ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

 イメージ 1

イメージ 2
 Nepenthes hamata / Borneo Exoyics  (*この画像は今回の内容に全く関係ありません)



 今回は栽培下における高山性種ネペンテスの菌による疾病について書く事にする。
ここ数年、高山性種ネペンテス栽培のスペシャリストと云われる方々の温室で謎の病気が蔓延し栽培種が全滅に追い込まれると云う事態が連続している。
今回の事態に恐れを感じた私は現在高山性種ネペンテスを作っておられる方々に対してリサーチをして原因と対策を必死に考えた。
対策については大体解っていたが、猛威を振るう謎の病原体について素人の私には解る筈もない。
事の重大さにとうとう山田食虫植物農園さんが動いて下さって漸く病原体の素性が明らかになった。
今回は明らかになった病原体の報告と併せて高山性種ネペンテスによく発症する細菌及び糸状菌の病気と対策を判り易く書いてみる事にした。




イメージ 3
イメージ 4
 黒 脚 病 Pectobacterium による合併症  / Nepenthes rajah
スペシャリストの温室で黒脚病が発生し高山性温室が全滅、国内最大だと云われる N.rajah が失われてしまった。
黒脚病は6月〜7月上旬にかけて発生し植物体の塊茎に伝染し腐敗を引き起こす。 
腐敗部分に空気が触れると黒変する。 主にジャガイモで見られる病害でネペンテスの感染例は初めてだ。 
アグリマイシン100水和剤で抑えるが、根本的な対策については後尾にて。




イメージ 5
イメージ 6
 グ ラ ム 陰 性 桿 菌 Gram-negative bacteria の異常増殖 / Nepenthes edwardsiana
今年6月頃から突如、某高山性種専用温室で猛威を振るい、あらゆる対処も虚しく遂には約2千株以上のネペンテスが全滅してしまった。
研究機関の検査で植物を傷める悪性菌が検出されず我々は頭を痛めていた。 
しかしグラム染色の検査でグラム陰性桿菌が通常のネペンテスに常在する量のおよそ100倍以上も検出された。 
 概要としてグラム染色によって細菌類は2つに大別される。 染色によって紫色に染まるものをグラム陽性、紫に染まらず赤く見えるものを陰性と云う。 
グラム陰性桿菌とは大まかな一つの細菌類の総称であり、今回の症例では常在菌の異常増殖と捉えている。
 
 氏の温室では難易度の高い高山性種でさえも健やかに成長する程の好環境であったが今回はほんの少しのバランスの乱れで菌類間の均衡が保たれず爆発的に増殖した常在菌は植物体をも蝕んでしまう結果となった。
高山性種の高次元栽培下における過度の加湿では成長が爆発するが、それは両刃の剣でもあると云うことか。


 

イメージ 7
イメージ 8
 症 例 :1 Nepenthes x Alisaputrana (葉裏)
全ての植物には様々な菌が適度に均衡を保たちながら常在している。 
高山性種ネペンテスの場合夏場の高温で体力を落とした時に常在菌に侵されてしまう事がしばしばある。

イメージ 9
 症 例 :2Nepenthes jamban
無冷房で高山性種を栽培していると夏場よく見られる症例。 種類により侵され易いものが決っている。

イメージ 10
 Nepenthes jacquelineae (症例:2)
常在菌(高温障害)では高山性種の場合夏を過ぎ涼しくなると植物体の体力も戻り症状が消えるが何の処置もせずに放置していると画像の様に下葉をどんどん失い最悪は頂芽まで侵蝕され枯死する事もある。
発症を発見したら湿度よりも風通しを優先し市販薬のトップジンM、ダコニール1,000等を散布すると良い。



イメージ 11
イメージ 12
 す す 病 Asterina / Nepenthes aristolochioides
見た目通り黒いすすの様な糸上菌。 屋外温室で初夏と秋によく見られる。 害虫の排泄物から発生する。
植物体に直接寄生するものでは無いが見た目が汚らしく、其の後すす病の発生した植物体には必ずアブラムシやカイガラムシ、キジラミ、コナジラミ等が寄生し甚大な被害を被る事になる。
スミチオン乳剤やオルトラン水和剤等で害虫の発生を抑えるのが根本的な対策。



 
イメージ 13
イメージ 14
 炭 疽 病 Colletotrichum / Nepenthes izumeae x x Trusmadiensis
高湿度で栽培する高山性種ネペンテスではポピュラーな病気。 トップジンM等で簡単に菌を抑え込む事が可能。
また炭疽菌と云っても色んな種類があり、この画像の炭疽菌はかなり厄介で抑え込むのに苦労した=3=3=3




