「ラーツー日和」

お湯を沸かして、まったりと行きましょうw

SAMBAR

[ リスト | 詳細 ]

原著作者の快諾なく、複製・送信・切除・転載等する行為は著作権法により禁止されていますよ。
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

車検に向けて、またまたサンバー君ねたです(*^_^*)

先週、無事にブレーキOILの交換が出来ましたので、
今回はエンジン関係の消耗品の・・・
エアークリーナーエレメントを交換したいと思います\(^o^)/
イメージ 1

ボンネットみたいなもんですねw
イメージ 2

めったに開けないので、埃だらけです(>_<)
イメージ 3

2年前の車検の時以来開けますw
イメージ 4

各角の4か所で固定されてます
イメージ 5

エアークリーナーケース アッパーカバーとインシュレーターパイプを
めている
イメージ 6

パカッ!
イメージ 7

兵庫スバルでお世話になってます(*^_^*)
イメージ 8

スバルはホンダみたいに中国製を採用しないでね!
イメージ 9

白いね〜(*^_^*)
イメージ 10

フィルターの吸う側です(*^_^*)
イメージ 11

4年間 16,000km使用してこんな感じです(>_<)
イメージ 12

サンバーのカスタム好きな人はOILキャッチタンク付けているので・・・
さぞかしベトベトと思っていましたが、全然綺麗でした(*^_^*)
イメージ 13

キッチンペーパーにパーツクリーナーを一吹きして・・・
イメージ 14

エンジンの熱も入ってますので、しっかりと掃除します
イメージ 15

新品のフィルターはめて、後は逆の手順で元に戻して完成です(*^_^*)
イメージ 16

装着後は、エンジンOILも換えたので・・・
いつも以上に、吹けあがりが軽く感じました(*^_^*)

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

とっくの昔に明けてしまいましたが、おめでとうございます。
公私ともに激動の幕開けの新年でしたが・・・
今年も細く末長く宜しくお願いいたしますm(_ _)m

さて早速今回のお話(*^_^*)
来月は我が家の人気者のサンバー君が車検を迎える事に成りました。
2年前の車検はエンジンオイルの交換のみで通したので・・・
今回はじっくり整備を行います
イメージ 2

前回交換しなかったので、ブレーキオイルが確実に劣化してます
イメージ 1

仕事仲間の友人に、T島さんと言う自動車整備のお店を
経営しておられる方がいまして・・・
知り合いになった切っ掛けに、サンバー君のブレーキオイル交換を依頼
しようと相談したのですが・・・
「ガタピシさんなら自分で出来ますよ!」っと背中お押されましたw
何でもやりたい私なので、作業のコツをご教授頂き、
今週の公休日に早速作業を開始しました(*^_^*)

先ずはホイールを外してウマ掛けをしないといけません
手持ちの油圧ジャッキとウマで何とか出来るでしょうか?
先ずはサンバー君の取説で予習です
イメージ 3

先に・・・
イメージ 4

ジャッキアップポイントにウマを掛けるので
それ以外で持ち上げられそうなポイントを検討して
ここにしました(*^_^*)
イメージ 5

リアメンバーを固定している部分ですが、ボルトが傷まない様に
圧手のゴムシートで養成してジャッキアップしました
イメージ 6
木の板でかさ上げしました(*^_^*)

普段CB750が地震の時に倒れ無い様に固定式のスッテップに引っ掛けているウマが
初めて本来の使い方で使用されました\(^o^)/
イメージ 7

問題なさそうなので・・・
イメージ 8

お〜っ(((( ;゚Д゚)))))))
イメージ 9
初めてウマ掛け出来ました\(^o^)/

電動インパクトレンチで・・・
イメージ 10

そう言えば車もバイクも、SOHCの4気筒ですね(>_<)
イメージ 11
良く考えたら、ハンター君もSOHCですw
今時所有しているマシンが一台もDOHCじゃ無いなんて・・・

