ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

イメージ 1
Mercedes SLS AMG GT3

 家の温室の植物が5月になってようやく春を迎えた様だ。 来月辺りには植物の栽培記録が書けると想う。関係ないけど、最近は『進撃の巨人』に嵌ってる。漫画は読んだ事ないけど、アニメ版のDVDを揃えて何度も観てるよ。特にサシャ・ブラウスがお気に入りで、入団時のキースの洗礼中、サシャが盗んだ芋をモグモグしている場面が大好きで何度も観返している
と云う訳で、今回も僕が大好きな車のお話・・・?

イメージ 2
 Mercedes 300SEL "Red Show" and Mercedes SLS AMG GT3
1971年、AMGを一躍有名にした300SEL"Red Show" と赤いSLS AMG GT3
メルセデス・ベンツと聞くと眉をひそめる人が大半を占めるんじゃないかな? 車の運転免許を取得後、バブルを過した世代は特にそうだと想う。当時は暴力団新法が出きる前で、現在と違い任侠の人達が目立ってた。黒いベンツは縦横無尽な運転で一般車両を震え上がらせた。そういった人達が好んで乗ってたベンツがケーニッヒやブラバス、AMG等がチューニングした車両であった。 故に日本では、ベンツ=嫌らしい、成金のイメージが強く、ましてAMGなんて泥臭い暴力団の象徴と感じる人が大半を占めるのが現状・・・ しかしベンツは性能において世界最高水準を誇る車を造る素晴らしいメーカーであり、メルセデスのサブブランド・AMGはレースで培ったテクノロジーで名を轟かす、『究極のハイパフォーマンスを追求するモデル』をスローガンに掲げる真面目なブランドなのである。 AMGについて語ると長くなるので、興味がある人はウェキペディア等で調べてみると良い。AMGというメーカーを知ると、日本人が抱いていた下品な偏見を反省する事だろう・・・
そのMercedes AMGが、初めて全てにおいて開発したのがMercedes SLS AMG である。

イメージ 3
 Mercedes Benz 300SL and Mercedes SLS AMG
画像上左がSLS AMGで、画像上右が300SL。車好きなら誰でも知ってる、1954年に販売されたMercedes Benz 300SL。 SLS AMG は300SLをモチーフにデザインされた『スーパーカー』である。超ロングノーズの鮫の様なデザイン、そしてガルウィングが堪らなく格好良い!
実は僕自身もベンツが素晴らしい車だと知っていながらも、長い間好きになれないメーカーであった。理由は皆と同じく間違った偏見だと想う。しかしミレニアム以降の5代目の後期型(5代目初期型の丸目4灯から角目2灯に替わったモデル)から洗礼されたデザインが好きになり、メルセデス・ベンツを欲しいと想う様になった。 そして2009年9月にフランクフルトモーターショーにて、SLRマクラーレンの後継車として、かの300SLをモチーフとしたスーパーカーMercedes SLS AMGが発表された。僕はSLS AMGのその全てに魅了された。このスーパーカーは引き継がれる事無く2014年に生産は終了されてしまったが、その存在は不滅である!
 Mercedes SLS AMG 
最大出力 577ps/6,800rpm、最大トルク 66.3kg/4,750rpm
生産期間 2009〜2014
国内価格 2,500万円〜

イメージ 4
 Mercedes SLS AMG GT3
そしてGT3カーが大好きな僕が欲しいのが、Mercedes SLS AMG GT3!
AMGがSLS AMGをFIA GT3のレギュレーションに準じて改造し、プラーベーターに安い価格で提供していたマシン! 納期 約3ヶ月前後。 価格 4,500万円前後。
『GT3』については前回のベントレーの記事にて詳しく書いてるので割愛。
この面構え・・・ この格好良さ・・・ どうしてくれるんだいっ!!!

