ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

P.Durval Nunes

イメージ 1
 Platycerium Durval Nunes ( P.madagascariense x P.stemaria ) / Carlos Tatsuta


最近は仕事がゆっくりなので充分に休めてる。 先週の土日は夢にまで見た事が実現し幸せの絶頂だった。
前回、高山性種ネペンテス入門者の為のサポート【其の壱】として高山性種ネペンテスによく出る菌類の病気と対策を記事にしたが
アカデミックなカテゴリーでちょっとした論争が起こってしまい、記事公開を自粛する事になった。
私のアバウトな表現が閲覧者へ誤解を生み、今回協力下さった方々に多大なご迷惑をお掛けしてしまった。
所詮私の様な者に入門者を引率する資格なんて無かったと云う事か、、、
今回は失敗したが叉いつか入門者へのサポート記事を書きたい。 
折角入門したんだから挫折して欲しく無いし、正しい栽培法を理解した上でマニアに育って欲しいと云う気持ちが強い。 でないとこの高山性種ネペンテスの世界が何時まで経っても伸びない。

 
 ★今回は久し振りにビカクシダの栽培記録。
イメージ 2
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
 
今は閉めてしまったがアメリカの TATUTA植物農園Carlos Tatsuta 氏 が創り出した人工交配種。
其れを現在はアメリカの Platycerium Ferns が独占販売している。
 数年前、この交配種の画像を観て、あまりに斬新で見事な草姿に胸が踊った。
しかし其の値段は $1,200.00- と云う恐ろしいもので、私はアゴがはずれてしまいそうになった=3=3=3
其れ以前に何処にも売っていなくて入手困難なものであった。


イメージ 3
 今年2月
値段は恐ろしいものであったがダイヤモンド・カットの様な貯水葉の素晴らしさを指をくわえて我慢する事が出来ず、
ビカクシダの諸先輩方に『欲しい!欲しい!』と云い続けていたら去年末に広島の某栽培家から『ダーバル予約出来るらしいYO』と云うお知らせががががが♪
 そして今年2月アメリカの Platycerium Ferns から押えて戴いた個体の画像を送って貰えた。


イメージ 4
 今年4月
とうとう夢の P.Durval Nunes が到着した!  おっほ、ちっちゃい..............x
本体である根茎はめん棒の先程しかない。 こりゃ速攻で枯れるなと冷や汗が出た=3=3=3

 ↓ 3ヵ月後
イメージ 5
 今年7月
外套膜が2対展開したがサイズは未だ小さく冷や汗は止まらない=3=3=3


 変わり映えのしない私の栽培苗を観ても面白くもないので本元のタツタ氏の栽培株を観る。
イメージ 6
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
嗚呼、なんて素晴らしいフォルム、何て斬新な貯水葉。 是だけ素晴らしい交配種は滅多と創れない!


イメージ 7
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
貯水葉のデティールUP。 P.madagascarienseP.stemaria が産出す究極のダイヤモンド・カット☆


イメージ 8
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
良いなぁ〜何時か私の温室にも同等のダーバルが鎮座している事を夢見る。 早く大きく成らないかなぁ。


イメージ 9
?i>Carlos Tatsuta with Platycerium Horne's Surprise
カルロス・タツタ氏は一級のビカクシダ栽培家でネペンテスにも夢中の様子。 SO〜云えば山田さんから『カルロス・タツタって知ってる?』と聞かれたんだけど、タツタ氏は山田食虫植物農園さんの常連さんでもあったんですね♪


イメージ 10
 今年11月現在  再び当方栽培苗
ようやく胞子葉が伸びて来たがサイズは依然小さい。 このサイズは気が抜けなくて、先日まで元気良かったかと想うと今日仕事から帰宅して見ると枯れていたと云う事が普通に起こり得る。
ちょっとナーバスになり過ぎかも知れないが成長速度が少し遅い様な気がする。 貯水葉の直径が20cm程になれば少しは安心出来るんだが。
とりあえず当方温室ではご法度とされる肥料(油粕)を夏の終わりに投与してみた。




                       〜 焼 肉 食 べ に 行 っ た 〜
イメージ 11
 地元の名士がやってる焼肉屋【ちゃーちゃん】へ母とチーコ♪とO太で行った。
最近チェーン店では生肉が食べられない。 生ぎも(肝刺)が大好物な母の為に皆で行ったのだ。
私は子供に小さいうちから高級なものを食べさせる事を良く無いと考えているのでチビ達にはハラミと白ごはんを中心に注文したんだけどこの店ではハラミでさえも \1,000-近くするもので私が食べても凄く旨いものであった=3=3=3
特上ロースや上カルビなんて霜降りが凄すぎて逆に喰えなかった。 加齢とは寂しいものだ=3=3=3
しかしO太は変わった子だ。 肉が好きじゃない様で何時も野菜とご飯しか食べない...........???