イメージ 15
イメージ 16
 菌 核 菌  Sclerotinia / 参考画像
晩秋に多発。 初期に下葉から上へ順に黄変して萎れやがて株全体が汚れた様な灰色になって腐敗する。
ネペンテスの場合茎の地際に発生、茎に白い黴が現れ最期は黒やオレンジ色のネズミ糞状の核菌が形成される。

イメージ 17
 Nepenthes x Alien ( N.lowii x truncata )
私が最も大事にしていた個体。 菌核病によりLOSTしてしまった。 
トップジンM、ベンレート水和剤で抑える。




イメージ 18
イメージ 19
 S T A G E - 1 :  Nepenthes maxima
一見は夏場よく見られる常在菌による悪戯にも見えるが内容は極悪で似て非なるもの。
 ↓
イメージ 20
 S T A G E - 2
この個体は輸入時から菌に侵されていて上の画像から3日も経たずこの様に腐ってしまう。 
研究所で検査してもらったところ灰色黴菌( Botrytis )、炭瘡菌( Colletotrichum )、ペスタロチア( Pestalotiopsis )が一度に検出された。
どれも重大な菌では無く、其々トップジンM、ジマンダイセン水和剤、ダコニール1,000等で抑える事が出来る筈だが当方ではあらゆる手立ても効力が見えなかった。 この個体は輸入当初から本症例が出ており、
どうやら輸入元ナーセリーで薬漬けで菌を押さえ込んでいたものが投薬を繰り返す事により菌が薬品に耐性を持ってしまった様だ。




イメージ 21
イメージ 22
 フ ザ リ ウ ム (大型分生子) Fusarium / Nepenthes --------
土壌病害の典型として有名で500種以上が報告されている。 分生子には大小2つの型があり、この症例は大型分生子で極めて危険。
症状として中程の葉が突然黄色くなり葉を落したり株の元気が無い等の生育不良で外観上での断定は難しい。
この菌は根から侵入して地中茎導管部を侵蝕、初期は透明か真白なコロニー(病巣)を形成するがやがて桃色や黄色の色素を生産する。
画像では患部(画像中央の目玉に見える所)がカルスの様にも観えるが鉢から抜いてみると病巣周辺のコンポストが鮮やかな紫色に染まっていたので一発で判った。
フザリウムは典型的な土壌伝染性病で防除が極めて困難。  
1つでも出たら他の全ての鉢を調べて疑わしい株があれば躊躇無く破棄する事を勧告する。


 ザックリであるが以上が私の知る高山性種ネペンテスの一般的な病気の症例である。
治療法として、薬剤を投与する時は薬害を避ける為に30℃以下の気温時に散布し植物体を乾かす様にする。 夕方に投薬してケースの戸を開け朝まで加湿器を止めれば良い。 
また耐性菌を出現させない為に、投薬は1週間間隔で3回其々違った薬品を使用し、決して散布漏れが無い様にする。 同じ薬を連続使用したり中途半端な投薬では菌が薬品に耐性を持つ様になり最悪のケースになってしまう。
 
全ての植物には色んな菌が常在し、高い湿度で作る高山性種ネペンテスの栽培下では菌類の温床ともなりうる。 しかし適切な環境下では悪い菌を他の分解型糸状菌に食べて貰える様な菌類が均衡を保てる環境が自然と出来上がる。
 簡単に云うと菌による病気の最大の予防は環境づくり!
日当たりと風通しを良くする事で植物体の新陳代謝を高めてやる事が最も重要。 
また水はけの良い用土で通気良く植え込み根部へ新鮮な空気を送る事を意識したい。
 
ウェブ上では達人が作る素晴らしい植物体と共に高い栽培技術法が紹介されている。 
達人は植物栽培の基礎を熟知した上でのドーピングとして湿度の重要性を記しているのだが、高山性種ネペンテス入門者の殆どの方が達人のドーピング技術に憑りつかれてしまい植物栽培の基礎に盲目になってしまい大失敗している。 湿度、温度は副次的なものと捉えれば大きな失敗にならないし病気も出にくい筈だ。
 また近年はインターネットの普及で個人輸入が簡単になり、如何に植物を安く買うかと云う考えが当たり前の様になっているが、安く買っても菌に侵された植物を買っていたのでは反って無駄な出費をしてしまう事になる。
国内で充分トリートメントされた植物を買う方が安心だと云う事も最後に付け加えておく。 











                         〜 わ た し の こ ど も た ち 〜
イメージ 23 
 凄く賑やかで愉しいYO♪  チーコ♪はお姉ちゃんになったね。

 
イメージ 24
 最近はごはんも残さずいあっぱい食べる様になったよ♪


イメージ 25
 O太は大人しいけど頑固で暴れん坊。  何時まで経っても赤ちゃん♪

この記事に

  • PS : 戴きましたコメント後半のご意見は概ね正解です。 流石ですね!

