ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

イメージ 1
 Kyouto Botanical Gardens
 先日、家族揃って京都府立植物園に観覧してきた。
去年は下調べもせずに入園したもんだから大温室の半分が工事中で
大したものも見れず落胆して帰ったけど
今年は凄く堪能したよ。
 
 
イメージ 2
 Heliconia wagneriana
 温室と云えばヘリコニア! 大好きな植物。 H.wagneriana は綺麗だねゑ。
他にも超巨大な"Beafsteak heliconia"(Heliconia mariae)に圧倒された。
嗚呼、Heliconia "Sexy Pink"(H.chartacea)欲しいなぁ〜。
 
 
イメージ 3
Pinanga kuhlii
 2m未満の小型ヤシ。 小さいし家の高山性温室なら育つかな。 欲しいな。
写真は殻を破って白い肉穂花序がジャラジャラ・・・と出てくるところ。この後花序が触手の様に伸び、白い花後に濃い紫紅色の球形の果実を付ける。
 
 
イメージ 4
 京都府立植物園では本種が元気一杯に育っている。 去年の株は更に巨大になってた! 他の種は少し難しそうだった・・・
 
 
イメージ 5
Aristolochia gigantea
 珍しい品種じゃないけど、巨大なゴミ袋の様な奇花はインパクトあるね。
そして太い蔓と大きな草体は植物園でしか見る事が出来ない。 
他にも A.labiata も巨大な草体を誇りペリカンの様な奇花が沢山開花してた。
好奇心に引かれ花の匂いを嗅ぐと、やはり強烈なアンモニア臭に襲われた。
アリストロキアの花は好きだけど、この臭いだけは好きになれない・・・
 
 
イメージ 6
 イカ野朗の宇宙人。 気持ち悪いけど魅力的な怪奇植物。
育成は易しく、小さな個体でも開花するので育てていて愉しい潅木アリストロキア
しかし挿し木増殖が難しく、株の亜主枝を挿し穂として切った途端にストレスで節間がバラバラに散る事が多く、上手く挿し穂を取れても発根はするものの地上部を活性化させるのにとても手間隙が掛かる。
 
 
イメージ 7
 こちらも潅木性のアリストロキア。万国共通で本種の花のあだ名は"ダースベイダー"。 私もそう想う。
京都府立植物園がインドネシアのボゴール植物園から挿し木を譲り受け、その後開花に至るまで10年掛かった。 本種は比較的成長が早いが私が入手出来たものは僅か10cm程の挿し木であった。 今では1m程に育っているが開花まで何年掛かるのであろうか。 しかも冬の4ヶ月間は日照ゼロで成長が止まり葉もボロボロになってしまう環境だし。 20年位掛かるのかな?
 
 
イメージ 8
 深紅の花に真白なコントラストが美しい・・・
上記 A.sarvadolensis のシノニムとされているが、花の形状だけでなく葉幅が広く葉身だけ見ると A.tricaudata の葉に酷似している。私の見解では明らかに別種であるが・・・ 互生の葉序は上記3種とも同じ形状。
家の栽培品の開花は何年先になるのであろうか・・・
 
イメージ 9
Welwitschia mirabilis
 ウェルウィッチア。 奇想天外と呼ばれる1科1属1種の裸子植物。世界三大珍植物の一つ。  生涯でたった1対の葉しか出さず永遠に1対の葉を伸ばし続ける。砂漠地帯で地生するサバイバル植物。 雌雄異株で、この画像の花は雄。 
マニアが多い植物であるが、実生から成熟に至るまで25年以上掛かると云われている。 因みに寿命は千年だそうだが本当の事は判らない。
 
 
あ 〜 疲 れ た・・・
イメージ 10
 今年は温室を隈なく観覧して大満足!
長女のチーコ♪は私に似て好奇心が強いので、母と私との3人で
じっくり植物を観察して大喜び。
好奇心が薄いO太♪は妻とチビッ子のP-仔♪とでさっさと進み
我々を待ちくたびれた様子。
今年は愉しみの一つ、ヒスイカズラの花を見れなかったが
それでも潅木性アリストロキアを充分に観察出来た事で大満足!
 
