ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

温室竣工

                        ?i>S u r f a c e' s G r e e n H o u s e
イメージ 1
 ポリカーボネイト5坪温室が漸く完成した。


 昨夜は接待だったが呑み過ぎて気分が悪くなり久し振りに吐いた.........。
自宅のトイレに顔を突っ込み何度も吐いた。 朝方、気が付くとトイレで寝ていた=3=3=3
当然、二日酔いで今はビールも焼酎も見たくもない..............うえぇ。。。

念願の温室が完成した。温室基礎及び温室施工は工程表通りに進んだのだが設備にとても時間が掛かった。
温室のシステム構築には今までの仮温室でのデータが大いに役立ち悩む事なく設備のプランが決まった。
低地性種ネペンテスと高山性種ネペンテスの環境を分ける為に温室をパーテーションで区切った。
後は低地性種と高山性種に合った設備をするだけだ。 本温室の基本コンセプトは【全自動】。植物の世話をする時間が無く、出張もあるので極力【全自動】に拘った。
その【全自動】システムを組むに当たって配線配管の支持するのに手間取り、稼動試験ではノズルの角度やファンの取り付け位置等を何度も調整した。 疲れた、、、


イメージ 2
 天窓自動開閉機
是が欲しくて堪らなかった! 昔、天窓を開け忘れてワーディアン温室を超高温にしてしまい高山性種ネペンテスの大量絶滅を経験した事があるので、天窓自動開閉機は必需品だと決めていた。
是で出張も怖くないZE!


イメージ 3
 本温室の要! 細霧ノズルと電磁弁
この安い部材のお陰で去年の猛暑を無冷房で高山性種ネペンテスを一鉢も枯らさず栽培出来た。
電磁弁とタイマーを組み込むのが面倒臭かったので農業用の潅水コンピューターを導入しようと調べてみたら
一組で約¥10万円前後もするモノばかりではないか! おまけにどの潅水コンピューターも潅水タイマーの設定に上限があり、想い通りの細かな設定を出来るものが無かった=3=3=3
¥高いだけで使えるモノが無かったので、面倒臭いが自分で3組作った。


イメージ 4
 私が小さな脳ミソを捻って考え出した鉢底ファン
上記の細霧ノズルと併用する事で真夏の日中でも室温27℃まで下げる事が出来た。夜間は寒い程だ。
本温室の冷却システムは、温室内頭上にノズルを取り付けた【細霧冷房】方式(自然換気型細霧冷房)と云う蒸発冷却法に強制送風を追加したシステム。
【パッド&ファン】方式も簡易なモノだが稼動試験を試してみた。しかし充分な結果が出なかったた=3=3=3
しかし【細霧冷房】+ 強制送風は最高の成果を得る事が出来きた!
【細霧冷房】+ 強制送風では、吸気口に流水パッドを設置して換気を行う【パッド&ファン】方式よりも
低電力、低コストで蒸発冷却機能は格段上だと云う事が判った♪
噴霧された細霧が蒸発するのに伴い気温が低下するが、原理的には細霧の湿球温度まで下げる事が出来る。
しかも気温が下がると同時に相対湿度が上昇する事がネペンテス育成において最大の利得なのだ。
鉢底を送風する事で鉢自体は更に冷え、そして根に新鮮な湿った空気が回るので植物の活性が上がりとても調子が良かった。
今年はこの装備に加えて動力エアコンを稼動させるので夏場も高山性種ネペンテスを充分作りこめると想う。


イメージ 5
 遠心力加湿器 【Eko Fogger】/(有)エコ・テクノ
樹脂とステンレスで出来ている為に錆びないのが嬉しい。細かい粒子を安定して供給してくれる。
遠心力加湿器の後ろにある白い物は【Eko Fogger】の為の水を入れるタンク。 このタンクにもフロートバルブを組み込み、減水すると自動で水が貯まる様にしている。サスガ俺!


イメージ 6
 オイルヒーター
大きいのを買った!


イメージ 7
 今までお世話になった1.5坪のビニール温室。 園芸店の展示品を¥1万5千円で買ったもの。
坪数で見ると今回の温室は前温室の約3.5倍だが、容積自体は10倍以上の広さ。前温室でパンク状態だった植物を全部入れても中はスッカラカン=3=3=3 
寂しいィー..........




                       〜 お 好 み 焼 き 〜
イメージ 8
 お好み焼きと云っても、中にソバを入れて焼く【モダン焼き】やけどな。
先日は酒を呑みながらお好み焼きを焼いてたら黒焦げになってしまい、苦いお好み焼きを渋々食べたので
今回はリベンジ!

