ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

その日にあった歴史上の出来事についていろいろと書いています!

明治時代

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 明治時代前期の1877年(明治10)に、東京上野公園で第1回内国勧業博覧会が開会された日です。
 内国勧業博覧会(ないこくかんぎょうはくらんかい)は、明治政府が殖産興業政策の一環として開催した国内生産物の博覧会で、明治時代に5回開催されました。第1回は、1877年(明治10)8月21日〜11月30日の102日間、東京の上野公園で開催され、454,168人が入場し、経費122,410円かかっています。
 この博覧会は、1873年(明治6)のオーストリアのウィーン、1876年(明治9)のアメリカのフィラデルフィアなど海外の万国博覧会への参加経験によって、政府や識者に産業振興への博覧会の効用を考えさせ、内務卿大久保利通の建議によって開催の運びとなりました。農商務省が主管し、鉱業及び冶金術、製造物、美術、機械、農業、園芸の6分野において、14,455点が出品され、優秀作には賞牌や褒状が授与されています。
 その後、1881年(明治14年)に第2回(於:東京上野公園・入場者822,395人)、1890年(明治23年)に第3回(東京上野公園・入場者1,023,693人)、1895年(明治28年)に第4回(京都岡崎公園・入場者1,136,695人)、1903年(明治36年)に第5回(大阪天王寺今宮・入場者5,305,209人)と開催されて終了しました。
 これに刺激されて愛知県博覧会(1878年)、三重県博覧会(1880年)、宮城県博覧会(1880年)、京都府博覧会(1882〜83年)などの地方博覧会が相次いで開催され、1884年(明治17)には2府5県で13件、1885年(明治18)には2府6県で9件の博覧会が行われています。

〇内国勧業博覧会一覧

・【第1回】1877年(明治10年)8月21日〜11月30日(102日間)
 於:東京・上野公園―入場者454,168人、出品数14,455点、経費122,410円
・【第2回】1881年(明治14年)3月1日〜6月30日(122日間)
 於:東京・上野公園―入場者822,395人、出品数85,366点、経費276,350円
・【第3回】1890年(明治23年)4月1日〜7月31日(122日間)
 於:東京・上野公園―入場者1,023,693人、出品数167,066点、経費566,500円
・【第4回】1895年(明治28年)4月1日〜7月31日(122日間)
 於:京都・岡崎公園―入場者1,136,695人、出品数169,098点、経費443,303円
・【第5回】1903年(明治36年)3月1日〜7月31日(153日間)
 於:大阪・天王寺今宮―入場者5,305,209人、出品数276,719点、経費1,093,973円

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、明治時代後期の1897年(明治30)に、幕末の土佐藩士・政治家後藤象二郎が亡くなった日です。
 後藤象二郎(ごとう しょうじろう)は、江戸時代後期の1838年(天保9年3月19日)に、土佐国高知城下(現在の高知県高知市)で、土佐藩士の馬廻320石の父・後藤助右衛門、母・大塚氏の子として生まれましたが、幼名は保弥太(のちに良輔)と言いました。少年期に父を失い、義叔父吉田東洋に訓育され、少林塾に学びます。
 1858年(安政5)に、東洋の推挙によって幡多郡奉行となり、1860年(万延元)には、土佐藩の大坂藩邸建築のための普請奉行、1861年(文久元)に御近習目付となりましたが、翌年に東洋が暗殺されると任を解かれました。1863年(文久3)に江戸に出て開成所で英語や航海術を学び、1864年(元治元)に藩政に復帰、翌年には大監察となり土佐勤王党の武市瑞山らを裁きます。
 1866年(慶応2)には参政として開成館事業を運営し、長崎、上海に赴くなどして藩の富国強兵につとめ、坂本龍馬と深く交わるようになりました。翌年、龍馬の提案とされる船中八策に基づいて、公議政体論を唱え、前藩主山内豊信(容堂)に大政奉還を建白させます。
 明治新政府では参与、参議を歴任しましたが、1873年(明治6)に征韓論に敗れ、西郷隆盛、板垣退助とともに下野しました。1874年(明治7)に副島種臣、江藤新平らと愛国公党を組織し、民撰議院設立建白に参画、1881年(明治14)には、板垣退助らと自由党を結成します。
 1887年(明治20)に反政府大同団結運動をおこないますが、のち政府に協力し、1889年(明治22)から逓信大臣、1892年(明治25)から農商務大臣を務めました。しかし、1894年(明治27)に辞任し、心臓病を患って、1897年(明治30)8月4日に、東京において、59歳で亡くなっています。

