ドイツの作家たちによる44作品を、地域ごとのセクションに分けて紹介します。

バロック絵画の多様性とその魅力をぜひご堪能ください。

                    (パンフレットより)
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆



■■ 開催期間 ■■

2017年4月15日(土) 〜 6月11日(日)

◆休館日◆
4月17日(月)、24日(月)
5月8日(月)、15日(月)、22日(月)、29日(月)
6月5日(月)


■■ 開館時間 ■■

午前9時 〜 午後5時
(入室は閉館の30分前まで)
 

■■ 観覧料 ■■

一般:1000円(840円)
大学生:500円(420円)
( )内は20名以上の団体、前売、宿泊者割引料金

※高校生以下の児童・生徒は無料
※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
※障害者手帳をご持参の方はご本人と付き添いの方1名が無料


■■ 場所 ■■


山梨県立美術館

甲府市貢川1−4−27



詳しくはHPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 


ご覧いただきありがとうございます。
 
静岡県立美術館 様 から、

企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆


静岡県立美術館



国立カイロ博物館所蔵 

黄金のファラオと大ピラミッド展

静岡に屈指の至宝がやってくる!


イメージ 1



今からおよそ4500年前、古代エジプトの古王国時代
(紀元前2586〜2185年)に、クフ王、カフラー王、メンカウラー王の
3代のファラオたちによって巨大なピラミッド群が建造されました。

宇宙からも見えるというこのピラミッドは、
古代ギリシア時代から伝わる「世界の七不思議」の中で、
今でも残っている唯一のものです。

ピラミッドは、いつ、何のために、
どうやって建てられたのか、謎はつきません。

 本展覧会では、世界一のエジプト・コレクションを誇る
エジプトの国立カイロ博物館から、こうした王とピラミッドの
謎に関する貴重な至宝の数々をご覧いただきます。

3大黄金マスクの一つと称される
「アメンエムオペト王の黄金のマスク」や美しく壮麗な「彩色木棺」など、
監修者の吉村作治氏が選び抜いた100点あまりの至宝の数々です。

古王国時代を中心に、ファラオや王家の女性、貴族、
ピラミッド建設を支えた人々などを紹介し、ピラミッドと
それを建てた偉大なファラオたちの壮大なドラマに迫ります。 

また、ツタンカーメンの黄金のマスクやギザのピラミッド、
ルクソール神殿などを撮影した高精細4Kシアターもお見逃しなく。

古代エジプト文明3000年の旅をお楽しみください。

                     (パンフレットより)


◆・・・・・・・・・・・・・・◆


◆◆ 開催期間 ◆◆

2017年4月9日(日)〜 6月25日(日)

休館日:毎週月曜日
(ただし4月10日(月)、5月1日(月)は開館)


◆◆ 開館時間 

午前10時 〜 午後5時30分
(入室は閉館の30分前まで)

夜間開館日
6月17日(土)、6月24日(土)は
午後8時まで開館(入室は午後7時30分まで)


◆◆ 観覧料 ◆◆
 
一般:1400円(1200円)
高校生・大学生・70歳以上:700円(600円)
中学生以下:無料
         ( )内は20名以上団体料

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の
交付を受けている方と付添者1名は無料

※所蔵品展、ロダン館もあわせてご覧いただけます。


◆◆ 場所 ◆◆


静岡県立美術館

静岡市駿河区谷田53−2

 

詳しくはHPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事