ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

その日にあった歴史上の出来事についていろいろと書いています!

イメージ 1

 今日は、昭和時代中期の1949年(昭和24)に、小説家・翻訳家森田草平の亡くなった日です。
 森田草平(もりた そうへい)は、明治時代前期の1881年(明治14)3月19日に、岐阜県方県郡鷺山村(現在の岐阜市)の小地主だった父・森田亀松と母・とくの子とし生まれましたが、本名は米松と言いました。
 高等小学校卒業後、1895年(明治28)に単身上京し、海軍予備校だった攻玉社に入学しましたが、校風が合わず退学し、日本中学校に入学し直します。
 1899年(明治32)に卒業後、第四高等学校を経て、第一高等学校で学び、卒業後に東京帝国大学英文科に1903年(明治36)入学しました。在学中に書いた『仮寝姿』(1903年)が認められて小説家を志し、夏目漱石に師事し、大学卒業後は、1907年(明治40)に漱石の紹介で天台宗中学(現在の駒込中学校・高等学校)の英語教師となったものの、半年で辞めます。
 翌年、平塚らいてうと心中未遂事件を起こし、この体験をもとにした『煤煙』を「東京朝日新聞」に連載して話題を呼びました。その後、「朝日新聞」の文芸欄を担当、自然主義に対抗する評論を発表し、一方で、小説『初恋』(1911年)、『十字街』(1912年)の執筆や『野鴨』(イプセン作)、『悪霊』(ドストエフスキー作)などの翻訳に携わります。
 1920年(大正9)に法政大学教授となり、自伝的な長編『輪廻』(1923〜25年)を経て、『吉良家の人々』(1929年)などの新解釈の歴史小説を発表しました。しかし、1934年(昭和9)の法政大学内の紛争によって、翌年に大学を去ることになります。
 太平洋戦争中は、評伝『夏目漱石』全2冊(1942〜43年)を刊行、戦後は歴史小説『細川ガラシャ夫人』(1949〜50年)を出しました。
 しかし、1949年(昭和24)12月14日に、疎開していた長野県下伊那郡阿智村の長岳寺の離れで、69歳で亡くなっています。

〇森田草平の主要な著作

・『仮寝姿』(1903年)
・小説『煤煙』全4冊(1909〜13年)
・翻訳『野鴨』イプセン作
・翻訳『悪霊』ドストエフスキー作
・翻訳『カラマゾフの兄弟』ドストエフスキー作
・翻訳『死せる魂』ゴーゴリ作
・小説『初恋』(1911年)
・小説『十字街』(1912年)
・小説『輪廻(りんね)』(1923〜25年)
・歴史小説『吉良家(きらけ)の人々』(1929年)
・歴史小説『豊臣秀吉』(1941〜42年)
・評伝『夏目漱石』全2冊(1942〜43年)
・歴史小説『細川ガラシャ夫人』(1949〜50年)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、昭和時代後期の1969年(昭和44)に、小説家・演出家獅子文六の亡くなった日です。
 獅子文六(しし ぶんろく)は、1893年(明治26)7月1日に、横浜市中区月岡町(現在の横浜市西区老松町)で、絹織物商「岩田商会」を営んでいた父・岩田茂穂、母・あさじの長男として生まれましたが、本名は岩田豊雄と言いました。
 9歳で父を亡くし、慶應義塾普通部を経て、慶應義塾大学理財科予科に進みます。1913年(大正2)に中退し、1920年(大正9)に母が亡くなり、一人暮らしを始めました。
 1922年(大正11)に渡仏し、パリ滞在中にJ.コポーらの近代演劇運動に触発されて、演劇の道を志します。1925年(大正14)に帰国、「近代劇全集」などの翻訳を行うかたわら、1927年(昭和2)に新劇協会に入会して演出家となりました。
 1933年(昭和8)に明治大学講師となり、同年『東は東』、翌年『朝日屋絹物店』などの戯曲を発表ししつつ、獅子文六の筆名で『新青年』に長編小説『金色青春譜』を執筆します。1937年(昭和12)に久保田万太郎、岸田国士とともに劇団「文学座」を創立して以来、同座幹事として発展に尽力しました。
 一方で、小説『悦ちゃん』(1936〜37年)、『信子』(1938〜40年)、『南の風』(1941年)など、ユーモアと風刺に富む健康な作品を発表して流行作家となります。
 太平洋戦争中の小説『海軍』で朝日文化賞を受賞しましたが、戦後に「戦争協力作家」として、追放の仮指定されたものの、1ヶ月半後に解除されました。
 以後小説『てんやわんや』(1948〜49年)、『自由学校』(1950年)、『大番』全3巻(1956〜58年)など戦後風俗を軽妙な筆致で描いた小説で人気を得ます。また、『娘と私』は1961年(昭和36)にNHKで『連続テレビ小説・娘と私』としてテレビドラマ化され、話題となりました。
 1963年(昭和38)に日本芸術院賞受賞、1964年(昭和39)に芸術院会員、1969年(昭和44)に文化勲章受章と数々の栄誉に輝きましたが、1969年(昭和44)12月13日に、東京の自宅において、76歳で亡くなっています。

