ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

P.Mt.Kitshakood

イメージ 1
Platycerium Mt.Kitshakood ( P.ridleyi x coronarium ) / I Love Ferns Shop
 
 早く現場復帰したいな。 日曜日は天気が良かったのでリハビリついでに子供達と近所を散歩した。 20分ほど歩くと頭が痛くなってきたので直ぐに帰った。
車で少し揺れただけで頭が痛いし、嗅覚も麻痺したまんま。 手術後は近所の耳鼻科で処置してもらいながら市内の総合医療センターに通院しているが、術後の経過は『すごく順調!』だそうだ。 本当なのか〜? まだ出血するし頭も痛い。
とにかく早く現場復帰したいんやけどなぁ・・・ 
でも、こんなにノンビリする事なんて一生に一度あるか無いかだし、割切って好きな事してる。 私のホームページは忙しい時間の合間で更新していたので内容も写真も下らないものだった。だからこの養生中に画像を殆ど差し替えたり内容を大幅に書き直して満足してる。枯れた植物の処分もほぼ終わり、瀕死の苗を挿し木したり、それなりに園芸も愉しんでる。 
後は貯まっているレジンキットの製作・・・流石にそこまで余裕が無いかな。 
後もう少し我慢したら現場復帰できる! それまで愉しむよう〜!
 
 
イメージ 2
 21.Jul.2014 P.Mt.Kitshakood
前回の栽培記録は2012年12月25日だったから、約1年10ヶ月ぶりの更新。
やっと胞子パッチを形成する様になったよ!
この交配種は強健で絶対枯れないので肥料も遣ってないし潅水も気が付いた時しかやってない。 何だか面倒臭くなって放置しっぱなし・・・・・
P.Mt.Kitshakoodは交配元のP.ridleyi、P.coronarium同様に実葉を茂らせてやらないと本来の美しさを愉しめない。でも家は12月上旬〜翌年4月まで成長が止まってしまうので、5月中旬頃から新しい実葉を展開した途端に前年の実葉を全て落としてしまう。だから何時まで経っても実葉が茂る事は叶わない・・・ 
P.ridleyiもP.coronariumも、P.Mt.Kitshakoodも家では全部そんな感じ。この辺のプラティセリウムは本来休眠させるべきじゃない種類なんだ。
本当は凄く好きなんだけど家の環境では本来の草姿に作れない・・・
そうなると何だか嫌気が差してくるもんだね。
 それにしても最近は良く流通しているよね・・・ Yahoo!オークション見たら必ず売ってる。 しかも輸入転売物が凄く安く… ちょっと価値下げ過ぎなんじゃないかと危惧してしまうけど。 ビカクシダのマーケットは凄く小さいから余り安く売りすぎると直ぐに趣味家に行き渡ってしまい、気が付いた時には全く売れなくなってしまうと想うんだけどね。
これはパイオニア的存在のマニアがビカクシダ離れする一つの要因になってる。
それにオークションで輸入転売屋が出てくると国内のナーセリーが潰れて行くんだよね。オークション転売屋は一時的に稼ぎ売れなくなったらやめたら良いだけだけど、プロのナーセリーは知識が豊富で教わるものも大きい。そんなナーセリーが廃業に追い込まれるのは遺憾である。 オークションは個人の自由だけど、同じ趣味家ならバランスを考えて行動して欲しい!と切に願う次第でございます。
 
P.Mt.Kitshakoodも最初は超高級種だったんだけどねえ。タイでは既にF3世代まで作られているんだから凄いな・・・・・
 
 
イメージ 3
 10.Oct.2014 P.Mt.Kitshakood
まぁ、それでも成長の最盛期にはそれなりに美しい草姿を見せてくれるよ。
後1対の胞子葉を展開して今年は終了かな。
 最初にP."Mt.Kitshakood"が流通してから僅か8年程しか経っていないんだけど既にインラインでF3個体群まで作られているのは驚きである。植物のシブクロス累代はF5が限界と云われてるけど、私的にはF3が限度だと想う。まあ、いい加減なタイの事だからよく判らんけどね。
最近ではチャンタブリのSupakorn PoobkaewがP.x kitshakoodiense(自然交雑種表記)の個体群を流通させているが本当に交雑種なのか、それとも自家交配のものを既存のP."Mt.Kitshakood"と区別させる為に命名規約の表記法を知らずに付けてしまった品種名なのか? 真意は定かではない。
チャンタブリには他にもSurin Nasoun等、大きなビカクシダ農園を営んでる人が沢山いるんだけどコイツ等が失礼極まりない。 此方から丁寧に植物の分譲をお願いしても誰一人返信すらして返して来ない・・・ しょせんお前らは温室無しの野晒しで好環境に恵まれてるから大量生産出来るだけで、マダガスカル原産のビカクシダを何一つ維持する技術も無いんだから、栽培技術は俺様の方が上だけどなっ! 
ホンマ腹立つわっ!
そう考えると同じチャンタブリに農園を構えるWanna Pinijpaitoonはとても優しくて繊細な女性だ。こんな私なんかの病気にも沢山の励ましを下さったし退院した時も凄く喜んでくれた! 
チャンタブリのナーセリーは全員Wannaを見習え! そしてプロなら全ての原種を網羅しろ! 訳の判らん園芸品種ばかり無駄に作りやがって!
 
