ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

N.xtrusmadiensis clone 2.

イメージ 1
 Nepenthes xtrusmadiensis clone 2. / Borneo Exotics

トラスマディー山の名を冠する種小名を持つ本種は N.lowiiN.macrophylla を両親に持つ最も有名で素晴らしい自然交配種。
発見は1983年と比較的新しいが実際自生地であるトラスマディ山で探索しても滅多に見る事が出来ないらしい。
私は以前オーストラリアの Phill Mann 氏の素晴らしい栽培個体を観てどうしても本種を栽培してみたかったが全く市場に流れておらず入手は不可能に近かった。
2004年当時でスリランカの Borneo Exotics からリリースされた3cmの苗はたったの限定4苗のみで
其の価格は$300. 00-と云うものであった。
またオーストラリアの Exotica Plants で一度オークションにだされたものは$1,800. 00-と云う価格で落札された。
価格も凄いが其れ以前に欲しくても全く売っていない為に入手する事が不可能であった=3=3=3
 2008年春に念願の本種を入手出来た時は嬉しくて仕方なかった。
今では簡単に、安く買えるんだけどね=3=3=3


イメージ 2
 2011年12月現在  
2008年4月入手時は3cmの苗であったが3年8ヶ月が過ぎとても大きく成った。


イメージ 3
 N. xtrusmadiensis clone 2. の袋
まだ下位袋であるが形が良く見応えが充分。 僅か20cm弱しかない袋だが硬く分厚い袋はズッシリしていて実寸よりも結構大きく感じる。 
袋の周りは細かい毛に覆われていてスエードの様な感触だ。


イメージ 4
幼苗時は N.macrophylla の幼い袋と見分けが付かなかったが成長に従い N.lowii の下位袋の面影が出て来た。
植物体は N.macrophylla そっくりでとても硬く分厚い葉が印象的だ。


イメージ 5
 去年2010年5月
入手当時の私の栽培場は全く陽が入らない処であった。 その様な環境下でも機嫌良く葉を展開してくれて少しずつ苗の直径は大きくなっていた。 しかし2009年暮れに引越しして終日陽の当たる場所に作り場を設ける事が出来てから本種の成長速度が爆発した!

    ↓ 約 1 年 後 ↓
イメージ 6
 今年2011年6月
とにかく成長が速くなった。 ガッチリとした力強い草姿を見て日照の重要性が身に染みた。
当方のネペンテスは基本的に直射日光に晒しているので植物体がとても黄色い。 
本当は濃い緑っぽい草体が好みなんだが現在は植物体の成熟を急いでいるのでまぁ我慢するしかない。
植物体が黄色くなるのは光線過多による葉緑素の破壊が原因だとされるががががが=3=3=3
この超高カロリー栽培は兵庫県立フラワーセンターの土居先生の作り方を意識したものだが、新たに導入された植物は先ずは速攻で葉焼けして弱る。 導入してから2枚目の葉から環境に馴れて逞しい草体に成って行く。

    ↓ 更 に 半 年 後 ↓
イメージ 7
 2011年12月現在
めっちゃ大きく成った! 小さな鉢に比べて草体が大き過ぎてバランスが取れず直にひっくり返るので大きな鉢に植え替えた。
高山性着生種を大きな鉢に植付ける事は良くない。 地性種と違い根に新鮮は空気(充分な通気)を要求するからだ。
高山性種ネペンテスの場合殆どが着生種で根があまり発達しないので小さなスリット鉢で作るのがポイント!
当方の場合では鉢側面に沢山の穴を開け鉢底をくり抜いている。 そして下部から強制送風しているので大きめの鉢に植えつけている。


イメージ 8
 ステムのディティール
強い陽射をたっぷり浴びてステムがコブの様に太く成っているのが判る。 ビバ! 太陽!!!
当方では直射日光バリバリ超高カロリーで作っているが沢山の水を使い鉢底から強制的に強い風を送って根に新鮮な空気を送り続けている。  
今回は最近ステムの節間が僅かに伸び出したので慌てて栽培記録を付けた次第。


