ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

その日にあった歴史上の出来事についていろいろと書いています!

イメージ 1

 今日は、明治時代後期の1896年(明治29)に、北京において「日清通商航海条約」が締結された日です。
 この条約は、日清戦争(1894〜95年)後の1895年(明治28)4月17日に調印された「日清講和条約(下関条約)」の第6条の規定により、1896年(明治29)7月21日に北京において調印し、同年10月20日に批准書を交換して、10月28日に発効したものでした。
 全29条からなり、貿易における日本への待遇を欧米と同等とする(第9条)、日本に対し領事裁判権を認める(第22条)、条約改訂は批准書交換より10年後以降に提議でき、提議より半年以内に合意が成立しなければ、自動的に10年間延長されてその期間改訂できない(第26条)など、日本に有利な不平等条約となります。これによって日本は領事裁判権、協定関税、最恵国待遇など欧米列強と同様の条件を獲得し、以降の中国侵略の足場を築きました。
 さらに、1900年(明治33)に中国で起こった義和団の乱に、清国が列強に敗北した結果、北京議定書が結ばれますが、これをもとに、1903年(明治36)10月8日に、上海において、全13条からなる「日清追加通商航海条約」が締結されました。ここでは、日本人と清国人の共同経営事業(第4条)、日本人の商標・著作権保護(第5条)、清国の貨幣制度・度量衡統一義務(第6・7条)・日本の清国司法改革支援と達成後の治外法権撤廃義務(第11条)が定められ、いっそう日本に有利なものとなります。
 その後、1919年(大正8)5月4日から起こった「五・四運動」で、中国国民の反帝運動が盛んとなるとこの条約の改訂もしくは廃棄が主張されるようになり、1926年(大正15)10月以降中国政府から撤廃の要求が起こりました。
 1928年(昭和3)7月19日に中国政府は廃棄を通告、日本は条約改訂を認め、紆余曲折を経て、1930年(昭和5)5月6日に「日華関税協定」に調印しましたが、中国の関税自主権が回復されたにとどまります。

〇「日清講和条約(下関条約)」とは?

 明治時代後期の1895年(明治28)4月17日、日清戦争で日本が清国に勝利したことにより、山口県赤間関市(現在の下関市)の春帆楼での講和会議を経て、調印された条約です。
 正式名称は日清講和条約で、下関条約、馬関条約とも言われましたが、同年の5月8日に批准書が交換されて発効しました。
 その内容は11ヶ条がらなり、(1)朝鮮の独立承認、(2)遼東半島・台湾・澎湖諸島の割譲、(3)軍費賠償金2億両(約3億円)の支払い、(4)欧米諸国が中国にもつ通商上の特権を日本に認める新条約の締結などとなっています。
 尚、調印直後にロシア、ドイツ、フランスのいわゆる三国干渉がなされ、日本は遼東半島を清国に還付しました。

☆「日清通商航海条約」関係略年表

・1894年(明治29)7月25日 日清戦争が勃発し、「日清修好条規」が破棄される
・1895年(明治28)4月17日 日本の勝利による「日清講和条約(下関条約)」が調印される
・1896年(明治29)7月21日 北京において全29条からなる「日清通商航海条約」が締結される
・1896年(明治29)10月20日 「日清通商航海条約」の批准書が好感される
・1896年(明治29)10月28日 「日清通商航海条約」が発効する
・1900年(明治33)6月20日 中国で義和団の乱が起こる
・1901年(明治34)9月7日 清国と列強の間で「北京議定書」が結ばれる
・1903年(明治36)10月8日 上海において全13条からなる「日清追加通商航海条約」が締結される
・1919年(大正8)5月4日 「五・四運動」が起こる
・1926年(大正15)10月 中国政府が条約改訂を日本側に打診する
・1928年(昭和3)7月19日 中国政府は「日清通商航海条約」の廃棄を通告する
・1930年(昭和5)5月6日 「日華関税協定」が調印され、中国の関税自主権が回復される

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、明治時代後期の1907年(明治40)に、福岡県田川郡弓削田村(現在の糸田町)にあった豊国炭鉱(ほうこくたんこう)で、明治期最悪の被害(死者365人)を出した炭鉱爆発事故の起きた日です。
 この日の朝5時に、坑内でガス爆発が起こり、黒煙が渦巻き、爆風が起きて飛ばされ、坑口より約480mの処の断層はほとんど全部墜落しました。当時入坑していた抗夫471人の内、30数人は逃げ出したものの、死者365人、負傷者71人を出すという明治期最悪の大惨事となります。
 この炭鉱では、8年前の1899年(明治32)6月15日にも、死者213人を出すガス爆発事故があったところでした。

〇豊国炭鉱とは?

