ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

N.rajah - Thomas Alt clone

イメージ 1
Nepenthes rajah -Thomas Alt clone / 山田食虫植物農園
 
 謹賀新年 明けましておめでとう御座います。 正月だと云うのに私は蓄膿症で寝込んでいる。 
去年の年末は雨が多く、現場作業をしている私は雨に濡れる事が多かった。 休みも無く風邪をこじらせていたのでずっと鼻をすすっていたのが蓄膿症になる原因だ。 以前より人間ドッグで副鼻腔炎の疑いアリ、再検査と診断されていたが、たかが副鼻腔炎ごときで仕事を休んでられぬと無視していた。
去年の年末30日、町内の夜警中に突然右側上下の歯が痛み出した。 我慢出来ぬほど痛い。 痛みは段々と広がって行き、右目、右頬が殴られた様に痛む。 同席していた方から強い痛み止めを戴き何とか耐えた。
しかし翌日の大晦日は更に痛みが酷く、顔面右側が殴られた様に痛み右脳まで痛いではないか!
妻が病院を調べてくれたが何処も診察は無理で薬しか渡せないらしい。 
薬を飲むと副作用で食欲不振、激しい吐気と目まいがする。 熱気があり寒気もあるので寝込むしかない=3
せっかくの大晦日だと云うのに何も食べれず、せっかく買った食材も無駄。 家族もトーンダウン。
そして元旦。 体調が回復する訳が無い。 症状に苦しみ寝たきり。 元旦は妻方の実家に新年のご挨拶に行く予定であり、ご馳走やお年玉抽選会などのイベントを用意して頂いていた。 
流石に妻も私に嫌気がさして『 信じられない! 』と怒って子供達を連れて実家に帰った。 悪い事をしたと想うがこんな症状で妻の実家にご挨拶なんて行けない。 行ってもご迷惑をお掛けするだけだ。
嗚呼、、、ホンマに。 私は何時もイベントになると身体を壊すのだ。 小さな頃から愉しみにしている行事を迎えると必ず病気になっていた。 もう死にたいWA=3=3=3
 
  
 今まで2週間毎に定期的なブログ更新をしてきたが今回で更新を終了する事にする。 
私は貧乏暇無で自分の時間を殆ど持てない。 本来愉しい筈のブログ自体が私生活を圧迫していたのである。
今後は家族のイベントに併せて不定期で栽培記録等を書く事にする。
しかしウツボカズラ入門者へのサポート精神は決して薄れる事は無いので今後もご感想やご質問には丁寧にお応えするつもりである。 ご質問に関しては納得出来るまで何度でも質問をお受け致します。 
私はウツボカズラ趣味の底上げとマニアの増加を本気で願っている。
 
 さて、新春初回の栽培記録は毎年恒例の N.rajah - Thomas alt clone の栽培記録である。
イメージ 2
 去年2012年12月16日 植物体
 
約5年前、4cm前後の小さなフラスコ苗を山田食虫植物農園より分譲して戴いた。 
5年の月日が経ち草体の直径は1m10cmを超えた。 しかし鉢は未だ8号のままである。 
この冬の間に何とか12号〜15号鉢に鉢増ししたいのだが余りに草体が大きいので植替え作業は一人で無理。本種は植替えを極端に嫌うので無理して草体を痛めてしまうと其の後の成長が止まり縮小してしまうかも知れない。 計画を練り丁寧な植替えを施さなければならない。
当温室は住宅街の隙間に立地しているので晩秋になり太陽の位置が低くなると殆ど日照が無くなってしまう。
11月中旬から極端に陽射が減り12月〜翌3月中旬までの間は午前中の30分ほどしか陽が入らない。
しかも私の住む大阪和泉市には槇尾山があり冬季は晴れの日でも分厚い雲が停滞していて殆どが曇り。
この時期は植物の成長が止まってしまい、暖房費だけが嵩む=3=3=3 
高山性種の育成がもっとも有利なこの時期に冬眠させ、栽培困難な夏季が育成のピークだなんて皮肉的である。 通年の日照を得る事が叶えばもっと作れるのになぁ。
 
