ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

P.vassei #1.

イメージ 1
Platycerium vassei #1.( Platycerium alcicorne var.Madagascar )
 
 今日から今月いっぱい夜間工事に入る。 
当分は朝晩逆のドラキュラ生活が続くが、家は日中、子供達が暴れまわっているので寝不足が続きそうだ。
 3月に入り太陽の角度が変わってきたので漸く温室に僅かながら陽がさす様になってきた。
冬の間は日照不足と低温に凍て付き、葉を傷めて成長を止めてしまった植物達が一気に成長を開始しするのももう少しの我慢だ。 5月に入り成長が爆発するのが愉しみだ。
 
 さて今回は P.vassei の栽培記録を初めて記す事にする。
P.vassei  P.alcicorne のシノニムであるが明確な表記が無いので困っている。 
P.alcicorne はゴンドワナ大陸分裂後、アフリカ大陸とマダガスカル島でそれぞれ独自の進化を遂げた。
ウェブで海外のサイトを調べると大陸産のものを挿して P.vassei と説明されている場合が多いが、
画像検索するとマダガスカル産のものを挿して P.vassei とされている。  またアフリカ産およびマダガスカル産の中の細葉のものを P.vassei とする説明もあった。 一体どっちがどうなのか、ビカクシダに関してはアカデミックな文献が極めて乏しく調べても真実に辿り着く事が困難である。 
しかし国内でビカクシダの分類や品種、由来を追求され熟知されている浅井氏に習って、
私はマダガスカル産の P.alcicorne  P.vassei と している。
 
 
イメージ 2
とても小さな苗であったが艶やかで元気一杯の草体であった。 氏には随分とお世話になった。
 
 
イメージ 4
 2010年10月11日
家に来てから約1年と7ヶ月後、漸くマダガスカル産のアルシコルネらしい靴ベラの様な胞子葉を出してくれた。
私の栽培技術が未熟なせいでもあるが、本種は他種に比べて居様に成長が遅い様に想える。
貯水葉は一年に2枚しか展開しない。
 
 
イメージ 5
 2011年6月19日
マダガスカル産の特質である、貯水葉上部のワッフル・テクスチャが遂に出来た!
しかし家に来てから2年と3ヶ月経つがあまり大きくなった気がしない。 
一時期面白く無くなってしまった時期があるので杜撰な管理で根腐れさせてしまったのも原因の一つ。
この後はまた栽培モチベーションが下がってしまいかなりアバウトな水管理をしてしまい、また根腐れさせてしまった。 去年の初秋にミズゴケを殆ど抜き取りマウントするヘゴ板のマテリアルを良いものに取り替えた。
 本種は P.bifurcatum と似ているが性質が全く異なっており高温と水を好む。 乾燥に耐性が無くリゾームが乾いてしまうと即ドライアウトする様であるが、逆にリゾームが常に濡れている様な状態だと直に根腐れする。
この水加減が難しく私の様な初心者にとっては難しい原種である。
 
 
イメージ 6
 2013年3月4日現在 
家に来てまる4年を過ぎようとしているが、過去2年半は成長させてやれなかった。 去年から肥料を使い出したので今年も肥料をたくさんあげて大きく作り込んでみたい。
ビカクシダはウツボカズラに比べると維持する事がとても簡単な植物であるが、種によって形質の幅がとても広く
特に水加減が難しいと感じている。 
ウツボカズラは原産地の平均の環境を作り出す事が出来れば自動制御で殆どのものが簡単に育ってしまうが
ビカクシダは種毎に水加減を合わせて手潅水してやらないと上手く作る事が出来ないのである。
当方では自動制御でウツボカズラを育成しているので、最近はウツボカズラ栽培が簡単過ぎて面白く無くなってきた。 逆にビカクシダ熱が再燃してきているので今年はビカクシダを充分作り込めたら良いなと想う。
ビカクシダ作りに勤しむ充分な時間を作れるかどうかが問題であるが。
 