イメージ 5
 Mercedes SLS AMG GT3
奥の車体がSLS AMGで、手前がSLS AMG GT3。一見ではフロントバンパー下のスプリッターと左右のカナード2連装、リアの大きなウィングが大きな変更点で、車高も殆ど下がっていない(サイドスカートの装備で低く見えるが)。ロードカーのSLS AMGと、レーシングカーのSLS AMG GT3でエクステリアに大幅な変更点が見取れないが、やはりGT3は物凄く格好良い! 
エクステリアの変更点として、ノーマルで全長4,640mm x 全幅1,940mmの車体が、GT3では全長4,710mm x 全幅1,990mmであり、全長で7cm、全幅で5cmほどワイドになっている。7cmの延長はスプリッターと巨大なリアウィングによるもの。全幅は左右に2,5cmしか広がっていない。そしてアルミ製のボディは、ボンネット、トランク、前後バンパー、ガルウィングドア等をカーボンファイバー強化樹脂製に変更。元々あった1,710kgから僅か360kgダイエットした車体は1,350kg。
細かな変更点はボンネット中央に開口したラジエター放熱用の巨大なインテーク。そしてサイドシル(サイドスカート)、フロンとフェンダー後部に開けられたフロントリフト対策用の大きなエアダクト等々。

イメージ 6
 Mercedes SLS AMG GT3
うぎゃ--------------------!!! 格好良い! 恰好良すぎ!!!!!
車高はそれほど下げられていないというのに、この低い車体はどうした事であろうか! この広い車幅!フェンダーアーチから上は10cmチョイしかなさそうだ。ボンネットの高さで人の膝上ほどしか無いんじゃないのかなあ? 低くどっしりした車体に、この面構え! おまけにガルウィング・・・ どうする?

イメージ 7
 Mercedes SLS AMG GT3
この超ロングノーズはどうしたものか?!! 今時これほどのロングノーズの車体は珍しい!お陰で凄く狭そうなコックピットと小さなウィンドウ・・・ いちいち恰好良すぎるんだよ

Mercedes SLS AMG GT3 PURE ENGINE SOUND / 19 Bozzy92
Mercedes SLS AMG GT3がサーキット走行する様子。実物のSLS AMG GT3を見る機会なんて普通は無いけど、動画を見ればSLS AMG GT3の雰囲気を垣間見る事が出来る 凄く格好良い! 
『ヴァロロロロロローーーーーー ヒュイイィィィーーーン』独特のエンンジン音!
昔はこのダブルプレーンのV8エンジン音とギア音を好きになれなかったけど、今は大好きになったYO!

イメージ 8
 Mercedes SLS AMG and Mercedes SLS AMG GT3
画像上がロードカーであるSLS AMG(画像はスペシャル・エディションのblack series)
画像下がレース用量産機であるSLS AMG GT3。 前から見るとフロントバンパー下の出っ歯(スプリッター)と、フロントバンパー両サイドに2連装されている、鮫の鰓をイメージさせる様なカナード以外に大きな違いは見当たらない。元々が凄く格好良いSLS AMGだから、GT3のSLSはエクステリアを少し追加しただけで恰好良さが超絶!!!

イメージ 9
 Mercedes SLS AMG and Mercedes SLS AMG GT3
画像上がSLS AMGで、画像下がSLS AMG GT3。リアエンドは大きく異なって見える。巨大なリアウィングが相違点を誇示しているが、フロンとエンドと違い、リアバンパーの形が大きく異なっている。リアバンパーの左右にあるデュアルマフラーはフロントフェンダーに移行したので、リアバンパー中央部は大きく削り取られ、替わりに大きなディフューザーが装備される。そしてリアバンパー左右が拡張され、リアタイヤハウス内のエアアウトレットが大きく開口している。 素人考えではノーマルのリアバンパー形状の方が空気抵抗が少なさそうなんだけど、僕にはよく分からない。
でも格好良い!

イメージ 10
 Mercedes SLS AMG and Mercedes SLS AMG GT3
画像上がSLS AMGで、画像下がSLS AMG GT3。 斜め後から見比べるとイメージがガラリと変わる。ズドンと落ちたサイドスカートとフェンダー後部に開口した深くて大きなエアアウトレット。そして肥大したリアバンパーとディフューザー! トドメは巨大な角度調整式のリアウィング! カッチョ良過ぎィ---------------------!!!!!