イメージ 9
 う〜ん、格好良い下位袋!  もう説明不要♪


イメージ 10
 唇のディティールUP
片親である N.macrophylla のギザギザ唇は優性遺伝子の様だ。 唇は硬くて触ると痛いxxx


イメージ 11
 Nepenthes xtrusmadiensis / Gunung Trus Madi  現地の素晴らしい上位袋の参考画像(借りた=3=3=3)
左の上位袋は蓋が凄く巨大で何とも云えない格好良さが魅力的! 
右の袋はガッポリ開いた巨大な口にギザギザの唇、そして奇麗な黄色が堪らなく素晴らしい上位袋!
何て素晴らしい袋だ! 私は N.lowii x truncataN.truncata x x Trusmadiensis の様な縦長の胴体に大きく開いた唇を持つ本種の様な袋が一番大好きな形だ!


イメージ 12
 当方の N.x Trusmadiensis clone2. を正面からパチ☆
う〜ん素晴らひぃ〜♪ 植物体の茎の節間が伸び出したので早ければ来年の5月位には上位袋見れるかもっ♪
愉しみィ−−−−−−−−−−−−−−−☆   ウキャッ♪




                〜  H A P P Y  B I R T H D A Y  A I K O ♪  〜
イメージ 13
 麗しのチーコ♪が4歳になったYO〜♪  早いねっ☆
家族みんなでハッピーバースディを歌ってあげた(P−子は赤ちゃんだから布団で寝てたケド)♪
凄くチーコ♪が喜んでくれて、其の姿を見ている私と妻もとても嬉しかった。


イメージ 14
 目がキューンとつり上がって嬉しそうなチーコ♪ 
毎日悪い事ばかりして怒られて泣いてるチーコ♪だけど最近は随分とお姉ちゃんになってしまった。 
父親としては少し寂しい気持ちだけど、チーコ♪は少しずつ大きく成って友達も出来て色んな事を学んで行くんだろうね。
生きて行く事は辛い事もあるけど愉しい事も一杯あるよ。 生まれて来て良かったねチーコ♪
生まれて来てくれてありがとうチーコ♪ 愛してる!


イメージ 15
 ケーキを待ってるジャイアント仔鉄ことO太
目の前にケーキが無い事が寂しいみたい........... 今度O太の誕生日もしてあげるから我慢しろYO=3=3=3

  • 顔アイコン

    ゴブリンさん♪

    高山性着生種の場合では用土は荒めの鉱物系だけでも根部の通気さえシッカリしてやれば根の活性が上がるみたいでつ。
    勿論、日光パワーは大事でつが!

    低地性種の場合ではコンポストに多少有機系を混ぜた方が良い様な感じですが。

    TM実生苗は愉しみが大きいですYO!

    中村

    2011/12/24(土) 午後 11:12

  • 顔アイコン

    本年も宜しくお願いしま〜す,surface様
    あるとき突然大きくなりますか〜、そうですか。
    楽しみで〜すです。子供さん達もすくすく楽しみですね!。

    [ si-mamede ]

    2012/1/5(木) 午前 11:16

  • si-mamedeさん♪

    明けましておめでとうございます! 旧年度は暖かいコメントを有難う御座いました♪
    今年も宜しくお願い致します!

    ネペンテスを大きくする為に最も重要なのは湿度なんかでは無く根の活性化(発育)だと想います。
    根が伸びれば植物体は巨大化します。 其の為には充分な日照と鉢内の通気が大切ですね。


    PS:実は si-mamedeさんの掲示板に書き込みをしたんですが又もや受け付けてくれませんでした><。
    何でですかねゑ???

    中村

    2012/1/5(木) 午後 8:25

  • 顔アイコン

    新年早々エラーが出てしまいました。今奮戦中です。すみませんです。
    そうですか!
    室内通気は何とかなりますが、日照はね〜。頑張ります。

    [ si-mamede ]

    2012/1/7(土) 午前 7:52

  • si-mamedeさん♪

    やはり掲示板は何らかのエラー状態にあった様ですね。

    近い内に再度書き込み致しますねゑ♪

    中村

    2012/1/7(土) 午後 10:56

  • 顔アイコン

    やはりtrusmadiensisいいですねぇ〜!
    trusmadiensisは画像みてみると、同じ種類でも袋の色や形がすごく違うので個人的には当たり外れがあります。が、このclone2は色も形もとても好みです!
    自分はマクロフィラ寄りの赤いtrusmadiensisはそんなに好きじゃないですが、このオレンジ黄色が強いタイプはかなり好みです^^
    Czplantsでtrusmadiensisの子苗が販売されているのをみたので、買っちゃおうか悩み中・・・。しかし、販売苗の画像かわかりませんが、参考写真の個体を見た限り襟が赤系っぽかったので赤系になりそうな予感・・・