 
   追 記 : P.vassei の由来について広島の小林氏から情報を戴きました。
 『 P.vasseiですが、個人的な見解を少し。。。
P.alcicorne ver. madagascarP.vasseiという考えは変わらないのですが、P.alcicorne ver.Africaが後に発見されたから、P.vasseiからP.alcicorneのver違いで分類したのではないかと思います。
現に、Charles Alford氏のHPには、P.alcicorneP.bifurcatum cultiver cv.Netherlandsとの別名があるとも書いてあります。
という事は、アフリカverよりマダガスカルverの方が先に発見されていて、早く流通していたと考えられます。
P.vassei ( = alcicorne madagascar = bifurcatum cv.Netherlands) ⇒ ver.africa発見 ⇒ vasseiからalcironeに名義変更、ver違いに分類されたという流れかと・・・・・・   少し無理やりな感じがしますが。
日本で混同しているのは、アルシコルネが輸入した際に昔の呼び名で入ったからかと推測。
この辺りはホントに憶測でしかないので、信頼性に欠けますが。。。 』
 
 以下は Charles Alford の原文 
Platycerium alcicorne is from Africa and Madagascar. The mainland form and the Madagascan form are quite different, with the African generally much larger, and somewhat easier to grow.
Many plants are incorrectly sold as P. alcicorne, or P. 'Alcicorne'. This is another name for a P. bifurcatum cultivar, Cv. Netherlands. I believe this is the most common staghorn in the U.S.

The African form, above, formerly known as P. vassei, is a very nice staghorn. As the photo illustrates, the fertile fronds are erect, and look much like antlers. One interesting characteristic of this species is that the shield fronds begin as a beautiful, bright green, then turn chestnut shortly after maturing. This is an adaptable, easy platycerium. A good choice for growing outdoors in south Florida.

http://www.rareferns.com/Platycerium%20alcicorne%20mad%201_small.jpghttp://www.rareferns.com/Platycerium%20alcicorne%20Mad4_small.jpg

The photos above illustrate the form of P. alcicorne from Madagascar, and show the arrangement of the spore patches. The color is gray-green, more like the close up of the fertile frond.

 
小林さん、 貴重な情報をありがとうございました!
もし Platycerium vassei について明確な事を知っておられる方はご一報下さい。 
 
 
 
 
★O太♪おたんじょうびおめでとう★
イメージ 7
4才になったね♪
 
 
 
イメージ 8
いつもポーカーフェイスで何を考えているのか判らないO太♪
自分の気持ちを押し殺して直に暴力に走ってしまう。
先日はお姉ちゃんの顔に深い引掻き傷を作ってしまったね。
初めて私におもいっきり頬を打たれてショックで大泣きしたね。
段々と素直になって自分の気持ちを表に出せる様になると良いね!
がんばれ!
 
 
イメージ 9
O太♪はパパが大好き。
私の傍から離れようとしない。 とても可愛いね♪
 
 
 
 
ひ な ま つ り ♪
イメージ 10
チーコ♪はやっぱり女の子
雛祭りが大好きなんだね。 凄く嬉しそうだった。
今年もママの手作りお雛様おにぎり良かったね♪
 
 
イメージ 11
今年も妻がお雛様のおにぎりを作ったYO〜♪
 
 
イメージ 3
P-仔♪は未だ立って歩かない=3=3=3
万年赤ちゃん、お〜よちよちよち・・・♪
歩けないくせに凄く気が短くて直に切れるねゑ=3=3=3

  • 顔アイコン

    F2.→F3.→
    かぁ

    そう、確かに
    ホーンズサプライズは、マダ×アルキでも
    やはり、ホーンズはホーンズ

    簡単に書いちゃえば、
    マダ:アルキ=5.5:4.5 じゃあなく
    マダ:アルキ:オリジナル=5:4:1だと思う。

    だから、ホーンズは、新種ってことでいいんだと思う。
    よく雑種、雑種言うけど、誰にも似ていないホーンズの個性っていっぱいあると思うんだ。


    ちょっと話変わるけど、クローンですら環境変化があるくらいだからね。

    [ - ]

    2013/3/20(水) 午前 10:13

    返信する
  • 内緒さん♪

    人は変わりますからねゑ〜♪ 4、5年前ブログで絡んでた友達の殆どが辞めてしまいましたね。
    突然やめてしまう人もいるけど、結婚して子供が出来たり、仕事が見つかってブログをやめたりと良い方向が多いかな〜?
    私は進歩が無い・・・・・と云う事かな?

