ここから本文です
カメラ修理屋の気まぐれ雑記帳
クラシックカメラ・鉄道・たまにバイクや登山&etc

書庫鉄道写真

記事検索
検索

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

さようなら EF60 19





今日、高崎のEF6019が、土崎へ回送されたようです。

EF60の19号機は、私と同い歳で、昭和37年に製造されました。
学生時代には、現役で貨物を牽く19号機を撮影していたこともあり、
とても愛着のある機関車だったので、廃車なら非常に残念です。

1979年

イメージ 1



EF60は、Pトップ等に比べて運用が少なかったので、
撮影する機会があまり無く、数枚の画像しかありません。
廃車になるなら、もっと撮っておけば良かったと後悔しています。



イメージ 2




イメージ 3




イメージ 5




イメージ 4




イメージ 6




イメージ 7




やはりSLの保存にお金が掛かる分、
ELやDLにまでお金が掛けられないのでしょうね。
寂しい限りです・・・


.






仕事の休憩中にネットを見ていたら、
岡谷までのチキ工臨にEF6437が運用に入っていたので、
仕事の合間に、近くの中央線まで撮りに行ってきました。


工9871レ

イメージ 4




平日だし雨も降りそうなので、
脚立が無いと撮れないような場所に来る人は少ないだろう、
と思って40分程前に行ってみたのですが、
なんと、既にいっぱいで撮れる場所は残っていませんでした。
さすがロクヨン唯一の0番台、人気ですね。
平日でも、夕方は学生が来れるというのを忘れてました。
失敗したなぁ・・・


イメージ 1

困っていると、
若い子が少し移動して場所を空けてくれました。
優しいなぁ。
譲ってくれなかったら撮れないところでした。


ところが、今度は工臨が来る5分前になって、
目の前で中央線の上り電車が緊急停車。
ひえ〜っ

イメージ 2


この間に来てしまわないかと、皆で時計を見ながらドキドキでした。
しかし、直前にどうにか動いてくれてホッとしました。


37号機は、以前同じ場所で24系の廃回を撮っていますが、
やはり茶色より一般色が似合いますね。

イメージ 3



さて、明日はカメラ屋に納品です。
重いので、腰を労わりながら回ろうと思っています。
だったら撮り鉄なんて行くなって? (^^;)


.

カシオペア紀行の撮影




今日は、「カシオペア紀行」の撮影に行ってきました。
カシオペアが往路を上越線経由で走る場合は、
私の好きなEF64が前補機に付いて重連になるからです。

今朝6時、
今日御一緒するyinoseさんに車で迎えに来て戴きました。
今回、悩んだのは撮影地です。
上越線を北上する列車の正面が逆光になるのは仕方が無いのですが、
午前中は、左側から撮らないと完全に逆光になってしまいます。
しかし左側から撮れる撮影地で好きな場所が殆ど無く、
良く行く好きな撮影地の沼田−後閑の田んぼも、
今は田植えが終わったばかりで綺麗そう(水鏡?)なのですが、
右側からの撮影なので完全逆光です。
雲らないかなぁ・・・と思いつつ関越道を走っていたのですが、
こういう日に限って快晴です。
どうしよう・・・

岩本駅手前の撮影地は左側から撮れるのですが、
ここは駅から近いし、皆が側面順光を考えると思うと、
「きっとここは激パになってるだろうな〜」と思ったのですが、
念のため寄ってみたところ、
どうにか場所を確保できそうなので、ここに決めました。

(この後ろにも大勢います)

イメージ 1


御一緒したyinoseさんは、
いつもフィルムカメラ(OLYMPUS OM-3)でも撮影します。
しかもデジタルもOLYMPUS!

イメージ 5

今日は、気温30℃以上と言う予報が出ていたのですが、
この場所は日陰で休むことが出来たし、
風も通り、快適に待つことが出来ました。



9時56分、
EF64を前に従えてカシオペアクルーズがやってきました。

イメージ 6
E-M1 120mm





イメージ 7
E-M1・markⅡ 80mm


後ろのEF81は、レインボーカラーの95号機でした。
私的には、普通の色のEF81の方が良かったのですが、
バックの山の緑が綺麗で、良い写真が撮れたと思います。



さて、まだ午前10時です。
そこで、帰り掛けにいつもの秩父鉄道へ寄って、
今まで撮ったことが無い石炭列車を撮って帰ることにしました。
これは、JR熊谷ターミナルからセメント工場まで、
工場の燃料となる石炭を秩父鉄道の機関車が牽いて行くのです。
列車の1時間ほど前に武川駅の近くの撮影地に着きましたが、
こちらは暑い!
考えてみれば、暑くて有名な熊谷の近くです。
木陰に入ってみたら、大きな梅の実がたくさん!

イメージ 2




しばらく待つと、
いつもの石灰を運ぶ列車が工場まで往復して行きました。

イメージ 3




イメージ 4


この後すぐに石炭列車が来るはずだったのですが、
いくら待っても来ません。
調べてみたら、
今年の春から三ヶ尻の先で折り返してしまうそうです。
知らなかった・・・


この後は関越道に乗って高坂SAで昼食を食べ、
午後3時過ぎには帰宅しました。
帰ってから少し仕事しようかな?と思ったのですが、
朝が早かったし、暑さで疲れて昼寝してしまいました。
(^^;)

yinoseさんも、運転お疲れ様でした。
2人で行くと、交通費が割り勘になって助かりますね。


.






5月10日は、EF510の日





久しぶりに?日付ネタで、
EF510の北斗星色が牽く寝台特急「北斗星」です。


イメージ 1


つい最近見たような気がしますが、
もう5年も前の撮影でした。
もうこの姿を見ることが無いのが淋しい限りです。


.




今日、撮影に行って来た、
クラブツーリズム貸切の団体臨時列車です。


9451レ

イメージ 1

駒形−伊勢崎




回9450レ

イメージ 2

大平下−岩船

この時間になると、
側面に日が当たらなかったのは誤算でした。



今日は、超激パ撮影で疲れましたが、
好きなEF64の中でも、
国鉄色に戻してピカピカになった37号機を撮れて満足でした。
37号機は、先日2回程「ELよこかわ」にも入りましたが、
やはりヘッドマークが無い方が魅力的です。
今日も、まさかクラブツーリズムのマークが付いたりしないかと、
チョッとドキドキしながらの待ち時間でした。


.

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事