全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全469ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログの引っ越し


Yahooブログが年内で終了となるので今から引っ越しをしました。

FC2ブログにしました。今後は以下のURLの所に記載します。

ブログの名称は変わりません。木彫りと蕎麦と水墨画です。

名前はgation55からgation70にしました。


よろしければ、ここにアクセスしてください。

今まで大変お世話になりありがとうございました。

又お会いできる事を期待致します。


三春の滝桜に感動

会津若松から三春の滝桜をみた。これはもう素晴らしい。

大駐車場から入場料を払って徒歩5分くらいだろうか、途中に売店が

並んでいる。

イメージ 1

イメージ 3



イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
幹が又凄い。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
青空に映える桜の花に誰もが感嘆の声をあげていた。

いやあ来て良かった。今年は新宿御苑、千鳥ヶ淵、泉岳寺、千本桜

親水公園、とみてきたが、滝桜は別格である。圧巻だ。

今はFC2でも書いているが旨く描けていない事もありしばらくは

続けていくつもりだ。


訪ねてみてください。

会津若松鶴ヶ城

喜多方から会津若松へ戻って鶴ヶ城へ。

こちらは桜はまだ蕾だった。2分咲きくらいだろうか。この城へ来たのは

3度目か。一度も天守閣へは登っていない。今回も妻の膝が悪いので

諦めた。きっと急な階段だろうから。

城の周囲をぐるっと歩いて見学する。素晴らしい城だ。
イメージ 1

イメージ 2

色々な物を売る売店が並んでいた。
イメージ 3

イメージ 4
石垣も見事だ。
イメージ 5
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
どこから見ても絵になる。

桜の蕾も大きく膨らんでいる。
イメージ 11

イメージ 12
歴代の城主の紋所だという。

一か所駐車場の近くの桜だけが満開だった。寒桜だろうか。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
見事だった。明日の滝桜もどうか咲いていてくれと祈るばかりだ。








14,15日と一泊で会津を訪ねる旅に出かけた。

何回か分けてその出来事を書いてみたい。朝早く家を出て東北道で

会津坂下まで何回か休憩を取りながら行く。何しろ長旅なので休憩は

重要だ。羽生で休み、那須高原で休み一気に山都へ。

ここの蕎麦資料館で蕎麦打ち体験をやったことがあった。教えてくれる

おばちゃんが見事だったのを覚えている。上手かったのだ。

イメージ 1

朝飯は羽生でかき揚げ蕎麦を。これが期待に反して旨かった。

かき揚げも妻と半分にして頂いたが旨かった。

山都へは10時半には着いた。

イメージ 2
この建物は蕎麦伝承館という食堂。資料館では蕎麦打ち体験ができる。

予約制だ。受付の女性に昔体験をやったがその時の講師のおばちゃん

が非常に上手かったというと、その方はまだやっていますという。

今日は予約が無いのでおりませんと。資料館は入場料が今はただだ

ゆっくり見て、伝承館で蕎麦を頂く予定でいたがふと昔食べた宮古の

蕎麦を思い出した。ここでは蕎麦粉を2キロ求めた。

駐車場から宮古のいしいのそば、に電話を入れる。

やっと出たあ相手は若い声だ、今日食べられるという。

一杯700円でお願いする。

ここから30分くらいだ。11時に到着したが店はむかしのままだ。
イメージ 3

入口の扉は閉まっている。鍵がかかっている。叩いてから声をかけた。

すると、丸顔の若い優しそうな顔をした店主が出てきた。

さっき開けて置いたつもりが、閉まっていましたという?

中に入ると勿論客はいない。部屋は昔のままだ。30年前にタイムスリップ

する。
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

メニューは2種類だけだった。
イメージ 8

昔は3500円くらいで天ぷらやらイワナの塩焼きと蒟蒻が付いていた。

しかも蕎麦は食べ放題だった。今は一人なので天ぷらは無しだという。

蒟蒻がとてつもなく旨かったので、追加でお願いした。
イメージ 9
まずこれが出された。次に蒟蒻の刺身が。
イメージ 10

イメージ 11

この柔らかさは凄い。口に入れると溶けるようだ。これを目当てに来る

人もいるらしい。今日は残り2食というので買い占めた。

そして蕎麦が、勿論水蕎麦仕様。
イメージ 12
水が旨いのでこれでもいいのだがやはりそばつゆに付けて頂く。

水により汁が薄まるのが困る。以前よりも細切りだ。もう少し中太がいい

店主の方とお話をしたら、3年前に此処の初代の爺様は亡くなったという。

おばあちゃんはもっと前に亡くなり長男は今は埼玉でお店をやっている

という。私は埼玉まで行ってきたよ、というと驚いていた。

あの人は私の叔父になります、私は先代の孫ですと。

今は一人でやっているので天ぷらも出来ない、お客も減ったので困って

いるとも。独り身で苦労しているようだ。日曜日でも我々のほかに客は

無い。旨い蕎麦なのに何とか続けてほしいものだ。道は大分良くなって

いた。懐かしいお店に又出会えた。お孫さんに行き会えた。

ここから日帰り温泉のいいでの湯に向かう。

昔渓流釣りに来た時に泊まった所だ。今日は泊まらない。
イメージ 13
公共施設なので入浴料も500円と安い。

山奥なのでお客も少ない。のんびりできる。道路を挟んで清冽な渓流が

流れている。雪解け水なので流量は多い。

温泉は3個の浴槽があり千室は種類だ。熱くて非常に良い温泉だ。
イメージ 14
イメージ 15

イメージ 16

あちこちに蕗の薹が出ていた。

いい湯だった。ここから会津若松市まで戻るが途中喜多方市を通る。

喜多方ラーメンは以前食べて、又東京でも食べていい思い出が無い。

だからラーメン館に寄って、試食をするだけにした。
イメージ 17

試食を頂く。
イメージ 18
お!これは旨い。これなら食べられる。だが土産に買う事はなかった。

30年前に頂いたときは煮干しの味が強すぎてラーメンの感じがしなかった

何人かの仲間も全く同じ意見で不味いという結果だった。

色々なお店が有るのでとも思ったが現地の人の紹介で行って結構

繁盛店だったのだ。今は味の改善がなされたのだろうか。

いい事だ。

この記事は本来はFC2ブログで書くつもりだったが、画像の挿入が

どうもうまくできない。仕方なくYahooブログで書いている。

一体いつになったら移行できるのやら。困ったものだ。

写真のアルバム管理がどうやるのか解らないのだ。



FC2で画像を載せる

ブログを移行するに四苦八苦だ。

適当にテンプレートを決めて画像を入れた。写真の大きさを丁度良い

大きさにしたい。文字の大きさも今は自由にできない。

しかし段々にできるようになりそうだ。

今は両方に投稿している。

同じブログタイトルでやっているが名前アイコンはgation70にした。

https://gation70.blog.fc2.com/ここにアクセスすればとびます。

今後ともよろしくお願いいたします。

全469ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事