ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

N.ventricosa cv.Kishino

イメージ 1
 
Nepenthes ventricosa cv.Kishino
 
 最近、何かと話題に上っている N.ventricosa のクリーム。
艶やかな白い袋筒に透明感のある桃色の唇が最高に美しい原種。
在来系と呼ばれるタイプである。 本種は丈夫で増殖力が強いので幾らでも増える。 故に昔は\1,000〜\2,000-で売られていた。 安値=雑多なイメージなのか、古い趣味家の温室には必ず在ったが新しい趣味家で欲しがる人があまり居なかった。
しかし数年前、N.ventricosa-在来系の生産農家が廃業し山田食虫植物農園も売り切った途端に本種の姿がすっかり消えてしまった。
ちょうど2年程前の事であろうか、N.ventricosa-在来系を求める趣味家が殺到しオークションでは小さな鉢でも\20,000-で取引される有様であった。
当ブログで栽培記録を付けた種に人気が付く事が多い様で、私も山田さんの商売に少しは貢献できている事を誇りに想う。
  とにかく N.ventricosa-在来系の生産農家の廃業に伴い本種の価値観が見直され"在来種"を極めようとする考えが芽生え出した。
素晴らしい事である。 
 
 
イメージ 2
  2012/7/14 Nepenthes ventricosa cv.Kishino
本種の在来種のルーツは多く古くは1910年代に国内に持ち込まれれ増殖していた様である。 その在来種は N.ventricosa f.porcelain の様に緑色の袋筒を持っていたと云う。
しかしながら当時の鉢を維持している話を聞いた事が無いので国内での現存は絶望的だと考えている。
その後1984年に故岸野正巳先生がフィリピンより持ち帰ったものが園芸店に渡り増殖し広まった聞いているが、別由来からも白い N.ventricosa が入っていた様でそれらが混同して世に広まっていたと云うのが事実である。 
また、故岸野先生が1984年に N.ventricosa を導入したのはポリスパスから1個体だと文献に記述されているが、事実はポリスパスから緑色になる2個体を含む、白袋系3個体を導入され、其々にナンバーが付いていた。
またポリス峠なる場所など実際は無く、ゲリラが出没する、地元警察も行きたがらない危険な場所の比喩として故岸野先生がポリスパスと名付けた山道である。
 
イメージ 3
  管理が杜撰でダニに食害された草姿が汚らしいが、捕虫嚢の美しさは最高級。
 2年前の3/5に書いた鉢は山田食虫植物農園からのものだが、この故岸野先生由来の個体との相違点が見付からない。 
以前は袋筒が緑色になる個体を持っていたが、私は白い袋が好きだったので緑のものは手放した。 さてこの故岸野先生が3個体を持ち帰った白い袋の在来系は寸胴なもの、瓢箪型になるもの等、其々が明確な違いを持っていたと聞いているが、その事実すら私には識別出来ない。 当方で同じ鉢を長年育てていると季節や栽り方、用土の具合で捕虫嚢が色んな顔を見せてくれる。 色も白くなったり卵色になったり若草色になったり。 形も瓢箪型、寸胴、驚くほど大きくなったり小粒になったり・・・・・
海外から近年出されている"alba"も同じにしか見えない。
去年、山田食虫植物農園のフォーラムで在来種について少し話題になったが、
本種の白い在来形に個体差なんてあるのか?と最近は想ってきた・・・・・
 
 
 
イメージ 4
  Nepenthes ventricosa cv.Kishino の花芽
この鉢は雌花である。 山田食虫植物農園由来のものも雌株であった。
実は N.ventricosa-在来系の♂株を見た事が無い。 これは偶然なのか・・・・・?
因みにこの鉢は春と秋に2度開花し来訪する虫に受粉を媒助され種が弾けているが
一度も実生した事が無い。 当方栽培環境下はかなりワイルドだからね。
 
 
イメージ 5
 故岸野正巳先生と若き日の土居寛文先生
 もう30年以上前の写真である。 当時故岸野先生が採取した N.ventricosa-在来種は土居先生が受け継いだ。 
国内で現存する在来系のルーツは土居先生の記憶だけが真実でしかない。 
私は土居先生の言葉を信じ、それを後世に受け継ぐ事が使命であると考えている。
ただ土居先生はよくラベルを無くす・・・・・・
 
