画廊曼荼羅

茨城県土浦市・大和田画廊

美術館企画展紹介

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索


ご覧いただきありがとうございます。
 
埼玉県立近代美術館様 から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。

 
◆・・・・・・・・・・・・・◆

 
埼玉県立近代美術館



日本におけるキュビスム


―ピカソ・インパクト


イメージ 1


20世紀初頭、多くの革新的な美術運動が登場しました。

なかでも1907年頃パリに発生し、
パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって主導された
キュビスムは後世に大きな影響を与えました。

絵画によって現実を再現するのではなく、
絵画自体が新しい現実となることをめざしたキュビスムは
従来の絵画観を一新する可能性を秘めていたからです。


この展覧会はキュビスムが二度にわたって、
別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという
仮説に基づいて組み立てられています。

ピカソとブラックの作品、そしてそれらに触発された
日本の作家たちの作品、約160点によってふりかえります。

                (パンフレットより一部抜粋)
              
 
◆・・・・・・・・・・・・・◆


■■ 開催期間 ■■

2016年11月23日(水・祝) 〜         
              2017年1月29日(日)  

休館日:月曜日(1月9日は開館)
および年末年始(12月26日〜1月3日)

 
■■ 開館時間 ■■

午前10時〜午後5時30分
(入場は閉館の30分前まで)

 
■■ 入館料 ■■

     一般:1100円(880円)
高校・大学生:880円(710円)
               ( )内は団体料金  

※中学生以下と障害者手帳をご提示の方
(付添い1名を含む)は無料です。

※併せてMOMASコレクション(1階展示室)も
ご覧いただけます。


■■ 場所 ■■

埼玉県立近代美術館

さいたま市浦和区常盤9−30−1


詳しくは公式HPをご覧ください。

 
◆・・・・・・・・・・・・・◆


ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
うらわ美術館様 から、
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・◆

 
うらわ美術館


江戸の遊び絵づくし

おもしろ浮世絵版画


イメージ 1


浮世絵版画と聞いて思い浮かぶものは?

美人画でしょうか、名所絵でしょうか。

江戸時代に発展する浮世絵は、
庶民の娯楽や情報源として人気を博しました。
そして現代では、その芸術性により世界から注目されています。

本展は、美人画など
従来の浮世絵版画の印象を吹きとばしてしまうほど、
不思議でおもしろい「遊び絵」の世界を紹介します。

「遊び絵」と称される版画の一群は、視覚を中心に
様々な遊びが入り交じり、眺めていると頭をひねり体も使って、
いつの間にかその世界に引きこまれてしまいます。

謎解き、隠し絵、身振絵など150点余りの「遊び絵」を、
本展では七つの章でご案内いたします。

斬新なアイデアやユーモラスな表現が
我々の好奇心と想像力を刺激し、
<うらわでわらう>展覧会に、きっと、なることでしょう。

                (パンフレットより)


■■ 開催期間 ■■

2016年11月19日(土) 〜         
           2017年1月15日(日)

休館日 : 月曜日(1月9日は開館)、
1月10日、年末年始(12月27日〜1月4日)


■■ 開館時間 ■■

午前10時〜午後5時
土・日曜日のみ 〜午後8時

(入場は閉館の30分前まで)


■■ 観覧料 ■■

一般 : 610円(480円)
大高生 : 410円(320円) 
中小生 : 200円(160円) 
障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は半額
( )内は20名以上の団体料金

○リピーター割引○
観覧済の有料観覧券のご提示により、
団体料金でご覧いただけます。
(観覧日から1年、1名様、1回限り有効)


■■ 場所 ■■

うらわ美術館

さいたま市浦和区仲町 2-5-1
浦和センチュリーシティ 3F

 

詳しくは公式HPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・◆


ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



ご覧いただきありがとうございます。
 
静岡県立美術館 様 から、

企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 



再発見!ニッポンの立体


生人形からフィギュアまで



イメージ 1


古来、日本では仏像、神像、人形、置物、建築彫物など
様々な立体造形がつくられてきました。

しかし、それらは西洋的な彫刻の概念に基づくものではなく、
また西洋的な芸術鑑賞の対象でもありませんでした。

そのため、その多くは西洋的な彫刻とは異なるものとみなされて、
いわゆる美術(ファイン・アート)としては
位置づけられてきませんでした。

近年、日本近代彫刻史の再検討が盛んに行われる中で、
こうした日本の前近代以来の立体造形が改めて注目されています。

この展覧会ではこういった成果をうけて、
彫刻、工芸など従来のジャンル分けを越え、
より自由な視点から日本の立体造形を紹介いたします。

主に近世から現代にいたる
多彩な日本の立体造形作品を紹介しながら、
日本における「彫刻」と「工芸」という二つの分野の関わり、
西洋的彫刻世界と前近代的造形世界を往還する
わが国独特の感性について考えていきたいと思います。

