ここから本文です
カメラ修理屋の気まぐれ雑記帳
クラシックカメラ・鉄道・たまにバイクや登山&etc

書庫全体表示

記事検索
検索

全353ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

安原一式





知り合いから、安原一式を預かりました。


イメージ 5



安原一式というカメラは、
京セラのカメラ部門を退職した安原さんという方が企画設計して、
中国製の一眼レフをベースに作ったライカマウントのカメラでした。
1999年の発売ですが、発売前からネットで企画情報を発表し、
予約金を払った人に発売するという方法だったと思います。
当時はクラカメ大ブームの真っ盛り、
ライカマウントの新製品が出るというので大いに話題になりました。
しかし、発売されると作りが少しチープだったことや、
一眼レフのシャッターをそのまま流用したことで、
漏光するのでレンズキャップをしないといけない等で、
発売後は、あまり話題にならなくなりました。
しかも後にコシナがベッサRを発売したので、
販売数も少なく忘れ去られたカメラとなってしまいました。


「安原一式なんて分からないのでやりませんよ」と言ったのですが、
「ブライトフレームが薄いだけだから、チョッと見てよ」
と言われ、とりあえず見てみることになりました。
ファインダーを覗いて見ると、
確かにブライトフレームが薄くて殆ど見えません。
と言うか、距離計像も凄く薄い。
ハーフミラーが曇っているというのが原因の定番なのですが、
前から見ても曇っているようにも見えません。
ネジを数本外せば上カバーが簡単に外れそうだったので、
とりあえず外してみました。


う、電子基板があってファインダー部分が見えないじゃん。
配線外すの面倒だなぁ・・・

イメージ 1




基板を外してみると、
贅沢にもハーフミラーではなくプリズムでした。
これでは反射面は貼り合わせ面なので曇るはずはありません。

イメージ 3



プリズム自体も曇っていないし。
反射ミラーの方も雲ってはいないので、
これは新品の時から、
ブライトフレームも距離計像も薄かったのではないでしょうか。
プリズムの銀蒸着が薄過ぎて反射率が低いのでしょう。
これって、このカメラ全てが薄いのでしょうかね?
それともプリズムの蒸着に個体差があったのかな?

イメージ 2



プリズムはスポッと抜けたので元に戻そうとしたら、
ボディーに入れると隙間が多くてグラグラします。
良く見るとプリズムの上に被せる三角の板が反っていて、
ネジを締めるとプリズムを押さえるようになっていました。

イメージ 4


でも、プリズムの位置が動くと距離計像が凄く動いてしまうので、
距離計を見ながら位置調整をしつつ上板で止めるのは面倒でした。
まあ、チャンと上下左右の調整が別々にあるだけ、
ジャック・ボルスキーさんよりマシですね。(謎)


ついでに、
巻き戻しクランクのノブがぷらぷらするのも直しておきます。
バネが弱いので曲げて直しましたが、また緩むかな。

イメージ 7



このカメラを後ろから見ると、
建て増ししたファインダーがコンタックスⅢのメーターみたいです。

イメージ 6

巻き戻し軸と巻き戻しクランク軸の位置が違います。
ファインダーが大きくてクランクが邪魔になったので、
途中にギアをひとつ入れて外側に逃したようですが、
お陰で巻き戻す時のクランクの回転方向が逆でした。



知り合いでなければ請けないカメラなのですが、
こんなカメラもあったなぁという懐かしい気持ちになりました。
結局ファインダーは何も改善できませんでしたが、
まあ、息抜きにはちょうど良かったです。
しかし、このままでは距離計を合わせにくいなぁ。

.

この記事に




毎年11月3日は入間基地航空祭に行って、
ブルーインパルスの演技を見るのが妻との恒例の楽しみでしたが、
今年は、妻が休日出勤日に当たってしまいました。
「あなた一人で行けばいいじゃない」と言う妻の目が、怖い・・・
そこで今日は、妻に休日出勤の代休を取ってもらって、
ブルーインパルスの前日予行演習を見に行ってきました。


航空祭当日以外は基地内に入れないので、
基地の南側にある入曽公園という場所に行ってみました。
混むかな?と思って一応1時間前に行ってみましたが、
(なにせ本番は基地に20万人来ますからね)
行った時間には結構空いていました。
途中で買ったおにぎりを食べつつ、のんびり待ちます。

イメージ 1



予行演習の時間が近付くと、どんどん人が増えてきましたが、
それでも公園内は、マッタリと見ていられる程度でした。
しかし滑走路脇のフェンスのところは激パ!
滑走路が見えるので早朝から脚立が並んでいたそうです。

イメージ 2

路上駐車が多く、パトカーが来てスピーカーで怒鳴っていましたが、
移動させる人は半分くらいしかいませんでした。



13時5分からブルーの予行演習が始まりました。

イメージ 12





イメージ 13





イメージ 11





イメージ 10





イメージ 15





イメージ 14





イメージ 7





イメージ 4





イメージ 3



こちらは、360°カメラの画像です。



ブルーインパルスの予行演習の後は、
普通のT-4のデモンストレーション飛行の予行演習がありました。
もちろんアクロバット的なことはしませんが、
それでもいろいろやってくれて楽しかったです。