 
イメージ 6
  Nepenthes ventricosa cv.Kishino 至高の美である。
 
 
 
★ Merry Christmas ★
イメージ 7
 ハワイの友人 Christian James  
 
 
イメージ 8
 ★ HAPPY CHRISTMAS ★
 昨夜は家族とのクリスマスをゆっくりと過ごせた♪
昨日は仕事がとても早く片付き昼から時間が取れた!
子供達が母に書いたクリスマスカードを皆で母の病院へ届けた。
母はとても嬉しそうにしていた★
それから家族で買い物を愉しみ夜のパーティーは皆で歌った♪
 
イメージ 9
Dom Perignon
私はドン・ペリニヨンを沢山呑んだ〜★
やっぱりドンペリは最高に美味しい!
グラスは恩師の形見ウェッジウッド♪
貧乏人が刹那の贅沢を味わえた。
 
これで年内のブログ更新も締めくくり。
良い新年を迎えたいね♪

  • 顔アイコン

    価格についてはいろいろな面がありますね。私も、昔の高価だった時代も知ってますし、その後、T氏主導の「価格破壊」の時代も経験してます。ただ、目の前で中学生くらいの子が、財布握りしめて目を輝かせてるの見ると、ついつい、いいよって言ってやりたくなります。w

    [ ippai_attena99 ]

    2013/12/30(月) 午前 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    やはり夏に暑がっているんですね。

    マンションなので、限界がありますが、来夏はもっと通風をよくする方法を考えています。鉢も通気がよく、冷やしやすい素焼きに、秋に植え替えました。どのくらい効果がでるか楽しみです。
    冬の日照不足はどうしようもありません。妻のドライアイがけっこうひどいので、LEDを今以上つけることができません。それでも大半のネペンは袋をつけているので、仕方ないですね。

    岸野先生株は白身が強いですか! それは楽しみです。
    surfaceさんからのご連絡を楽しみにお待ちしています。

    [ mko**han ]

    2013/12/30(月) 午後 2:50

    返信する
  • ベントリコーサのクリームカラーは本当に素晴らしいですよね
    他のネペンテスとは一線を画す色合いとフォルムを持っていると思います。
    僕の中のベントリコーサを表現する言葉は「最も美しいネペンテス」だと思います。
    ビーチバリオストライプなど綺麗と思えるネペンテスは沢山ありますが
    あのツルッとしたフォルムにクリームカラーそして美しい真っ赤なリップこれほどの要素を備えたネペンテスは他にいませんずっと憧れの種類でした
    値段に踊らされているようでは真の価値はかたれませんよね

    海外からベントリコーサのアルバを入手しましたが在来系との相違点が見つからないので恐らく同一個体かもしれません

    [ みのちき ]

    2013/12/30(月) 午後 8:58

    返信する
  • 食虫植物人さん♪

    初めまして! お初に戴いたコメントのレスが遅くなり申し訳ありません。
    何時もこんな感じでご訪問戴いた方にご迷惑をお掛けしていますが
    ネペンテスについて真剣な情報交換が出来る事を愉しみにしております。
    なので宜しければ今後も宜しくお願い致します。

    N.ventricosa-在来系は現在も入手困難なのですか・・・
    当方には増殖苗のストックが多くあるのでプレ値ではなく適正価で放出しています。

    ネペンテス・ツリーはインパクトありますよねゑ〜★
    私も何度か作ってきたいなと想った事がありますが、新鮮な袋を切除するのは怖いですよね・・・
    切断面kら雑菌が入ったりしたら最悪ですし、悪性ウィルスが入ると抗体を持たない植物はアウトですからね・・・・・
    何で植物ってウィルスに抗体を持ってないんでしょうかねゑ・・・
    なので無意味に新鮮な葉を切る事を極力避けています。

    食虫植物人さんも良いお年を★

    中村

    2013/12/30(月) 午後 10:09

    返信する
  • ビッキー♪

    ありがとうございます。 とりあえず母は今日退院致しました。
    今後、抗癌剤治療を行うか、抗癌剤治療を行わず経過を見て再発した時にどうするか・・・です。
    母も70歳ですので。

    やはりドンペリは美味しいですよ! 最高に堪らない味です★
    あ〜想い出しただけでまた呑みたくなってきた!