〇獅子文六の主要な著作

・戯曲『東は東』(1933年)
・戯曲『朝日屋絹物店』(1934年)
・小説『金色(こんじき)青春譜』(1934年)
・小説『悦ちゃん』(1936〜37年)
・小説『達磨(だるま)町七番地』(1937年)
・小説『胡椒(こしょう)息子』(1937〜38年)
・小説『信子(のぶこ)』(1938〜40年)
・小説『南の風』(1941年)
・小説『海軍』(1942年)
・小説『てんやわんや』(1948〜49年)
・小説『自由学校』(1950年)
・小説『娘と私』(1953〜56年)
・小説『大番』全3巻(1956〜58年)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、昭和時代中期の1947年(昭和22)に、「児童福祉法」が公布された日で、「児童福祉法公布記念日」とされています。
 「児童福祉法」は、児童の心身の健全な成長、生活の保障、愛護を理念として、その目的達成のために必要な諸制度を定めた総合的法律で、社会福祉六法の1つとされてきました。
 太平洋戦争後、親や家族、家を失って食べることも儘ならない児童が都市部中心に溢れ、一刻も早く救済・保護することが求められることになります。その中で、1947年(昭和22)5月5日に施行された「日本国憲法」が規定した基本的人権の考え方に基づいて作られました。
 第一特別国会で制定され、1947年(昭和22年)12月12日に法律第164号として公布、翌年4月1日に施行されます。
 「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。」「すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。」(第1条)とされ、そのための国・地方公共団体の責任、児童福祉司などの専門職員、育成医療の給付等福祉の措置、児童相談所、保育所等の施設、費用問題等について定められました。
 その後の社会変化に応じて、度々改正が繰り返され、1997年(平成9)の改正では、親の希望による保育所の選択、年齢に応じた保育費の均一化、2004年(平成16)の改正では児童虐待に対応するための措置が盛り込まれています。

〇「児童福祉法」(抄文)

第一章 総 則

第一条 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。
2 すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

第二条 国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。

第三条 前二条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、すべて児童に関する法令の施行にあたつて、常に尊重されなければならない。

第一節 定 義

第四条 この法律で、児童とは、満十八歳に満たない者をいい、児童を左のように分ける。
一 乳児 満一歳に満たない者
二 幼児 満一歳から、小学校就学の始期に達するまでの者
三 少年 小学校就学の始期から、満十八歳に達するまでの者

2 この法律で、障害児とは、身体に障害のある児童、知的障害のある児童、精神に障害のある児童(発達障害者支援法(平成十六年法律第百六十七号)第二条第二項に規定する発達障害児を含む。)又は治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であつて障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成十七年法律第百二十三号)第四条第一項の政令で定めるものによる障害の程度が同項の厚生労働大臣が定める程度である児童をいう。

第五条 この法律で、妊産婦とは、妊娠中又は出産後一年以内の女子をいう。

第六条 この法律で、保護者とは、第十九条の三、第五十七条の三第二項、第五十七条の三の三第二項及び第五十七条の四第二項を除き、親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護する者をいう。

 (以下略)

       「法令全書」より

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、昭和時代後期の1986年(昭和61)に、歌人宮柊二が亡くなった日です。
 宮柊二(みや しゅうじ)は、大正時代の1912年(大正元)8月23日に、新潟県北魚沼郡堀之内町(現在の魚沼市)の書店を営むの父・宮保治と母・ツネの長男として生まれましたが、本名は肇と言いました。
 堀之内尋常高等小学校から、1925年(大正14)に旧制長岡中学(現在の県立長岡高等学校)に入学、在学中から作歌し、相馬御風主宰の歌誌「木蔭歌集」に投稿をしています。
 卒業後は家業を手伝っていましたが、1932年(昭和7)に上京し、種々の職業を転々としながら、北原白秋に師事して、歌作に磨きをかけ、1935年(昭和10)に『多磨(たま)』創刊に加わり、白秋の秘書となりました。1939年(昭和14)に日本製鐵へ入社、同年応召で中国各地を転戦し、足掛け5年兵士として過ごします。
 太平洋戦争後は、1946年(昭和21)に、処女歌集『群鶏』を刊行、戦後の現実と直面した第二歌集『小紺珠』(1948年)、従軍体験を結晶化した『山西省』(1949年)で戦後短歌の代表歌人となりました。
 1952年(昭和27)に『多磨』を解散、翌年にはコスモス短歌会の代表として、歌誌「コスモス」を創刊し、ここから多くの歌人が輩出します。
 1955年(昭和30)から、「朝日歌壇」の選者となり、1957年(昭和32)に、『定本宮柊二全歌集』で第11回毎日出版文化賞を受賞します。1962年(昭和37)に『多く夜の歌』で第13回読売文学賞、1976年(昭和51)に『濁石馬』で第10回迢空賞、1977年(昭和52)には、全歌業で日本芸術院賞、1983年(昭和58)に日本芸術院会員など、数々の栄誉に輝きました。しかし、1986年(昭和61)12月11日に、東京において、74歳で亡くなっています。
 尚、1992年(平成4)、出生地の新潟県魚沼市に「宮柊二記念館」が開館しました。