 
イメージ 11
京都府立植物園技術科温室係さんと私
今回はわざわざ私の為に時間を作って戴きありがとうございました。
私の、次の予定が時間を圧していたのでゆっくりと出来ませんでしたが
それでも貴重な情報交換が出来た事を光栄に感じています。
 
 
 
 NARUTO 疾風伝
トビvs小南
結構前にたまたまTVで観たのがこの話
第四百七十二話 死へいざなう天使。
そして第四百七十三話 平和への懸け橋。
この2話を観てナルトって熱いんだなぁと想った。
かなり経ってから突然観たくなって疾風伝篇を全部揃えて
今は時間があれば何度も観てる。
今年45歳になるんだけどアニメに夢中になっていいのだろうか。

この記事に

  • mko**hanさん♪

    蒼い花は良いですよね! 籠口(クレマチス)なんかも可愛い!
    翡翠蔓の魅力は、確かに植物園でこそかもしれませんね。

    一日で用土がドライアウト寸前とは! 湿りっぱなしの鉢よりぜんぜん良いですが、それはちょっと管理がピーキー過ぎるかもしれませんね。
    用土が余りに乾き気味だとネペンテスの細根が傷んで生育に障害が出るかもしれません。 鉢を大きめにして根部の安定を図られてみてはどうでしょうか。

    しかし、その状況だと、これ以上に辛く栽るのは避けた方がいいですね・・・
    細かい栽培環境を観ていないので断言は出来ませんが、日当たりも風通り良く用土も過湿気味でない・・・
    その感じで何故、N.ventricosaが着袋しないのか、正直お手上げです。
    もしかしたら極度の乾燥により湿度不足? とも考えましたが、他種は着袋しているとの事ですので余計に判らなくなりました。
    想い切って用土を変えてしまうとかどうでしょう。
    ミズゴケ単植えとか・・・

    中村

    2014/6/28(土) 午前 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    確かにsurfaceさんのおっしゃるように、ベントリは素焼きにしては、鉢が小さすぎたかもしれません(3・5号程度)。ベントリは辛めでないと、という意識が強すぎましたね。

    都市部のマンションのベランダは、晴れた日は本当に乾燥するので鉢ごとの見極めに悩みます。キングクリムゾンやベントリ×マプルなどは、surfaceさんのアドバイスもあって大きめの素焼き管理なので、うまくいっているのでしょうね。

    ミズゴケ単体は私も少し思いました。ただ、これから本格的に暑くなるので正直迷っていますが、鉢増しすべきですかね。枯れることはないでしょうが、分譲していただいた大切な株なので、早く妖艶な袋をつけてもらいたいのですが・・・

    [ mko**han ]

    2014/6/28(土) 午後 4:25

    返信する
  • 顔アイコン

    たびたび申し訳ありません。
    やはり鉢増ししました。
    いろいろ制約の多い環境ですが、なんとか工夫しながら、続けていきます。

    ありがとうございました。

    [ mko**han ]

    2014/6/29(日) 午後 8:48

    返信する
  • 顔アイコン

    嫌な奴っているもんだね。 凄く面倒臭い。

    疲れた・・・ もう篭ろうかな・・・?

    夜勤明けのせいで疲れてるだけかな?

    中村

    2014/7/2(水) 午前 8:44

    返信する
  • 顔アイコン

    夜勤は眠たいねヱ〜( ´_ゝ`)

    二週間ほど休んでベニス旅行に行きたいなあ!!
    ぺニスじゃないよ、ヴェネツィアだよ!ベネズエラでもないからね〜。

    ベニス旅行は子供の頃からの夢なんだよ〜(*´ω`*) 削除

    [ 中村 ]

    2014/7/3(木) 午後 4:54

    返信する
  • mko**hanさん♪

    3号鉢程でしたか。 鉢増しされたんですね。
    家では栽培法の性質上、小さめの鉢で管理していますが、やはり理想は大きめの鉢で乾かし気味で栽る方が根が安定し草体も逞しく育つと想います。

    いつも想いますがmko**hanさんの植物に対する愛情の深さに心が温まります。
    植物達が喜んでいる姿が目に浮かびます。 良かった!

    ベントリコサ必ず着袋します!

    中村

    2014/7/4(金) 午前 5:18

    返信する
  • 顔アイコン

    腹減ったー(。>д<)

    食虫無宿の旦那、焼肉連れてってくれへんかなあ〜( ´_ゝ`) 削除

    [ 中村 ]

    2014/7/5(土) 午後 6:56

    返信する
  • 顔アイコン

    名古屋までどうぞ
    って交通費で食えますがな

    [ 食虫無宿 ]

    2014/7/6(日) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    名古屋駅、新幹線口のロータリーで18時に待ち合わせです。

    ihatov1001

    2014/7/6(日) 午後 10:09

    返信する
  • 旦那♪

    金は天下の回り物! 交通費なんてどうでも良いんです。
    あなたとイーハトーブさんのツーマンセルで焼肉を食べたらどんだけ愉しいか・・・

    中村

    2014/7/6(日) 午後 11:21

    返信する
  • イーハトーブさん♪

    18時って・・・・・

    それ何時の時間よ!?

    中村

    2014/7/6(日) 午後 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    おいおいおいおい〜( ´_ゝ`)

    4月ころから対ナメクジ、ダンゴムシ、スリップス、ハダニ、カメムシ対策に数種類の薬品を定期的に散布(漏れが無いように葉裏、茎、地際も徹底に)してきたのに、マクロフィラはコガネムシみたいな甲虫類にバリバリ食べられて虫食い、ビカクシダは新しく展開し始めたネスト高確率で切り取られた様にバッタに食べられてる。
    アリストロキアはイモムシ系に穴だらけに食べられてるしよ…(´д`|||)
    もう嫌!! どんだけ害虫湧いてくるねん!!

