ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

イメージ 1
 画の Nepenthes lowii x ventricosa-red が伸びたので挿し穂を作る事にします。
随分前から色んな方から私の挿し木増殖のプロセスを教えて欲しいと云われていたので今回の挿し穂作りを記事にしてみる事にする。
ネペンテスの挿し木増殖の方法は栽培家によって微妙に違います。今回は surface流と云う事で f(^_^;
 
 私が挿し木増殖するのに気を付ける事は以下の3つです。

1.季節。 低地性種なら4月〜梅雨前までの間。高山性種なら10月〜12月。
低高種の形質の配慮に加え、空中湿度を確保し易い時期でもある。
  
2.殺菌の徹底

3.良く切れるハサミを使う。

以上。 簡単な事だけどこの3項目を一つでも怠ると成功の確率が随分と下がる。



イメージ 2
 園芸用の殺菌薬類。 今回は「ダコニール 1,000」を使用する事にする。
以前は薬を使わないで挿し木をしていたが、すぐに切断面がカビてしまい失敗する事が多かった。
挿し木増殖失敗の1番の要因が菌類によるものである。薬を使用してからは挿し木増殖が9割以上の成功率になった。
私にとっては非常に重要なアイテムである。


イメージ 3
 使用するハサミは良く切れ、力が強い物を使用する。
勿論 使用前に殺菌薬等で充分消毒を施す。
ネペンテスの茎は見た目と違ってとても固い。 普通のハサミでは中々切断出来ず切り口を傷つけてしまう。
切断面がガタガタになったり切断部の茎が割れてしまうと後に菌類が付き易くなり失敗の原因になる。
 切断部は葉の付け根下部を葉が生える角度と逆に斜めに切り落す。 
斜めに切るのは切断面積が多くなり沢山の水を吸えると云うのと根が多く生えると云う理由。


イメージ 4
 挿し穂は30分〜1時間ほど水に漬けて充分水分を吸わせますが、私はこの工程でも殺菌薬を希釈倍数500〜800倍の強めにした薬液に漬け込みます。
ネペンテスは薬に強いので濃い希釈倍数の薬液でも問題ありません。
 是で挿し穂の準備は完了です。後は鉢に挿すだけですが、この時点で友人等に送りたい場合は切断部に薬液が染込んだミズゴケを少し巻いて上からキッチンペーパー等で保護してやり、乾燥しない様にフリーザ・パックの様に密封出来る袋に少しの薬液と一緒に入れて送る様にする。
挿し穂はかなりの量の水分を必要とするので乾燥してしまうとOUT!


イメージ 5
 私は鹿沼土に挿す。 この時も用土の消毒を兼ねてタップリの薬液を与える。
後は水を切らさない様に注意して、1週間〜10日後に再び薬液を与えると充分だ。
ポイントは切断面が受け皿の水に浸からない様にして(鹿沼土を導線としてステムの切断面が水を吸う様に)、充分な空中湿度があれば発根が早くガッツリと根を出します。
早ければ1ヶ月も経たない内に脇芽を出しますが、この時はまだ動かしてはいけない。
3〜4ヶ月後、充分 発根してから受け皿から鉢を出して其のまま通常管理に移行させると植物体への負荷が少なくて良い。
ネペンテス挿し木は「水挿し」もあるが私的にはカビる事が多く鉢上げ時に植物体にストレスを与えるので現在は「水挿し」を全くしない様になった。
その他 ミズゴケに挿すのが一般的だが、私は「ミズゴケ挿し」は決してしない。
鉢上げ時、挿し木の根がまだか弱いのでミズゴケを剥がす事が出来ず、ミズゴケの廻りに用土を足す感じで鉢上げする事になるのだが、このミズゴケが数年後根の内部に食い込み取れなくなってしまい、おまけに腐敗したりするので植物体に打撃を与えてしまう事になるのである。
私はミズゴケが本当に嫌いである。



             