 
イメージ 3
 N.rajah の袋
 
未だ小さいが王者の風格が垣間見れる袋。 成熟した株が実らせる捕虫嚢の容積は4ℓとも云われる。
捕虫嚢の大きさだけではなく他に類を見ない巨大な口と余りに大き過ぎる蓋、1m50cmを超える草体は
種小名が冠するラジャの意味通り、ウツボカズラの大王。 食虫植物界の王様なのである。
 
 
イメージ 4
まだまだ小さいが、今までくの字に反り返っていた蓋が唇を覆う様にドーム状に変化した!
1930年代のアメ車が誇る分厚いボンネットの様な蓋になるのも間近だ。 国内においては本種を苗から育成して成熟させた事例が未だ無い。 完全なボンネットが完成したら国内初の快挙となる。
 
 
イメージ 5
 私は本種に特別な想いがある。 
ウツボカズラを栽培する者は誰もが必ず本種に憧れる筈である。 私もその一人。
N.rajah は夏季の暑さに耐性があり丈夫で良く育つ。 しかしながら栽培に独特な癖があり小さな苗を大きく出来る栽培家は殆ど居ない。 熟練の栽培家であっても本種を60cm前後にまで育てた地点で成長の勢いが無くなりやがて脇芽を吹き主茎が衰退してしまうと云うジンクスが存在し、私如きの様な栽培家には本種のボンネットを見る事なんて一生無理だと想っていた。 
去年の栽培記録を付けた時がジンクスを破れるかどうかの地点であった。 見事ジンクスを打ち破り今に至った以上、絶対に完全なボンネットを作らなくてはいけない。 失敗は許されない!
 
 
イメージ 6
 チーコ♪と巨大な N.rajah 植物体
 
1m10cmを超えた巨大な草体。 まだまだ大きく成る筈であるがどうしたら良いのか判らない。
嬉しい悲鳴ではあるがな。
本種はワシントン条約1類附属の絶滅危惧種でありクローン体であっても輸入に厳しい条件が付く。
個人輸入するとなると輸入申請から許可が下りるまで1ヶ月以上も掛かり、それでも検疫で止まってしまう等のトラブルが時々発生する事を考えるととても輸入出来るものではない。 
しかし国内では山田食虫植物農園がクローン培養体を保持されているお陰で我々は信じられない様な価格で本種のクローンを入手出来る事が出来る。
 
 下記に山田さんが本種のクローンを入手した時の苦労のエピソードを載せてみる。
 
30年以上昔の話になりますが当時ネットではネペンは購入することができず手に入るネペンといえば
Nalata、N.maxima,などでした。
研究会などに入り念願の N.ampullaria が入手出来た時の感動は今も覚えています。 
当時は往復ハガキと返信用封筒同封でのやり取りが主流で販売リストなるものを送ってもらうような感じです(書きながら懐かしい)。
Exotica Plantsの当時の販売リストを今でも持っています。 蛍光ペンで品切れの品種を消していく感じでした。個人の方が N.rajah を売りに出された時は2cmの苗が12万もするものでした。 
買おうと散々悩んだ挙句踏み切れませんでした。 
その後海外の研究会に色々と入り情報を集め知ったのがウィスツバ氏、ニーズ氏、トーマス・アルト氏です。
当時は非常に驚くほど珍しい種類を培養で増殖されていてFAXでやり取りしていたのを思い出します。
その時に培養に興味をもちウィスツバ氏には色々と教えていただきました。 
しかしながら無菌培養物を決して売ってくれる事はなく私の要望に応えてくれたのがトーマス・アルト氏です。
彼はドイツの警察官で趣味で培養をしているようでした。 
N.rajah の1フラスコの価格は¥80000位でしたが飛びついて買ったのは言うまでもありません(20年位前)。 
彼は発送にも気を使ってくれてコンタミした時の予備にと数本に分けて送ってくれました。 
その時彼は趣味のラグビーで足を骨折してしまい実際の作業はドイツ食虫界の大御所の方たちがしてくれたようです(その当時は名前を見ても判らなかった)。 
その時のフラスコを20年以上培養し続けているのがsurfaceさんが掲載してくれたN.rajah Thomas Alt cloneです、大きくなった姿を私自身見ていないのでsurfaceさんよろしくです。
 