イメージ 12
 ちーこ♪&O太 with Platycerium alcicorne f.Africa
遠心力加湿器の可動で温室内はモクモク=3=3=3  最近は私が温室で寛ごうと想っても直にチビ達が乱入してくるx


イメージ 13
 チーコ♪は温室に来るときはお茶を入れた水筒を持参したり傘をさして来る。 日中は天井から雨が降ってるからね。


イメージ 14
 O太とP子♪ 二人ともネンネZzz.... O太は何時までたっても赤ちゃん♪

  • フォレコさん♪

    おぉ!宝くじですか☆ 貴方の其のポジティブな発想が大好きでつ♪
    久し振りにお会いして漫才したいですね☆
    しかしお互いに『ボケ』なのでツッコミ担当が必要ですががががが。

    子供の成長は早いですね><。

    中村

    2011/11/27(日) 午後 10:37

  • つばきさん♪

    私はブログで遊べる時間が余り無いのでご期待にはお応えできないかも知れませんが
    そんな私で良ければ話相手になりますYO!

    でもリンク機能が表示されていませんので遊びに行けませんYO><。

    また何時でもDO〜ゾ♪

    中村

    2011/11/27(日) 午後 10:42

  • 顔アイコン

    ありがとうございます!
    お待ちしております。

    私の予定している手順ですが1つはまず前葉体の成熟度の記録を取りどのタイミングで成熟するかを顕微鏡を使い見極めたいと思います。
    成熟度がわかればそこから精細胞を採取するかして直接卵細胞の方に投与するなどの方法考えています。
    前葉体の時にやってはいけないことをしない限りは上手く掛ってくれるとは思うのですがもしかしたら何か遺伝的要因か何かがあるのかもしれないですね〜
    もし上手く掛ったとしてもそこから先が上手く育てられるかどうか自信がありませんが・・・。

    [ みのちき ]

    2011/11/28(月) 午前 2:13

  • 顔アイコン

    こんばんわです。

    御訪問ありがとう
    見た事も無い植物です・御自分で育てるのも
    好きだからこそ素晴らしい物が出来るのでしょうね。

    ぽち。

    宜しくです。

    [ 旅の空 ]

    2011/11/29(火) 午後 9:43

  • 顔アイコン

    そういえばsurfaceさんが使っている遠心力加湿器はいくらくらいしたんですか?

    [ なのなの@フェイトちゃん命 ]

    2011/11/29(火) 午後 9:49

  • si-mamedeさん♪

    P.madagascariense の交配種は素晴らしい品種ばかりですね。
    しかしながら胞子から成長させるのは難しい様ですね=3=3=3

    交配させるのは交配元の胞子を同じ培養容器に入れるだけで良いと想うのですが。
    培地に胞子を撒くと3ヶ月程で前葉体が完成するので充分な水分があれば精子が適当に受精すると想います(やった事ないけどx)。
    難しいのは無菌培養ですよね。直にコンタミして黴が発生するので=3=3=3
    一時はネペンテスの無菌培養を考えていた時期がありますが無菌培養の面倒臭さとコンタミとの戦いを垣間見てやる気が失せました><。

    チビの誕生お祝いありがとうございます☆

    中村

    2011/11/30(水) 午後 4:38

  • [ ギャルとやっちゃったよ… ]様♪

    童貞卒業おめでとうございます! お相手は超カワイイ黒ギャルさんでしたか!
    良かったですね☆ 一生の想い出になりますね!


    私は黒ギャルよりも、夏川結衣の様な美人が良いですが...........

    嗚呼、夏川結衣に逢いたいなぁ〜。。。

    中村

    2011/11/30(水) 午後 5:07

  • みの吉さん♪

    前葉体が完成後、精細胞を採取して直接卵細胞に投与でつか! 流石ですね☆
    培養中に触るのはコンタミが怖いですが、期待してまつ♪
    私の様な素人はタッパに両種の胞子を入れて前葉体が完成した頃にタッパを揺すったら受精するのかなぁ?等と簡単に想っていましたが、そんな簡単に行きませんよねゑ><。

    確かに、受精が成功したとしても其の後の馴化、育成は困難極まるところですね=3=3=3

    しかし、期待してまつ♪

    中村

    2011/11/30(水) 午後 5:09

  • そうそう、

    私のヤフブロ友達に【ネスト3】と云う方がビカクシダの培養、交配等を書いていますYO↓

    『 http://blogs.yahoo.co.jp/fp3k15f/10173128.html 』

    ↑ 一度覗いてみてはどうでしょうか。 もし興味を持たれたら友達になれば良いでしょう♪
    私と友達だと云えば警戒もされないと想いますYO♪
    ネスト3さんにお願いした方が遥かに早く胞子も手に入ると想いますしねゑ☆

