カメラ修理屋の気まぐれ雑記帳

クラシックカメラ・鉄道・たまにバイクや登山&etc

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全320ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

保証修理





仕事柄、いろいろな中古カメラ店に行きます。
その店その店でいろいろ個性があります。
とにかく値段が安いことを売りにするお店、
品質の良さを売りにするお店、
品揃えが多いお店、
店員さんの人柄でお客さんが来るお店等々・・・


仕事で中古カメラ店を回っていて、
あまり調子の良くないカメラを売っていると、
「これ、オーバーホールした方が良いのでは?」
と思う事も多いのですが、
お店にはいろいろと都合があるようです。
安く売らないと売れないようなカメラや、
あまりマージンの取れないようなカメラは、
オーバーホール代を出す事が出来ません。

ただ、こういうカメラを保証付きで売ってしまうと、
結局壊れてしまったり、
お客さんが不具合を見付けてお店に持ってきたりします。
そういうカメラの修理も結構来るのですが、
中には「こんな状態のカメラにも保証付けたの?」
と思ってしまうカメラも来たりします。


イメージ 1
(画像はイメージです)


簡単な部分修理で直る場合は良いのですが、
結局オーバーホールしないと直らない場合もあります。
中にはシャッター幕交換となる時もあります。
そうなると出来上がったカメラは、
巻き上げはスムーズ、シャッターも完璧、
分解したついでに汚れを取ったりするので、
同じカメラが見違えるようになる時もあります。
お客さんとしては、かえってラッキーですが、
お店はオーバーホール代を私に支払うので、
儲けが相当減ってしまいます。

だったら最初から、
保証付きで売るカメラは全てオーバーホールして、
その分、価格に上乗せして売れば良いのにと思いますが、
最初に書いたように、カメラ屋さんにも都合があります。
それにネットで見て通販で買う方は、
実際に操作して比べてみる事が出来ないので、
同じ外観の状態なら安い店の方の品を購入してしまいます。
そうなると、多少不具合があっても安く売る方が儲かる、
と考える店があっても不思議ではありません。

修理屋としては、
どのカメラも完璧な状態にしたいものですが、
カメラ屋さんにもいろいろ都合があるようです。
中古カメラを購入する時は、
やはり実物を見て触って買うのが一番ですが、
通販で購入する時は、
やはり信頼のおけるお店で買いましょう。


.


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

たけのこ村ツーリング





今日は良い天気だったので、
今年も妻とバイクで房総へ筍を食べに行ってきました。
行き先は、ここ毎年行っている「平沢たけのこ村」です。

アクアラインを通ってまずは小湊鐵道の高滝駅へ。
かわいい駅ネコちゃんがいると聞いて行ったのですが、
残念ながら行った時にはいませんでした。
きょろぴ〜さん、いなかったよ〜 

イメージ 1



そのまま小湊鐵道沿いに走ります。
飯給駅の近くでは手掘りトンネルを通ってみました。
将棋の駒のような形は「観音掘り」というそうで、
明治時代に掘られたトンネルだそうです。

イメージ 2



細い道から国道に戻る途中に小さな滝があります。
地元の人が藪を整備して見れるようにしたそうです。
小さな滝ですが、
目の前の左右2本の滝の他に、
右側にも1本、奥にも1本と、4本も流れ落ちています

イメージ 3



ここから見る景色も綺麗でした。

イメージ 13



イメージ 14



また国道に出て小湊鉄道沿いに走って行くと、
いつも菜の花畑を撮る石神に着きました。
もう菜の花は殆ど終わっていましたが、
後ろの山には山桜が咲き出していてとても綺麗でした。

イメージ 4



天気が良いので、
ここでお弁当を食べたら気持ち良さそうですが、
これから筍が待っています。

イメージ 16



ちょうど列車が来たので撮りましたが、
アートミックス仕様の列車でちょっとガッカリ。

イメージ 5



平沢を目指して走って行きます。
天気は良いし山桜は綺麗で、気持ちの良いツーリングです。
平沢たけのこ村に着きました。

イメージ 6



ここは筍掘りも出来るし、
獲りたての筍料理を戴くこともできます。
ただ、会場は広いのに、
作っているのが地元のオジサン・オバサンなので、
混雑すると大変待たされてしまいます。
今日も30分程待ちました。
でも、筍ずくしは美味しい〜!
ここの筍はエグミが少ないのが特徴なので、
筍のお刺身も食べることが出来ます。
筍の味噌汁はセルフサービスでお代わり自由!