イメージ 11
 Mercedes SLS AMG and Mercedes SLS AMG GT3 Engine
画像上がSLS AMGで、画像下がSLS AMG GT3のエンジン。 ノーマルのSLS AMGのV8 自然吸気DOHC32バルブ6.2ℓ M159型エンジンは、AMGがM156型エンジンをベースにドライサンプ化、約120ヶ所のチューニングを施したもの。ロードカーでドライサンプなんて恰好良い〜! 排気量が6.2ℓ もあるのに重量205kgしかないという小さなエンジンブロックを長〜いフロントノーズにリアミッドシップにレイアウトするレーシーなもの。AMGが誇るワンマン・ワンエンジン(1基のエンジンを一人のマイスターが組み立てる)のM159型エンジンは最大出力577ps/6,800rpm、最大トルク66.3kg/4,750rpmというパワフルさ! 0 - 100km/hに至るまで3.8秒、最高速度は317km/hというハイパフォーマンス・エンジンである。
で、SLS AMG GT3のエンジンはノーマルからどれほどパワーアップされているかと云うと・・・ 実はレーシングカーなのにノーマルなのである・・・ と云うかFIA GT3のレギュレーション『BOP(パワーオブバランス)』に準じて、リストラクターを装備しており、逆にノーマルよりもパワーダウンさせられている・・・

イメージ 12
 Mercedes SLS AMG GT3 Engine
ボンネットの中は、モサい箱型のエアクリーナは取り外され、レーシーかつ機能美なカーボン製のエアインテークに交換され、アルミ製のラジエターは角度を変え、フロントグリルから入った空気を放熱とともにボンネット中央の大きなインテークから抜く様にリマウントされている。そして樹脂製の保安部品は全て撤去されている。
SLS AMG GT3のエンジンは基本的にノーマルだけど、動力伝達系は大幅な変更がなされている。AMG新開発のデュアルクラッチゲトラグ製7速2ペダル(AMG スピードシフトDCT-7)を勿体無いけど廃し、替わりにヒューランド製の6速シーケンシャルに。トランスアクスルは市販車のものを継承してるけど、プロペラシャフトはカーボン製のものに変更されている。

イメージ 13
 Mercedes SLS AMG and Mercedes SLS AMG GT3 interior
画像上の2つがSLS AMGで、画像下2つがSLS AMG GT3のコックピット及びインパネ。
SLS AMG のインテリアはとても戦闘的なデザインになっている。レーシーなインパネ、AMGスピードシフトDCT7のチャンネルが並ぶ渋いセンタートンネル。メルセデスのシンボルである3ポインテッド・スターを模したエアコン吹出し口...etc. このハンドルを握ってみたい・・・
SLS AMG GT3ではSLS AMGのダッシュボード及びセンタートンネルを模ったカーボン製の無機質なレイアウトになっている。センタートンネルのDCT7の電子制御は棄てられ、エンジン・スターター、トランクション・コントロール、リバース・ギア、消化システム・スイッチ、ブレーキ・バランス・システム、秘密のスイッチ等々、レースに必要なものだけがレイアウトされている。そしてセンターディスプレイ(デジタルメーター)には速度、回転数、ラップタイム、ギアポジション等の情報が集中表示される。

イメージ 14
 Mercedes SLS AMG GT3 interior
やはり箱車レーサーのコックピットは痺れるほど格好良い! 車が格好良いのは当たり前だけどインテリアも格好良くないと意味が無い。実際に運転するとオーナーが見にするのは車内だけだからね。狭いコックピットに張りめぐらされた鋼鉄製のロールケージ。レーシング・バケットシート。このシートに座るだけで興奮MAX状態に陥る事は必至! このSLS AMG GT3は何と、レース車両なのにエアコンが付いている!
ノーマルエンジンスペックでも、FIA GT3のBOP制限を受けパワーダウンを余儀なくされた6.2ℓ M159型エンジン。エアコンを付けてもそのトルクは充分過ぎるパワーを発揮する!? ところでSLS AMG GT3はクラッシュした時にガルウィングの構造上、ドアが開かない場合があるかもしれないので、万が一の時の為に、ドアを爆破して開ける為のスイッチが備わっているらしいんだけど・・・ 好奇心に駆られて絶対に押してしまいそうだね・・・ 

イメージ 15
 Mercedes SLS AMG GT3
前から見ても後から見ても格好良過ぎる! ドアを開けただけで格好良いのはガルウィングの専売特許! それにしてもシルが分厚いなぁ〜 コックピットに乗り込む時にこの分厚いシルを跨ぐのって快感だろうなぁ〜・・・
フロントフェンダー後部に開いた巨大で深いエアアウトレットもレーシーで痺れるほど格好良い! これを機能美と云うんだろうな。 それにしてもフロントフェンダー後部が長い! 超ロングノーズだねゑ!