    しかしコメント戴きました内容は本記事においては高次元過ぎるお話でして、
    此処で難しい話を書いてしまうと入門者に対して無駄に恐怖心を植えつけることになってしまいそうです。
    閲覧下さった入門者に対して記事そのものがパラドックスとして作用してしまう恐れがあるので、この話は別の機会に^^

    中村

    2011/11/11(金) 午後 8:50

    返信する
  • 顔アイコン

    申し訳ございません=3=3=3

    【響】さん〜【nanonano】さん迄のレスを誤って消去してしまいました><。

    明日早朝より遠方へ出張があります故に就寝に付きます。
    また来週以降、消去してしまった方へのレス及び新たにコメント下さった方へのレスを致します故暫くお待ち下さい。。。

    またコメント下さった方々への訪問も来週以降になります。

    すんませーーーーん><。

    地方で彼女が『寂しい..........』と私を待っているのでつYO=3=3=3

    寝る前に蝮ドリンク飲まなきゃ=3=3=3

    中村

    2011/11/11(金) 午後 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    汚染された個体をすぐ破棄だなんて
    さすがはsurfaceさん!

    あ〜エドやアリサほすぃ〜
    でもエドの40万は少し絶望的。
    15万くらいなら希望を持てるのに!
    でもそのうちお金ためてゲットしてやる!

    [ なのなの@フェイトちゃん命 ]

    2011/11/11(金) 午後 9:57

    返信する
  • かなりエグイ病気があるもんなんですね(汗)
    植物園なんかだとキレイな固体ばかりだから、こういうものは目にしないので・・・(^^ゞ

    3人とも元気良さそうですねv
    ポチン☆彡

    コテツ

    2011/11/11(金) 午後 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    打つ・飲む・買う(女)・MANですか!
    さすがはサーフェイスさんっス(≧∇≦)

    そして地方で待つ彼女の為に出張という名の浮気旅行ッスか〜( ̄∀ ̄)

    コメントのアポトーシスとかは全然分かんないけどサーフェイスさんがハイランダー初心者とネペン界の発展を真剣に考えてくださってるのが熱く伝わりました(≧ε≦)

    悪玉菌を見逃さない徹底的な栽培スタンスも凄いです!
    いつの日かサーフェイスさんのグリーンハウスから分譲されるクリーンで選別されたネペンを入手出来る事を楽しみにしていますから(*^o^*) 削除

    [ ut ]

    2011/11/11(金) 午後 11:08

    返信する
  • おとん♂

    グラム染色の検査では通常ネペンテスに含まれる量の100倍以上の常在菌が見つかったんだけど、含まれていた種類の多さ、そして通常悪さをする様な菌が見つからなかった事から詳細を省きました。
    アバウトな書き方で誤解を与えてしまい申し訳ありませんでした。

    空調のクリーングタワー、水の循環系が怪しいと云うのは良い線付いていますね。
    流石です!

    中村

    2011/11/15(火) 午後 5:36

    返信する
  • P−ちゃん♪

    締め切った環境では高湿度になってしまいますね。
    細菌や糸状菌のバランスが崩れない様に風通しを意識しなければなりませんね!

    中村

    2011/11/15(火) 午後 5:39

    返信する
  • もちもちさん♪

    そう云って下さるとありがたいです。
    枯れてしまったネペンテスは残念でしたが枯らせないと上達しませんしね。
    今後に繋がると良いですね。

    今回の記事についてはアカデミックな方面で誤解を与えてしまいお世話になった方にご迷惑を掛けてしまいました。
    よって本記事は公表を控える事に致しました。 申し訳ありません。
    (お気に入り登録をされますと見れますが)

    今後も宜しくお願い致します。

    中村

    2011/11/15(火) 午後 5:46

    返信する
  • nanonanoさん♪

    菌類の病気ですが風通しの良い適切な環境下では気にする事はありません。
    しかし高山性種ネペンテスを高次元で作ろうとする場合では現地の環境に近付けるために超高湿度栽培を行う場合があります。
    その様な場合では気を付けなければなりません。

    悪性の菌による病気も薬品を投与して適切な環境に是正する事で菌を抑え込む事が出来ますが
    中には危険なものも存在し見つけたら破棄するのが賢明なものもあります。

    中村

    2011/11/15(火) 午後 5:55

    返信する
  • 『あ〜エドやアリサほすぃ〜 でもエドの40万は少し絶望的。
    15万くらいなら希望を持てるのに! でもそのうちお金ためてゲットしてやる!』
    心強いお言葉! 悲しい事に現在の日本では高山性種ネペンテスのマニアが外国の様に育っておりません。

    nanonanoさん♪の様な方が居られると明るい未来が見えます!
    何時の日か当方で増えた物を買って下さい♪

    中村

    2011/11/15(火) 午後 6:00

    返信する
  • コテっちゃん♪

    園芸の世界も熱帯魚と同じく色んな病気があるんです。
    これも経験して乗り越えないとどうにもならない課題です。
    今回はみんなの為に高山性種ネペンテスで起こる代表的な病気を記事にしてみました。

    チビ達は元気過ぎて凄く賑やかでつ♪ ★ポチ!ありがとうございます!

