ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

P.madagascariense

イメージ 1
Platycerium madagascariense /  I Love Ferns Shop
with 幼き日のチーコ♪ 2010・6・27
 
 この夏も無休で働いてるZE! 何かこの2、3日間は連休だったらしいけど関係ないねゑ〜♪
けどねゑ、パソコン2台が壊れて修理。 ついでにOSをビスタからセブンと云うのに入れ替えてもらって、念願の
ホームページビルダーもインストールしてもらったYO!
そして作業車が連続して故障で立て続けの修理。 新しいファミリーカーも買ったので来月から新たなローンが発生する。 嗚呼、何時になったら生活が楽になるのであろうかかかかか=3=3=3
 
 
イメージ 2
 Platycerium madagascariense 2010年 6月27日
今から2年程前の草姿。 瑞々しく青々としたワッフルの貯水葉を展開中の綺麗な植物体♪
本個体は2009年の春頃にタイの I Love Ferns Shop よりとても小さな苗を導入したものの一つ。
輸入後すぐに貯水葉が腐り始めてもう駄目かと想ったがなかなか強靭ですぐに成長を始め大きく成った。
 
 
 
イメージ 3
 同じく2010年 6月27日の草姿
リゾームが綿棒の先程しか無い様なとても小さな苗であったが約1年と2ヶ月程でココまで育ち立派な胞子葉を展開する様になった。 この頃から胞子も出す様になった。
本体とヘゴ板を繋ぐマテリアルは一切使用せておらず直接ヘゴ板へマウントしている。 また肥料は一切使用していない。
 
 
イメージ 4
 2010年 7月10日 貯水葉の拡大画像
本種最大の特徴であり魅力的なワッフル。 他種とは一線を画する深い凹凸の貯水葉だ。
 
 
イメージ 5
 2012年 7月4日 今年初夏の様子。
上の画像から約2年後。 通年成長が止まる事なく順調に胞子葉と貯水葉を展開しているが余り大きくなった感じがしない。 本種はミニマム種なのであろうか。 
本種の事を調べても詳しい記述が何も無く、自生地の野生個体の画像を探しても見つからない=3=3=3
育成法を少し改善する事にしてみた。 今年の夏から肥料を添加し、ボリュームを増す為に貯水葉の間に
少しだけミズゴケを差し込んでみた。
 
 
イメージ 6
 同じく今年2012年 7月4日
なかなか大きな胞子葉を出す様になってきた。 私はビカクシダの栽培が下手くそで枯死に至らす事は無くとも
なかなか上手く作りこめない。 ビカクシダは種により産地の気候が大きく違い種毎に水加減が難しいのである。
水を遣り過ぎるとスグに腐るし、乾かし気味で作ろうと様子を見ていると突然ドライアウトしてしまうのである。
過湿や乾燥でリゾームを傷めると株は途端に小さくなってしまい復活させるのにとても時間が掛かる。
この水加減をなかなか掴む事が出来ないのである。 しかし本種はとても水を好みヘゴ板が常に濡れている様な状態であれば問題無く育つ。 逆に乾燥させると即刻アウトである。
本個体と一緒に導入した別個体も在ったのだがそちらをマウントしているヘゴ板はなかなか水を吸収せず、
充分に水を吸わせても保湿力が低いマテリアルであった。
その為に毎朝バケツに水を貯めて草体ごとヘゴ板をドブ漬けしても夕方にはカラカラに乾燥するので個体の成長が緩慢であった。 しかし夏のある日忙しくてたった1日水やり(ドブ漬け)をサボっただけでドライアウトで
枯死してしまった。 本種栽培のポイントはリゾームを決して乾かさない事である。
 
 
イメージ 7
 Platycerium madagascariense / マダガスカル・ヴォヒマナ保護林
珍しい自生地の野生個体画像。 沢山群生して見応えのある立派な株だ。
自生地では常に雨が降っている様な場所だと云う。 やはり本種は乾燥を嫌うのである。
他にも自生地での本種は必ずと云って良いほど Cymbidiella pardalina と云う蘭と共生していると云う。
互いに何か必要なものを持ち合わせているのであろうか。 
私も上記の蘭と共生させて本種を作ってみようと考えたが欄の草姿と花が余りに無様であった為に取りやめた。
 