イメージ 16
 Mercedes SLS AMG GT3
総重量241kgだというマグナ・シュタイヤ製のオールアルミフレーム。分厚いサイドメンバ、そしてフロントのパワープラントが収まるフロントサイドメンバが暑く大きい!まるで鉄骨の様だ! これだけ骨太だとボディ剛性も高いだろうな! この鉄骨の様なフレームがダブル・ウィシュボーンのアッパーとロワーアーム、そしてサスペンションを支持する。 SLS AMG GT3ではサスペンション・ジオメトリーをレース様の換装、スプリングレートはどれ位なんだろう?コースで変えるんだけど、どの走りを見てもそんなに硬そうに見えない。ダブル・ウィシュボーンのサスペンションは減衰力、車高、スタビライザー、キャンバー角を調整出きる。
そして室内はスチール製のロールケージが張巡らされる。

イメージ 17
 Mercedes SLS AMG GT3
画像上 うひゃ〜!超々ロングノーズ! フォロントフェンダー後部がこれだけ長い車種は滅多に見ないYO! それにしても凄く大胆なエアアウトレットだなぁ!顔を突っ込みたくなるYO! エアアウトレットの下にはエキゾーストパイプの吹出し!
元々、SLS AMGのリアエンドにあったマフラーが、SLS AMG GT3ではパワープラントから直ぐの場所に配置される。エキパイを短くすると低回転のトルクが低下するけど、レースでは殆ど高回転だからトルクが伸びるって事かっ!
画像下 角度調整式のリアウィング。やっぱりこの巨大なウィングが付いてないと締まらんよなぁ! このウィングを支持するアームはトランクではなく、フロアに直接マウントされている。

SLS AMG GT3 Production - Part 1 / Mercedes AMG
SLS AMG GT3 Production - Part 2 / Mercedes AMG
Mercedez AMG がSLS AMG GT3を生産する様子。マグナ・シュタイヤ製のオールアルミフレームにエンジンが組まれ、段取り良く各パーツが組み込まれて行く。流石は量産型レーシングカー! SLS GT3の細部を垣間見る事が出来る貴重な動画だ!

イメージ 18
 Mercedes SLS AMG GT3 45th Anniversary
AMG創立45周年記念のSLS AMG GT3。デジーノ・マグノ・グラファイトのマット・カラーリングが渋い。AMGが5台限定で生産したコレクターの為のマシン。4,530万円。
欲しいナァ・・・
何度見てもSLS AMGのボンネットって凄く低いよなぁ!渋過ぎるYO! 因みにSLS AMGにあったライト下のフロントバンパーに開口されたエアインテークは、SLS AMG GT3ではカーボンの板で埋められてる。カナードも二連装だし、フロントタイヤハウス内にとにかく空気を入れたくないんだろうね。フロントフェンダー後部のエアアウトレットもとにかくデカいし、フロントリフト対策バッチリ! SLS AMG GT3のフロントフェンダー上を目を凝らしてよく見ると取外し式の蓋の様なものがある。これはフロント・リフト対策用のエアベント(サメの鰓の様なダクト:画像4枚目参照)を装着する為のもの。そんなにフロント・リフトを意識するならエアベント取り付けたらいいのに・・・と想うけどSLS AMG GT3で付けてる車両は少ない・・・

イメージ 19
 Mercedes SLS AMG GT3
戦闘中のSLS AMG GT3!!! 『ヴァラララララ----------!!!! ヒュイイイィィィ−−−−−ン!!!』
めっちゃくちゃ格好良いィ〜 低くどっしりした車体! 低いルーフ!
車にあまり興味が無い人でもSLS AMG GT3を見たら『格好良いと』と言う筈!