 福岡県田川郡糸田町に明治時代前期から昭和時代中期まであった炭鉱です。筑豊炭田の中の炭鉱として、1879年(明治12)に山本貴三郎が糸田鉱区6万坪の許可を受け、1887年(明治20)には平岡浩太郎、山本貴三郎及び磯野小右衛門の所有となりました。
 1890年(明治23)に本格的に操業を開始しましたが、1899年(明治32)6月15日 にガス爆発事故を起こし、死者210人を出し、1908年(明治34)には平岡浩太郎の専有となります。
 しかし、1907年(明治40)7月20日にも、明治期最悪のガス爆発事故を起こし、死者365人を出しましました。
 この事故で資本出資していた三井が撤退、安川敬一郎の明治鉱業(株)が引き継ぎます。1939年(昭和14)6月に、赤池鉱業所の管下に置かれましたが、1944年(昭和19年)2月に再び独立の鉱業所となりました。
 太平洋戦争後も活況を呈しましたが、1960年代以降のエネルギー革命により、石炭から石油へと移行する中で石炭産業は衰退し、1962年(昭和37)9月29日で閉山となります。

☆日本の主な炭鉱事故

・1899年6月15日 豊国炭鉱(福岡県)爆発事故[死者・行方不明者210人]
・1907年7月20日 豊国炭鉱(福岡県)爆発事故[死者・行方不明者365人] 明治期最悪の事故
・1909年11月24日 大之浦炭鉱(福岡県)爆発事故[死者・行方不明者243人]
・1912年4月29日 北炭夕張炭鉱(北海道)爆発事故[死者・行方不明者276人]
・1912年12月23日 北炭夕張炭鉱(北海道)爆発事故[死者・行方不明者216人]
・1913年2月6日 二瀬炭鉱(福岡県)爆発事故[死者・行方不明者101人]
・1914年11月28日 新夕張炭鉱(北海道)爆発事故[死者・行方不明者423人]
・1914年12月15日 方城炭鉱(福岡県)爆発事故[死者・行方不明者687人] 日本の近代史上最悪の事故
・1916年 東見初炭鉱(山口県)海水流入事故[死者・行方不明者235人]
・1917年12月21日 大之浦炭鉱(福岡県)爆発事故[死者・行方不明者376人]
・1920年6月14日 北炭夕張炭鉱北上坑(北海道)爆発事故[死者・行方不明者209人]
・1927年3月27日 内郷炭鉱(福島県)坑内火災[死者・行方不明者136人]
・1935年5月6日 大倉鉱業茂尻炭鉱鉱慶三坑(北海道)爆発事故[死者95人]
・1938年10月6日 北炭夕張炭鉱天竜坑(北海道)爆発事故[死者・行方不明者161人]
・1939年1月21日 筑豊炭田貝島大之浦炭鉱東三坑(福岡県)爆発事故[死者92人]
・1941年3月18日 美唄炭鉱(北海道)爆発事故[死者・行方不明者177人]
・1943年2月3日 長生炭鉱(山口県)海水流入事故[死者・行方不明者183人]
・1944年5月16日 美唄炭鉱(北海道)爆発事故[死者・行方不明者109人]
・1958年9月25日 池本鉱業大昇炭鉱(福岡県山田市)ガス爆発[死者14人]
・1960年 豊州炭鉱(福岡県)落盤[死者・行方不明者67人]
・1960年2月1日 北炭夕張炭鉱(北海道夕張市)ガス爆発[死者42人]
・1961年 上清炭鉱(福岡県)坑内火災[死者71人]
・1961年 大辻炭鉱(福岡県)坑内火災[死者26人]
・1963年11月9日 三井三池炭鉱(福岡県大牟田市)爆発事故[死者458人] 太平洋戦争後最悪の事故
・1965年 北海道炭砿汽船夕張鉱業所(北海道夕張市)爆発事故[死者・行方不明者61人]
・1965年6月1日 三井山野炭鉱(福岡県嘉穂郡稲築町)爆発事故[死者・行方不明者237人]
・1970年 三井芦別炭鉱(北海道芦別市)ガス爆発事故[死者5人・重軽傷者7人]
・1972年11月2日 石狩炭鉱石狩鉱業所(北海道空知郡奈井江町)ガス爆発事故[死者31人]
・1977年5月12日 三井芦別炭鉱(北海道芦別市)ガス爆発事故[死者25人・重傷者8人]
・1981年10月16日 北炭夕張新炭鉱(北海道夕張市)ガス突出・爆発事故[死者は93人]
・1984年1月18日 三井三池炭鉱有明抗(福岡県三池郡高田町)坑内火災[死者83人]
・1985年5月17日 三菱南大夕張炭鉱(北海道夕張市)爆発事故[死者62人]