 我々ウツボカズラ栽培家が素晴らしい苗を安価で入手出来るのは全て山田さんのお陰だと想う。
 
 
 
 
 
 
〜 チ ビ た ち の お 正 月 〜
イメージ 7
1月2日 チーコ♪
今年の正月は私が寝込んでしまったせいで全く正月らしくなかった=3=3=3
でもチーコ♪には関係ないみたいだねゑ♪ いつもニコニコして可愛いなねゑ〜★
先日、妻に内緒でこっそりチーコ♪にチョコレートをあげた。 チーコ♪は大喜び。
その翌朝、妻にチーコ♪は  『 昨日パパに内緒でチョコレートもらったねん!』
『 すごくおいしかったよ-----! 内緒やで! シ----やで!』 と報告していた。
全然内緒になってないやん=3=3=3
 
 
イメージ 8
O太♪とP-仔♪も何時もどおりに元気だYO〜☆
O太♪は相変わらずポーカーフェイスでマイペース。 大事な事は何も話さない。
お話してもワザとトンチンカンな応対をするので困ってる。 元気だけがとりえ♪
P-仔♪はO太♪と同じで凄く力が強い。 気が短くて何時もキーキー云ってる。
我が家は毎日が戦争♪ キーキーギャーギャー凄くうるさくて愉しいYO☆

  • 雄太郎さん♪

    栽培品にクズなんてありませんYO〜!
    大事な事は自分の栽培品にどれだけ惚れ込むかですね♪

    お気遣いに恐縮致します。 質問やご感想は大歓迎なので気にされないで下さい。
    ただ、お返事が何時も遅くなってしまうので申し訳ありませんが。

    現在分譲中の N.rajah は直径65cmのもので本記事のものとは違うものです。
    本記事の N.rajah は1mを超えた超大株で発送も出来ませんし分譲するつもりも無いですYO〜★
    現在は完全なボンネットになっていますYO−★★★

    中村

    2013/7/27(土) 午前 8:29

    返信する
  • 顔アイコン

    なんと、ラジャの超大株を2つもお持ちだったとは・・・・
    恐るべし中村氏。
    おお、ついにボンネット形成しましたか。報告楽しみにしております。
    返信が遅くなっても、私の場合家に居る事が少なく、確認する時間があまり無いので、気にする事はありません。あくまで、私の場合ですが。
    しかし、ラジャは憧れですね。 削除

    [ 雄太郎 ]

    2013/7/28(日) 午後 7:50

    返信する
  • 雄太郎さん♪

    本種は一般的に3cm以内のフラスコ苗を入手して育て始める事になります。
    しかしその様な苗は蒸らさない様に気を付けながら保湿してやらないと大きくするのが難しく
    皆さん苦労されている様です。 しかし触らずにジッと我慢していれば突然大きくなり始めます。
    そうなるとあれよこれよと巨大化して行くのです。
    とは云えほとんどの方が蒸らせたり触り過ぎて大きく出来ないまま枯らしている様です。
    大株から吹いた脇芽挿し木なら誰でも簡単に大きく出来るのでお勧めします。

    何時もありがとうございます!

    中村

    2013/8/3(土) 午後 5:49

    返信する
  • この記事のHouse産ephippiataのコメントを見ていて気になったのですが、自生しているネペンテスの花の種を勝手に採取して持ち帰っても問題ないのですか???