<代表的な短歌>

・「戦ひを終りたる身をあそばせて岩むらがれる谷川を越ゆ」
・「一本の蝋(ろう)燃(もや)しつつ妻も吾(あ)も暗き泉を聴くごとくゐる」
・「わが裡(うち)に過ぎし日本のなつかしと赤き燠(おき)見てしばし遊びつ」(日本挽歌)
・「ふるさとは影置く紫蘇も桑の木も一様に寂し晩夏のひかり」

〇宮柊二の主要な著作

・第一歌集『群鶏』(1946年)
・第二歌集『小紺珠』(1948年)
・歌集『山西省』(1949年)
・歌集『晩夏』(1951年)
・歌集『日本挽歌』(1953年)
・歌集『多く夜の歌』(1961年)
・歌集『独石馬』(1975年)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、平成時代の1997年(平成9)に、三木小野IC〜山陽姫路東ICが開通し、山陽自動車道(神戸JCT〜山口JCT)の本線が全通した日です。
 この高速道路は、兵庫県神戸市北区を起点に、岡山県、広島県を経由して山口県山口市へ、および山口県宇部市から同県下関市へ至る高速道路(高速自動車国道)で、日本高速道路公団の分割民営化後は西日本高速道路が管理してきました。
 1972年(昭和47)6月以降国道2号線のバイパス的性格の強い数区間の建設から始まります。1982年(昭和57)3月30日に、竜野西IC(現:龍野西IC)〜備前ICが開通し、山陽自動車道の最初の開通区間となりました。
 その後、順次開通区間を伸ばしていき、1997年(平成9)12月10日の三木小野IC〜山陽姫路東ICの開通によって、山陽自動車道(神戸JCT〜山口JCT)の本線が全通します。
 その他に、1988年(昭和63)に倉敷早島支線(倉敷JCT〜早島IC)、1998年(平成10)に木見支線(三木JCT〜神戸西IC)、2001年(平成13年)に宇部下関線(宇部JCT〜下関JCT)が開通しました。
 中国縦貫自動車道と共に、近畿圏と九州地方を結ぶ重要路線で、本線418.7km、倉敷早島支線3.3km、木見支線9.7km、宇部下関線28.1km、総計459.8kmあり、2002年度(平成14)の総交通量(通行台数)は年間70,605,319台となっています。

〇山陽自動車道関係略年表

<1972年(昭和47)>
・6月 国道2号線のバイパス的性格の強い数区間の建設が開始される

<1982年(昭和57)>
・3月30日 竜野西IC(現:龍野西IC)〜備前ICが開通

<1985年(昭和60)>
・3月20日 広島JCT〜五日市ICが開通

<1986年(昭和61)>
・3月27日 : 徳山西IC〜防府東ICが開通

<1987年(昭和62)>
・2月26日 五日市IC〜廿日市JCTが開通
・3月24日 志和IC〜広島東ICが開通
・12月4日 防府東IC〜山口JCTが開通
・12月10日 広島岩国道路の廿日市JCT〜大野ICが開通

<1988年(昭和63)>
・3月1日 倉敷JCT〜福山東IC、倉敷早島支線の倉敷JCT〜早島ICが開通
・3月25日 広島東IC〜広島ICが開通。
・3月29日 広島岩国道路の大竹IC〜岩国ICが開通
・7月27日 西条IC〜志和ICが開通
・12月7日 広島IC〜広島JCTが開通

<1990年(平成2)>
・3月30日 徳山東IC〜徳山西ICが開通。
・7月31日 山陽姫路西IC〜竜野西IC(現:龍野西IC)が開通
・11月27日 広島岩国道路の大野IC〜大竹ICが開通
・11月30日 河内IC〜西条ICが開通
・12月20日 熊毛IC〜徳山東ICが開通

<1991年(平成3)>
・3月16日 岡山JCT〜倉敷JCT、岡山総社支線(現:岡山自動車道)の岡山JCT〜岡山総社ICが開通
・3月20日 福山東IC〜福山西ICが開通
・3月28日 山陽姫路東IC〜山陽姫路西ICが開通

<1992年(平成4)>
・6月25日 岩国IC〜熊毛ICが開通

<1993年(平成5)>
・3月31日 岡山IC〜岡山JCTが開通
・10月26日 福山西IC〜河内ICが開通
・12月16日 備前IC〜岡山ICが開通

<1996年(平成8)>
・11月14日 神戸JCT〜三木小野ICが開通

<1997年(平成9)>
・3月15日  岡山自動車道の岡山総社IC〜北房JCTの開通に伴い岡山総社支線の岡山JCT〜岡山総社ICを岡山自動車道に編入
・12月10日 三木小野IC〜山陽姫路東ICが開通し、本線が全線開通

<1998年(平成10)>
・4月5日 木見支線の三木JCT〜神戸西ICが開通

<2001年(平成13)>
・3月11日 宇部下関線の宇部JCT〜下関JCTが開通

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事