    え〜? コロナさんはかなり激しく絡んでたYO〜!
    あの人は超サイコちっくなサディストだけど私は凄く好きなんですYO♪

    何はともあれ新生活愉しみですねゑ〜♪
    進学されるんですねゑ! たくさん勉強してイッパイ遊びも謳歌して下さい☆
    そして将来、一流企業に就職したら、今の日本の企業の様に中小企業や商店の商売を食潰してしまう【イナゴ】式事業展開を止めさせてください!
    今まで上手く回っていた業界に、畑違いの大企業が参入して単価を下げて大量販売。
    そして駄目になったら、また次の分野に進出して食い荒らす・・・
    一度下がった単価を元に戻すのは無理。 どうなる日本!

    話が逸れてしまいました、すみません。
    ご丁寧に有難う御座いました♪ こちらこそ宜しくお願いいたします!

    中村

    2013/3/20(水) 午後 3:46

    返信する
  • nanonanoさん♪

    O太♪の誕生日をお祝い戴きありがとうございます☆
    バクダン(O太)は最近マリオブラザーズに夢中なんでつYO〜♪

    今月はビカクシダの栽培記録でしたが来月もビカクシダの栽培記録でつ。
    今年はビカクシダばかりになると想います♪
    ネペンテスへの興味は尽きる事がありませんが、栽培を極めてしまった感があり、栽培に興味が全く無くなってしまいました><。

    ビカクシダは栽培が比較的容易な故に放置し過ぎて全く作れていませんでした。
    今後は大好きなビカクシダに夢中になると想います♪

    80万円のウツボカズラは何れ合間見える事があると想いますのでお愉しみィ〜と云う事で♪
    まだまだ値段を付ける事も出来ない様な個体がワンサカ有りまつYO〜♪

    中村

    2013/3/20(水) 午後 9:01

    返信する
  • ころなさん♪

    P.Horne's suprise の後世代をオリジナルと受け止める話が面白いです!
    ところで胞子培養ではなく、株分けした苗って元株の形質を維持しない事ってあるんですか?
    4年程前に d.a.bさんより戴いた Leaft Dragon由来のホーンズを維持していますが
    最初はホーンズ特有の美しい濃い緑色だったのに、2年半位前から真白になってしまい、まるでメロンの様です。
    これは形質変化なのか、生育環境によるものなのか、それとも病気なのか・・・・・
    子株は親株のクローンと認識していたのですが、シダ植物の場合、子株は親株とは別個体になるのでしょうか?

    後世代と云えば、麗しのワンナ姫様の処で P.Cheales Alford のF2.が販売されていますね!
    色々な個体が出てくるでしょうね! もっと尖がった攻撃的なフォルムのものも現れるかもっ!
    知人は注文した様ですが私は金欠で注文出来ませんでした><。。。
    嗚呼、凄く欲っすィーいっっっ=3=3=3

    中村

    2013/3/21(木) 午前 6:01

    返信する
  • 顔アイコン

    株分けした苗は僕は無性芽と言って、クローンって考えてます。
    だけど、クローンじゃないって言う人もいます。夢があってイイですね。


    >〜〜メロンの様
    生育環境によるものですねぇ サーフィスさんが育てたら、そういう風に変化した、 また僕に預けたら違った変化を見せるでしょうねぇ


    >シダの場合、別個体になる?
    それはないでしょうね。他と同様、クローンですよん。 削除

    [ 取り急ぎ ]