  • むっくーさん♪

    ボルネオ原産のネペンテスは全てサイテス附属なので種子の持ち出しも禁止です><。

    中村

    2013/10/2(水) 午後 8:16

    返信する
  • やはりそうですよね(>.<)ということはHouse産はもう入手不可能かも知れないと言うことですね…
    AWからG.rajah産のエフィピアタが出てましたがrajah産エフィピアタは見たことありますか?

    facebookを始められたのですか!
    自分はTwitterをやっていますが、Paul Bardenという海外の栽培家をみつけ、いつも素晴らしいネペンの栽培品を載せているのですが
    Paul Barden氏という方は有名な方ですか??

  • むっくーさん♪

    ホセ山の N.ephippiata (EP所有の個体)の入手は難しいですね。
    あれだけの株なので成長も爆発している筈なんですがジェフ氏は一向に放出しませんねゑ。
    因みにジェフ氏は栽培家としては大御所なので【門外不出】的な体質を持っています。

    ラヤ山のクローン、或はカリマンタン(かなり大雑把な表記ですが)と云うのがありますが
    何となく大元で混乱してしまって何だか判らなくなってしまったのではないでしょうか・・・・・
    ラヤ山といったらゴルフ場とかある開けた処なんでしょうが他に目ぼしいネペンテスが無い為、今となっては探索する人も居ないかもしれません。
    私が生きている内に現在入手出来る N.ephippiata-clone の他のバリエーションを拝む事は無いのかもしれません。。。

    中村

    2013/10/3(木) 午後 7:34

    返信する
  • フェイス・ブックは苦労しています・・・

    ネペンテス及びビカクシダの有名処と友達になれたのはとても嬉しかったです♪
    でも、ちょっとシンドイです.......=3
    私は本名でフェイス・ブックに登録していますが、何故か surface だとバレていて、
    栽培品をフォーラムに上げると、ここぞとばかりに質問のメーッセージが連続で来るのです。
    『ブログ見てるよ。あの個体はどうなったか? 近況を教えてくれ』
    『どうやって手に入れたのか?由来を教えてくれ』
    『トレードしてくれ、売ってくれ....etc』って感じです・・・・・
    私は英語が分からないので翻訳して返事を書くだけで参ってしまいます。
    今も返信が溜まっていますが無視しようかどうか迷っています・・・・
    でもイギリスやドイツの趣味家は紳士的な方ばかりですし無視も出来ないかなぁ。
    タイ語、インドネシア語、ウクライナ語のメッセージも届いていますが、こちらに関してはお手上げ状態でっつ=3=3=3

    以上はネペンテスに関してです。

    中村

    2013/10/3(木) 午後 7:35

    返信する
  • ビカクシダに関してはワナ姫と友達になれた事が一番嬉しかったです♪

    ダーヴァルやマダガスカリエンセの写真をフォーラムに上げると、ネペンテスの時と違い
    圧倒的にアジア人からのメッセージが多いです(同じくタイ語はお手上げですが)。
    『売ってくれ!』と云うメッセージばかりが乱暴に書き込まれて来ます=3=3=3
    最初は受け答えしていましたが、かなりしつこいので無視する事にしました。
    マダガスカリエンセに関しては栽培法を聞いてくる人が何人かいました。
    タイ、中国、台湾では維持出来ている人が居ない様ですね・・・・・

    とにかく当分はコミュニティに写真を上げない事にしました・・・

    Paul Barden氏ですか、すみません知りません!
    ちょっと検索してみましたが素性がわかりませんでした。
    まだまだ世界には面白そうな栽培家が沢山いるのでしょうね!