〇後藤象二郎関係略年表

・1838年(天保9年3月19日) 土佐国高知城下(現在の高知県高知市)で、土佐藩士の馬廻320石の父・後藤助右衛門、母・大塚氏の子として生まれる
・1858年(安政5) 吉田東洋の推挙によって幡多郡奉行となる
・1860年(万延元) 土佐藩の大坂藩邸建築のための普請奉行となる
・1861年(文久元) 御近習目付となる
・1862年(文久2) 吉田東洋が暗殺されると御近習目付の任を解かれる
・1863年(文久3) 江戸に出て開成所で英語や航海術を学ぶ
・1864年(元治元) 藩政に復帰する
・1864年(元治2) 大監察となり土佐勤王党の武市瑞山らを裁く
・1866年(慶応2) 参政として開成館事業を運営し、長崎、上海に赴くなどして藩の富国強兵につとめる
・1867年(慶応3)10月3日 龍馬の提案とされる船中八策に基づいて、公議政体論を唱え前藩主山内豊信(容堂)に大政奉還を建白させる
・1867年(慶応3)10月14日 徳川慶喜が大政奉還を行なう
・1868年(慶応4) 天皇謁見に向かうパークス一行の護衛を勤め、暗殺を防ぐ
・1871年(明治4) 工部大輔、左院議長となる
・1873年(明治6)4月 参議となる
・1873年(明治6)10月 征韓論に敗れ、西郷隆盛、板垣退助とともに下野する
・1874年(明治7)1月 副島種臣、江藤新平らと愛国公党を組織し、民撰議院設立建白に参画する
・1874年(明治7) 政治資金を調達するため商社「蓬莱社」を設立する
・1875年(明治8) 元老院副議長となる
・1881年(明治14) 板垣退助らと自由党を結成する
・1882年(明治15) 井上馨らとの密議により三井家から旅費を引き出し、板垣退助と外遊する
・1887年(明治20)5月9日 伯爵となる
・1887年(明治20) 反政府大同団結運動をおこなう
・1889年(明治22)3月 逓信大臣となる
・1892年(明治25) 農商務大臣となる
・1894年(明治27)1月22日 第二次伊藤博文内閣の農商務大臣を辞任する
・1897年(明治30)8月4日 東京において、59歳で亡くなる

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、明治時代後期の1912年(明治45)に、彫刻家佐藤忠良の生まれた日です。
 佐藤忠良(さとう ちゅうりょう)は、宮城県黒川郡大和町落合舞野に生まれましたが、6歳で父が死去したため、母の実家である北海道夕張で幼少期を過ごしました。旧制札幌第二中学(現在の北海道札幌西高等学校)を経て、1932年(昭和7)に上京し、川端画学校にて学びます。
 1934年(昭和9)に、東京美術学校彫刻科へ入学、在学中の1937年(昭和12)に第12回国画会展に初入選しました。1939年(昭和14)に卒業後、本郷新、舟越保武らと共に新制作派協会彫刻部の創設に参加します。
 1944年(昭和19)に兵役に服し、シベリア抑留を経て、1948年(昭和23)に帰国しました。その後制作活動を再開し、新制作派展で活躍、優れた描写力と豊かな感受性が生み出す造形が高く評価され、戦後の人物彫刻を代表する一人となります。
 1954年(昭和29)に第1回現代日本美術展佳作賞、1960年(昭和35)に第3回高村光太郎賞、1974年(昭和49)に第15回毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞、1975年(昭和50)に第6回中原悌二郎賞、1989年(平成元)に朝日賞など数多くの栄誉に輝きました。日本芸術院会員に推薦され、文化功労者や文化勲章の候補にも選ばれましたが、これら国家の賞を全て辞退しています。
 一方、1966年(昭和41)の東京造形大学創立と共に教授に就任(1986年から名誉教授)し、1981年(昭和56)にはフランスの国立ロダン美術館で日本人初の個展を開催、フランス芸術アカデミーの客員会員に推挙されました。
 また、絵本『おおきなかぶ』の挿絵や絵本原画も手掛けましたが、2011年(平成23)3月30日に、老衰のため東京都杉並区の自宅において、98歳で亡くなっています。
 尚、1990年(平成2)に宮城県美術館に隣接して、佐藤忠良記念館が開館しました。