    中村

    2013/12/30(月) 午後 10:11

    返信する
  • イーハトーブさん♪

    素敵なクリスマスを過された様ですねゑ〜♪
    ルビンコを遠い目で見ないで暖かい目で見てあげて下さい♪
    まぁ、そんなに臭いのは嫌ですがね・・・・・・x

    シャンメリーですか、私も子供の時は大好きでしたYO−★

    中村

    2013/12/30(月) 午後 10:13

    返信する
  • さかきまもるさん♪

    本種は真白な雪の肌に艶やかな赤いルージュと云ったフェミニンで妖艶なイメージがピッタリですね。
    またケーキのメレンゲやマシュマロ、キャンディの様な甘いお菓子の様でもあります。
    しかし洋式便座の様にも見えませんか〜?
    私や妻も本種を見てトイレを連想していましたが、2歳の末娘も本種を見て『パパのしーし』と云うのでやはりトイレっぽいのだと想います。

    N.ventricosa-在来系のルーツはとても古く全ての由来を正しく纏める事は不可能です。
    私は当時の事を知る先生達から聞いてきた事だけをここに記したに過ぎません・・・

    中村

    2013/12/31(火) 午前 8:05

    返信する
  • レッドイヤーさん♪

    確かに本種は他種と違ってスムージーな袋ですよね。
    あれ〜、やはりトイレには見えませんでしたか・・・
    以前は夕食一食分の価格で大量に出回っていたので本種を語る人なんて余り居ませんでしたが、現在はとても高い評価を得ています。
    不思議なものです・・・・・

    励ましの言葉をありがとうございます。
    暖かくなったら子供達と近所の公園に行きたいです♪

    中村

    2013/12/31(火) 午前 8:16

    返信する
  • midor iさん♪

    今年最期の記録にビカクシダの写真を用意していたんですが
    飛入りで N.ventricosa-在来系の事を書く事になりました。
    すみません・・・・・

    来年は貴方の様に丁寧にビカクシダを栽れたら良いなと想います!

    中村

    2013/12/31(火) 午前 8:19

    返信する
  • ippai_attena99さん♪

    私は自分主観の考えだけで答えてしまいました。
    確かに個人所有の栽培容積でネペンテスを最大限に出来る家庭は多くない筈です。
    植物園に寄付すると云う事はそういった意味で貢献出来ます。
    今後は意識します。 私が間違っていました。

    消費者が極めて少ない小さな市場で、個人が破格崩壊を行うと国内の生産農家が潰れてしまいます。
    Borneo Exoticsで100個のネペンテスを買うと1鉢の値段が1/3になる上におまけで20苗位付いてきます。
    つまり通常\5,000-のネペンテスが僅か\1,600-で輸入出来るのです。
    個人が100単位で輸入し、そんな値で放出したら・・・
    山田さんの処は売れなくなるし、現に『ぼったくり』と書かれる始末・・・

    でも、財布握りしめて目を輝かせてる子供を見ると私も『いいよ♪』と云ってしまいまつが♪

    中村

    2013/12/31(火) 午前 8:37

    返信する
  • mko**hanさん♪

    素焼き鉢は植替え時に破棄しなければならないので使いまわしが出来ませんが
    通気が良く鉢内の温度を下げるのに有効ですね。
    中川先生は蘭用の凄い鉢を使っていました。 軽石の様なマテリアルで、用土の乾き具合がとても良さそうでしたよ。
    何処で売っているんでしょうか。

    奥様ドライアイですか。 お気の毒です。
    実は私もそうなんです。 百貨店等に行くと暖房がきつすぎて目がシバシバするんです。
    またご連絡致します。 良いお年をお迎え下さい。

    中村

    2013/12/31(火) 午後 7:03

    返信する
  • みのちきさん♪

    N.ventricosa-在来系は最も美しいネペンテスですね!
    国内から在来系が海外に渡ったのは知っていますが、現在売っている"alba"と同一個体かどうかは判りませんね。
    在来系と"alba"を同じ環境下で3年程育て比べると判ると想います。
    山田さん曰く全く別の由来だと云っていましたが。

    しかし本種が市場から消えてしまうなんて想像も付きませんでした。
    あんなに溢れかえっていたのに・・・・・ やはりウツボカズラは消耗品ですか・・・
    生産農家さんの重要さを再認識しました。
    皆で山田食虫植物農園を守りましょう!