    2013/3/21(木) 午後 7:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ビカクシダは環境変化で全く見た目が変わりますから、日本の仲間内で出回っている、PUPなんかは必然的に強健になりますよね。子株が親株になりPUPを出す、そいつがまた親株になりPUPを出す。
    段々と日本産に近づいていくのではないでしょうか。
    クアドリディコトマムがビカクの中で一番、栽培が難しいです。それは現地のビカクを山採りしてきて、自分の家で飼う って事が出来ないからです。
    これは、休眠のサイクルが激しいからです。
    でも、クアドリはPUPを出します。これを日本産として飼い慣らしていけば、クアドリも自分の家で簡単に飼うことが出来てしまうんです。
    砂漠みたいな場所で生きるビカクは超乾燥に耐えるために根が弱くなっていて、育てるのが難しいです。ワリチーもそうです。 削除

    [ 取り急ぎ ]

    2013/3/21(木) 午後 7:21

    返信する
  • 取り急ぎさん♪

    はじめまして、ご感想戴きましてありがとうございます!!!
    先ず始めに、戴いたコメントの文面で取り急ぎさんがかなりのビカクシダ栽培家と云う事が覗えます。
    シダ植物を何も知らない当ブログへ貴重なご意見を戴けた事に感謝致します。

    株分け苗については遺伝学的に【クローン】でしかありませんよねゑ。
    ただシダ植物に関しては素人ですので植物生理学的な形質変化が有り得るのかとも想いましたが
    やはり当育成環境によるものでしたか。
    そうなるとビカクシダって本当に奥が深い植物ですねゑ!
    作り方で全く異なる草姿を見せてくれる・・・
    種毎で制御できればどんなに面白いものに作り込めるか!

    ロマンです★

    中村

    2013/3/21(木) 午後 9:46

    返信する
  • 親株が吹く仔犬だけを世代交代をさせ続け日本の風土に適応させると云う観点は素晴らしいです!

    P.quadridichotomum、P. wallichii については全くの素人ですが
    同クローン体が世代を繰り返す(同クローン体が世代を繰り返すと云う表現は間違っていますが)ごとに
    環境に馴化(形質変化して行く)すると云うのは是非実験してみたいですね!

    期待通りのレスが出来ず、期待外れさせてしまったかも知れませんが
    当方未熟極り無い故、ご勘弁下さい。

    今回は短い文面の中にも学ぶものが大きかったです!
    もし良ければまた教えて下さい! 励みになります★

    中村

    2013/3/21(木) 午後 10:03

    返信する
  • 入院中に本記録とコメント読み返してみて、バッセイについて調べまくってみた。
    やはり本当のバッセイはマダガスカル産の個体群を差す。
    海外の古い書籍に大陸産のアルキコルネをバッセイとしているものがあり、それを鵜呑みにしたWebでも大陸産をバッセイとしているが、それらは間違い。
    先ず由来として古いのは大陸産の個体群であり、栽培の容易さから古くから流通している。一方マダガスカル産の個体群は後から発見されたとあるのでアルキコルネのシノニム(バッセイ)になるのである。また原産地の風土の特性上、栽培もやや難しく、ビカクシダ農園の本場タイでも維持が難しく故に国内での流通量は稀少である。
    偽物は一杯売っているけどね…

    中村

    2014/9/27(土) 午後 2:37

    返信する
  • ビカクシダだけじゃなく、他の分野でも同等の間違いが元で混同されるケースは良くある。
    人は古い文献や権威的な物を信じてしまうからである。
    私はマダガスカル産の個体群をP.alcicorne var.Madagascarではなく敢えてP.vasseiと表記するのには理由がある。マダガスカル島がアフリカ大陸から分断する以前は大陸産のものも島産のものも同じ個体群だったが、分断後に長い年月を経て両種は全く違う種として進化してしまった別種と認識しているからである。
    大陸産と島産を育生すれば判るが両種の特性は全く違う。それに見た目の特質はまるで別物でしかない。
    私にとっては両種は別種であり下位分類されるべき種だと考えている。
    故に本個体群はP.alcicorne var. MadagascarではなくP.vasseiなのである。

    中村

    2014/9/27(土) 午後 2:55

    返信する
  • バッセイ(P.alcicorne var.Madagascar)は国内のオークションで常時出品されているが、本物だと確認できる個体は殆ど無く大抵は誤品か交配種である。これらのものがバッセイとして普通に流通している事も本物の混乱の原因になっている。