    でも薬撒くの止めたらアリストロキアなんか速攻でダニ、カイガラムシ、カメムシにやられるしな〜( ´_ゝ`)

    どんだけ薬撒いても害虫は次々と入ってくる… 削除

    [ 中村 ]

    2014/7/13(日) 午後 6:50

    返信する
  • 顔アイコン

    恐ろしいですね!
    害虫は本当に厄介です!
    先日までジャガイモを育てていたのですが、
    葉の裏に害虫テントウムシの幼虫がビッシリ付いていました。
    見るに見兼ねた母が、知らぬ間にジャガイモを引き抜いてしまっていました。

    アリストロキア ギガンティアやヒスイカズラは最高ですね!
    初めて見た時にこの花の虜になりました。
    最近どちらも入手して育てているのですが、小苗なので当分花は付けないでしょうね。いつか花開くことを信じて....

    [ hir*ka*a_k*usu*e051* ]

    2014/7/16(水) 午後 3:05

    返信する
  • 顔アイコン

    hir*ka*a_k*usu*e051*さん

    植物作りは害虫との闘いですね。ネペンテスは割りと害虫が寄り付かない植物ですが、当方の様な田舎では甲虫類やイモ虫が葉をバリバリ齧り最悪の場合、成長点をゴッソリ持って行かれます・・・
    アリストロキアは特に害虫を寄せ付けます。
    アリストロキアはジャコウアゲエハやハダニ、カイガラムシ、そしてカメムシが害虫として有名ですが、栽培地域によって被害の大きさは違う様ですね。 家ではハダニとカメムシ、そしてイモ虫系の被害が止まりません。
    ハダニの場合では薬を撒いたら1週間ほど食害は止まりますが直に発生します。 ハダニは高湿度を嫌うと云うけどソレは嘘ですね。 家は凄く水が多いのに・・・
    カメムシの場合はいくら薬を撒いても無限に外から飛来するのでどうにもなりません・・・
    そちらではどうでしょうか?

    中村

    2014/7/17(木) 午後 10:49

    返信する
  • 顔アイコン

    カメムシ.....必ずどこかしらにいます!
    今日は卵から生まれたての大量のカメムシ達が、ヒルガオ科の塊根植物の茎を吸ってやがりました。
    あまりの数に恐怖を覚えたのは言うまでもないです。
    中村様の仰る通りで、薬剤を撒いてもすぐに奴等は戻ってきますね。
    今の所アリストロキアは大丈夫ですが、害虫は着実に侵攻してきています。
    家は、被害は少ない方だと思いますが、いつの間にか寄生していたということはザラです。

    [ hir*ka*a_k*usu*e051* ]

    2014/7/17(木) 午後 11:36

    返信する
  • 顔アイコン

    虫ですか、ネペンは虫を集めるのでよけい害虫が集まるのかも・・・。

    虫の量は周りの環境にもよるので、ある程度仕方ないでしょうね。
    いっそ温室の開口部全てに網戸を付けると解決するかもですね、ハダニやスリップスは駄目ですが葉っぱがかじられる可能性は減るかも・・・。
    _( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

    [ 大阪屋 ]

    2014/7/18(金) 午後 6:28

    返信する
  • hir*ka*a_k*usu*e051*さん

    カメムシの野朗だけは本当にムカつきます! 下手に触ると悪臭を放つので手出しが出来ません。『あまりの数に恐怖を覚えた』なんて相当におぞましいですね!

    気が向きましたらヤフーでブログを開設してみませんか?
    今まで当方の植物をお譲りした方をブログへお誘いしてきましたが、今では凄い数になりました。 横の繋がりが出来て色んな情報交換や愉しい事もいっぱいですよ★

    中村

    2014/7/21(月) 午後 6:06

    返信する
  • 大阪屋さん

    確かにネペンテスは昆虫を誘引する物質を放っているのを実感しています。
    特にスマトラ系高山性種は驚く程沢山の昆虫を誘引して捕食しています。

    昆虫の成虫や幼虫、ダンゴムシやナメクジに最も被害に遭ってるのはビカクシダとアリストロキアなのです。 流石にこの時期に温室には入れれませんし・・・・・

    中村

    2014/7/21(月) 午後 6:10

    返信する
  • 顔アイコン

    有難う御座います。
    時間が取れたら、作成してみます。

    [ hir*ka*a_k*usu*e051* ]

    2014/7/22(火) 午後 8:45

    返信する
  • hir*ka*a_k*usu*e051*さん

    愉しみ〜! また仲間が増えます!

    中村

    2014/7/23(水) 午後 10:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事