             チ  ー  コ  ♪  の  七  五  三

イメージ 6
 先週の日曜日 私の母と家族で大阪の住吉大社に行ってきました♪
少し曇っていましたが暖かい日で良かったです。 沢山の人で賑わっていましたYO〜♪

             
イメージ 7
 チーコ♪を初めみんなウキウキでした〜(^〜^ov

 
イメージ 8
 O太。 景色を撮ろうとしたらO太が近づいて来ます。 ご機嫌ですNE♪


イメージ 9
 チーコ♪ チーコを撮ろうとしたらスグにO太が割って入って来ます。。。
なかなか想うように撮影出来ません=3=3=3

 
イメージ 10
 チーコ♪ 
とぼけた顔をします。 内心は嬉しくて仕方ないのですが照れているみたいですね〜。
この時、O太は母に捕まえられております。


イメージ 11
 O太。 何て無垢な目をしているのでしょう。 可愛いなぁ♪


イメージ 12
 チーコ♪ 可愛いね、今日のチーコ♪の晴れ姿を忘れないからね!

この後 家族で餃子の王将に行ってガッツリ食べました!

この記事に

  • 顔アイコン

    上に敷くだけではやはりダメですか。
    ローウィ×ベントリもアラータも来春にベラボン入り鹿沼で植え替えます。

    西日しか入らないベランダでローウィ、マクロが成長するとは!!!
    しかも大阪の真夏に。これはかなり驚きですね。

    家の栽培環境は制約が多いですが、いいところは北側の玄関側の廊下が、ちょっとした自然林に面しており、真夏でも横浜とは思えない涼しい風が朝晩吹き抜けるところです。今まで使っていませんでしたが、今夏からジャンバン、ラジャ、ローウィ×ベントリなどは真夏はそこに置こうと思っています。それで成果がでるようなら、来年ローウィかエフィピアタ、イネルミス(最新の記事すばらしいです。あらためてコメントさせていただきます)のどれかを導入したいと思っています。冬はワーディアンケースでの栽培になり、しかもスペース的に一つしか置けないのでどれにするか迷います。本当はローウィの上位袋が一番好きなのですが、ワーディアンでそこまでいけるのか不安です。妻はジャンバンの上位袋が好きなのでスペース的にはこっちかなと思ったり、ローウィより育てやすそうなエフィピアタもなかなかすてがたいです。 削除

    [ モンファミ ]

    2013/6/14(金) 午後 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    どれにするにしても、栽培技術も植物の状態を見極める目も未熟なので、surfaceさんの教え通り、ある程度育った株か、アダルトの脇芽を購入したいと思っています。 削除

    [ モンファミ ]

    2013/6/14(金) 午後 7:16

    返信する
  • モンファミさん♪

    昔は私も高山性ネペンテスを冷やして湿度を保つ事しか考えていませんでした。
    冷気や湿度を保持する為に太陽から遠ざけケースを密封していたので草体の成長が遅く
    蒸れて根を痛めたり病気を出したり・・・本当に下手でした。
    その後引っ越した団地は西向きのベランダしかなく栽培環境は最悪なものでした。
    真夏、ワーディアンケースに遮光ネットを被せケースの戸を全開にしていました。
    大した設備も無く早朝と夜に霧吹きをするだけ(日中は母が霧吹きしてくれていました)。
    しかし驚く事に以前冷凍ケースで保護していた時とは比べ物にならない程高山性ネペンテスが成長したんです!
    団地は4Fでして風が良く通っていました。 ピン!ときました!
    それからは風を上手く使って高山性ネペンテスを育てる方法を模索して今に至ります。
    単純に、濡れた鉢に風を当てれば鉢内の温度はグンと下がる訳ですから。それに鉢に新鮮な空気が入る事で植物体は元気になります。

    中村

    2013/6/17(月) 午前 6:48

    返信する
  • その原理を応用したシステムが私の育成法として確立しました。
    最近は中村式と呼んで積極的に取り入れている栽培家が多くなってきました。
    金も掛からず理に適った栽培法だと自負しております。

    以前は全てが湿度だと謳われていて、袋ができないのは湿度が不足してるから・・・
    ネペンテスが育たない、調子が悪い→『湿度を上げなさい』と意味も解らず答える人ばかりでしたから当然入門者達も湿度が無ければ育たないんだと想う人しか居ませんでした。
    最近は風(通気)の大事さを理解されてる入門者が圧倒的に多くなってきたので
    このブログを続けて来て良かったなと感じています。

    迷惑なのは影響力のある立場の人が未だに湿度湿度と云っている事です。
    高山性原種をその方法でアダルトまで作った事もないのに無責任な言動は控えて戴きたいです。

    中村

    2013/6/17(月) 午前 6:58

    返信する
  • 色々と栽培法を模索されている様ですね!