 
イメージ 4
 10.Oct.2014 P.Mt.Kitshakood
綺麗だねえ〜♪ この個体の実葉はP.ridleyi、貯水葉はP.coronariumの特質を受け継いでるみたいだね。貯水葉はもう少しP.ridleyiの遺伝子欲しかったかな?
やはり肥料遣ってないし水も足らないのか実葉があまり大きく育たないな。
来シーズンはやるか!?
それとも来年はタイ式を真似て貯水葉の裏にミズゴケとかのマテリアル沢山入れて凄く大きく見せて売り飛ばすかっ!? そしてP.x kitshakoodiense Supakornとか云う品種のF3 thin frondsを買ってみるか!?
 
実はこの画像の展開中の貯水葉上部が縦に大きく裂けている。
多分近所の子供、か家のチビがやった・・・ やめてよ〜!
 
 
 
イメージ 5
 19.Oct.2014 P.Mt.Kitshakood
実はこの株凄くデカイんだよ。マウントしてるヘゴ板はw30cm x H50cmの特大サイズ。しかも繋ぎのマテリアル殆ど入れて無いから、もしミズゴケ入れてたら超特大の貯水葉になってるだろうね。 耐寒性があれば妻に頼み込んで冬季は家の中に
入れるんだけど家は寒いしねえ・・・ どのビカクシダも凄く大きくなってしまって温室に避寒させるのが困難になってきた。この株も来年一年が維持出来る限界かもね・・・・・
 
 
イメージ 6
 19.Oct.2014 P.Mt.Kitshakood
う〜ん、良いね! それなりに綺麗だね。 春〜晩秋まで家のビカクシダは午前中の日照が当る半日陰で栽ってるんだけど、P.Mt.Kitshakoodの交配元は全日照を好むし、こいつも本当はコロナリウムとリドレイを吊下げている全日照の温室で吊下げたらもっと凄く成るんだけどな--------!
さて来年はどうなるか・・・・・
 
 
 
 
 
〜 私のかわいいこどもたち 〜
イメージ 7
長女のチーコ♪は性格が益々私に似てきた・・・
やらなきゃならん事を放りっぱなしだから毎日妻に怒られて泣いてる・・・
なのに自立心が強いから困ったもんだ。
O太♪は運動会頑張った様だ!
私は自宅安静で一人で留守番だったんだけど
O太♪はマイペースでポーカーフェイス。
妻に怒られても何食わぬ顔をしているが
実は凄く傷付きやすく過去の事を何時までも覚えてる。
ちゃんと育てYO---------♪
 
イメージ 8
末っ仔のP-仔♪
コイツは本当に悪い!
私が自宅療養してる間に私の汚い言葉を覚えてしまった。
妻に『ブタ・アホ! やめろよボケ』
私にも『お前のせいじゃボケ』とぬかす。
妻に怒られて泣いてばっかり。

  • N.lowii x rajah! 観ましたか!
    凄いでしょ! 鮮やかなライムグリーンの袋筒に真っ赤な唇。そしてN.rajahのボンネットの遺伝子を受け継いでいる。それに巨大! 申し分ありません!!!
    特に上位袋はには魂を抜かれてしまいそうです。
    N.rajah x lowiiの画像がこれだけ公開されるのは今回が初めてなので海外でも反応が高そうですね!
    Jeremia君は凄く驚いていて『一緒に作ろう!』って事になった訳なんですが開花時期が合わないのと、彼に種子を送っても実生した苗を送り返して来ないって実績があるしね・・・ ハワイのNao君はちょっと・・・って感じです。
    家のN.rajahも近い内に開花しそうだし、N.lowiiは雌雄株が毎年開花してるので自分で交配した方が確実かもしれませんね・・・・・