    中村

    2013/10/3(木) 午後 7:38

    返信する
  • 限界まで伸ばして一気に切って放出したりしないのでしょうかね〜><
    surfaceさんの撮影する写真は綺麗ですからね〜!ネペンテスの美しさがより引き立ちます!ネペンブログでこのようにこだわって撮影している方は非常に少ないと感じます。
    そして後ろに立派な温室とたくさんの植物が写ってるだけでsurfaceさんと断定できそうです^^笑
    売って欲しいというコンタクトはそんなに多いのですね^^;
    いちいち翻訳して返信してたらそれだけで休みがなくなりそうですね・・・
    facebookの自己紹介ページに栽培品は売りませんと書いておくのはどうですか??

  • むっくーさん♪

    門外不出・・・ 苦労して漸く出逢えたONLY 1★
    他人に譲る位なら捨てた方がマシ、、、マニアは放出しないと云う性質が強いです。

    え、、、私の写真は綺麗じゃないと想います><。
    時間が無いのでカメラ任意で適当に撮り貯めているだけですYO=3=3=3
    それでも、そう云って戴けたら嬉しいですが・・・・・

    フェイスブックではネペンテスとビカクシダの分譲希望やトレード希望、種子、胞子の問い合わせが
    昼夜を問わずひっきりなしです。 海外栽培家の水準は高いですが、栽培品で『凄い!』と想えるものは余り観た事無いです。
    白いラジャやアリサプトラナ、または実生選別の高山性原種を海外で持ってる人は皆無です。
    海外では選別抜擢の意識が低いのかもしれません。

    フェイスブックを(生まれて始めてのスマホを)使い始めて10日位なので使い方がいまいち解っていないのですが、とりあえず『英語は喋れません』と書いてみましたYO!

    中村

    2013/10/4(金) 午後 10:19

    返信する
  • 顔アイコン

    そもそもフェイスブックの目的は海外の栽培家と繋がるのが目的でしたから、矛盾してしまいます=3=3=3

    フェイスブックで国内の栽培家とコンタクト取るのは絶対嫌(対処し切れないから)ですが、
    断われないですよねゑ・・・

    中村

    2013/10/4(金) 午後 10:20

    返信する
  • まぁその気持ちも自分はわかりますけどね〜^^;広まれば広まるだけせっかくのレアな品種の価値も低下してしまいますからね・・・
    surfaceさんのように積極的にどんどん放出する個人栽培家はかなり希だと思います!

    surfaceさんは適当に撮影しているとおっしゃいますが、初めて見たときこんなキレイに撮影できるのはとても良いカメラを使ってこだわった撮影をしているのだろうと思いました!
    他のネペンブログの撮影写真となにかが違うんですよね!この綺麗な写真に影響されて、綺麗な植物の写真を撮ろうと自分のブログでもよりキレイに撮れるよう拘って撮影するようになりました!
    最近色々撮影していて思ったことは、surfaceさんは光を上手く使ってネペンを撮影している事がキレイに撮れてる理由なんだろうという結論に達しました!新しい大きな温室を建てられてからの写真は一気にキレイになってる気がします

  • 日本は山田さんの力が大きいのでしょうかね?
    ユタカとかアリサとか珍しい個体が日本に多いと聞きました。

    海外では山田食虫植物農園のように苗をバンバン輸入して代行輸入も引き受けるようなところはないのでしょうかね?

    海外の栽培家とつながるのは楽しいですね!自分も初心者栽培家ながらもツイッターやYoutubeで海外の栽培家と積極的にコンタクトを取っています^^しかし、なかなか効率よく海外の栽培家を見つけられなかったですが、確かにFacebookは見つけるには良さそうですね!盲点でした。
    あと、どーでも良い事ですが、実は小中学生の時の友達でsurfaceさんと同姓同名の友達がいましたww

  • むっくーさん♪

    確かにレアな種が広がると価値は下がりますね〜♪
    しかし高山性原種を維持出来ている人は想像以上に少ないのです。
    私は良いものを放出して永遠に受け継がれる事を望んでいます。
    しかし破格値では出しません。 相当価値だと想って手に入れた人は大事にして下さりますからね!