    [ むっくー@食虫植物栽培ブログ ]

    2013/3/11(月) 午後 3:44

  • むっくーさん♪

    N.x trusmadiensis は最も【格好良い】交雑種だと云えます。
    昔は入手出来ませんでしたが今では簡単に入手出来る様になりました。
    当時この clone.2/BE を入手するのに大変な苦労をしたのを想い出します。

    むっくーさんはかなりマニア気質の様です! 貴方の様なハイマニアの若い方々が今後のネペンテス界を盛り上げて下さる事に期待しています!

    残念ながら当方の N.x trusmadiensis 苗は全て放出したのでお譲りできる苗はありませんが
    この clone.2/BE は現在凄い勢いで徒長しており1m以上あります。
    今年中に2m以上に伸びると想いますが、おそらく脇芽を出すでしょう。
    アダルトからの脇芽は成株の形質を保持しているので爆発的に成長します。
    お譲り出来ると良いですね!

    中村

    2013/3/12(火) 午後 5:43

  • 顔アイコン

    surface様
    ありがとうございます!
    2m・・・!そんなに伸びるものなんですね!(゚o゚;
    脇目が出て分譲出来るようになったら狙いたいと思います!^^

    [ むっくー@食虫植物栽培ブログ ]

    2013/3/12(火) 午後 6:44

  • むっくーさん♪

    ネペンテスの苗は全くもってナカナカホントに大きく成りませんが
    一旦成長を開始するとアラヨアラヨと巨大化が始まり、徒長を開始すると雑草の如くの勢いで伸びまくるのでつ=3=3=3
    こ〜なると手入れが追いつかずグチャグチャになってしまうのでつ。
    先日、久ブリの休日があったので伸びたネペンテスを株分けしようと想いましたが、切っている内に終わりが見えなくなってきたので結局全部棄てました。

    中村

    2013/3/13(水) 午後 2:51

  • 顔アイコン

    すみません、一つ質問なのですが、Czplantsに問い合せたら、扱っているtrasmadiensisはBEのものらしいのですが、BEのtrasmadiensisは何種類のクローンがあるのでしょうか??

    [ むっくー@食虫植物栽培ブログ ]

    2013/3/13(水) 午後 2:55

  • 顔アイコン

    え〜!?棄ててしまったんですか!?!?
    もったいない〜><
    オークションか分譲で複数株セットとかで売ればみんなほしがると思いますよ><
    安ければ自分も買いますよ^^

    [ むっくー@食虫植物栽培ブログ ]

    2013/3/13(水) 午後 3:01

  • 顔アイコン

    ありゃ!? 同時刻にレスですねゑ・・・・・♪

    BEの N.x trusmadiensis clone の由来ですが、元々は原産地で採取された N.macrophylla の種子を実生させてみたら N.lowii と交雑していたと云うものです。
    その実生苗からランダム選別で2個体をフラスコ増殖に掛け、其々を clone-1.、clone-2.としました。 故に市場に出ているのは2クローンと想ってくれたら良いです。
    因みに clone-2.は育成が比較的容易ですが、clone-1.は癖が強く当方でも余り上手く行ってません。

    追記:市場に出ているクローンは2つですが、先日BEが売り出した\20万のアダルト挿し木は
    【clone-4.】と云うものでした。 BEには当時実生した数個体を温存している様です

    中村

    2013/3/13(水) 午後 3:07

  • 顔アイコン

    なんだかチャット状態の様でつねゑ!

    先日棄てたものは N.aristolochioides や N.hamata、N.ventricosa、N.maxima数種に交配種多数の徒長した茎でしたので売れば総額最低20〜30万にはなったんですが
    挿し木を作ったり挿し穂を梱包して配送するのがもう面倒臭くて=3=3=3
    勿体ないですが、忙しいばかりで園芸を愉しむ時間も無い哀れなオヤジの選択肢でつ><。
    そのかわり温室はスッキリしましたYO〜v

    中村

    2013/3/13(水) 午後 3:15

  • 顔アイコン

    レス時間が重なりましたね笑

    clone1はsurfaceさんでも難しいのですか・・・。clone2であることを祈ります!
    clone1と2では子苗の時の小さい袋に違いはありますか??

