法科大学院対策

趣味のことを書いたり、書かなかったりのブログです。

全体表示

[ リスト ]

 今だからこそ言えますが去年の新司法試験の成績はひどいものでした。
アシキリを突破した中で、ほぼビリの論文成績です。

 私は、旧司法試験の勉強の経験がないものの既習に入学した
いわゆる「なんちゃって既習」です。
 答案を書いて添削された経験もほとんどなく、散々な結果に終わりました。

 それにも関わらず、法務省まで発表を見に行く始末で、再び勉強を始めたのは
10月に入ってからでした。
 このままではヤバイと思った私は、新たにP&Cの井藤先生や会社法で遊ぼの葉玉先生の
方法論を取り入れました。
 その結果、答練の得点は順調に伸び、今年の辰巳全国模試では総合A、公法は優秀者名に
載るほど伸びました。

 何らかの役に立てばと思い、私が取った方法論の概観をお伝えします。
私のように、机に5分も座っていられない方、旧試の経験がなく知識不足を感じている方、
文章力に自信がないかたには特に役に立つと思います。




 旧司の経験がなく、経験者との差を感じているなら、旧司の過去問をつぶして
差をなくせば良い。新司と傾向はちがうけれども、身につくものは計り知れない。
旧司の過去問は最重要な共通財産である。それを使わないのはもったいない。

 旧司の過去問の具体的な使い方としては、短答はP&Cの過去問を使う。読む過去問集
であり、時間のない受験生にぴったり。

 論文はどこの出版社でもいいので、順に読んでいき、覚えることが必要と感じた基本論証の
キーワードを a、条文 b、問題提起 c、理由付け(たいていの場合は条文趣旨) d、結論(判例
があるところは判例の規範)の順にノートにまとめておく。
これは葉玉先生の会社法100問巻末の勉強方法の欄に書かれているノート作成方法である。
キーワードのみ記憶するので、記憶は最小限、必要に応じて論証の長さを伸縮自在といいことづくし。

長い・・・・
続くかも

閉じる コメント(3)

顔アイコン

はじめまして。合格おめでとうございます。
勉強法について質問をさせていただきたいのですが、
>論文はどこの出版社でもいいので
とあったのですが、具体的にはどういった本がよいのか
(再現答案集や演習本のようなものでしょうか?)
教えていただると幸いです。
宜しくお願い致します。

2008/9/20(土) 午後 9:25 [ say*2* ]

顔アイコン

ありがとうございます。質問歓迎致します。
憲民刑及び両訴はWセミナーの新論文過去問集と辰巳のえんしゅう本
を、会社法は会社法100問、行政法はWセミナーの論文基本問題1
20選を使いました。論証のキーワードノートを作るときは適宜、判
例の見解が載ってる基本書等を参照しました。

2008/9/20(土) 午後 10:54 [ garumu ]

顔アイコン

早速のご回答、ありがとうございます!
えんしゅう本や会社法100問は持っていましたが、
使いこなせていたかどうか。
葉玉先生の方法、私も参考にさせていただきます。
ありがとうございました!

2008/9/21(日) 午後 5:12 [ sayo23 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事