イメージ 12




筍を美味しく戴いた後は、
細い林道を走ってから筒森という集落へ行きました。
有村架純ちゃん主演の映画、
「夏美のホタル」の舞台になったところです。

イメージ 7





この映画の中では、
私の知っている養老渓谷近辺の各所がロケで使われ、
小湊鐵道も何度も出てきます。
映画で主人公が居候するお店のロケがここでした。
残念ながら今は営業をしていません。

イメージ 15



イメージ 8


隣りには、
映画のシーンに出てくるブランコもありました。

イメージ 9



このお店の筋向いに、
凄く立派な旧家があるので覗いてみました。

イメージ 10


なんとここは、
バイクチーム「横浜ケンタウロス」の本部になったそうです。
一緒にいた女性の方は、
懐かしい?ケンタウロスの革ジャンを着ていました。

庭には可愛いネコちゃんがいたので、
高滝駅の駅ネコちゃんの代わりに撫で撫でしてきました。

イメージ 11



後は、アクアラインが渋滞するので早めに帰路に付きます。
しかし時既に遅し。
インター入口の表示板には「渋滞11キロ」・・・
ガ〜〜ン。
久しぶりにバイクで長いすり抜けをして疲れました。
来年は、渋滞の無い平日に行けると嬉しいのですが。

.



この記事に

開く コメント(8)

憂鬱な修理×2





遊びに行くと、
その分、仕事が溜まってしまうのが困りものです。
しかも、のっけから難修理の連チャンでした。


まずはズマロン35mm/f2.8の修理です。
依頼内容は、お客さんが分解してしまい、
元に戻せなくなったということです。

ところが、
ただ分解しただけではありませんでした。
関係の無い溝に工具を入れて無理に回そうとしたようで、
(ここは回りません!)
なんとヘリコイドの溝を傷付けて潰してしまっています。
お陰でヘリコイドが全く回りません。


イメージ 1



しかもここだけではなく、
距離計連動のヘリコイドまで傷が付いていて入りません。

イメージ 2


こういう場合は修理不能で返品しても良いのですが、
レンズの方がとても綺麗で勿体無い。
仕方が無いので、
薄いヤスリを使って潰れたヘリコイドの溝を切り直します。
ヘリコイドが入るようになったら、
今度は切り直した溝にコンパウンドを入れて、
スムーズに動くようにします。
時間と根気のいる作業です。

やっとどうにかスムーズに動くようにして、
後は普通にオーバーホールをして出来上がりです。
こうやって並べると、
レンズも結構部品点数がありますね。
(絞り羽根を外してないのでまだ増えます)

イメージ 3





次はローライコードです。
シャッターが不調ということなのですが、
コンパーラピッドなのでお手の物です。
羽根と駆動リングを綺麗にして、
スローガバナーをクリーニング、
オイルを差して完了です。

・・・チャンと動かない。。。

スローガバナーを分解してルーペで見てみたら、
なんと小さなギアの軸が錆びています。
そこで軸の錆を取ったのですが、
錆び取りした分、軸が細くなり、
ガタが出てギアの回転が不安定になってしまいました。
仕方が無いのでスローガバナーごと交換します。

ところが、
今度は交換したガバナーだとガンギが上手く掛かりません。
ガンギが掛かる量は調整出来るようになっているのですが、
一番掛かるように調整しても時々空回りしてしまいます。
よ〜く見ると、
ガンギ掛けレバーの形状がほんの僅か違います。
どうも同じコンパーラピッドでも個体差があるようです。
仕方が無いのでギアだけ入れ換えてみたのですが、
なかなか上手く動いてくれません。

イメージ 4


手持ちのシャッターもそういくつも無いので、
試しに自分のレチナⅠのガバナーを入れてみたら、
あれま、綺麗に動くではないですか。
う〜ん・・・
仕方が無いのでこのガバナーを入れてしまいました。
私のレチナのガバナーはそのうち見付けましょう。
可哀想な私のレチナ・・・


ツーリングから帰ってきたら、
何だか難修理の連続で疲れてしまいました。
おまけに昨日のスイミングクラブでは、
コーチが張り切ってしまって疲労困憊。
今日は早く寝よう。


.

この記事に

開く コメント(6)

お花見ツーリング 2





お花見ツーリングの2日目です。

翌日は、まず秩父の桜と言えば何より有名な、
清雲時の枝垂桜を見に行くことにしました。
いつもの宿からの出発です。
また泊まりに来ますね!

イメージ 13



清雲寺の桜は有名で観光バスも来て混雑するようなので、
宿を出て朝9時過ぎに真っ先に行ってみました。
お陰でそれ程混雑せずに見る事が出来ました。
有名な樹齢400年と言われている枝垂桜は既に散っていましたが、
ちょうど紅枝垂が満開でとても綺麗でした。

イメージ 15


枝垂桜がこんなにたくさん咲くお寺は初めて見ました。

イメージ 1




イメージ 14




次は近くにある昌福時へ行ってみました。
こちらは山門の後ろに咲く枝垂桜が見事でした。

イメージ 2



イメージ 3

清雲寺のような派手さはありませんが、
なかなか風情のあるお寺でした。


さてさて、今日のもうひとつの目的は、
小鹿野町の春祭りを見に行くことです。
小鹿野町へ行く途中にも、
花桃と桜がとても綺麗な場所がありました。

イメージ 4

本当にこの季節の秩父はどこも綺麗です。


小鹿野町に着くと、
まずはレストラン・イデウラに行きました。
ここはバイク乗りには有名なレストランです。
バイク乗りのマスターとはブロ友になっているので、
お祭りを見る前にお店にバイクを止めさせて戴きました。