イメージ 9
 上手く焼けたYO♪
ソースは鉄板にこぼれる程タップリ掛けるのが良いノダ! 『ジュワジュワ〜』と鉄板でソースが焼けて良い匂いが食欲を倍増させるノダ!
めっちゃ美味しかったYO♪ お好み焼きは生地が命やけど1番大事なのはキャベツの大きさ!
キャベツの大きさと量が食感と味を大きく左右するノダ!!!





                       〜 わ た し の 宝 物 〜
イメージ 10
 チーコ♪とO太
『じぃーじ(お絵かき)』しているよ。 かわいいねゑ♪


イメージ 11
 チーコ♪にカメラを向けると相変わらず変な顔ばかりする=3=3=3


イメージ 12
 O太。TVを観ながら何か無意味な事を喋っている。 あ〜可愛い!


イメージ 13
 チビに囲まれてる surface ♪ 毎晩こんな感じ。
最近は重労働で全身筋肉痛=3=3=3

この記事に

  • 顔アイコン

    はじめまして。こんばんはデス
    素晴らしい温室ですね!!
    うらやましー^^
    すごーいぃ!の ポチッです!

    おこちゃまかわゆーい^^

    [ miu ]

    2011/6/10(金) 午前 1:09

    返信する
  • 部長〜♪

    貴方の様な園芸の達人に褒めて戴くと恐縮でつ〜YO=3=3=3

    温室の中は、昼は終日陽が当たりそよ風と供に小雨が降り続け、
    夜間は高圧ミストと風のお陰で肌寒い感じです!
    ボルネオの高山を上手く表現出来たと想い込んでおりますががががが。

    風は植物の生理的代謝を促進する重要なポイントですよねっ!

    中村

    2011/6/10(金) 午後 11:48

    返信する
  • 顔アイコン

    キティちゃん♪

    ウフフ、温室でお泊りしたいですって!!?

    家の温室は常に高湿度で風が吹いてるから寒いでつYOYOYOYOYO!

    風邪ひいてもしらんでつYO〜♪

    ちーこ♪LOVE★

    中村

    2011/6/10(金) 午後 11:50

    返信する
  • MIUさん♪

    初めまして、コメントありがとうございます♪
    ブログ拝見させて戴きました!
    ビカクシダを始めとするシダ類全般に興味がおありのご様子!
    今後とも宜しくお願い致します♪

    ★ポチ!感謝いたしますv

    中村

    2011/6/10(金) 午後 11:53

    返信する
  • 顔アイコン

    surface様 こんにちは
    異例の早さで梅雨に突入して久しいですが、新装置の稼働は
    ありましたか。震災直後は計画停電なんってやられましたが
    今後はどうなんでしょうね。今は電気足りて居るんですかね。
    どうなっているのか、さっぱり分かりませんね世の中。
    N.rajahの実験はお蔭様で続いております。
    暇な時またお立ち寄り下さい。では・・

    si-mamede

    2011/6/11(土) 午前 11:45

    返信する
  • si-mamedaさん♪

    こんにちは! 当方では未だ動力エアコンを稼動させておりませんが、終日直射日光(無遮光)が照りつける中でも室温27℃を越える事がありません。
    安価の細霧ノズルと通気が期待以上の気化熱作用を発揮してくれています!
    植物達は元気モリモリです。梅雨が明けたら50%程の遮光ネットとエアコンを稼動させたいと想っております。

    掲示板観せて戴きました! N.rajah が絶好調ですね!

    中村

    2011/6/11(土) 午後 2:31

    返信する
  • 顔アイコン

    とんでもごぜえませんだ。あたくしなんぞ枯らしてばかりです。以前、部屋に隣接したサンルームを作ったとき、換気扇を東西に設置し、西側のは換気だけど東のは吸気にしてくれといったら怪訝な顔をされましてね〜。熱風は強制排気でいいけど、新しい空気も強制的にいれんとなあと思ったんですよね。

    [ - ]

    2011/6/11(土) 午後 5:38

    返信する
  • 部長〜♪

    たくさんのコメントありがとうございます!
    植物は枯らせて学ぶ事は多いですよね! 失敗せずに上手く行ってるのは運が良いだけで、何かあった時に対処出来ませんもんね!

