画廊曼荼羅

茨城県土浦市・大和田画廊

美術館企画展紹介

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ご覧いただきありがとうございます。

 
兵庫県立美術館  から、
特別展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。

 
◆・・・・・・・・・・・・・・◆

 
兵庫県立美術館


世界遺産

日伊国交樹立150周年記念


ポンペイの壁画



イメージ 1


2000年の時を越えた美のタイムカプセル

光あふれる地中海に面し、古代より
風光明媚の地として知られた南イタリアのポンペイ。

西暦79年、街の北側にあるヴェスヴィオ火山の噴火により、
悲劇的な終焉を迎えます。

1748年から発掘が始まり、
古代都市の姿が徐々に明らかになりました。

遺物の中でもとくに人々を驚かせたのは、
色鮮やかな壁画の数々です。

火山灰が乾燥剤に似た役割を果たしたことにより、
奇跡的に保存されました。

本展では、世界遺産に指定されたポンペイと
その近郊の遺跡から出土した壁画を、
描かれた主題ごとに紹介します。

住宅や公共建築など、さまざまな建造物を美しい絵画で飾り、
人生を謳歌した古代ローマの暮らしを
追体験できる機会となります。

                    (パンフレットより)


■■ 開催期間 ■■

2016年10月15日(土)〜 12月25日(日)

休館日:月曜日


■■ 開館時間 ■■

午前10時 〜 午後6時
金・土曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)
  
   
■■ 入館料 ■■

一般:1500円(1300円)
ペアチケット:2400円
大学生:1100円(900円)
高校生・65歳以上:750円(650円)
中学生以下無料
     ( )内は団体料金

※障がいのある方は各当日料金の半額(65歳以上を除く)
その介護の方1名は無料
 
※割引を受けられる方は、証明できるものを持参のうえ、
会期中に美術館窓口で入場券をお買い求めください。


−−−
■■ 会場 ■■


兵庫県立美術館

神戸市中央区脇浜海岸通 1−1−1
[ HAT神戸内 ]


 

詳しくは公式HPをご覧ください。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 

ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。


ご覧いただきありがとうございます。
 
長崎県美術館 様 から、
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。


◆・・・・・・・・・・・・・・◆


長崎県美術館


特別展


古代ギリシャ展


時空を超えた旅


 
イメージ 1


名品「漁夫のフレスコ画」

日本初公開。

◆・・・・・・・・・・・・・・◆


古代ギリシャには、時代や地域により
さまざまな美術が花開きました。

その中心は一貫して神々と人間の姿と物語でした。

大理石を削って作った小さなキュクラデス偶像、
幾何学様式の壷絵からマケドニアの美しい金製品、
等身大のヘレニズムの神像まで、歴史の変遷とともに
見事なまでの多様性を目にすることができます。

本展はギリシャ国内40か所以上の国立博物館群から厳選された、
300件を超える古代ギリシャ時代の貴重な作品を展示する、
日本でかつてない規模での試みです。


                    (パンフレットより)


■■ 開催期間 ■■

2016年10月14日(金)〜  12月11日(日

休館日 
10月24日(月)、11月14日(月)・28日(月)

  
■■ 開館時間 ■■

午前10時 〜 午後8時
(入場は閉館の30分前まで)


■■ 入館料 ■■

一般:1400円(1200円)
高校・大学生・70歳以上:1000円(900円)
小・中学生:500円(400円)
未就学児は入場無料
( )内は15名以上・団体料金


■■ 場所 ■■


長崎県美術館

長崎市出島町2−1
 

詳しくはHPをご覧ください。
 

◆・・・・・・・・・・・・・・◆
 

興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。



ご覧いただきありがとうございます。



茨城県天心記念五浦美術館様 より

茨城県北芸術祭のエリアマップ 

届いておりますので、ご紹介いたします。


◆・・・・・・・・・・・・・・・◆



イメージ 1


イメージ 2


KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 期間中の
茨城県天心記念五浦美術館の
開館日・会館時間の変更について