 
イメージ 8
 今年20120年 7月8日
どんどん成長を続けるマダガスカリエンセ。 この夏を越し導入してから約3年と半年が過ぎた。
今後どの様に育ってくれるのであろうか。
 
 
イメージ 9
2012年 9月17日
海外出張から帰国してみると植物体が少し傷んでいた。 現在は新しい胞子葉と貯水葉を同時に展開中であるが先端が焼けた様に痛んでしまっている。
出張中は水遣りが出来ないので温室内の高山性種エリアに保管していた。 高山性種エリアは常時雨が降っている様な感じで、夜間は冷房機器が稼働し室温がかなり下がる。 
ちょっと寒すぎたのかな?

  • 顔アイコン

    ありがとうございます♪
    胞子はsurfaceさんもお忙しいと思いますので時間があった時にでもお願いします!

    Nepenthes lowii Mt.Kinabalu はまだ入手しておりません
    まさか出張中にロストするとは残念ですね
    よろしかったら大きな脇芽の方を分譲していただければありがたいですが申し訳ない話価格が少し気になります。
    どの程度かご連絡を頂けたら嬉しいです。
    よろしくお願いします

    [ みのちき ]

    2012/10/22(月) 午前 2:25

    返信する
  • ものちきさん♪

    流石に10日レベルの夏季出張でしたので全自動では賄いきれませんでした><。
    N.lowii Mt.Kinabalu の挿し木はこの秋に作ったばかりなので分譲は1年後程になります。
    完全アダルトからの脇芽挿し木なので1〜2年以内に確実に上位袋を付ける苗です。
    来年の今頃ご連絡致します。 価格が合えば宜しくお願いします♪

    中村

    2012/10/23(火) 午後 8:36

    返信する
  • 顔アイコン

    先生!
    ビカクの胞子の価格はいくらですか?

    リストとか あるのですか?
    見るだけでも楽しみです! もちろん価格が合えば前む(以下ry

    胞子は、郵便封筒→ポストにどぼんが送料安く速達簡単なのかと
    梱包代と送料代も明瞭ですしね!!

    [ コロナ ]

    2012/10/23(火) 午後 8:47

    返信する
  • 先生!
    私も胞子分譲ください!(笑)
    リストできましたらメールお願いします(^^)

    [ れいね ]

    2012/10/23(火) 午後 8:53

    返信する
  • コロナさん♪

    先生はおやめ下さい。 お願いします。
    私にとってビカクシダの師匠は貴方なんです。 本当に色々と教えて下さるし、
    実際、ビカクシダの品種の特定をほぼ明確に識別出来る方なんて貴方以外に居ないと想っています。
    貴方の栽培技術に関してはノーコメントでつが(^m^* ♪ (敬愛をこめて♪)

    ビカクシダの胞子は当然タダでつ! 喜んで進呈致します。
    Surfece's の分譲リストはウツボカズラ主体ですがビカクシダも出します。
    でも貴方ほどの目効きには見せるのが恥かしいでつYO=3=3=3

    中村

    2012/10/23(火) 午後 9:12

    返信する
  • れいねさん♪

    JO談でも、私に先生はおやめください。
    私は知識も栽培スタンスも二流です。 私自身は極みの次元に行きたいと想っていますが
    人間的に適当な部分が大きいので一生到達出来ないかも知れません。

    ビカクシダの胞子はタダですYO!

    Surfece's 分譲リストの問い合わせが多いのでなるべく早く更新したいと想います。
    次回は世界中の何処のナーセリーも販売した事無い種の超選別個体も一つ出してみようかなと想っています。
    価格は¥80万程しますが貴方のレベルなら枯らす事は無いと想います!
    買って下さい♪

    中村

    2012/10/23(火) 午後 9:20

    返信する
  • ぎょええええええ 80万ですかかかかかっ(笑) とりあえず温室建てますねぇそれでは胞子と分譲リスト待ってます!