〇佐藤忠良の主要な作品

<彫刻>
・『群馬の人』(1952年)東京国立近代美術館蔵
・『微風』(1963年)名古屋銀行本店ロビー蔵
・『帽子・夏』(1972年)佐川美術館蔵
・『蒼穹』(1977年)
・『夏の像』(1977年)北海道釧路市の幣舞橋
・『若い女の像』(1984年)
・『蝦夷鹿』
・『雪娘』
・『緑の風』台原森林公園(仙台市)記念広場内
・『支倉常長像』

<絵本>
・『おおきなかぶ』の挿絵

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、明治時代後期の1892年(明治25)に、「鉄道敷設法」(明治25年法律第4号)が制定された日です。
 鉄道敷設法(てつどうふせつほう)は、日本に将来建設すべき鉄道路線を定めた法律でした。日清戦争後の第2次鉄道熱のなかで、主として幹線鉄道から分岐する多数の中小鉄道会社が設立されます。この間、政府は1887年(明治20)に「私設鉄道条例」を制定して認可の手続、会社設立の条件などを規定しつつ、1889年(明治22)に新橋〜神戸間の東海道本線を明治政府の手によって完成させました。その一方で、財源難の政府に代わって、民間資金による鉄道建設が各地で盛んに行われましたが、経営不振で政府に買上げを望むところもでてきます。
 そこで、鉄道庁長官井上勝が1891年(明治24)7月に、「鉄道政略ニ関スル議」を建議し、政府も民営鉄道を買い上げて幹線鉄道網を形成する基本方針を固めました。帝国議会の審議を経て、翌年6月21日に、この法律が制定され、国鉄と私鉄とに分かれて進められてきた鉄道建設を軍事上、行政上の観点から全国的な規模で統一することとなりますが、実態は民営鉄道による予定線建設を容認する内容に法案修正されます。その中で、今後全国に敷設すべき鉄道路線を33区間一括指定し、特に重要な9区間を今後12年以内に敷設する「第一期」路線としました。
 その後、民営鉄道として建設された多くの路線は、1906年(明治39)制定の「鉄道国有法」によって国有化されることになります。
 しかし、1920年(大正9)に鉄道省が発足した頃には、この法律に掲げられただいたいの路線が完成したので、同法を廃止し、新たに1922年(大正11)4月11日に「鉄道敷設法」(大正11年法律第37号)が制定(通称:改正鉄道敷設法)され、地方路線をすべて予定線(149路線)として入れ込んだ全国鉄道網が目指されることとなりました。
 これは、1987年(昭和62)4月1日に「日本国有鉄道改革法等施行法」が施行されたことにより廃止されていますが、多くの地方路線は未開業のままとなります。
 尚、北海道については、1896年(明治29)5月14日に「北海道鉄道敷設法」(明治29年法律第93号)が制定されました。