    師匠がバッセイには2つのフォームがあると教えてくれた。当時私には解らなかったが、現在その2つのフォームを栽培しており、その事実を確信することが出来た。現在はそれぞれをナンバーで分けているが、近いうちにバッセイの品種違いとして表記するつもり。

    バッセイは本当に素晴らしい…

    中村

    2014/9/27(土) 午後 3:07

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは

    Durval Nunesの記事のコメントにバッセイの事が書かれていたので気になる事を教えてください。

    まず、バッセイの見分け方って貯水葉上部の凹凸以外に何かあるのでしょうか?

    バッセイは私が初めて手にしたマイファーストビカクなので知っておきたいなと思いまして。。

    そして、うちではあまり気にせずそれなりに育っている感がありましたがそんなに環境に敏感でしょうか?
    (成長点が2つ出来て1つを取った時から成長がちょっとストップしてしまいましたが)

    うちのはある程度のサイズがあるから丈夫なのかな?

    また

    暑過ぎるのも駄目。日中30℃以内、夜間10〜20℃ほどの冷涼多湿な環境じゃないと育たない

    と記されていたのも気になっています。

    真夏は30℃超えるし、夜間も熱帯夜。
    それでも一応育っているので。
    もちろんこの温度にならないと即ダメになるとは思っていませんが… 削除

    [ みやぎ ]

    2014/11/20(木) 午後 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    この温度の記述で気になる本音は、この環境ってlowiiが維持できる最低ラインではないのか?と思えた事です。

    バッセイがそれなりに維持出来るのならばlowiiももしかして… と淡い期待が。。
    甘いかな…

    ここは環境が良いだけで、ただ放置気味で育てて維持できるだけの様な気がしてもうちょっと知識、技術をあげたいなと思っています。 削除

    [ みやぎ ]

    2014/11/20(木) 午後 8:02

    返信する
  • > みやぎさん

    P.vasseiの判別はとても難しいです。
    理由としては栽培難易度が高い割りに地味なので本種を本気で栽ってる栽培家が少なく情報が殆どありません。本種を栽培出来ているのは南アフリカ周辺の趣味家だけで南米やタイのナーセリーは維持すら出来ていません。故に国内で流通する事は基本的に無く、殆どの場合、交配種が'マダガスカル産'として流通している様ですね。
    しかし過去に本物も輸入されているのは確かです。
    バッセイの判別は貯水葉上部の凹凸だけではありません。
    ↓参考に当ウェブサイトの【P.vassei】ページを観て下さい
    http://surface-fukuro.com/vassei.html

    画像の上段左から1〜2、画像中段のMantadia国立公園の個体は本物ですね。 そして下段のShaun Pillay氏とOlaf Pronk氏はそれぞれ南アフリカとマダガスカルの友達で栽培品は自生個体採取品なので紛れも無く本物です。

    中村

    2014/11/24(月) 午前 8:41

    返信する
  • 同じく当ウェブサイト【P.vassei】ページの中段画像の故Carlos Tatuta氏と
    Kunadwood Jidom氏の栽培品には貯水葉上部の凹凸はあるものの純血のバッセイには見えません。凹凸の深さや貯水葉のテクスチャ、実葉の形状や大きさと量等です。
    集中して観て下さい。純血個体の特徴が見えてくる筈です。
    そして冒頭に『P.vasseiの判別はとても難しいです』と云った理由ですが、本種は栽培環境で草姿が大きく変わってしまう所です。基本的には僅か1〜2対程しか無いペラペラで小さな実葉が特徴ですが日照条件が良ければ当ウェブサイト【P.vassei】ページの上段左から2番目の個体の様に実葉が大きくモリモリと育ち'靴ベラ'の様な実葉を展開する事があるのです。 この'靴ベラ'の様な実葉は大陸産xマダガスカル産の交配種にしか見られない特質です。しかし大陸産のP.alcicorneは剣山の様な実葉を何対も展開し'靴ベラ'の様な実葉を決して形成しません。