    [ れいね ]

    2012/10/25(木) 午前 10:05

    返信する
  • れいねさん♪

    温室建設愉しみですねゑ〜! 超ハイテクな設備になりそう♪
    愉しみにしていますYO−☆

    中村

    2012/10/27(土) 午後 11:07

    返信する
  • ビカクシダの分譲リストも少し あるみたいなので楽しみです
    その時に、胞子も少し残っていれば嬉しいです。

    [ コロナ ]

    2012/10/27(土) 午後 11:37

    返信する
  • コロナさん♪

    貴方ほど目が肥えた方に当方のビカクシダはお見せしたくありません><。
    だって恥かしいもん=3=3=3

    胞子は必ず進呈いたします! お約束しますのでご安心下さい!!!

    中村

    2012/10/27(土) 午後 11:50

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。

    とうとうウチにもマダが来ることになりました。
    そこで教えて欲しいことがあります。

    1.直射日光でも葉焼けしないと記述がありましたが、逆に言うと耐陰性はないのでしょうか?
    屋上飼育になるので直射は実施可能ですが、他のビカクとの兼ね合いもあり、遮光は実施しています。その為、どのくらい遮光すべきか考えています。

    2.水あげについて
    水が好きなのはマダが絡んでいる交配種を育てていてもわかるのですが、常に濡れている状態を真夏も行っていますか?
    自分は真夏は朝に水をあげると日中の日差しでコア部分が高温になるのを避けて夕方にあげています。スコールのイメージで。

    こちらの環境を見ずに回答するのも難しいと思いますが、何かしら想像出来る事があれば時間のある時に教えていただけないでしょうか。

    [ みやぎ ]

    2016/1/13(水) 午前 8:04

    返信する
  • > みやぎさん

    ビカクシダ愛好家なら一度はマダガスカリエンセを育てなければ話になりません! ご入手おめでとうございます。
    今でこそ、国内増殖品の、育て易いアダルト苗が安値で大量に出回っていますが、10年程前は小さな苗でも3万5千円〜4万円以上でした。2008年にタイのWannaが2inchの苗を安値で大量に放出しましたが、それらを維持出来た人は皆無です。私はたまたま高山性原種ネペンテス栽培を追及していたので上手く育てる事が叶い、現在に至るまで約8年間維持出来ています。

    それではご質問にお答え致します。

    中村

    2016/1/15(金) 午後 10:12

    返信する
  • 1.耐陰性は低いです。当方では冬季の3ヶ月間、日照がゼロになります。枯れはしませんが植物体のクロロフィルが破壊され成長が停まります。
    沖縄はベストな風土だと想います。 適度な遮光で充分に育成出来ます! 直射日光下の超高カロリー栽培は私の得意ですが、水加減や充分な通気が絶対条件なので真似は難しいです。

    2.本種は根茎を乾かしてしまうと終わりです。
    常に根茎が濡れている事が最優先事項です。しかし、国内の夏季はとても高温になるので、根茎に溜まった水がお湯になってしまいます。そこで大切なのが通気です。
    宮城さんのお住いは大阪みたいに40℃近くならないですし、屋上ともなると風通しも抜群なので、乾かさなければ簡単に育ちますのでご心配なく!
    当方HPの本種のページに記載している自生地の環境を観て戴けたらお解りだと想いますが、本種は樹冠に着生し沢山の紫外線と風を受け止めています。尚且つ雨がよく降ります。

    中村

    2016/1/15(金) 午後 10:25

    返信する
  • 中村さん

    回答ありがとうございます。
    遮光しつつ、水揚げ感覚を掴まないといけなさそうです。

    ネペンを蒸れでやらかした経験があるので屋上といえど夏場の通気、蒸れに気をつけながら育ててみます。(もちろん中村さんのhp画像を見て想像を膨らませてます)

    最後にもう1つだけ。
    コンポストは水苔つかってますか?
    中村さんも水苔嫌いなイメージがありますが、私も嫌いです。ベラボン使うつもりですが、ベラボンだと乾きすぎる印象はお持ちでしょうか?

