ここから本文です
カメラ修理屋の気まぐれ雑記帳
クラシックカメラ・鉄道・たまにバイクや登山&etc

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Contax の憂鬱





コンタックスⅡの修理が来ました。
このカメラで一番多い故障は、シャッターリボン切れです。
今回も、シャッターリボンが切れているようでしたので、
早速分解してみたら、なんと切れたのではなく、
リボンを通す幕の穴からリボンが抜けていました。
それもそのはず、リボンが油でベタベタです。
接着剤で止めていたリボンに、
油分が染み込んで接着剤が溶けて外れてしまったのです。

どうもコンタックスのリボン交換する人達の中には、
構造を理解していない人が結構いるようです。
以前も書きましたが、
先幕を通している金具のことろは、
リボンとある程度のフリクションが無いといけません。
ですから、ライカ用のリボンは使えません。

イメージ 1


スローシャッターの時には、
先幕が上まで上がってロックされた後に、
後幕の方はどんどん巻き上げられて行くので、
この金具とリボンの滑りが良いと、
スローシャッターにする時の巻上げが軽くなります。
そこでリボンにオイルを塗ってしまったようです。
しかし、レリーズを押してシャッターが走り始める直前に、
先幕は、固定していたロックが外れます。
この金具とリボンのフリクションが無いと、
シャッターが駆動する前に先幕が落ちてしまいます。
また、幕の走行中にスリット幅が変わってしまったりして、
正しいシャッター速度が出ません。



また、戦前のコンタックスをやっていて、
面倒なのはシャッタードラムのテンション調整です。

イメージ 2


シャッターのテンション調整は、
この小さなネジを巻き上げてドラム内のバネを巻いて行いますが、
あまりにネジが小さく、しかも回し難い場所にあります。
しかもライカ等に比べるとバネを強く巻くので、
少しでも回すマイクロドライバーが穴からズレると、
「バビュン!」と言って元に戻ってしまいます。
しかも、せっかくテンションを合わせたのに、
外周にある逆C板でネジをロックしようとしても、
ドライバーの先がネジ穴の左右からチョッとでも出ていると
ロック板が入ってくれません。
ドライバーを少し横に動かすつもりが滑って
「バビュン!」・・・ (TT)

何でこんなやり難い方法にしているのでしょうね。
前の人も散々苦労したようで、周りがギタギタです。


.




全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事