    中村

    2014/11/24(月) 午前 8:42

    返信する
  • '靴ベラ'の様な実葉はバッセイが持つ形質で環境で変化する様に感じています。
    大陸産xマダガスカル産ではその遺伝子が優勢的に発現するんですね。
    師匠がバッセイには2つのフォームが在ると教えてくれました。
    地域変異体として別の個体群が存在するのか、環境よる草姿の変化なのか? これについては幾ら調べても判りませんので、私は'純血'と想える個体を導入して現在調べてる段階です。しかし当栽培下では難しいです。冬季に日照が無くなり休眠状態に入るからです。大陸産のアルシコルネは耐陰性があるのか冬季もクロロフィルが無くなる事なく春からの立ち上りも早いですが、マダガスカル産のバッセイは日照が無くなるとクロロフィルが破壊され黄色くなって弱ってしまい春からの立ち上りがとても遅いです。バッセイは休眠させてはならない種です。通年成長させてやらないと愚図付いてしまいます。

    中村

    2014/11/24(月) 午前 8:42

    返信する
  • 『暑過ぎるのも駄目。日中30℃以内、夜間10〜20℃ほどの冷涼多湿な環境じゃないと育たない』と云うのは極端な説明ですね。これは私の知る中で、
    本種を唯一大きく成長出来ている南アフリカの友人達の栽培環境なんです。35℃程になっても全然大丈夫だし最低気温も10℃程までなら余裕でしょうね。
    宮城さんのバッセイは本物だと想っています。なので無理を云って分譲して戴きました。ありがとうございます!

    N.lowiiですが、そちらの気候でも大丈夫ですよ。沖縄とは云え大阪の真夏よりは涼しい筈ですし冬季の温度管理も本州に比べると有利です。
    夏季はとにかく蒸らさないように通気良くする事です。
    ただN.lowiiの幼苗は環境変化に弱いみたいで大きく出来ている人は殆ど居ません。 少し大きめの苗や成熟した株からの増殖苗を導入される事をお勧めします!

    中村

    2014/11/24(月) 午前 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは

    丁重な回答、ありがとうございます。
    言われて見比べてみると故Carlos Tatuta氏とKunadwood Jidom氏の画像は胞子葉がナローというか細い気がします。

    自分の所のバッセイは中央左のMantadia国立公園の個体に似ている気がする。今の所'靴ベラ'のようにはならないのです。 削除

    [ みやぎ ]

    2014/11/24(月) 午後 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    環境も面白いですね。

    確かに沖縄は真夏もそちらより気温が低いですし、冬はそちらより暖かい。35-10℃以内って感じなので育てやすい環境なのかもしれません。

    本当に環境には恵まれているなと実感します。

    で、送ったバッセイは大丈夫でしょうか?
    もうちょっと子株を育ててから送るよう用意もしているのでしばしお待ちを!

    lowiiも蒸れさえ気を付ければどうにかなるかもと都合のいい解釈をしチャレンジしてみます。 削除

    [ みやぎ ]

    2014/11/24(月) 午後 9:29

    返信する
  • > みやぎさん

    バッセイは古くに交配され、戻し交配も行われているかもしれません。
    それらがマダガスカル産のアルキコルネ(バッセイ)として世界中に流通してしまっているので目茶苦茶です=3=3=3
    私は純血のバッセイを探しています。 南アフリカのShaun氏の個体は現地採取された野生個体で、彼とは植物交換の約束をしたりと割りとコンタクトを取っているので本気になれば純血種の入手は可能なのですが、バッセイ以外にもネペンテス、アリストロキア等多方面で追求しているので後手後手になっている状態です・・・・・
    とりあえずは純血と想える個体を育てて見極めましょう!

    送って下さったバッセイはまだ枯れていません!
    ありがとうございました! しかしこれからは日照が無くなるので来春に目覚める事を祈るばかりです。
    来年の5月に良い報告が出来ると良いのですが・・・・・

    中村

    2014/11/30(日) 午後 8:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事