    ワーディアンや温室等の空間で植物を作って失敗する一番の要因は蒸れですよね!
    結構、湿度温度に拘り過ぎて失敗してしまうケースが多いと想います。
    通気の大事さは身に染みております〜♪

    中村

    2011/6/11(土) 午後 10:41

    返信する
  • 毎度お世話になります。またいくつか質問があります、暇なときができたらで良いので回答頂ければ幸いですm( __ __ )m
    やはり失敗して学ぶ事は欠かせない事なんでしょうね!
    TMの失敗で実感しました・・・
    TMの頂点芽が全体的にに黒くなってしまいました><他の葉は袋をつけようとしているのですが、脇芽復活を祈るしかなさそうです・・
    TMの失敗は鉢無いに水分が停滞しているとのことでしたが、鉢の中に新鮮な空気が送り込まれてなかったということでしょうか?それとも、古くなった水が溜まっていたということでしょうか?

    今回の件でまた大きく栽培環境を見直そうと考えています
    植物を大きくするというより鉢の中の根を大きく育てるという気持ちで栽培してみます。

  • まず、今までは鉢が乾くまで待って乾いたら灌水という形でしたが、新鮮な水を頻繁に与えたほうが根は活性化するのですよね?
    なので、これからは頻繁に鉢内に新鮮な水を取り入れられる環境を目指そうと思います。
    その為には鉢内を効率的に乾燥させる事が重要だと思うのですが、surfaceさんの温室では常に鉢下送風ですか?
    また、用土の配合もよく乾く柔らかい用土を作ろうと思いますが、そうなるとどういう土を使うのが良いと思いますでしょうか?

    鉢下の送風機も今まではPC用の小型ファンを使っていましたが、風力が足りないのと多湿に弱いとのことなので上記のコメントにあるアドバイス通り浴室用のものを考えてみます。具体的にどの製品がよいとかおすすめありますか??小型のものってあるのでしょうかね?

    十分に鉢を乾かせる環境を作ったら温室内にRO水を降らせようと思っています

    余裕が出来た時で全然構いませんので、アドバイスよろしくお願いします!m( __ __ )m

  • ムックーさん♪

    此方こそお世話になっております。
    失敗は大事です。 乗り越えなくてはなりませんが。
    失敗を経験せずに上手く栽培出来たとしても本当の意味で『上手い』とは云えません。

    さて早速ですが、むっくーさんの栽培環境を見直す必要はありません。
    山田食虫植物農園のフォーラムで、頂芽が黒くなった症例の原因を2つ記述致しましたが
    あくまで【原因】としてです。 ややこしい想いをさせて申し訳ありません。
    貴方の栽培品は頂芽のみが黒くなっていたので、一時的な超高温多湿になったか、逆に乾燥が激しく、一番弱い組織の頂芽の細胞が壊死したと判断しました。
    根の状態がどうであるかは地上部の草体を見れば一目瞭然です。
    貴方の栽培品は葉幅がワイドで明るい緑色で根が極めて良い状態だと断言出来ます。
    用土に水分が停滞すると葉の艶が直に無くなります。
    そんな状態を改善しないでおくと直に根腐れして新芽が小さくなりやがて萎縮します。

    中村

    2013/7/20(土) 午後 8:21

    返信する
  • 今は極端な環境改善を避けて、草体の状態を観察しながら用土の潅水及びミストの量を調整するのが良いです。

    中村式は蒸発冷却と根への送風を行い、植物の代謝を強制的に促す簡素かつ有効な栽培法ですが
    超高カロリー栽培故に失敗時のダメージは甚大です。
    植物の基礎代謝を充分理解しないと制御が難しいかもしれません。

    昔は市販のワーデイアンケースで栽培していましたがPC用ファンでは私の求める風量を得ないので
    防湿型100φ吸気扇を最下部に据置いて鉢底に送風していました。
    PCファンは湿気で直にモーターが錆び付く上に漏電の原因となるので推奨出来ません。

    中村

    2013/7/20(土) 午後 8:32

    返信する
  • 防湿型ファンは住宅の浴室用ファンになるので一般店では取扱っておりません。
    また、コンセント差込型ではないのでコンセント式にするには電気工事技術が必要となります。
    必要であればご相談下さい。 格安で製作致します。

    中村

    2013/7/20(土) 午後 8:36

    返信する
  • 早速回答ありがとうございます!m(_ _)m
    了解しました!
    植物の葉を観察する事が大事なのですね。今まではあまり葉の状態に注目していなかったので、葉の状態を観察してより良い環境を見つけてみます!

    色々調べたたsarfaceさんが他の記事で紹介していましたね!
    三菱のV-08PP6ってやつですね!
    調べたらコンセント式じゃないので困っていました(・_・;)
    是非お願いしたいです!

