画廊曼荼羅

茨城県土浦市・大和田画廊

美術館企画展紹介

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ご覧いただきありがとうございます。
 
札幌芸術の森美術館様 から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・◆


札幌芸術の森美術館


 

柿熙


森の奥底



イメージ 1


 北海道留萌市生まれの現代美術家・柿熙(1946-)は、
韓国の現代作家と交流した「水脈の肖像展」や、
北海道の立体作家を組織した「北海道立体表現展」の
中心メンバーとして北海道の現代美術をリードしてきました。

 さまざまなジャンルに積極的に挑戦していた
柿の転機となったのが、素材としての(もく)の探求と、
趣味のバードウォッチングで出合った自然の造形への関心です。

カツラの木をりだしアクリル絵の具で白く塗った、
しぎなかたちをしたオブジェは、壁や床にリズミカルに配置されます。

種子が風に舞うように配置された
「林縁から」シリーズは、みがなく、軽やかです。
その空間の中にたたずむ人は、
そこが美術館の展示室であることを一時忘れて、
森の奥底に誘いこまれてゆくような感覚を抱くことでしょう。

本展では、初期の平面、立体作品のほか、
代表作である「林縁から」を中心に約60点を一堂に展示し、
今なお深化を続ける柿芸術に迫ります。

             (パンフレットより一部抜粋)


◆・・・・・・・・・・・・・◆


■■ 開催期間 ■■

2017年1月28日(土)〜 3月26日(日

休館日:月曜休館
(祝日・振替休日の場合は、翌火曜休館)


■■ 開館時間 ■■

午前9時45分 〜 午後5時
(入場は閉館の30分前まで)


■■ 入館料 ■■

一般:700円(560円)
高校・大学生:350円(280円)
小・中学生:150円(120円)

65歳以上:560円(450円)
(年齢のわかるものをご提示ください。)

※( )内は20名以上団体料金
※小学生未満は無料です。

※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくと
ご本人と付き添いの方1名が無料になります。

※本郷新記念札幌彫刻美術館の半券をお持ちの方は、
( )内の料金でご覧いただけます。


■■ 場所 ■■


札幌芸術の森美術館

札幌市南区芸術の森2丁目75番地
 



詳しくは公式HPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・◆


興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
山梨県立美術館 様 から、

展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
\ 開催中です! /


山梨県立美術館


没後100年

野口 小蘋(しょうひん)


イメージ 1


平成29(2017)年は、近代を代表する女性南画家、
野口 小蘋 (1847〜1917 )の没後100年にあたります。

本展では、開館以来、県立美術館が収集してきた全作品と
選りすぐりの寄託作品を一堂に会します。

中には、日の目を見ること無く収蔵庫に眠り続けた作品や、
今回、新たに寄託された作品、初紹介作品も多数並びます。

また、県内の個人コレクションや、新発見の資料、
さらには小蘋が実際に見て、学んだ師、日根対山をはじめとする
先人画家や同時代画家たちの作品を合わせて展観することで、
優雅で格調高い小蘋芸術の世界を鑑賞していただきます。

                      (パンフレットより


■■ 開催期間 ■■

2017年1月21日(土) 〜 2月26日(日)
 
休館日
月23日(月)、30日(月)
2月6日(月)、13日(月)、20日(月)


■■ 開館時間 ■■

午前9時 〜 午後5時
(入室は閉館の30分前まで)
 

■■ 観覧料 ■■

一般:510円(420円)
大学生:210円(170円)
( )内は20名以上の団体料金、宿泊者割引料金

コレクション展(ミレー館、テーマ展示室、萩原英雄記念室)
チケットでご覧いただけます。

※高校生以下の児童・生徒は無料

※65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)

※障がい者手帳をご持参の方は、ご本人と付き添いの方1名が無料


■■ 場所 ■■


山梨県立美術館

甲府市貢川1−4−27



詳しくはHPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。


長崎県美術館 様
 から、
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆


長崎県美術館


長崎が生んだペン画の神様

椛島勝一の世界

 
イメージ 1



◆・・・・・・・・・・・・・・◆


大正から昭和中期にかけて活躍した長崎県諫早市出身の
挿絵画家・椛島勝一(1888−1965)の回顧展を開催します。

当時、ペン画の技術において右に出る者はいないと
言われた椛島は、特に帆船や軍艦における
精緻かつ迫真的な描写により「船のカバシマ」と呼ばれ、
現在に至るまで多くのファンを魅了し続けています。

椛島の作品は徹底的なリアリズムに基づいており、
その正確無比な描写は他の追随を許しません。

今回の展覧会は、初期から晩年の作品に至るまで、
長崎ゆかりの挿絵画家・椛島勝一の芸術を
余すところなく紹介するものです。
      
            (パンフレットより一部抜粋)

■■ 開催期間 ■■

2017年1
月15日(日) 〜 4月9日(日) 

休館日
1月23日(月)、2月13日(月)、27日(月)、3月13日(月)

■■ 開館時間 ■■

午前10時 〜 午後8時
(入場は閉館の30分前まで)