    中村

    2011/11/15(火) 午後 6:04

    返信する
  • 顔アイコン

    UTさん♪

    彼女が3人も居たら大変ですYO=3=3=3

    【アポトーシス】とは、プログラムされた細胞死の事でつ。
    生体が不要になった細胞を排除するために細胞自らがプログラムを作動させて自殺する細胞死現象のこと。

    今回はある分野へ誤解を招いてしまいました。 故に本記事の公表を取りやめる事となりました。

    当方ブログは学術的な事を記載する意志など全く無く、純粋に高山性種ネペンテス入門者のヘルプをしたいと想っていたのですが残念で仕方ありません。

    中村

    2011/11/15(火) 午後 6:16

    返信する
  • 顔アイコン

    「菌」という面でも風と太陽は重要なんですね!

    心強いだなんてうれしいです!
    マジでエドやアリサが欲しいからそのうちmixiで「エドたちを買うまで日記」でもやろうかな〜
    と思いますね!

    [ なのなの@フェイトちゃん命 ]

    2011/11/16(水) 午後 8:02

    返信する
  • 大変参考になります。ネペンの病気で特に高山性に絞った対処法を画像付きで記載されている所は今まで見た事もありませんでした。この記事はとても貴重な参考書だと思います。しかし事情があり非公開にされたのですか。surface様のブログ内容では細かい所まで説明されていますが逆に誹謗中傷もあると言う事なんでしょうか。
    surface様が高山性ネペンの初心者を育てようとされてる様子が伝わってきますよ。だからこそ残念に思われるお気持ちが分かります。
    お子様達がとても幸せそうです。

    [ 無憂草 ]

    2011/11/17(木) 午後 8:32

    返信する
  • nanonanoさん♪

    私は高山性種ネペンテスを始めた当初に湿度至上で栽培して失敗続きでしたx
    湿度を諦めてケースの戸を開けて放置してたら発育が良くなって病気も出なくなりました♪
    風に導かれて私の高山性種栽培の基本が出来上がりました☆

    『エドたちを買うまで日記』!
    めっちゃ愉しみですね!

    中村

    2011/11/18(金) 午後 5:31

    返信する
  • 無憂草さん♪

    ありがとうございます。 そう云って戴けると報われます。
    きっと初心者の為になると想うのですが公開出来ないのが残念です。
    確かに、当方ブログでは細かく書くトコロが多く、故にツッコミ所も多いのでしょうか。
    当分はネペンテスの事を書く気が失せましたねゑ=3=3=3

    チビ達の幸せは私にとって至上の喜びです! ありがとうございます♪

    中村

    2011/11/18(金) 午後 5:36

    返信する
  • チビ助のおたふく風邪でどドタバタしている間に
    この記事もドタバタしていたのですね。
    いち、ネペンテス愛好家(たった一株だけど)としても残念です。

    チーコちゃんのTシャツ、ナイスです。
    ポチン★

    pin**hir

    2011/11/20(日) 午後 8:13

    返信する
  • ピンガさん♪

    ぎゃっ! おたふく風邪でつかかかかか=3=3=3
    SO〜云えば私はおたふくも水疱瘡にも掛かっていないらしいんです=3
    怖っっっ......................><。

    まぁ難しい問題があると云う事が解りました。 マニアックな世界ではツッコミも多いですねx
    じゃ、誰か私の変わりに書いてYO〜って想うんですけどね=3=3=3

    うききききき! チーコ♪のTシャツに気付いてくれましたか♪
    ★ポチ!ありがとうございます!

    中村

    2011/11/20(日) 午後 9:17

    返信する
  • 顔アイコン

    ラジャー特集記事、拝見しました。
    此方からコメントさせて頂きます。又ご指導有難う御座いました。
    最新のグリーンハウスでボンネットを沢山並べて下さいね。 削除

    [ si-mamede ]

    2012/1/16(月) 午後 8:52

    返信する
  • si-mamedeさん♪

    ありがとうございます。 N.rajah のボンネットは困難な事だと想いますが
    何としても実現したいと想っています。 頑張ります!

    中村

    2012/1/16(月) 午後 10:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事