    中村

    2013/12/31(火) 午後 7:06

    返信する
  • 度々失礼します。
    >当方には増殖苗のストックが多くあるのでプレ値ではなく適正価で放出しています。
    とは、分譲可能な在来系の苗が有るということでしょうか。先に予約されている方がいるのであれば諦めますが、もし余剰株が有るのであれば、自分にも分譲して頂けないでしょうか?いきなり失礼かとは思いますが自分としても折角の機会を逃す訳にはいかないので…

    [ 信濃 ]

    2014/1/1(水) 午後 5:34

    返信する
  • 顔アイコン

    食虫植物人さん

    明けましておめでとうございます
    N.ventricosa‐在来系はストックが20本以上あるので分譲出来ます。
    メールでお問い合わせ戴けたら画像と価格を返信致します。

    仕事が忙し過ぎて当方ウェブサイトの分譲ページをなかなか更新出来ていません。
    感心がある種があれば何でもお問い合わせして下されば、探していたものが手に入るかもしれません(*´ω`*) 削除

    [ 中村 ]

    2014/1/1(水) 午後 10:39

    返信する
  • 明けましておめでとうございます
    本年も宜しくお願い致します。

    有難うございます!
    確認のメールを送らせていただきました。

    [ 信濃 ]

    2014/1/2(木) 午前 10:01

    返信する
  • 顔アイコン

    食虫植物人さん♪

    此方こそ本年も宜しくお願い致します(*´ω`*)
    本日植物の写真を撮れたので、明日メール致します♪ 削除

    [ 中村 ]

    2014/1/2(木) 午後 10:12

    返信する
  • 顔アイコン

    古い記事へのコメント失礼します。

    在来系で昔、「雪だるま」といわれる袋全体が真っ白になる個体のエピソードを読んだ記憶があるのですが、そういう名前の選抜個体があったのでしょうか。
    それとも栽培環境等で上位袋が真っ白になったものを、一部の方がそういうふうに呼んでいたのでしょうか。

    ご存知でしたら、教えていただきたいのですが。

    [ mko**han ]

    2019/1/17(木) 午前 11:48

    返信する
  • > mko**hanさん

    『雪だるま』というのは耳にした事がありませんが、かなり昔に真白な捕虫袋のベントリコサの写真を見て、国内から海外まで躍起になって探したものです。
    私の知る限りですが、その様な品種は存在していません。
    しかし当方が放出した故岸野氏由来の在来系が先方では真白な袋を着けました。
    ↓ 画像です
    http://surface-fukuro.com/vent_Kisino8.jpg

    昔は株が徒長して上位になると袋が白くなるのかと想っていましたが、当方では10年以上維持していますが2mほど徒長してもこんな白い袋を着けた事がありません。
    しかし放出先では短い挿し木苗でも白い袋が出来たみたいですので、白い袋は環境によるものだと認識しております。

    中村

    2019/1/19(土) 午後 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    返信ありがとうございます。

    私も真っ白い袋を見てみたくて楽しみにしているのですが、分譲していただいた岸野株も、別の在来系も全部白くはなりません。
    岸野株は、去年はすべての袋が緑っぽい感じになってしまいました。

    surfaceさんも以前書かれていましたが、在来系は微妙な環境の変化で、色、形が変わって面白いです。
    いつか真っ白い袋を見てみたいので、いろいろ試してみます。

    [ mko**han ]

    2019/1/20(日) 午前 10:02

    返信する
  • > mko**hanさん

    貴重なご報告ありがとうございます。
    真白な袋を作ってみたいものですね。 コツがお判りしましたら教えて下さいね。

    中村

    2019/1/30(水) 午後 3:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事