■■ 入館料 ■■

一般:400円(320円)
大学生・70歳以上:300円(240円)
小中高生:200円(160円)
       ( )内は15名以上団体料金

・県内在住の小中学生無料。

・学校行事の一環として、県内の小・中・高・特別支援学校生が
理ようする場合は、引率の教員を含め、無料。

・障害者手帳保持者及び介護者1名は無料。

・「デンマーク・デザイン」、
「夢の美術館 ―めぐりあう名画たち―」のチケットでも
観覧できます。(会期中に限る)


■■ 場所 ■■


長崎県美術館

長崎市出島町2−1
 

詳しくはHPをご覧ください。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 

ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。

 
兵庫県立美術館  から、
特別展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。

 
◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
兵庫県立美術館


アドルフ・ヴェルフリ

二萬五千頁の王国


イメージ 1


アウトサイダー・アート/アール・ブリュットを
代表する伝説的芸術家アドルフ・ヴェルフリの
日本発となる大規模な個展を開催します。

スイスの首都ベルン近郊の貧しい家庭に生まれたヴェルフリは、
1895年にヴァルダウ精神病院に収容され、
そのまま66年の生涯を終えました。

しかし、彼はそこで、『ゆりかごから墓場まで』
『地理と代数のノート』、『葬送行進曲』といった
物語の数々をつむぎだしました。

そうしたヴェルフリの作品は、全45冊、
25000ページという目もくらむようなボリュームで、
ほかに例のない驚異的な表現で描き出される
奇想天外な物語はひとびとを圧倒しました。

アドルフ・ヴェルフリ財団の全面的な協力のもと、
本展には最上級のヴェルフリ作品が一堂に会します。

シュルレアリスムの画家たちをはじめとする
多くの芸術家たちの注目を集め、現在では
偉大な芸術家の一人として世界的な評価を得る
ヴェルフリの作品を”目撃”する絶好の機会です。

どうぞお見逃しなく。

                    (パンフレットより)


■■ 開催期間 ■■

2017年1月11日(水)〜 2月26日(日)

休館日:月曜日


■■ 開館時間 ■■

午前10時 〜 午後6時
金・土曜日は午後8時まで
(※入場は閉館の30分前まで)
  
   
■■ 入館料 ■■

一般:1400円(1200円)
大学生:1000円(800円)
高校生・65歳以上:700円(600円)
中学生以下無料
     ( )内は団体料金

※障がいのある方は各当日料金の半額(65歳以上を除く)
その介護の方1名は無料
 
※割引を受けられる方は、証明できるものを持参の上、
会期中美術館窓口で観覧券をお買い求めください。

※県美プレミアムの観覧には別途観覧料金が必要です
(本展とあわせて観覧される場合には割引あり)。


−−−
■■ 会場 ■■


兵庫県立美術館

神戸市中央区脇浜海岸通 1−1−1
[ HAT神戸内 ]


 

詳しくは公式HPをご覧ください。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 

ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



ご覧いただきありがとうございます。

 
長崎県美術館 様 から、
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆


長崎県美術館


デンマーク・デザイン


 
イメージ 1


◆・・・・・・・・・・・・・・◆


アンデルセンの童話や
レゴのブロックなどでおなじみの国、デンマーク。

国連発表の報告書により、
国民幸福度・世界一の国としても知られます。

またこの国は北欧の中でもとりわけ、
歴史に名を残すデザイナーを数多く生んできたデザイン大国です。

アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、フィン・ユールなどは
いずれも、いわゆるミッド・センチュリーという
デザイン史上の黄金期の立役者となりました。

彼らの作品に見ることのできるシンプルな美しさ、
生活に寄り添う機能性、技術力に支えられた高いクオリティは、
現代に至るまでこの国のデザインの大きな特徴をなしています。

こうした「デンマーク・デザイン」は、
誰もが良質で快適な住まいを持つことを推奨してきた、
福祉国家としてのデンマークのあり方を
示すものと言うこともできるでしょう。

本展覧会は日本で初めての、
デンマークに特化した本格的なデザイン展です。

デンマーク・デザイン博物館の学術協力のもと、
家具、食器、日用品、ポスターなどの作品を一堂に展示します。

デンマークという国に秘められた
豊かな創造性の核心に触れていただく機会となることでしょう。

                    (パンフレットより)


■■ 開催期間 ■■

2016年12月23日(金・祝)〜          
             2017年2月12日(日

休館日 
12月26日(月)、12月29日(木)〜1月1日(元旦)
、1月10日(火)、1月23日(月)

  
■■ 開館時間 ■■

午前10時 〜 午後8時
1月2日、3日は午後6時まで

(入場は閉館の30分前まで)


■■ 入館料 ■■

一般:1200円(1000円)
大学生・70歳以上:900円(700円)
高校生:700円(500円)
中学生以下無料
( )内は前売り・15名以上団体料金

・期間中、本展観覧券で常設展示室に入場可。
・障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。


■■ 場所 ■■


長崎県美術館

長崎市出島町2−1
 

詳しくはHPをご覧ください。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 

興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事