イメージ 20
 Mercedes SLS AMG GT3
戦闘中のSLS AMG GT3!!!! この画像を見ればどれだけノーズが長いか判る!
超々ロングノーズ! あ---------------!!! カックE〜!!!! カッコE過ぎィ---!!!!!
どこから見ても全てが完璧に格好良い! 『格好良い』以外の言葉が見付からない!
何百回でも良いたい! 何万回言ってももっと言いたい! 『格好良いっ!』

HEICO MOTORSPORT Mercedes Benz SLS AMG GT3 Onboard VLN 4.
Lauf 2011 Nürburgring Nordschleife
先頭集団にSLS AMG GT3、2台のポルシェ911 GT3、アウディ R8 LMS GT3に続く5番手SLS AMG GT3マシンの車内映像。 GT3カーの色んなレース動画を観たけどSLS AMG GT3は凄く強くて、フェラーやカウンタックをゴボウ抜き。殆どの動画が独走状態だったり、同じSLS AMG GT3で1、2番を走り続けている動画ばかり・・・
この画像はスタート直後に4番手のポルシェ911 GT3を抜き、4番手に浮上した車内カメラ搭載車のSLS AMG GT3が、2番手アウディ R8 LMS GT3と3番手ポルシェ911 GT3に憚れてるじれったいレースが面白い!
この動画は短くて途中で終ってしまうけど、全編では、途中3番手ポルシェ911 GT3が事故してしまい車内カメラ搭載車のSLS AMG GTが巻き込まれ、2番手アウディ R8 LMS GT3に大きく放されるも、アウディ R8 LMS GT3に追いつき、激しい2番争いのデッドヒートを魅せてくれる。
因みに1位独走のSLS AMG GT3は2位争いを尻目にアッと云う間に姿も見えなくなるけどね。 

イメージ 21
 Mercedes SLS AMG GT3
あ〜・・・ 堪らん・・・ 何でこんなに格好良いんだろう〜
同じ角度の画像ばかりになってしまったけど、どの画像を見ても格好良過ぎて痺れてしまう。 しかも直線もコーナーも強い! この車両を知れば、メルセデスが嫌味なブランドと云う先入観は消える筈! じゃなきゃ馬鹿だっ! そしてAMGの本気度も伝わるだろうね。

イメージ 22
 Mercedes SLS AMG Black series
2013年に発売された、SLS AMGの『ブラックシリーズ』。
SL65AMG Black series、C63AMG Black seriesに続くハイパフォーマンス・ロードカー・リミテッド・モデル第3弾! SLS AMGよりも約800万円も高い3,250万円!
レーシングカーSLA AMG GT3で培ったテクノロジーを汲んだ専用チューニングが施されたパワートレインは、改良型カムシャフトと新設計のバルブトレイン、クランクシャフト、オイルポンプ、冷却システムなどを最適化し、最高回転数は一気に8,000rpmへと引き上げられ(ベースモデルは7,200rpm)、最高出力631ps(ベースモデル比+60ps)、最大トルク635Nmをマーク・・・! 
つまり、ロードカーでありながら、レーシングカーのSLA AMG GT3よりも凄いってこと?!! 
GT3を意識したエクステリアは、府フロントではスプリッターやカナードが装備され、ボンネット中央にもエアアウトレットが設けられた。リアエンドはウィングが付き、リアバンパーはワイド化されエアアウトレットが設けられる。リアバンパー下部のデザインもSLS AMGよりかなりレーシーになり、更に格好良くなった・・・!
ほ・欲しいなぁ・・・ でも販売価格が3,250万円〜・・・ 国内では25台しか販売されなかった限定モデル。こんな車はプレ値が付いて飛んでもない値段になるんだろうなア・・・

イメージ 23
 Mercedes SLS AMG GT3
『ブラックシリーズ』は格好良いけど、やはり『GT3』だよな! 
『ブラックシリーズ』なんて高過ぎて買える訳ないし、SLS AMGですら買える訳ない・・・
『ンならぁ、『GT3』なんてもっと買えんだろう〜!?』って?
『GT3』マシンは中古が時々売られているんだけど、価格の相場は1,000万円前後〜2,000万円前後。 オークションでは300万円台から出品される。 『GT3』マシンはレーシングカーなので一般的な需要なんて無い。しかも売られる『GT3』マシンは基本的に型遅れな訳だからプライベートチームも欲しがらない。 だからタイミングさえ合えばそんなに値が付かないと云う訳
で、僕はそんなのを狙って買うと云う訳だよ〜。  過去の経験と実績から『GT3』マシンをどうすればナンバーを取得して公道を走れる車にするかも知ってる!
ウフフフフ・・・ かなり現実的だろう〜? 
皆は『ベンツ』、『レース車両のナンバー取得』と聞くだけで『無理』と云うけど、本当は、『GT3』マシンは価格面も、公認も然程難くない車なんだよ。 逆に高いお金を払ってロードカーを買って、そこから『GT3』マシンに似せて改造する方が十数倍のお金が掛かるし、そんな事やっても『GT3』マシンにするのは不可能に近い!
『GT3』マシンにナンバーを取得して公道を走りたい!と云う方は、私にご相談ください

イメージ 30
 Mercedes SLS AMG GT3
どう〜・・・・・?
めっちゃくちゃカッコE〜だろう〜?!!!
いっちょ、や・る・か・・・・・・・?