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、1864年(元治元)に、京都で蛤御門の変(禁門の変)が起きた日ですが、新暦では8月20日となります。
 これは、長州藩と朝廷を固める会津藩、薩摩藩らの諸藩の間で起きた武力衝突事件で、禁門の変(きんもんのへん)とも呼ばれました。
 攘夷主義を掲げて朝廷に支配的影響力を有していた長州藩は、1863年(文久3年8月18日)に起きた政変(八月十八日の政変)によって、禁門警備の任を解かれ、藩主が処罰され、公武合体派の会津藩や薩摩藩らの諸藩兵により京都を追われます。
 その失地回復を図っていた1864年(元治元年6月5日)に池田屋事件が起こり、多数の攘夷派志士が新撰組のため殺害、逮捕されました。
 これに激高した長州藩では、真木和泉らの急進論が抑えられなくなり、3人の家老が藩兵を率いて上京し、藩主の冤罪を帝に訴え、京都守護職の追放を目指します。とうとう、1864年(元治元年7月18日)夜に御所を目指して突入し、朝廷警備に当たっていた京都守護職松平容保の率いる薩摩・会津連合軍との戦闘に至りました。
 しかし、蛤御門(京都御所外郭西側の門)の激戦で長州勢は完敗し、来島又兵衛は戦死、久坂玄瑞、真木和泉らは自刃するなど急進的指導者の大半を失うこととなり、京都市中も戦火により約3万戸が焼失します。
 これを機に、長州藩は朝敵とされ、江戸幕府の第一次長州征伐が行われることになりました。

〇蛤御門の変(禁門の変)関係略年表(日付は旧暦です)

<1863年(文久3)>
・8月18日 政変により長州藩は禁門警備の任を解かれ、藩主が処罰される(八月十八日の政変)
・8月19日 失脚した公家のうち三条実美、三条西季知ら7人は禁足を破り長州へと下る(七卿落ち)

<1864年(元治元)>
・6月5日 京都で池田屋事件が起こり、多数の攘夷派志士が新撰組のため殺害、逮捕される
・7月19日 京都で蛤御門の変(禁門の変)が起き、長州藩が敗れる
・7月23日 朝廷は幕府へ対して長州追討の勅命を発する
・10月22日 大坂城にて長州征伐軍は軍議を開催する
・11月2日 禁門の変で上京した三家老の切腹と四参謀の斬首、五卿の追放の降伏条件が出される
・12月5日 長州藩から総督府へ藩主父子からの謝罪文書が提出される
・12月27日 長州征伐軍は解兵令を発する

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、鎌倉時代の1204年(元久元)に、鎌倉幕府第2代将軍源頼家(みなもと の よりいえ)が謀殺された日ですが、新暦では8月14日となります。
 源頼家は、1182年(寿永元年8月12日)に、鎌倉比企谷第(現在の神奈川県鎌倉市)において、父・源頼朝と母・北条政子の長男として生まれましたが、幼名は万寿と言いました。
 1195年(建久6)に父・頼朝と母・政子に伴われて、上洛して参内し、頼朝の後継者としての披露が行われ、1197年(建久8)には、従五位上右近衛権少将に叙任されます。
 1199年(正治元)父頼朝の急死により、数え年17歳で家督を継ぎ、1202年(建仁2)に征夷大将軍に任じられました。しかし、北条氏の意向で有力御家人13人による合議制がしかれ、実権は北条氏が掌握することになります。
 翌年には、病を理由に、関東28ヶ国の地頭職および総守護職を子一幡に、西国38ヶ国の地頭職を弟千幡(後の源実朝)に譲らされました。
 同年9月に舅比企能員と謀って北条氏討伐を企てましたが失敗し、比企氏は滅ぼされ、頼家は将軍職を奪われ、伊豆国修禅寺に幽閉されます。
 そして、翌1204年(元久元年7月18日)に、北条氏による刺客によって、21歳の若さで、殺されました。
 その後、北条氏が鎌倉幕府の実権を握り続けることとなります。