    中村

    2014/10/23(木) 午前 9:57

    返信する
  • ドイツポストのThoodor Benda氏が年中スマトラやボルネオの高山帯でネペンテスを探索していますが、多分彼(だったと想う)の写真でN.hurrelliana x lowiiの写真を観た覚えがあります。
    観た写真は未だ下位袋でしたが間違いなくN.hurrellianaにlowiiが掛かっていた様に想いました。
    う〜ん・お世辞にも綺麗だなと想いませんでしたが上位袋になったら化けるかも?
    それよりもN.burbidgeae x lowiiの方が遥かに美しく魅力的でしたYO★★★

    中村

    2014/10/23(木) 午前 10:08

    返信する
  • 顔アイコン

    おとん♂

    ボクそんなに目付き悪くないYO・・・・・
    それにボクは悪くないもんっ! 若い頃は何度かKサツに捕まりましたが冤罪ですね!

    中村

    2014/10/23(木) 午前 10:20

    返信する
  • doruitoriさん

    先輩からも電話で『なんでもっと入院しとかへんかったんや! どうせお前また変な植物の世話とかしてんやろ! 寝とけよアホ!』と云われましたよ。
    HPはこんな時しか更新出来ませんからね〜♪
    画像に写ってるガラス瓶は何の意味も無いんですよ。
    ボクはガーデニングが凄く好きで本を読んではこんな可愛らしい空間作りたいなぁ〜って溜息ついています。
    そんな癒しの空間でウツボカズラがブラ下がってたら素敵!って事で色んな可愛い小物を買ってたんですが、温室は無機質なアルミ地・・・ もうエエわ!って諦めました。
    これらの瓶はその想いの名残です・・・・・・・

    中村

    2014/10/23(木) 午前 10:27

    返信する
  • 顔アイコン

    P-i子ちゃんの言ってる事、正しいのでは。

    [ 櫻(N) ]

    2014/10/23(木) 午前 11:31

    返信する
  • 参逵さん

    おぉ・・・・・また一人ビカクシダの魅力に引き込まれ様としている人が・・・・・!
    草姿だけでなく作り込んで行くプロセスはウツボカズラよりも面白いですよ。
    実葉を展開する毎に喜びを感じ、貯水葉が出た時は『巻き込むか!?巻き込むのか!??』と喜びが続きます!

    確かに消費者にとっては低価格は嬉しいものですが、どんな市場にも適正価格は必要なんです。ビフルカツム系なら国内で幾らでも増殖出来ますが、リドレイやコロナリウム系は国内で維持が難しくPUPも出しません。
    そんなものを日本の物価の1/10の国から仕入れて大量にバラ撒いたら国内の農園が潰れてしまいます。
    かつてはウツボカズラの世界もそうでしたが今は適正価格が出来上がりましたね。 結果的に植物を大事にする人も増えたしハイレベルなマニアも増えたと想います。

    HPは気が向いたら色んな部分を少しずつ更新しているので更新箇所を探すのが大変ですね。
    すみません・・・・・

    中村

    2014/10/23(木) 午後 0:05

    返信する
  • 魚けんごさん

    こんなの未だ序の口! 家に鎮座しているコロナリウムは巨大過ぎて移動も出来ないし写真も撮れません・・・

    う〜ん素晴らしい! ビバ!マクロフィリア!

    中村

    2014/10/23(木) 午後 0:08

    返信する
  • むっくーさん

    本州ではビフルカツム種なら冬季も屋外で育ちますが、北海道では厳しいですね・・・
    高山性温室で育てるのならマダガスカリエンセと云う種が簡単に育ちますよ!

    この株はヘゴ板に貼り付けていますが、ヘゴは現在CITESで保護されているので輸入は難しいです。 でも私は最近ヘゴ板より杉板にマウントする方が格好良いなと想う様になりました。
    杉板なら安いしホームセンターで売っています。

    中村

    2014/10/23(木) 午後 0:13

    返信する
  • きゅあおっさん

    ありがとうございます。毎日好きな事して安静にしています。
    少し後ろめたい感じではありますが・・・・・

    貴方の様な方でも『ボケ』なんて言葉を使うんですね!
    僕はもともと凄く口が悪くて友達の中では『おい!アホ!ボケ!』を連発します・・・・・
    でも家の中では言葉使いに気を付けて、妻にも言葉使いを指導しているくらいなんですが・・・
    やはり隠しきれないんですね。