〇「鉄道敷設法」の予定鉄道線路

・神奈川県下八王子若ハ静岡県下御殿場ヨリ山梨県下甲府及長野県下諏訪ヲ経テ伊那郡若ハ西筑摩郡ヨリ愛知県下名古屋ニ至ル鉄道(中央本線)
・長野県下長野若ハ篠ノ井ヨリ松本ヲ経テ前項ノ線路ニ接続スル鉄道(篠ノ井線)
・山梨県下甲府ヨリ靜岡県下岩淵ニ至ル鉄道(身延線)
・岐阜県下岐阜若ハ長野県下松本ヨリ岐阜県下高山ヲ経テ富山県下富山ニ至ル鉄道(高山本線・北陸線)
・福井県下敦賀ヨリ石川県下金沢ヲ経テ富山県下富山ニ至ル鉄道及本線ヨリ分岐シテ石川県下七尾ニ至ル鉄道(北陸本線の一部・七尾線)
・富山県下富山ヨリ新潟県下直江津ニ至ル鉄道(北陸本線)
・新潟県下直江津又ハ群馬県下前橋若ハ長野県下豊野ヨリ新潟県下新潟及新発田ニ至ル鉄道(信越本線)
・新潟県下新発田ヨリ山形県下米沢ニ至ル鉄道若ハ新潟県下新津ヨリ福島県下若松ヲ経テ白河、本宮近傍ニ至ル鉄道(米坂線・磐越西線・奥羽線)
・福島県下福島近傍ヨリ山形県下米沢及山形、秋田県下秋田青森県下弘前ヲ経テ青森ニ至ル鉄道及本線ヨリ分岐シテ山形県下酒田ニ至ル鉄道(奥羽本線・陸羽西線)
・宮城県下仙台ヨリ山形県下天童若ハ宮城県下石ノ巻ヨリ小牛田ヲ経テ山形県下舟形町ニ至ル鉄道(仙山線・石巻線・陸羽東線)
・岩手県下黒沢尻若ハ花巻ヨリ秋田県下横手ニ至ル鉄道(北上線)
・岩手県下盛岡ヨリ宮古若ハ山田ニ至ル鉄道(山田線)
・東京府下上野ヨリ千葉県下千葉、佐倉ヲ経テ銚子ニ至ル鉄道及本線ヨリ分岐シテ木更津ニ至ル鉄道 (総武本線・内房線の一部)
・茨城県下水戸ヨリ福島県下平ヲ經テ宮城県下岩沼ニ至ル鉄道(常磐線の一部)
・奈良県下奈良ヨリ三重県下上柘植ニ至ル鉄道(関西本線の一部)
・大阪府下大阪若ハ奈良県下上八木又ハ高田ヨリ五條ヲ経テ和歌山県下和歌山ニ至ル鉄道(関西本線の一部)
・京都府下京都ヨリ五條ヲ経テ奈良県下奈良ニ至ル鉄道(奈良線)
・京都府下京都ヨリ舞鶴ニ至ル鉄道(山陰本線の一部・舞鶴線)
・広島県下三原ヨリ山口県下赤間関ニ至ル鉄道(山陽本線の一部)
・広島県下海田市ヨリ呉ニ至ル鉄道(呉線の一部)
・京都府下舞鶴ヨリ兵庫県下豊岡、鳥取県下鳥取、島根県下松江、浜田ヲ経テ山口県下山口近傍ニ至ル鉄道(山陰本線・山口線の一部)
・兵庫県下姫路ヨリ生野若ハ笹山ヲ経テ京都府下舞鶴又ハ園部ニ至ル鉄道若ハ兵庫県下土山ヨリ京都府下福知山ヲ経テ舞鶴ニ至ル鉄道(播但線・加古川線)
・兵庫県下姫路近傍ヨリ鳥取県鳥取ニ至ル鉄道又ハ岡山県下岡山ヨリ津山ヲ経テ鳥取県下米子及境ニ至ル鉄道若ハ岡山県下倉敷又ハ玉島ヨリ鳥取県境ニ至ル鉄道(播但線・山陰本線の一部・智頭線・因美線・津山線・伯備線・境線)
・広島県下広島ヨリ島根県下浜田ニ至ル鉄道(可部線の一部)
・香川県下琴平ヨリ高知県下高知ヲ経テ須崎ニ至ル鉄道(土讃線の一部)
・徳島県下徳島ヨリ前項ノ線路ニ接続スル鉄道(徳島線)
・香川県下多度津ヨリ愛媛県下今治ヲ経テ松山ニ至ル鉄道(予讃線の一部)
・佐賀県下佐賀ヨリ長崎県下佐世保及長崎ニ至ル鉄道(長崎本線の一部・佐世保線・大村線)
・熊本県下熊本ヨリ三角ニ至ル鉄道及宇土ヨリ分岐シ八代ヲ経テ鹿児島県下鹿児島ニ至ル鉄道(三角線・肥薩線・鹿児島本線の一部)
・熊本県下熊本ヨリ大分県下大分ニ至ル鉄道(豊肥本線)
・福岡県下小倉ヨリ大分県下大分宮崎県下宮崎ヲ経テ鹿児島県下鹿児島ニ至ル鉄道(日豊本線)
・福岡県下飯塚ヨリ原田ニ至ル鉄道(筑豊本線の一部)
・福岡県下久留米ヨリ山鹿ヲ経テ熊本県下熊本ニ至ル鉄道(鹿児島本線の一部)