  • むっくーさん♪

    SO〜なんでつ、理屈より先ずは慣れる事が大切なんです。
    葉の具合を見ながら育成していれば何となく判ってきますYO〜★

    防湿型吸気扇ですが
    100φと150φどちらが良いですか? コンセント・コードの長さは何m必要でしょうか。
    メール戴けたらお見積もり致します。
    この防湿型吸気扇は欲しくてもコンセント式じゃないので断念されている方が多い様です。
    【 袋 】で商品化致します。

    中村

    2013/7/27(土) 午前 8:18

    返信する
  • west部長の突然の訃報

    園芸界ではwest部長を知らぬ人は居ないであろう。
    日本全国を飛び回り精力的に園芸活動をされていた。
    私も時々ブログにコメント戴いたり色々とお誘い戴いたりもした。

    日曜日に、『 身体がだるいけど熱も無い 』
    と体調の不調を書いた記事を最後に突然の死。
    信じられない・・・・・






    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    中村

    2014/2/26(水) 午後 0:46

    返信する
  • 顔アイコン

    ご質問を戴きましたので公開させて戴いた上でお答え致します。

    ご質問の内要は以下の通り
    『現在屋外温室を建てようと検討してるのですが、やはり寒い地域のため暖房費が気になるところです。そちらでは冬は日中も全く日が入らないため暖房フル稼働のようですが、その場合真冬に5坪の温室を維持するのに暖房費用が大体いくらになるのか参考程度に知りたいです。

    こちらでは冬は晴れの日が多く日中はそんなに問題ないかなと思うのですが12月下旬〜3月上旬の間、夜間は-15℃まで下がり結構暖房費はかかりそうです。
    一応暖房費シミュレーションのサイトがあったのでやってみたのですが、その結果では最低気温-15℃ほどの真冬に6坪の内張りした温室内の温度を最低20℃に保つのに必要な暖房機の熱出力は大体7141kcal/hで、真冬のひと月の暖房費はフル稼働で最高でも約7万位と出ました。(日中は暖かくなると思うので実際はもう少し安く抑えられるんじゃないかと思ってます。)』

    中村

    2014/5/25(日) 午後 5:20

    返信する
  • 顔アイコン

    『総和工業さんのほうにも問い合わせてみたらおそらくそのデータ位だろうとの事でした。その位のならまだ許容範囲なんですが、もしそれ以上となるとちょっと厳しく感じます^^;
    そちらでは冬は内張りなどもしてるのでしょうか?
    他の植物とかも入れたいので長い目で見ると6坪温室が理想と考えていますが、暖房費だけでなく電気代も色々かかるでしょうし費用次第では3坪位のものにして対応しようと考えています。
    そちらでは冬の暖房費はどれくらいかかるか、あとミストや送風機温室の電気代込みでどのくらいになるのか、もしお答え可能でしたら大体で良いので教えて下さい』

    中村

    2014/5/25(日) 午後 5:21

    返信する
  • 先ず最初に、私は冬でも内張りをしていません。
    当温室内は植物が密集しているので物理的に難しいからです。
    当方では気温が下がる11月前後から暖房を稼働させます。 当温室は10月頃から極端に陽が入らなくなり始め12月〜翌年3月まで陽が全く入りません。
    灯油の消費量は11月で約120ℓ、12月で約200ℓ、1〜2月は月に約450ℓ、3月は200ℓ、4月で100ℓ程でしょうか。
    冬に使う灯油は約1,520ℓになりますので一冬15万程を灯油代に使っている事になります。
    そちらでは夜間の冷え込みが厳しいですが日中に陽が入るのなら冬でも温室内はかなり暑くなるのでそれほど暖房費は掛からないかも。 それに夏は冷房も要らないしランニングコストは低く抑えられると想いますよ。
    冬は日照あり、夏は涼しくて霧に包まれるなんて高山性種にとって最強の環境ですね! 羨ましい!

    中村

    2014/5/25(日) 午後 5:41

    返信する
  • 一般的な温室なら【陽だまり】の温室になると想いますが、こちらの温室は増設可能なので3坪から始める事をお勧めしますよ。 将来性を考えて大きなものを立てても中に入れるものが無ければ無駄に暖房費を消費するだけですから。
    家では送風機1台で8wほどの電力量ですし遠心力加湿器で70wほどなので電気代は殆ど掛かっていません。
    エアコンは3φ動力なのですが、真夏の約3ヶ月間だけしか使っていません。 月平均\12,000-位かな? でも使用しない月でも基本料金を毎月5千円ほど支払っています。
    そちらでは下手に密封してエアコンを使うより、戸を開放しているだけで充分の様な気がしますよ。 夏季は霧が立ち込むと聞いていますし。
    こんな感じですが参考になりましたでしょうか?

    また何かあればどうぞ。

    中村

    2014/5/25(日) 午後 5:59

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事