〜 今日の音 〜
Electric Light Orchestra - Mr.Blue Sky
 ELOの『Mr.Blue Sky』懐かしい・・・ ELOを知ったのは今から30年前、私が高校生の頃、ELOがデビューして10年以上経ってからの事。ELOを初めて知ったのがこの曲だった。 ヴォコーダーやサウンドの性質から、何も知らなかった当時の私は『YMO』と『QUEEN』の真似?と単純に想ってしまったが、理屈抜きにこの『Mr.Blue Sky』がお気に入りの曲になって何度も何度も聴いた。 
素敵な曲 本当に懐かしい・・・ 当時の事を想い出す。エンジン、足回り、油、喧嘩、恐怖、暴走、溜まり場、彼女、好奇心、シンナー中毒.etc...... 
ウキウキする曲、とても心地良い曲、本当に懐かしい・・・



〜 ぼくのたからもの 〜
イメージ 24
 末っ子P-仔はめちゃくちゃカワイイ!けど、凄く悪いので当然だけど一番怒られて毎日泣いてる。そのP-仔が『ハンクってどんな字?カタカナと英語でおしえてー』と云うので教えてやったら、ハンク(画像中央)の絵に『ハンク Hunk』と添えたものを描いて見せてくれた。私はバイオハザードが好きで時々プレイするんだけど、昔からハンクと云うキャラクターが好きで、プレイは好んでハンクを使っていた。末っ子は私がゲームをしているのを見てたんだろうね。かわいいね
 画像右は長女のチーコがアニメ『ヒミツのここたま』を観ているところ・・・
小学生4年のチーコは幼稚園や小学生低学年の子が観る様なアニメを好んで観る。去年、大ヒットした映画『君の名は』をクラスの仲良しで観に行く事になったんだけど、チーコは『そんなの観たくない』と拒否した・・・チーコ曰く『ポケモンとかの方が面白い!』らしい。
チーコは思考がとても幼い。基本的に本能に身を任せて生きてる様な感じ。兄弟の仲で一番純粋で素直。嘘もつけない。悪く言えば何も考えていない・・・ 常に何かに追われていて毎日勉強の事ばかり考えている。2年生の時なんて掛け算の『九九が言えなかったら3年生になれない』と想いこみ、毎日呪文の様に九九を唱えていた・・・
何をやっても不器用なのに常に全力なところがいじらしい・・・ とてもかわいくて大好きだけど、ちょっと心配になってきた・・・ もう少しズルさを覚えた方が良いよ

イメージ 25
Hunk / BIOHAZARD and SAS(Special Air Service)
一つ上の画像でP-仔が描いた『ハンク(画像左)』は私の大好きなキャラクター。ハンクは、SAS(イギリス陸軍特殊空挺部隊)をモチーフにしたキャラクター。私は昔からSASに憧れていて、若い頃はSASに入隊して特殊任務を遂行する妄想をしてた。何時かはSASの事をブログで書きたいなあ〜

イメージ 26
5月4日 妻の親戚とバーベキュー
毎年、妻方の親戚が集まってバーベキューをしているが、私は仕事優先で、この10年間で1度しかこのバーベキュー大会に参加した事が無い。流石に妻方の親戚からブーイングが起こり、去年妻から『来年こそは絶対に参加してね』と云われた。今年5月4日参加しましたYO〜! 妻から事前に『嫌味言われると想うけど我慢してね・・・』と注意されていたけど、皆さんとても優しくして下さいました
すみません・・・ 色々とありがとうございました。 今後はもっと家族の為に時間を作ります!