〇源頼家関係略年表(日付は旧暦です)

・1182年(寿永元)8月12日 鎌倉比企谷第において、父・源頼朝と母・北条政子の長男として生まれる
・1193年(建久4) 富士の大巻狩りで頼家に鹿を射止めさせる
・1195年(建久6) 父・頼朝と母・政子に伴われて、上洛参内し、頼朝の後継者としての披露が行われる
・1197年(建久8) 従五位上右近衛権少将に叙任される
・1199年(正治元)1月 父頼朝の急死により、家督を継ぐ
・1202年(建仁2)7月 征夷大将軍(鎌倉幕府第2代将軍)に任じられる
・1203年(建仁3)8月 病を理由に、関東28ヶ国の地頭職と総守護職を子一幡に、西国38ヶ国の地頭職を弟千幡に譲らされる
・1203年(建仁3)9月 舅比企能員と謀って北条氏討伐を企てるも失敗し、比企氏は滅ぼされ、頼家は将軍職を奪われ、伊豆国修禅寺に幽閉される
・1204年(元久元)7月18日 北条氏による刺客によって、修善寺において、謀殺される

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、江戸時代後期の1795年(寛政7)に、画家・円山派の祖円山応挙(まるやま おうきょ)の亡くなった日ですが、新暦では8月31日となります。
 円山応挙は、1733年(享保18年5月1日)に、丹波国桑田郡穴太村(現在の京都府亀岡市)の農家で、父・円山藤左衛門の次男として生まれましたが、幼名を岩次郎といいました。
 10代後半に、京都に出て初め狩野派の石田幽汀に入門し、20代には眼鏡絵を描いて透視的遠近法や陰影法を修得します。
 30代初めには写実主義の新進画家として登場し、1766年(明和3)に名を応挙(まさたか)に改め、『岩頭飛雁図』(1767年)、『七難七福図巻』(1768年)などを描きました。
 40代には、なめらかな描線による装飾的要素と写生的要素を巧みに融合、合理的な対象把握を骨格とした優雅な品格をもつ装飾画風を確立し、『雨竹風竹図屏風』 (1776年)、『藤花図屏風』(1776年)などを制作します。
 50代には、『雪松図屏風』(国宝)や大乗寺・金剛寺・金刀比羅宮等の障壁画などの大作を残しました。
 門下に多数の画家が集まり円山派が形成されましたが、『保津川図屏風』を絶筆とし、1795年(寛政7年7月17日)に、京都において、62歳で亡くなりました。
 息子の応瑞や長沢蘆雪、松村月渓などの弟子たちが丸山派として画風を受け継ぎ、明治までの長い間、美術史上の重要な地位を保つことになります。

〇丸山応挙の主要な作品

・『岩頭飛雁図』 1767年(園城寺円満院蔵)
・『七難七福図巻』1768年(相国寺承天閣美術館蔵)国指定重要文化財
・『写生図鑑』1770年〜1772年(千總コレクション蔵)国指定重要文化財
・『孔雀牡丹図』1771年(相国寺承天閣美術館蔵)国指定重要文化財
・『淡彩瀑布図』1772年(相国寺蔵)国指定重要文化財
・『雲龍図屏風』1773年(岐阜・法人蔵)国指定重要文化財
・『雨竹風竹図屏風』 1776年(円光寺蔵)国指定重要文化財
・『昆虫写生帖』 1776年(東京国立博物館蔵)
・『藤花図屏風』1776年(根津美術館蔵)国指定重要文化財
・『雪松図屏風』 1785年以後(三井文庫蔵)国宝
・襖絵『郭子儀図』1787年(大乗寺蔵)国指定重要文化財
・『金剛寺障壁画』1788年(金剛寺蔵)国指定重要文化財
・『見立江口の君図』1794年(静嘉堂文庫蔵)
・『保津川図屏風』 1795年(西村家蔵)国指定重要文化財
・襖絵『孔雀図』 1795年(大乗寺蔵)国指定重要文化財
・『深山大沢図屏風』(仁和寺蔵)
・『四季遊戯図』 (徳川美術館蔵)
・『四季草花図』(袋中庵蔵)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事