    何事もTRYしてみなければ最高の育成法は見つかりませんものね!
    素晴らしいと想います。 N.ephippiata、N.lowii 等は魅力的でコツさえ掴めば無冷房設備でも大きく出来る原種です。
    なんせ私でも出来るくらいですから大丈夫です。 情熱と愛情があれば!

    中村

    2013/6/17(月) 午前 7:02

    返信する
  • 改めて挿し木についていくつか質問させて下さい(_ _)
    挿し木苗の管理で日光にはどれくらい当ててますか?遮光はせずに普通の苗同様の管理ですか?か
    毎週の薬剤与える時はやはり複数のものをローテーションさせるのですか?

    10cm満たない小さい苗を挿す場合も同様に鹿沼ベラボンに挿してますか?
    また、用土は見たところ中粒のものを使ってるようですが、小粒や微粒より中粒の方が適してるのでしょうか?

  • 顔アイコン

    むっくーさん

    せっかく長文でお答えしたのに投稿したらエラーが出ました・・・
    もう、ブチ切れそうです。
    なんか昨日辺りからヤフーブログの調子が悪いみたいです。
    今日はもう書く気が失せてしまったのでまた今度お答えします・・・・・!

    中村

    2014/10/16(木) 午前 9:45

    返信する
  • お手数おかけしてスミマセン(_ _)
    お気持ちお察しします…。自分も何度か経験ありますからよく分かります。また気が向いたらで全然結構です。
    それにしてもホントヤフブロムカつきますよね!(-皿-#)

  • 顔アイコン

    むっくーちゃん

    こちらこそゴメンなさいね〜
    得てして長文書いた時に限ってエラー起こっちゃうのよねェ〜
    もう嫌になっちゃうわよねェ

    なんか知らないけど、昨日からYahooブログ調子悪くない? 削除

    [ 中村ちゃん(var.オカマ) ]

    2014/10/16(木) 午後 0:14

    返信する
  • あれなんですかね、長文の時に限ってそういうことが起こりますね><
    今の所特に問題ないようですが。。うちはPCが調子悪くそれが原因でブログに写真貼ろうとするとフリーズしたりして嫌になります(ToT)

    今日、無事にビロサ種子届き、早速播種しました^^
    いや〜怖いですね。無菌はできなくても5cmくらいに成長するまで徹底的に殺菌して栽培する予定です^^;
    今回のもビロサ純血とは限らず交雑してる可能性もあるのですよね?

  • むつくーさん

    挿し木したての苗は葉から水分の蒸発を抑えたいので直射日光はNGです。例えば棚の下段で腰水管理するとかね。 当方の場合では日中ジャンジャン水が掛かってるので太陽光を存分に与えていますが一般的ではありません。

    次いで薬剤ですが、如何なる場合でも薬の投与にはローテーションが必要です! これは絶対です。憶えておいて下さい。

    挿し木は鹿沼+ベラボンの混合用土に挿します。
    発根後に腰水していた受け皿を外し、植替え(鉢上げ)で無駄なストレスを与えぬ様、そのまま通常管理に移行させる為です。用土は当方では鹿沼中粒が最適ですが、用土の粒については栽培環境で適合性が変るので何とも云えません・・・

    中村

    2014/10/19(日) 午前 6:41

    返信する
  • N.villosaの播種されましたか!

    無事に発芽しその後成長する事を祈っております。
    今回の種子は交雑している可能性は極めて低いと想います。しかし当然ですが100%純血だと云う保証はありません。
    N.villosaの実生個体だなんて夢の様ですが、交雑していたら、それはそれで素晴らしいですね!

    ご質問のレスポンスが遅くなりすみませんでした。

    中村

    2014/10/19(日) 午前 6:47

    返信する
  • 顔アイコン

    初めまして。突然の質問失礼いたしますm(_ _)m
    いろいろなサイトで増やし方を調べていたところ、こちらの記事を拝見しすごく参考になりました!たぶんこの通りにやってみたら成功する気がしています。

    気になるのは、消毒液に浸している写真の挿し穂
    が葉っぱのみのものもあるように見えることです。
    茎がない葉っぱ一枚(先をカットしたもの)からでも殖やせるのでしょうか?