    中村

    2011/11/30(水) 午後 5:15

  • 旅の空さん♪

    こんばんは。 私は不思議な形の植物が大好きなんですYO♪
    植物も愛してあげて大事に世話をしてやれば応えてくれます☆

    ☆ポチ!ありがとうございます♪

    中村

    2011/11/30(水) 午後 11:22

  • nanonanoさん♪

    当方で使用している遠心力加湿器は【 Eko Fogger / HR-15 】と云うモデルです。
    (有)エコテクノ(http://blogs.yahoo.co.jp/gavasurfacehiro/28307011.html)
    オープン価格なので値段は何とも云えませんが結構安くて高性能!
    樹脂とステンレスで作られているので錆びて故障する事もありませんYO!

    (有)エコテクノ 045-719-1120 に電話して聞いてみて下さい♪
    中村に聞いたと云えば安くして貰えるかもYO♪

    中村

    2011/11/30(水) 午後 11:29

  • 顔アイコン

    内緒ちゃん♪

    此方こそ何時も優しくて暖かいコメントありがとうございます^^♪
    ついでに私を笑って戴いてありがとうございまつ f(^へ^;

    内緒ちゃんは本当にめっちゃ可愛い顔なんでビックリしまちたYO!彼氏殿が羨まC〜=3=3=3
    私が既婚者でなければ絶対にアタックしてまつYO☆☆☆

    またゆっくり絡んでNE〜♪

    中村

    2011/12/5(月) 午後 8:13

  • 内緒様♪

    P.Durval Nunes の流通について正確に知っている訳ではありませんが
    発売元でもその後の販売を見ないので、増えていない様ですし、
    先日聞いた話ではタイの Wanna でさえ必死に探している状態らしいので、
    海外からの入手は絶望的だと想います。またこの画像のサイズが売られる事も無いと想います。
    発売当初の価格は$1,200.-でしたが、希少性を考えると販売価格の数倍の値は付く筈ですが、
    ビカクシダに大金を積む人は居ません・・・
    HIDさんの個体はよく子株を出す様で、彼はよくヤフオクに出品していますよ。
    かなりの破格値なのでお勧めだと想います。
    家では全く子株を出さないし、もし子株が出て分譲しても最低5万以上になってしまうよ想います・・・><。

    中村

    2013/9/30(月) 午前 7:42

  • 内緒さん♪

    植物に高額を支払うのはなかなか想い切れませんませんよねゑ・・・
    枯れたら終わりですから。 でも上手く育てられたら増殖出来るんです♪
    実は栽培上達の一番の早道は『高額でも、どうしても欲しい物を手に入れる』事なんです。
    枯らせられない、と云う気持ちから苗の特質を見極める力が必然的に養われて行くのです。
    例を挙げれば P.madagascariense なんて、その最たる種じゃないでしょうか。
    ビカクシダ栽培家なら誰でも憧れる原種ですが、その安価から本当に大事にする人は居ないので誰も上手く育てられないのです。 ちょっと調べれば本種の自生地環境なんてウェブで観る事が出来ます。
    【ひっきりなしに雨が降ってて根が乾く事は無い環境】
    極端に云えば腰水にしておけば枯れる事はありません。 なのに殆どの人が一般的なビカクシダ栽培法で管理しようとする・・・・・
    昔はマダガスカリエンセと云えば超高級種だったので大事に育てて大きくされていた人も何人かいました。
    栽培上達の鍵は栽培家のメンタル的な部分が大きいと云えます。

    中村

    2013/9/30(月) 午後 6:03

  • 参考として心の何処かに留めておいて下さったら幸いです♪

    当方の分譲苗、きれいに盛り上がっていますか〜? お恥かしいでつ・・・f(^_^;
    多少はポットに詰めるミズゴケを盛っているからだと想います。

    当ブログはネペンテス・マニア育成の為に、若手のモチベーションを上げるべく特化した記事になっているので、ビカクシダの栽培記録が少な過ぎる様です。
    今、私自身の中ではビカクシダの方が熱いので、積極的に上げて行きたいです!
    でも、最近はビカクシダの記事を書いても誰も絡んでくれません。
    私の先生であるコロナさんが突然ブログをやめてしまったのがとても痛いです・・・・・

    中村

    2013/9/30(月) 午後 6:13

  • 内緒さん♪

    HIDさんが次にオークションで P.Durval Nunes を出品したら無理してでも入手した方が良いみたいです・・・・・
    (残念ながら当方の個体は頗る調子が良いもののPUPを出さないので)