準備も出来ましたので、早速ブレーキオイル交換作業です
リアのドラムブレーキの裏側です
順番として、マスターシリンダーから一番遠い場所からスタートです
左後→右後→左前→右前 と作業します

先ずは左後ろのドラムブレーキです
イメージ 12
鏡を使って撮影しました

ニップルを緩めた時にネジの部分からエアーが入らない様に・・・
イメージ 13

一人で作業をする時には、ワンウェイバルブが必需品です(*^_^*)
そしてニップルを緩め過ぎると、それもエアー混入の原因になるので・・・
イメージ 14
ワイヤーで調整しました

ブレーキオイルのタンクが少し奥まっているので・・・
イメージ 15
幅広の輪ゴムを巻いて、抜け防止にしました

しかし・・・
イメージ 16

ヒートガンで炙って修正して・・・
イメージ 17

上手く行くかな・・・
イメージ 18
自動オイル補充器を導入しようかと迷いましたが・・・
これで十分でした(*^_^*)

ブレーキペダルは足を使わず手でゆっくりと押しました
イメージ 19

次のブレーキに移行する時に、圧が掛かっていた方が良いかと思い・・・
イメージ 20

左後ろ上手く行ったみたいなので、右後ろに移行します
イメージ 21

リア側が出来ましたので、後輪のタイヤを装着して・・・
イメージ 22

フロント・ブレーキはニッシンのキャリパーでした(*^_^*)
イメージ 23

富士重工時代のサンバー君は・・・
イメージ 24

無事作業も終わり、エンジン掛けてブレーキテスト!
イメージ 25
エアーの混入も無く、作業前と変わらないブレーキタッチです\(^o^)/

産まれて初めて、四輪のブレーキオイル交換をしました!
ガタピシ的には整備スキルがかなり上がった気がしました(>_<)

次回はエアアークリーナーのエレメント交換をします
「ラーツー日和」と言うより、「メンテナンス日和」に成ってますねw
そんな感じですが、今年も宜しく!

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

おはようざいます(*^_^*)
昨年、アップ出来ていない記事が溜まってますので季節はずれな
格好で写ってますが、気にしないで下さいね(>_<)

今までサンバー君にハンター君を載せる時、助手席のシートを倒せる様に
右側用のホイールチョックを使って載せていましたが
パーキングで助手席倒して仮眠しようと思っても中々寝つけない(>_<)
ドライバーを含め、重量物が全て右側に寄っているのも
スバリストとしては、車両重量バランスにも拘りたい・・・
イメージ 4

そこで、左側用のホイールチョックを買ってみました
イメージ 1

右側用はドライバーのスペース確保の為、ハンター君を車体に対し
リアを振らないと載りませんでしたが・・・
イメージ 2

右側にもサイドスタンドがあるので助かります\(^o^)/
イメージ 3
右にミニトレ、左にハンターで出先で乗り換えなんてのも出来ますねw
ミニトレのレストアは、ぜんぜん進んでませんが・・・orz

荷物の積み下ろしに便利なので・・・
イメージ 5

蓋を個数分作りました(*^_^*)
イメージ 6

ここにエアーマットのサーマレストを挽くと・・・
イメージ 7

では早速、ゴロンとさせていただきます(*^_^*)
イメージ 8

助手席にチビが乗って、ガタピシが荷室でゴロンとしたい時
荷物とハンター君の間に足を突っ込み、無理な体勢で寝てましたが・・・
イメージ 9

今回のカスタム、自己満足度が高いです\(^o^)/

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

愛車のサンバー君トランスポーター
時間は固定ですが一応、間欠ワイパーが付いています。
しかし雨量によっては当然タイミングが合わない場合が多いです
このモヤモヤを解決する素敵な純正オプションがありました\(^o^)/
イメージ 1