    中村

    2014/10/23(木) 午後 0:18

    返信する
  • midor iさん

    私のHPやブログは先人達が作った常識(間違っている部分について)を平気で叩くので、先にやってる人達からすれば面白くないでしょうね・・・・・

    正直、タイの言ってる事は殆ど信用していません・・・・・
    ワイルドコードとキャプティブブリードの識別も曖昧な感じだし、【F】表示で累代扱いしてるけど本当にインラインの直系なのかアウトラインが入ってるのか怪しい・・・
    下手すりゃ単に3回目の胞子播種ってだけかもしれません。 交配種名と交雑種名、園芸品種名の表記法も判っていないみたいですから。
    そもそも私もシダ植物の累代となると理解出来ていなくて、累代を繰り返して血が濃くなると遺伝子が劣化するのかどうかも解りません・・・
    タイ以外では【F】表記せずに【generation】表記しているけど、そっちの方が良いかも。 ニュアンス的に。

    中村

    2014/10/23(木) 午後 0:35

    返信する
  • リドレイを交雑元にした交配種は貯水葉が暴れる傾向が強いですね。
    家のP.Mt.Kitshakoodも若い時は暴れて手が着けられなかったですよ・・・ 今は成熟して落ち着いた様です。
    系統と云うより個体差かもしれませんし、栽培環境でも違ってくると想います。

    クオーター品種についての所見は今のトコロありません・・・
    けど否定的ですね。良い品種だけ受け継がれるべき!と考えていますし、現在の園芸品種はカオス化してますからね・・・・・
    もうどうにもならないですね=3=3=3

    中村

    2014/10/23(木) 午後 0:40

    返信する
  • 私の口癖は…

    なめんじゃねぇ〜ぞっ!!
    このクソボケがぁ〜!!
    です。。。

    いいかげんになおさなきゃ…

    [ きゅあおっさん ]

    2014/10/23(木) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    あーーーーーーー… 風邪ひいた…

    ちょっと気抜き過ぎたかなーーーーー

    寝込んでるから、お返しコメントちょっと待ってくれよなーーーーー

    ゴメンちゃい… 削除

    [ 中村 ]

    2014/10/24(金) 午後 0:56

    返信する
  • 顔アイコン

    あららお大事に。この時期は風邪をひきやすくなりますからね。
    我が家では家人が風邪気味の鼻づまりの時にクサイ花が初開花しまして、お陰様で処刑(花首切り落としの刑)を免れました(爆)。

    あなたは治癒力が高いと言っても、大手術の後なんですからやはり身体は弱っているのでしょう。ゆっくり休んで下さいね。

    [ - ]

    2014/10/24(金) 午後 7:56

    返信する
  • ビカクは今3種しか栽培してません。
    転勤族なので、ビカクは退職したときにまた本腰入れようと思ってますよ〜(^^;
    風邪、お大事に〜(^^ )

    [ utubo ]

    2014/10/24(金) 午後 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    櫻(N)さん

    確かにSO〜かもね・・・・・

    中村

    2014/10/25(土) 午前 6:33

    返信する
  • きゅあおっさん

    ガチですかっ!? 貴方の様な方がそんな暴言をっ・・・・・!?
    エイリアン盗みに行こうと想ってたけどやめときます。
    返り討ちされそうですからねっ!

    中村

    2014/10/27(月) 午前 11:16

    返信する
  • りうとさん

    ありがとうございます。 普段は風邪をひいても激務に追われて養生も出来ないので10日位治らないんだけど、流石に家で寝てたら風邪も3日で治りました!

    何故か我々が欲する植物の花は臭いのばかり・・・
    何ででしょうかねゑ・・・

    中村

    2014/10/27(月) 午前 11:19

    返信する
  • utuboさん

    転勤族なんですね。生体を趣味にするには条件が厳しいですね!
    お身体の事もありますし・・・
    『日当たりが悪い』やら『世話する時間が無い』とか泣き言ばかり云ってる自分が情けなくなってきました・・・

    風邪はお陰様で酒POWER(ポン酒熱燗)の力を借りて治りました!

    中村

    2014/10/27(月) 午前 11:24

    返信する
  • 顔アイコン

    あれっ!

    だいちゃんからコメント来てたからレスしようと想ったらコメント消えてた・・・

    中村

    2014/10/30(木) 午前 10:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事