    本日夕方フェイスブックで海外のコミュニティにダーヴァルの画像を上げたら凄い反響でした。
    海外では既に入手不可で現存しているのかも不明の様です。
    国外のマニアは相当探している様ですが入手出来ず血眼状態です。
    私のフェイスブックのメッセージに『譲ってくれ』と喰い付いてくる台湾人も居て、かなりシツコイでつ=3=3=3
    PUPが駄目なら胞子でも良いから譲ってくれ・・・みたいな。
    元々販売数も極僅かでしたが皆枯らせてしまった様で現存数は超稀少の様ですね。
    たまたま国内で維持されているのが幸運でした。

    中村

    2013/10/2(水) 午後 9:30

  • 内緒さん♪

    決りましたか!! 欲しいものを諦めないその気持ちが大好きです★
    P.Durval Nunes は TATUTA氏の死去後、Platycerium Ferns が受け継いだ形と想います。
    リリース初回から販売数が極端に少なかった事を考えると、胞子培養ではなく、
    恐らく TATUTA氏栽培品からのPUP増殖苗を販売していたのではないでしょうか。
    この辺の事はコロナさんが詳しく知ってそうですが・・・・・

    つまり独占ではなく、想う様に増殖出来ていなかっただけではないでしょうか。
    そして販売された苗はどれも小さかったので枯死してしまい残っていないとか・・・
    実際、国内で導入された数は5苗だと聞きましたが内2苗は直に枯れたと聞いています。
    残りは3苗ですが現存を確認出来るのはHIDさんと当方のものだけです。
    もしかしたら其れ以外はLOSTしてしまったのかも知れませんね・・・
    因みに栽培はとても簡単で成長も早いですのでご安心を。

    素晴らしい品種なので当方で増殖したいのですが・・・・

    中村

    2013/10/3(木) 午後 3:08

  • フェイス・ブックは・・・・・

    ネペンテス及びビカクシダの有名処と友達になれたのはとても嬉しかったです♪
    でも、ちょっとシンドイです.......=3
    私は本名でフェイス・ブックに登録していますが、何故か surface だとバレていて、
    栽培品をフォーラムに上げると、ここぞとばかりに質問のメーッセージが連続で来るのです。
    『ブログ見てるよ。あの個体はどうなったか? 近況を教えてくれ』
    『どうやって手に入れたのか?由来を教えてくれ』
    『トレードしてくれ、売ってくれ....etc』って感じです・・・・・
    私は英語が分からないので翻訳して返事を書くだけで参ってしまいます。
    今も返信が溜まっていますが無視しようかどうか迷っています・・・・
    でもイギリスやドイツの趣味家は紳士的な方ばかりですし無視も出来ないかなぁ。
    タイ語、インドネシア語、ウクライナ語のメッセージも届いていますが、こちらに関してはお手上げ状態でっつ=3=3=3

    以上はネペンテスに関してです。

    中村

    2013/10/3(木) 午後 3:23

  • ビカクシダに関してはワナ姫と友達になれた事が一番嬉しかったです♪

    ダーヴァルやマダガスカリエンセの写真をフォーラムに上げると、ネペンテスの時と違い
    圧倒的にアジア人からのメッセージが多いです(同じくタイ語はお手上げですが)。
    『売ってくれ!』と云うメッセージばかりが乱暴に書き込まれて来ます=3=3=3
    最初は受け答えしていましたが、かなりしつこいので無視する事にしました。
    マダガスカリエンセに関しては栽培法を聞いてくる人が何人かいました。
    タイ、中国、台湾では維持出来ている人が居ない様ですね・・・・・

    とにかく当分はコミュニティに写真を上げない事にしました・・・

    中村

    2013/10/3(木) 午後 3:32

  • 内緒さん♪

    P.Durval Nunes はそのうち絶滅する運命にある交配種なのかもしれません。
    貴方の様に熱意ある栽培家には是非手に入れて維持して戴きたいです。
    カルロス・タツタ氏の死は2011年11月に知りました・・・
    偉大な栽培家だったので残念です。

    フェイスブック(スマホ)は使い方がいまいち判りませんが、『英語を理解出来ません』と書きました♪
    FBでタイを中心としたナーセリーや園芸家の栽培品を観て想ったんですが、P.bifurcatum系やP.coronarium等が殆どでP.quadridichotomum、P.madagascariense を成長維持させている人を見つける事が出来ませんでした。
    P.coronarium等は現地の風土なら誰でも屋外で簡単にフルサイズに作れますね・・・

    確かにWanna姫は少しドライなところがあるかもしれませんね♪

    沢山のご質問ありがとうございました。 また機会があれば公開でのご質問も宜しくお願い致します!
    『情報は共有されるべき』をモットーにしておりますから♪

    中村

    2013/10/4(金) 午後 11:51

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事