    質問ばかりですみません。

    [ みやぎ ]

    2016/1/16(土) 午前 11:29

    返信する
  • > みやぎさん

    ミズゴケは蘭の様に乾かして使う分には最高のマテリアルだと想いますが、水を多用する栽培法では腐敗が早く植物体の根を傷めます。 当然、マダガスカリエンセは根部を乾かしたら即アウトなのでミズゴケの長期使用は不向きですね。
    但しミズゴケをしないと云う栽培法は、当方栽培管理法を基準にしており、当時マダガスカリエンセを維持出来ている人は植物園を含めて皆無だったので、当栽培法がベストなんだと考えているに過ぎません。
    短期使用ならミズゴケは最高なマテリアルである事は間違いありませんし、コマメにミズゴケを交換しながら栽培管理出来るのであれば、上手く行くかもしれませんよ

    中村

    2016/1/17(日) 午後 8:48

    返信する
  • 当方では小さな苗の内はミズゴケで管理します。ビカクシダは小さな苗でも1シーズンで胞子を形成する程に成長するので、その後は根茎の細根が多少千切れても気にせず完全にミズゴケを取り除き、繋ぎのマテリアル無しで、板に直接マウントします。
    この方法は、当方の栽培環境に合わせた管理法なんです。 当方では晩秋から晩春まで日照が無いので、繋ぎを沢山使うと一度の潅水でも何時まででも根茎が濡れっ放しになり根腐れしてしまうからです。とにかく早く乾く様に考えた策です。夏季は毎朝、水を張ったバケツにドブ漬けする破目になりますが・・・・・
    もし私が宮城さんの栽培環境であれば間違いなくベラボンを使いますよ!

    中村

    2016/1/17(日) 午後 8:58

    返信する
  • 宮城さん

    そろそろ潅木性アリストロキアを始めましょ-----------
    私の温室でA.サルバドレンシスとA.アルボレアが花茎を伸ばしもう開花しますYO
    A.サルバドレンシスの開花は摂南大学、京都府立植物園に次いで国内3例目になります。
    A.アルボレアの開花も国内3例目になります。開花株は国内で京都府立と僕だけになります
    これをブログ記事にしたら多分盛り上がるだろうな〜!
    そしてら個人の栽培家と潅木性アリストロキアの距離が縮まり園芸界も盛り上がると想います

    中村

    2016/1/17(日) 午後 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    >もし私が宮城さんの栽培環境であれば間違いなくベラボンを使いますよ!

    背中を押していただきありがとうございます。
    私は水苔が扱いにくく、育てているビカクはすべてベラボンを使っています。

    が、ネット等で見るマダはほぼ水苔使用。。。
    迷ってました。

    ベラボン使い、乾きすぎず、濡れっぱなしになりすぎずで維持できるかも。。。

    それぞれ環境が違うので一概にこれでなくてはいけないとはないと思います。なので自分の育て方でやってみます。失敗はしないようにがんばりますが、失敗しても経験!

    観察しながら模索するのも楽しみですからね。

    [ みやぎ ]

    2016/1/18(月) 午後 6:28

    返信する
  • 顔アイコン

    そろそろ潅木性アリストロキアを始めましょ-----------


    分譲に出ているのも見てますし、オクに何度か出ていたのも知っています。
    イカ野郎もダースベーダーも育ててみたい。

    でもスペース問題が。。
    育てるスペースがない訳ではないのですが、台風時に収める場所がありません。

    イカ野郎もダースベーダー。。
    うーーーん なのが実情です。

    あと、色々とビカク繋がりも出来てビカク熱が上がっています。
    特に地元にビカク仲間が出来たのですごく嬉しいのです。

    [ みやぎ ]

    2016/1/18(月) 午後 6:35

    返信する
  • > みやぎさん

    園芸ライフを愉しんでおられるようですね!
    栽培家はそれぞれ住んでる地域や栽培環境が大きく違うし、その人の栽培スタンス(豆に世話出来る、忙しくてあまり世話出来ない)で水加減が全く変ってきます。
    植物の特性を把握し、その種が好む基本的な事は守らなければならないけれども、結局は自分流の栽培法を見つけなければならないんですよね。 でも、それを発見するまでに色々と試行錯誤するのが愉しいんですよね
    ご近所でビカクシダ仲間も出来た様で毎日が愉しい植物ライフだと想います。

    Fan 2 Strange Plants

    中村

    2016/1/21(木) 午後 3:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事