イメージ 9




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 8



今日の予行演習は、C-1の飛行が無かったことや、
(歌舞伎塗装のC-1を見たかったなぁ)
ブルーが全ての演目をやらなかったのが残念でしたが、
快晴無風の秋晴れで、気持ち良く見ることが出来ました。
しかし、相変わらず飛行機を撮るのは難しいですね。
超望遠レンズを手持ちで振り回して被写体を追い掛けるのは大変です。


明日の本番には行けませんが、また快晴になってくれるかな?
基地60周年記念のサプライズがあるという噂ですが、
果たして何でしょう。

.

この記事に

開くトラックバック(0)

Meritar 50mm f2.9





9月の渋谷のカメラフェアでの唯一の買い物が、
メリター50mm/f2.9でした。
主にEXAの標準レンズとして発売された廉価版のレンズです。


イメージ 7


3枚玉のトリプレット構成のレンズなのですが、
普通、トリプレットは明るくてもf3.5までなのに、
f2.9を狙うという、勇気のある?レンズです。

f2.8でななくf2.9と表示するところは正直ですが、
さすがにトリプレットでf2.9は無理があるようで、
非点収差もコマ収差も大きく、
その影響で後ろのボケがぐるぐる回ってしまいます。

しかし、今となるとこのダメダメ描写が面白い。
α7にエギザクタマウントアダプターを付けて、
f2.9の開放絞りで撮ってみました。
画像右下の+マークをクリックして拡大表示でご覧下さい。


イメージ 1




イメージ 6




イメージ 2



f2.9で遠景を撮ってみると、
コントラストは低いし周辺は像が流れています。

イメージ 5



バラ園には、メリターだけだと心配なので、
コシナの55mm/f1.2も持って行きました。
接写ヘリコイドを付けて開放絞りでバラを接写してみたら、
なんともソフトなバラが撮れました。

イメージ 4




イメージ 3




ところでメリターは、
カメラフェアの時に富士越カメラさんにあったので、
手伝いの休憩時間に買いに行ったら、なんと売り切れていました。
そこで喜久屋カメラさんにもあったな、と思って行ってみたら、
なんとこちらも売り切れ!
ガッカリしていたら、
喜久屋さんが「曇ったメリターならありますよ」と言って、
売れずに仕舞ってあったレンズを出してきてくれました。
凄く安くしてくれたので(もともと安いレンズですが)
自分で分解清掃すれば良いなと思って買いました。

しかしメリターが次々に売れるなんて、
ついにメリターの時代が来たか!
プリモプランの次はメリター人気か?!
・・・って、本当になって価格が上がったら怖い。
(^^;)


.

この記事に

開くトラックバック(0)

Nikon S





ニコンSの修理依頼が来ました。

シャッターが動かないという事でしたが、
裏蓋を外してシャッター幕を見てみたら、
これではまともに動きませんね。

イメージ 2



とりあえす、ますは分解します。

イメージ 7



当時の国産カメラのシャッター幕は、
ゴムの両面を布で挟んである幕が使われています。
ライカ等の幕と違って、どちらから見てもゴム面が見えません。
それと同じ幕と交換します。
最近、ニコンやキヤノンの幕交換はやってなかったので、
大きな幕から切り出します。

イメージ 3



古いシャッター幕をカメラから外したら、
もうゴムが硬化していてボロボロ剥がれてきます。
シャッターリボンも劣化いていて切れてしまいました。

イメージ 4




幕が貼ってあったシャッタードラムを綺麗にしたら、
シャッターリボンと共にシャッター幕に貼り直します。
幕やリボンを貼る位置を調整して正しい位置で貼らないと、
シャッター速度が正しく出なくなります。

イメージ 6



ライカより少し面倒ですが、綺麗に貼り直せました。

イメージ 5



後は、普通にオーバーホールをして、
レンズも分解クリーニングして出来上がりです。
なかなか綺麗なニコンSですね。

イメージ 1



久しぶりにニコンをやりました。
同時代のキヤノン4sbと共に、
国産カメラの中でも優秀な作りのカメラです。


.


この記事に





今日は、上越線回りのカシオペアクルーズの運行日!
ということは、
EF81の前に私の好きなEF64の補機が付く重連!
天気予報も良さそうだし〜!
撮りに行きた〜い!


イメージ 2



イメージ 1



でも、仕事がぁ〜(TT)

それに、片道1本だけ撮るのに上越まで行くのも勿体無い・・・
車で出掛けると、
ガソリン代と高速代で1万円くらい掛かるんですよね。
いつも、一人で撮り鉄に行くのは勿体無いのです。
誰か、割り勘で平日に撮り鉄行ける人、募集中! 
(^^)

.

この記事に

全353ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事