イメージ 12



小鹿野町の春祭りは一度見てみたかったのですが、
今回は、ちょうど日程が合ったので見る事が出来ました。

イメージ 5



コンデジで動画も撮ってみました。




曲がる時には、
皆で力を合わせて山車を動かします。

イメージ 6



元宮に着くと2つの山車が並びました。

イメージ 7


山車の前を回る女の子達。
なぜか腰にぬいぐるみを付けています。
かわいいですね。

イメージ 8



お祭りも昼休みに入ったので、
イデウラさんに戻って昼食です。
私は定番のポークソテー、
妻はチーズ入りハンバーグ+クリームコロッケにしました。
どちらも美味しい〜!

イメージ 9


帰り際には、
マスター「イデレス」さんのご自慢の愛機、
GSX-R1100を見せて戴きました。
いつもピカピカですね。
MAVERICKのマフラーも良い音させていました。

イメージ 10


昼食中に何だか天気が怪しくなってきて、
ポツポツ雨も降ってきました。
関越道の渋滞が始まる前に早めに帰る事にします。

途中で桜が綺麗な法善寺というお寺に寄ってみました。
この季節に秩父を走っていると、
もう桜が綺麗な場所ばかりです。

イメージ 11


この後は、関越道の花園ICの手前にある道の駅で、
妻がお土産を買ってから高速道に乗りました。
途中から天気も回復して晴れてきました。
午後6時には我が家に帰宅しました。

今回は、バイクで走るには一番良い陽気で、
雨にも殆ど遭わずに済みました。
毎日綺麗な花を見ながらのツーリングになり、
なかなか楽しい2日間を過ごすことが出来ました。
来年もこの季節に行けるといいなぁ。


.

この記事に

開く コメント(10)




金曜日から一泊で、
妻と秩父にお花見ツーリングに行ってきました。

妻は毎日残業で疲れているので、
昨日はゆっくり朝9時に出発。
今の時期は甲府盆地が桃の花で綺麗なので、
今回は中央高速道の釈迦堂付近の桃の花を見てから、
雁坂峠を越えて秩父に行く事にしました。

途中、談合坂S.Aで休憩。
今回は、お土産搭載用にリアBOXも付けています。

イメージ 1



次は釈迦堂P.Aに寄りました。
ここのP.Aは、人だけ外に出る事が出来ます。
この季節、周辺は桃の花がいっぱいです。

イメージ 11



一面が桃色に染まります。

イメージ 12



近くに枝垂桜があるというので行ってみました。
見事な枝垂桜ですが、誰も見に来ていません。

イメージ 2



桜の下に入って見上げてみました。

イメージ 3



釈迦堂P.Aの近くには、
花桃を植えた畑があったので寄ってみました。
黄色い菜の花と花桃との競演が綺麗でした。

イメージ 5



イメージ 10



この後は、中央道を一宮御坂ICで降りて、
秩父に向かって雁坂峠を目指すのですが、
途中にも枝垂桜があると言うので寄ってみました。

行く途中の道から、
目の前の高台に大きな枝垂桜が見えました。
凄く大きな枝垂桜のようです。

イメージ 4



集落の中の細い道を登って行くと、
そこには見事な枝垂桜が立っていました。
樹齢200年の「乙ヶ妻の枝垂れ桜」と言うそうです。

イメージ 16




イメージ 15

こんなに見事な枝垂れ桜なのに、
あまり人が来ていなくてのんびり見る事が出来ました。
道も狭く駐車場も無いので(バイクで良かった)
大々的に宣伝が出来ないからでしょうか。


ここからはどんどん雁坂峠に向かって登って行きます。
峠が近くなると標高が高いので少し寒くなりました。
有料の長い雁坂トンネルを抜けると奥秩父です。
今度は秩父へ向かってどんどん下って行きます。
今回も旧道の栃本集落を通って行きました。

秩父に入ると、周りはもう桜だらけ。
山から畑から庭から桜がたくさん植えられていて、
どこもかしこも満開でした。

イメージ 13



今日の最後は秩父の道の駅に寄ってデザート。
お疲れ様でした。

イメージ 6



今日は早めにお気に入りの柴原温泉「柳屋」にチェックイン。
早速、野天風呂に入って疲れを取りました。
後は美味しい夕食を食べて寝るだけです。

岩魚の塩焼きと紅鱒の刺身

イメージ 7


野生の猪鍋

イメージ 8


宿の主人自慢の手打ち蕎麦

イメージ 14


妻が「美味し過ぎて怪しい」と言う釜飯

イメージ 9


他にもいろいろ出てきてもうお腹が苦しい。
この宿は地元の素材で料理を作るので、
毎回何が出てくるのか楽しみです。


さて、明日も予定がいっぱいです。
それはまた明日UPします。
ZZZ・・・


.

この記事に

開く コメント(18)

全320ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事