                     (パンフレットより)


◆◆ 開催期間 ◆◆

2016年11月15日(火)〜           
        2017年1月9日(月・祝)

休館日:毎週月曜日
(ただし1月2日(月)および1月9日(月・祝)は開館

年末年始休館:12月26日(月)〜1月1日(日)


◆◆ 開館時間 ◆◆

午前10時 〜 午後5時30分
(入室は閉館の30分前まで)


◆◆ 観覧料 ◆◆
 
一般:1000円(800円)
70歳以上:500円(400円)
大学生以下:無料
  ( )内は前売及び20名以上団体料

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の
交付を受けている方と付添者1名は無料

※所蔵品展、ロダン館もあわせてご覧いただけます。


◆◆ 場所 ◆◆


静岡県立美術館

静岡市駿河区谷田53−2

 

詳しくはHPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
札幌芸術の森美術館様 から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・◆


札幌芸術の森美術館


POWER OF PRINCESS
 
ディズニープリンセスとアナと雪の女王展



イメージ 1


ディズニーのプリンセス作品は、1937年に公開の
世界初の長編アニメーション映画「白雪姫」から始まりました。

プリンセスたちは、物語の主人公としてだけではなく、
パワーを秘めた1人の女性としていきいきと輝いています。

いつの時代も、その時の希望と憧れの女性像を描いてきた
ディズニーのプリンセス作品は、アニメーションにとどまらず、
音楽、ミュージカル、実写映画にまで広がっています。

本展のテーマは「なぜプリンセスたちは幸せになれたのか?」

白雪姫からアナとエルサまで、ディズニーの描く
プリンセスたちの”個性と内面に秘めた強さ”を
貴重なアートや衣装、映像資料などとともに紹介していきます。

一人の女性としての生き方を示すプリンセスたちから
自分自身の輝く力を見つけてみてください。

               (パンフレットより一部抜粋)


■■ 開催期間 ■■

2016年10月26日(水)〜 2017年1月15日(日

休館日:10月は無休
11月以降は月曜日(祝日・振替休日の場合は翌火曜休館)
12月29日〜1月3日
(変更になる場合がございます。)

■■ 開館時間 ■■

午前9時45分 〜 午後5時
(入場は閉館の30分前まで)


■■ 入館料 ■■

一般:1500円(1300円)
高校・大学生:1200円(1000円)
小・中学生:800円(700円)

65歳以上:1100円(900円)
(年齢のわかるものをご提示ください。)

※( )内は20名以上団体料金

※障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくと
ご本人と付き添いの方1名が無料となります。

※本郷新記念札幌彫刻美術館の半券をお持ちの方は、
( )内の料金でご覧いただけます。


■■ 場所 ■■


札幌芸術の森美術館

札幌市南区芸術の森2丁目75番地
 



詳しくは公式HPをご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・・◆


興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ご覧いただきありがとうございます。
 
徳島県立近代美術館 様 から、

特別展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆



徳島県立近代美術館


日本・ベルギー友好150周年


ベルギー


近代美術の精華展



イメージ 1


オランダ、ドイツ、フランスなどヨーロッパの大国と
国境を接することから「ヨーロッパの十字路」と呼ばれ、
独自の展開を見せてきたベルギー近代美術を紹介します。

レアリスム、印象派、クノップフなどの象徴派、アンソールなどの表現主義、
そして独自の展開をみせたデルヴォーとマグリットの
シュルレアリスムにいたる19世紀から20世紀前半までの流れを、
姫路市立美術館のベルギー美術コレクションを中心に
国内の美術館の所蔵作品73点によってたどります。

今年は日本がベルギーと外交関係を樹立してから150周年にあたります。

本展がベルギ―の文化や芸術に関心を深めるきっかけとなれば幸いです。

                      (パンフレットより)


■■ 開催期間 ■■

2016年10月26日(水)〜 12月11日(日)
 

■■ 開館時間 ■■

午前9時30分 〜 午後5時

休館日:月曜日


■■ 観覧料 ■■

    一般:800円(640円)
高校・大学生:600円(480円)
小学・中学生:400円(320円)
     ( )内は20名以上の団体料金

※65歳以上の方で観覧料が半額、
障がい者と介助者1名は無料になります。

※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日は観覧料が無料です。

 ※特別展の観覧料で所蔵作品展もご覧いただけます。


■■ 場所 ■■


徳島県立近代美術館

徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園



詳しくはHPをご覧ください。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
  

興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事