期間中(9月17日(土)〜 11月20日(日)) 無休

11月20日まで、午前9時開館

午後5時閉館
(チケットの販売は、午後4時30分まで)


◆・・・・・・・・・・・・・・・◆


詳しくはこちら↓↓をご覧ください。




よろしくお願いいたします。




ご覧いただきありがとうございます。
 
DIC川村記念美術館様 から
展覧会のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。
 

◆・・・・・・・・・・・・◆

 
DIC川村記念美術館
 

レオナール・フジタとモデルたち


イメージ 1


「乳白色の下地」と呼ばれる独自の画面によって、
両大戦間のパリで一躍時代の寵児となった
レオナール・フジタ(藤田嗣治 1886-1968年)

多様な主題・ジャンルでその才能を発揮しましたが、
彼の画業の中心を占めるのが
人物を描いた絵画であることに疑問の余地はありません。

本展は、初期から晩年までの約90点の作品を、
描かれたモデルに関連する書簡や写真などの資料を交えて
紹介することによって、フジタの思考とモデルに注ぐ
まなざしを再検討するものです。

またフランス・エソンヌ県の特別協力により、
フジタがモデル研究の集大成として群像表現に挑んだ
4点の壁画を展示いたします。

                 (パンフレットより一部抜粋)


 開催期間 

2016年9月17日(土)〜 2017年1月15日(日

 
 開館時間 

午前9時30分〜午後5時00分
(入場は閉館の30分前まで)

 
 入館料 

一般:1300円(1100円)
学生・65歳以上:1100円(900円)
小中学生・高校生:600円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金


 場所 

DIC川村記念美術館

千葉県佐倉市坂戸631

 
詳しくは公式HPをご覧ください。

 

◆・・・・・・・・・・・・◆


 

興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。


ご覧いただきありがとうございます。
 
埼玉県立近代美術館様から、
企画展のご案内が届いておりますので
ご紹介いたします。

 
◆・・・・・・・・・・・・・◆

 
埼玉県立近代美術館



NEW VISION SAITAMA 5


迫り出す身体


 

イメージ 1



「ニュー・ヴィジョン・サイタマ」は、
活躍中の埼玉県ゆかりのアーティストに焦点をあて、
今日の美術動向をリサーチすることを目的に継続してきた展覧会です。

5年ぶり5回目の開催となる今回は、「迫り出す身体」を副題とし、
1980年代生まれの新進気鋭のアーティスト7名の作品を通して、
多様化する日本の現代アートの一断面を浮かび上がらせます。

この展覧会では、同時代を生きる若き表現者の制作を、
本展のための新作を交えて紹介します。

7つの身体を経由してまだ見ぬ新たなイメージが立ち現われる現場を
皆さまと共有できれば幸いです。

作家名(敬称略・50音順)
青木真莉子 / 小左誠一郎 / 小畑多丘 / 鈴木のぞみ
高橋大輔 / 中園孔二 / 二藤建人
                   
                (パンフレットより一部抜粋)
              
 
◆・・・・・・・・・・・・・◆


■■ 開催期間 ■■

2016年9月17日(土)〜 11月14日(月・県民の日)  

休館日:月曜日
(9月19日、10月10日、11月14日は開館)

 
■■ 開館時間 ■■

午前10時〜午後5時30分
(入場は閉館の30分前まで)

 
■■ 入館料 ■■

     一般:1100円(880円)
高校・大学生:880円(710円)
               ( )内は団体料金  

※中学生以下と障害者手帳をご提示の方
(付添い1名を含む)は無料です。

※併せてMOMASコレクション(1階展示室)も
ご覧いただけます。


■■ 場所 ■■

埼玉県立近代美術館

さいたま市浦和区常盤9−30−1


詳しくは公式HPをご覧ください。

 
◆・・・・・・・・・・・・・◆


ご興味のある方、お近くの方は
ご予定に入れてみてはいかがでしょうか。
 
よろしくお願いいたします。
 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事