ここから本文です
カメラ修理屋の気まぐれ雑記帳
クラシックカメラ・鉄道・たまにバイクや登山&etc

書庫全体表示

忙しくてなかなかブログの更新が出来ませんでした。
前に書いた黒ライカ軍団の納期を間違えて全部同じ週にしてしまい大慌て、
慌しく黒ライカを4台連チャンで片付けた後に来たのが、このハッセルでした。

このハッセルは、修理で預かった時には全く何も動きませんでした。
良く見ると巻き上げ途中で動かなくなったようで、レンズのシャッターが中途半端に開いたままです。
御存知のようにハッセルは、巻き上げていないとボディーからレンズが外せません。
まずはボディーを分解して、とりあえず巻き上げが出来るようにしてレンズを外さないと・・・

イメージ 1


そこでボディーを分解してみたのですが、なんとまぁ、どこもかしこもグリスがいっぱい塗ってある。
そのグリスが古くなって、全ての部品に固着しているのです。これでは動かない。
そもそもグリスは力が掛かるような場所に塗るもので、ラチェット機構とかに塗ったらダメじゃん!
オイル差し過ぎのカメラで苦労する話は過去に何度か書きましたが、グリスはもっとタチが悪いですね。
結局ボディーもマガジンも部品を全部外してベンジンで洗い、再度組み立てるという面倒なことに。
とことが、部品をきれいに洗って再度組み立ててみたのに、なぜかちゃんと動かない。
どうやらオーナーがグリスが固着したまま無理に動かしたために、部品が変形していました。ああもう!
結局このハッセルがちゃんと動くようになるのに3日も掛かってしまいました。

イメージ 2


ところでハッセルを修理する度にいつも思うのですが、なんでハッセルってこんなにモルトを使うのでしょう?
普通モルトはカメラの隙間から光漏れがしないように隙間に貼る物なのですが、
高級機は隙間が出来ないように精度良く作られているので、あまりモルトは使われていませんでした。
しかし近年のカメラは、精度を上げて作るよりも出来た隙間にはモルトを詰めれば良い、という考えなのです。
ハッセルも、ボディーからマガジンまでいろいろな場所にモルトが貼ってあります。
しかも古いハッセルのモルトは経年劣化で硬化して、ボロボロの粉になってしまうのです。

イメージ 3


このモルトは、なんとミラーの裏側にまで使われています。
時々ハッセルでスクリーンのピント位置が微妙にズレていて、ピントが無限まで行かないことがあります。
これはミラーを取り付けているベース板とミラーの間に貼ってあるモルトが、
経年劣化で粉になって無くなってしまい、ミラーの位置がずれてしまっているからです。
ミラーはベース板にカシメで止めてあるので、ここのモルトを交換するのはちょっと面倒です。
ミラー駆動の振動でミラーが割れないようにと考えていたのかもしれませんが、何だかなぁという感じです。
最近のハッセルのモルトは改良されているのでは?と思うのですが、どうなのでしょう。

イメージ 4


毎回修理が終わってからピント位置確認のためにコリメーターを覗くのですが、
いつもプラナーのチャートの見えの良さには感激します。
ハッセルも気持ち良く動いている時は素敵なカメラですが、やはり定期的なOHが必要ですね。

この記事に

  • 顔アイコン

    たと様
    私はそれほど最近のモデル(503等)は修理したことは無いのですが、
    500C/Mは基本的にはどの年代も作りは殆んど同じでした。
    ただ以前ブログに書いたように、シャッターの方は時代によって随分作りに違いがありました。
    調子の良いハッセルのカシャポン!という音は、聞いていて気持ち良いですよね。

    gatapasya

    2008/12/18(木) 午前 0:54

    返信する
  • いつか使いたいと思って防湿庫にしまってます。たまにはシャッター切ってあげないと、と思っているのですが、そのうち使い方まで忘れてしまいそうです。(^^ゞ
    譲っていただいたとき、確かに「グリスが固まるから。。」と言うことで時々空シャッターを切るよう前のオーナーさんから言われてましたが。。まさかモルトの問題があったとは。。ちょっと心配。(^^ゞ

    mamma_aiuto

    2008/12/18(木) 午前 2:20

    返信する
  • 顔アイコン

    ハッセルを使い出して1年。
    ガシャポン!という音に惚れ込んでます。
    「モルトが剥がれる」というトラブルは聞いていましたが
    ミラーにまで影響があるとは・・・・・・
    古いカメラばかりが手元にありメンテに苦労しそうです。、 削除

    [ shun ]

    2008/12/18(木) 午前 9:11

    返信する
  • うーん、機械的によくできてると思いながら快調に使っていますがそういうことでしたか。ミラーのモルトは気になりますね、OHしようかなー (c_c)

    Walkingpastel

    2008/12/18(木) 午前 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    グリスの固まりは大変ですよね;;;。私も以前、蓄音機の調整の時、歯車に古いグリスの固まりがこびりついてて、こそぎ落とすのに苦労しました(>_<)。でも、その後は、快調に動き、蓄音機の良い音を聞いて 疲れを忘れるくらい癒されました(^v^)。お疲れ様のポチ♪。

    パーティー伯爵

    2008/12/18(木) 午後 7:16

    返信する
  • 顔アイコン

    フィルムマガジンのマガジンスライドを差しっぱにしていると、モルトがへたる、とはよく聞きますが、ミラーのモルトは初耳でした。
    心配になって手持ちのEL/Mを見てみたのですが、結構使ってるのでとくになんとも…なってなければいいのですが(笑)

    Count_Zero

    2008/12/18(木) 午後 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    モルト交換はいやですね、机の上は汚れるしミラーボックスはファインダースクリーンに入るしあんまり楽しい仕事では無いですね、手持ちのカメラを見てみたらモルトの使っていないのが増えています。
    意識しないうちにそうなった?