    もしよかったらお返事いただけると嬉しいです(^^)

    [ ico*ran**n ]

    2017/6/3(土) 午後 1:09

    返信する
  • > ico*ran**nさん

    こんにちは。 画像に葉だけのものが見える様ですが、全て茎があります。ネペンテスの葉からは発値しないのです。
    私が判る事なら何でもお答えしますので、何でも質問して下さいね❗

    中村

    2017/6/3(土) 午後 1:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中村さん

    こんなに早くご回答くださりありがとうございます!

    挿し木には5〜10センチ必要らしくまだちょっと足りないかな〜と思っていたところ、写真を拝見して短くても大丈夫かと期待を抱いた次第です。
    やっぱり5センチくらいは茎が必要でしょうか?

    初めてのネペンテス(レディラック)なので詳しい方に質問できるのはとても心強いです。
    どうぞよろしくお願い申し上げます(^^)

    [ ico*ran**n ]

    2017/6/3(土) 午後 10:54

    返信する
  • > ico*ran**nさん

    挿し穂は長い方が有利です。短い、小さい茎ほど体力が低くなります。経験が少ないのでしたら、2節間ほどの挿し穂位が良いと思いますよ〜。 沢山増やそうと細かく切って、全て枯れてしまったら本末転倒ですからね。
    後、切る部分を誤ると、発根しても芽が出ない場合があるので見極めて切って下さい。
    レディーラックの挿し木成功すると良いですね❗
    グッドラック

    中村

    2017/6/4(日) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございます!

    5号鉢のハンキングなのですが袋が12以上あって重みで傾いて茎が曲がっているため挿し木を検討していました。

    長さがなくて1本にしようか2本にしようか悩んでおりまたが、教えていただいた通りケチケチせずに1本でチャレンジしてみますo(^^)o

    ただ、立派な袋も切り取るのでちょっと罪悪感が。。

    >切断部は葉の付け根下部を葉が生える角度と逆に斜めに切り落す。
    主様のブログに巡り合えて本当に幸運でした!
    しっかり準備して取り掛かりたいと思います。
    本当に親身なご回答ありがとうございました(^^)

    [ ico*ran**n ]

    2017/6/5(月) 午前 11:23

    返信する
  • > ico*ran**nさん

    いえいえ、お役に立てて良かったです❗
    今後も何かあれば聞いて下さいね。

    中村

    2017/6/5(月) 午後 5:10

    返信する
  • 顔アイコン

    > 中村さん
    お久しぶりです。

    主様のブログを参考にレディラックの挿し木をして早1年程になりました。
    挿し木はうまく根を付けてくれたようで、最近は新しい葉がどんどん出てきています。
    袋も小さいのがいくつかできていて、色も綺麗な赤だったので嬉しくてご報告を♪
    わかりやすい育て方と親身なアドバイスを本当にありがとうございました(^^)

    我が家の環境でネペンテスが冬を超せるのか心配でしたが、大阪のマンション3階西側出窓(在宅時のみ冷暖房)、夏場は毎夜・冬は週2くらいの水やりで乗り切ることができました。

    親株の袋が全部枯れて、葉や子株?がわさわさして観葉植物みたいにみえるのが気になるところではありますが、それはそれでかわいいので気に入っています。
    根を触るのは怖いですが親株から脇に出ている子株を分けて別の鉢に移した方がいいでしょうか?
    うまく苔を取り除けるかちょっと不安です(^o^;)

    [ ico*ran**n ]

    2018/4/18(水) 午後 0:47

    返信する
  • > ico*ran**nさん

    ご報告ありがとうございます。挿し木増殖が上手く行って良かったですね
    親株は根が充実してとても状態が良い様ですね。
    脇芽は主茎を弱らせてしまう事がよくあるので、脇芽は切除した方が良いかもしれません。地際から出ている子株付近の用土を軽く掘り起こし、脇芽の付根から切り取ると良いです。
    この際はよく切れるハサミを使い、はさみと切断面に殺菌薬を塗りこんで下さい。

    中村

    2018/5/7(月) 午前 10:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事