〇「北海道鉄道敷設法」の予定鉄道線路

・石狩国旭川ヨリ十勝国十勝太及釧路国厚岸ヲ経テ北見国網走ニ至ル鉄道(富良野線・根室本線の大部分・釧網本線)
・十勝国利別(現池田町域)ヨリ北見国相ノ内ニ釧路国厚岸ヨリ根室国根室ニ至ル鉄道(池北線・根室本線の一部)
・石狩国旭川ヨリ北見国宗谷ニ至ル鉄道(宗谷本線・天北線)
・石狩国雨竜原野ヨリ天塩国増毛ニ至ル鉄道(留萌本線)
・天塩国奈与呂ヨリ北見国網走ニ至ル鉄道(名寄本線・湧網線)
・後志国小樽ヨリ渡島国函館ニ至ル鉄道(函館本線の一部)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今日は、明治時代前期の1885年(明治18)に、日本画家・俳人川端龍子の生まれた日です。
 川端龍子(かわばた りゅうし)は、和歌山県和歌山市で生まれましたが、本名は昇太郎と言いました。1895年(明治28)に家族と共に上京、1904年(明治37)に東京府立第三中学校を中退して、白馬会洋画研究所、太平洋画会研究所で西洋画を学びます。
 1907年(明治40)東京内国勧業博覧会に『秋色』を、第1回文展に油絵『隣の人』を出品しますが、この前後に「東京パック」、「国民新聞」などに挿絵を描いて名を知られるようになりました。1913年(大正2)に西洋画を学ぶために渡米したものの限界を感じ、帰国後は日本画に転向します。
 初め无声会に加わりましたが、1915年(大正4)に、平福百穂らと珊瑚会を結成しました。同年に第2回日本美術院展で『狐の径』が初入選、1916年(大正5)の第3回院展で『霊泉由来』が樗牛賞を受賞し、1917年(大正6)には日本美術院同人に推挙されます。
 しかし、その新古典的作風にそぐわず、1928年(昭和3)に脱退、翌年青竜社を創立して主宰し、会場芸術を唱えて豪放で動感に富む作風を打ち出しました。1935年(昭和10)に帝国美術院会員、1937年(昭和12)に帝国芸術院会員に推されましたがいずれも辞退し、野にあって画業に専念します。
 太平洋戦争後の1950年(昭和25)から四国八十八ヵ所巡礼を始め、6年がかりで全札所を回り、札所で詠んだ俳句と共に画文集『四国遍路』を出版しました。1959年(昭和34)に文化勲章を受章、1962年(昭和37)には、東京大田区の自邸内に龍子記念館を設立しましたが、1966年(昭和41)4月10日に東京において、80歳で亡くなっています。
 尚、異母弟は俳人川端茅舍(ぼうしゃ)で、自身も「ホトトギス」の同人となって、俳句に親しみ、句集も残しました。

〇川端龍子の主要な作品

・『秋色』(1907年)東京内国勧業博覧会出品
・『隣の人』(1907年)第1回文展出品
・『狐の径』(1915年)第2回日本美術院展入選
・『霊泉由来』(1916年)第3回院展出品、樗牛賞受賞
・『火生』(1921年)
・『印度更紗』(1925年)大田区立龍子記念館蔵
・『鳴門(なると)』(1929年)山種美術館蔵
・『魚紋』(1931年)朝日文化賞受賞
・『新樹の曲』(1932年)大田区立龍子記念館蔵
・『愛染』(1934年)足立美術館蔵
・『潮騒(しおざい)』(1937年)
・『曲水図』(1941年)京都国立近代美術館蔵
・『水雷神』(1944年)
・『筏流し』(1959年)大田区立龍子記念館蔵
・『天橋立図』(1960年)国立劇場蔵
・『孫悟空』(1962年)大田区立龍子記念館蔵

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事