ちょっと昭和の雰囲気たっぷりなパッケージです(*^_^*)
イメージ 2

作業がしやすいように、ステアリングを外します
イメージ 3

思っていたより大きい部品です
イメージ 4

このスペースに取り付けます
イメージ 5

時間調整ノブを出す為に穴を明けます(*^_^*)
イメージ 6

先ずはピンバイスで・・・
イメージ 7

続いてリーマーで任意のサイズまで慎重にグリグリします(>_<)
イメージ 8

SUBARU ロゴが嬉しいポイントです(*^_^*)
イメージ 9

付属の配線図と格闘しながら・・・
イメージ 10
単純なのですが、電気は苦手なので苦戦しました(>_<)

装着完了です(*^_^*)
イメージ 11
良い天気が続いていたので、動作シーンの写真が無いのです(>_<)

実の操作は、ステアリング横の本来のワイパースイッチはOFFのまま・・
コントローラーのノブを動かすとワイパーが動きます
イメージ 12

コントロールできる時間は無段階かと思ってましたが・・・
実際は、2・5・10・20秒位の4段階位ですかね〜(*^_^*)

ウオッシャーや連続動作LOW & HI は
本来の車体スイッチレバーで操作します

これは予想通り、雨の日のドライビングも楽しくさせる
なかなか良い純正オプションパーツです(*^_^*)

他社でも使えると思いますので、エブリィちゃんにもいかがですか?

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

サンバー君の自己満カスタムまだまだ続きます(*^_^*)

パーキングで休憩する時、軽トラサンバーの場合、シートが倒せませんので、
助手席側に足を向けて仮眠する事に成りますよね。
当然サイドブレーキのレバーが上がっていますので足に引っ掛かります(>_<)
イメージ 1

今回は、超マニアックなパーツです。
赤帽サンバーはパーキングブレーキを利かせたまま、
ブレーキレバーのみ下におろす事が出来るギミックが付いた
スペシャルパーツが標準装備です(*^_^*)
イメージ 2

これを購入当初から付けたいと思っていましたので、
ご相談パーツになってから後悔するより、買ってから後悔しようと思いやっちゃいました
早速作業開始です(>_<)
イメージ 3

作業しやすい様にシートを取っ払いました
イメージ 4

サービスマニュアル持っていませんので、適当に作業開始です(*^_^*)
イメージ 5

シートロックレバーの横にもタッピングビスがありました
イメージ 6

ついでに大掃除です(*^_^*)
イメージ 7

ステアリングをMOMOに替えてますので、エアバックは有りませんが・・・
イメージ 8
なんだか危険な香りがします(>_<)

エアバックコントロールユニットをずらさないと、レンチが掛けれません
イメージ 9

このワイヤーがパーキングブレーキに繋がっています
イメージ 10

結構、凝った作りになってますね(*^_^*)
イメージ 11

出来るだけ元の感覚に近付けたいです
イメージ 12

鉄の塊で頑丈そうです(>_<)
イメージ 13

逆の手順で戻して行きます
イメージ 14

ブレーキレバーの引き代は・・・
イメージ 15

無事、付きました(*^_^*)
イメージ 16

センターコンソールを戻し・・・
イメージ 17

このコーションラベルが渋い(>_<)
イメージ 18

ここはガタピシチューンです(*^_^*)
イメージ 19

通常モードは当然こんな感じですが・・・
イメージ 20
実際シートべルトの受け側も結構邪魔なんですよ(>_<)

休憩モードです(*^_^*)
サイドレバーを上に引いた状態から、
下のグレーのボタンを押すと▪▪▪
パーキング・ブレーキが効いた状態で
サイドレバーだけを下げる事が出来ます。
イメージ 21
この時イグニッションONの場合、メーター内のパーキングブレーキは
赤く点灯しています(*^_^*)

パーキングブレーキ解除は、一旦サイドレバーを引き上げ 
普通にサイドレバー側の親指ボタンを押して下げれば
パーキング・ブレーキが解除となります。

ハンター君の副変速機並み仕様頻度は低いと思いますが・・・
自己満足度はかなり高いです\(^o^)/

ナナハン載せたら多分後ろでは寝れないでしょうから、
このパーツが役立つ日が多分来ると思います。

今のダイハツOEM赤帽サンバーにも付いてるのかな〜?

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事