    [ c02*7s ]

    2008/12/19(金) 午前 11:58

    返信する
  • 顔アイコン

    mさと様
    せっかくハッセルをお持ちなのに、防湿庫の肥やし状態ですか?(^_^;)
    やはり時々動かさないと、グリスやオイルが固まってしまいます。
    特にスローシャッターはオイルが抜けやすいので、時々1秒を切ってあげて下さいね。

    gatapasya

    2008/12/19(金) 午後 3:18

    返信する
  • 顔アイコン

    shun 様
    ミラーのモルト問題は、私は今回が初めてのケースでしたが、
    古いハッセルには時々あると聞いています。
    レンズを無限大にしてもスクリーンのピントが来ないようでしたら交換が必要ですね。

    gatapasya

    2008/12/19(金) 午後 3:21

    返信する
  • 顔アイコン

    さんぽ・・様
    光漏れや∞でのピント不良が無ければ、すぐにOHは必要ないとは思います。
    でも長くお使いでしたら、OHすると巻き上げは軽くなりますよ。

    gatapasya

    2008/12/19(金) 午後 3:23

    返信する
  • 顔アイコン

    パーティー伯爵様
    うんうん、古い機械には多かれ少なかれグリスが入っていますよね。
    昔のグリスは植物性だったりして、経年劣化で固形化してしまうようです。

    gatapasya

    2008/12/19(金) 午後 3:24

    返信する
  • 顔アイコン

    おお、EL/Mをお持ちなのですか!動きます??(^^)
    どうも古い電気物に不信感がある私です・・・
    ボディーやマガジンには、見えない場所にもたくさんモルトが入っていますよ!

    gatapasya

    2008/12/19(金) 午後 3:27

    返信する
  • 顔アイコン

    c02*7s様
    本当にモルト交換は面倒で嫌な作業ですね。
    ポロポロの粉になるのは内部に入り込んだりするし、ベトベトなのは剥がすのに苦労するし・・・
    ライカやコンタックスには全く使われていなにので、これらの修理は助かります。

    gatapasya

    2008/12/19(金) 午後 3:29

    返信する
  • 顔アイコン

    ミラーのあるハッセルって、あまり使ったことないんですよねえ。まあ、別な場所でトラブルありましたが。

    ヤマティ

    2008/12/22(月) 午後 1:53

    返信する
  • 顔アイコン

    ヤマティー様
    ミラーの無いハッセルって、そっちの方が余程贅沢ですよ〜
    あちらはあちらで、古くなるといろいろ問題が出てくるのですが。

    gatapasya

    2008/12/22(月) 午後 4:16

    返信する
  • なんだか車に使うようなグリスを塗られていたみたいですね。悲惨。
    ハッセルのマガジンの遮光がだめになり一度修理に出しました。
    それ以来、引きブタは使っていません。(マガジン1個しかないし)
    モルトは困り者ですね・・・今ペンタ6x7の修理してますが
    この機械もモルトが多くて大変です。

    サハシ153(食堂車)

    2008/12/25(木) 午後 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは
    高級機には縁がないですが、隙間はモルトでうめてるとは。アメリカンな発想かな。
    歪んだパーツ直すは大変そうですね。
    なぜグリスなのか理解不能です。

    [ mat*s*mat*rou ]

    2008/12/31(水) 午後 2:37

    返信する
  • 顔アイコン

    サハシ様
    コメントのレス遅れてごめんなさい。
    前に修理した人は、どこもかしこもグリスを塗っていて困りものでした。
    モルトは粉になるような品質の物なので、国産のよりは剥がすのは楽ですが、
    それにしてもハッセルはモルトが多過ぎな気がします。

    gatapasya

    2008/12/31(水) 午後 3:31

    返信する
  • 顔アイコン

    mat*s*mat*rou 様
    どこでも隙間はモルトで埋めるというのは国産カメラが得意なのですが、
    ハッセルもここまでモルトが多いとは思いませんよね。
    プロ用のカメラなので漏光には厳しいのかもしれませんが、どうにか出来ないのでしょうか。
    グリスも、力が掛かるギアの軸のようなところはグリスで正解なのですが、
    これはどこもかしこもグリスだらけでした・・・

    gatapasya

    2008/12/31(水) 午後 3:34

    返信する
  • 顔アイコン

    このように機械の内面にある問題をさらりと記されるのも、やはり多くの経験と苦労のうえに成り立っているものなのでしょうねぇ〜っ。
    そして、ある時期から「なんとなく(原因は)ここだろう」という領域に到達していくのですよね。
    いつも関心させられています。

    decadence_of_art

    2008/12/31(水) 午後 5:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事