    え・・・20万以上ですか・・・(゚o゚;
    あぁ、そんなに珍しい品種を・・・(´;ω;`)
    ほんと勿体無い!
    でもそこまで多くのネペンを挿し木や発送は確かに相当な手間がかかりますね・・・。
    20鉢程度のハエトリソウの植え替えでいっぱいいっぱいの自分には真似できません(笑)

    ハマタも面白い品種ですよね〜!あのギザギザは魅力です!エドワードシアナやビローサやハマタは難しいイメージで絶対育てられないだろうと眼中になかったのですが、surfaceさんのハマタブログ見たらすごく難しいというわけではないようですね!

    [ むっくー@食虫植物栽培ブログ ]

    2013/3/13(水) 午後 3:44

  • 顔アイコン

    ついでに輸入に関してもう一つ質問です。
    CITESについてですが、基本的に海外からハエトリやネペンを輸入する際はCITESは必要と思っていたのですが、輸入地域によっては無くても輸入できる場合もあるのでしょうか??(そういう記述を見たもので・・・)
    Czplantsからの輸入にはCITES必要ですか?

    [ むっくー@食虫植物栽培ブログ ]

    2013/3/13(水) 午後 4:15

  • むっくーさん♪

    clone2.の大きな株は稀に海外のウェブで見掛ける事がありますが、clone1.の育った株を観た事無いです。
    clone1.は赤味が強くて少し細いマッチョ系。
    clone2.は少し黄色っぽい太めの袋ですかね。

    勿体無いですね、、、最初は増やそうと丁寧に切り始めたんですが余りに数が多過ぎて、、、
    『もう、いいや!』って全部ゴミ箱に捨てました=3=3=3
    N.hamata ならクローンでも上位袋が着くアダルト挿し木なら20万以上の価値があるんですね。。。
    今回棄てた徒長した茎は何メートルもあるものばかりだったから50〜60本の挿し穂は取れたと想う。
    末端価格で総額20万で効かないね。 100万円位はあったかもね。

    高山性原種を育てるのは少しコツを憶えないといけないけど、そんなに難しいものじゃないYO。
    みんな無駄に難しく考え過ぎて無闇やたらに過湿しまくるから失敗するんだよねゑ=3=3=3

    中村

    2013/3/14(木) 午前 6:14

  • 顔アイコン

    すみません、ワシントン条約については無知ですのでお答えする事ができません><。

    山田食虫植物農園さんのフォーラムでご質問されては如何でしょうか。

    CITESに加盟していない国ならCITESの手続き自体が不要だと想いますが、どちらにしても国内に輸入する際に引っ掛ってしまうと想います。
    それより殆どの国がCITES加盟国だと想いますががががが。

    中村

    2013/3/14(木) 午前 6:21

  • 棄てるんだったら山田さんに送くれば買い取りしてくれたんでは、

    山田さんCzの代行募集中なんだからCzの輸入方法を聞いちゃかわいそうだよ(笑)

    [ 食虫無宿 ]

    2013/3/14(木) 午前 11:32

  • 食虫無宿さん♪

    挿し穂を梱包して発送する余裕もありませんでした・・・><。

    SO〜云えば、ぎゃばん君がネペンテスのHPをコッソリ開設しているの知ってました?
    かなり立派なHPでしたYO〜♪

    中村

    2013/3/14(木) 午後 1:46

  • 顔アイコン

    ありがとうございます!
    ますますclone2であることを祈ります・・・

    100万・・・。もはや本職より稼げたのでは?←

    自分もsurfaceさんのブログを知らなければ確実に蒸れさせていたと思います^^;素人でもとてもわかりやすく参考になる記事ばかりでホント感謝です!

    やはりCITESはつけたほうが確実で安心ですね。
    ありがとうございました^^

    [ むっくー@食虫植物栽培ブログ ]

    2013/3/14(木) 午後 1:53

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事