    私は本当に対して意識して撮影していませんYO・・・・・
    ただ、どの角度から見るのが一番格好良いのかを知っています。
    後は順光で撮影すると色が飛んでしまいテクスチャや透明感が失われてしまうので少し逆行気味で撮影する方が良い事を今年覚えました・・・

    中村

    2013/10/5(土) 午前 0:16

    返信する
  • 海外にはクローンばかりで現地由来の抜擢個体が維持される事は少ないです。
    ボルネオ高山性原種はかつて国内にて多く維持されていましたが現存数は極僅かになってしまいました。
    今後導入される見込みも無いので稀少価値は加速するかもしれませんね><。
    しかしタイの山採り業者がその内、超破格値で現地品を放出するかもねゑ・・・
    実はタイの業者は N.rajah 等の現地採取品を(50cmで¥3,000-)伐採、販売していたんですが、高山性種を管理する術が乏しく損失が大きかったので現在は低地性原種ばかりを販売しているのです。

    私と同姓同名の友達が居ましたか・・・・・その友人は天使の様な人に違いありません!

    中村

    2013/10/5(土) 午前 0:23

    返信する
  • なるほど、確かにそれなりの値段を保つことが出来れば普及しても価値としてはあまり変わりませんね!
    50cmで三千円ってやすすぎますね・・・その業者も儲ける気があるのでしょうかね^^;

    あともうひとつ前から聞いておきたかった事があるのですが、そちらから分譲していただいたN.ventricosa x ephippiata , N.ventricosa x TM[b] , N.lowii x truncataの花はオスメスどちらでしょうか?
    わかっているものがあれば教えてください!

  • むっくーさん♪

    タイの物価は日本の1/10以下ですし下請けである現地のシッパーも含め発展途上の国なので
    CITESの認識は浸透していません。ネペンテスなんて雑草程度の価値でしか無いのです。
    雑草程度のもの1つで現地の月収近くの金になるって事ですね。

    N.ventoricosa x ephippiata 及び N.Sabre 共に♀です。
    N.lowii x truncata #2、3共に未だ開花を経験していないので雌雄の確認は出来ていません。
    因みに N.lowii x truncata #1.は♂でしたが、その臭いは私が今まで経験した中で一線を画するほどの悪臭でした><。

    中村

    2013/10/9(水) 午後 11:21

    返信する
  • なるほど・・
    現地では規制がユルいからこっそり採って海外に売れば凄い収入になるわけですね。
    それによって野生の植物が絶滅に繋がり兼ねませんね・・・。新しい個体が入手できる可能性は栽培家にとっては嬉しいことですが、種の絶滅の可能性を考えるとやめてほしいですね><

    ベンエピとsabreはメスでしたか!
    ありがとうございます、交配するときの参考にします!
    いずれ、自分の栽培品同士を交配させてその中から選別して新しい素晴らしい品種を作ることが夢なので、Sabreやlowii x truncataとなにかを交配させてみたいですね〜!片親によっては凄い面白い交配種が生まれそうな気がします^^

    あと、先日ついにN.rajahに手を出してしまいました^^;
    キナバル山現地由来苗のようです。どんな個体になるのか楽しみです^^

  • むっくーさん♪

    ボルネオからタイへの果実等輸出に紛れ込ませてネペンテスを密輸しているらしいです。
    タイに渡った時はボロボロらしいです。 その後のトリートメントで低地性種は何とか持ち直すみたいですが、N.rajah 等の高山性種は殆ど枯死してしまうみたいですね。
    枯らす為に大量に採取されているなんて悲しいですね。

    むっくーさんは凄い勢いで成長されていますね! 既にハイ・マニアです。
    素晴らしい!貴方の様な方を待ち望んでいました★

    実生の N.rajah ご入手おめでとうございます!

    中村

    2013/10/11(金) 午後 6:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事