 イメージ 27
 チーコとP-仔、みんなに可愛がってもらったね
O太はちょっとヘンコでひねてきたなぁ〜・・・

イメージ 28
 バーベキューのお肉は超高級だった・・・ ホットプレートと炭火の二つのテーブルで焼いた。私は炭火を担当した。特上塩タンをホットプレートで焼いてくれたけど私は食べなかった・・・ 理由はバターで炒めてたから・・・ 昔、妻の実家で焼肉をよばれた時に、ホットプレートにバターをひいて焼肉を焼いてる様を見て食欲を無くした僕はお肉を食べなかった。『焼肉をバターで焼くなんて信じられない!』と云った。当然、お義母さんに怒られて『ヒロくん(私)は二度と焼肉に呼ばない』と云われた。 バターは大好きなんだけど味が濃いので食材の繊細な旨味を殺してしまう。ホタテのバター焼きだとか伊勢海老をバターであえるだとか、私から云えば邪道である! でも炭火で焼いたお肉は美味しく戴きました! 
ポルシェに乗せてもらったけど、やはり良いですねゑ〜! スポーツカーは!!!

 実は仕事の都合でゴールデンウィークは5月4日だけしか休めない筈だった。
なのに予定異常に仕事が片付いてしまい5日〜7日まで休みになった。 元々休めない予定だったのでGW中、子供達は妻の実家にお泊りして色々と予定を立てていたので今更、子供達を呼び戻すのは酷だ。 妻と二人でまったりしたよ 新婚以来だね。二人で何処かに出掛けようかとか、美味しいものを食べに行こうかと模索したけど連日の食事会の予定があったので、二人とも少し食傷気味になってた。 二人で粗食を食べてゴロゴロしてたけど、やはり妻はかわいいと云う事を再認識できた

イメージ 29
4月末 極真空手見学
事が前後するけど4月末にチーコとO太を極真空手の見学に連れていった。
イマイチ協調性の無い吾が子たち。昔からボーイスカウトに入れたかったが妻の理解を得る事が出来ず叶わなかった。これは私が仕事優先で子供の事を妻に押し付けてしまった為に充分な話をしなかった私が悪かった。 今回の極真空手の見学会にO太が興味を示し、『パパ、いつカラテ連れていってくれるの?』と催促されていた。 長女のチーコは『絶対イヤ・・・』と、見学当日の道場に着くまで嫌がっていた・・・
道場に着くと、師範が子供達に『一緒にやってみなさい』と優しく誘って下さった。長女のチーコな終始ニコニコしながらやってた・・・! あんなに嫌がってたのに・・・
で、O太は何故かイカみたいにフニャフニャで見ていて恥かしいほどショボかった 最後に激しいスパーリングを見学して、『コリャ、チビ達嫌がるだろうあな・・・』と思ったケド、帰宅後にチーコは『空手やる!』と云っていた。O太は『・・・』ノーコメントだった・・・
あれから3度目の極真空手。二人とも道着をまといグローブとサポーターを装着して激しくスパーリングをしている。あんな激しい打ち合い。二人とも泣くかと想ってたけど案外愉しそうに本気でやってる・・・ 愉しみ

この記事に

  • スカイツリーと進撃の巨人のコラボのイベントに来週行ってくる( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

    おます♂

    2017/5/14(日) 午後 8:55

    返信する
  • 僕はベンツが下品に見えて好きじゃなく、BMWの方が好きだったんだけど、仕事でS63に乗るようになり、少しは好きになった。
    ただ、パワーは余るほどあるけど図体がでかく重いんで、たしかにSLSの方がいいね。

    まぁ、ヒトの車に乗ってほざいてるだけだけど(笑)。

    呑みに行こうぜー

    響

    2017/5/15(月) 午前 9:10

    返信する
  • ステーキの上にバター乗ってるのとかありますが、
    ずっと、なんでバターやねん?(´・ω・`)派でした(笑)。
    肉の油があるんのに〜・・。
    まあ、肉は肉なので出てきたら食いますがww。

    最近物騒ですから、女の子も実践空手を習っておくと少しは安心ですね。うちは空手に通わせようと思ってます。本人拒否ればどうしようもないですが(;´・ω・)。

    [ ピオッジャ ]

    2017/5/16(火) 午前 5:07

    返信する
  • > 内緒おっさん

    ですね・・・ いまだにベンツ=反社会勢力のイメージがこびり付いて取れませんね・・・ 本当に良い車を創る素晴らしいブランドなのに・・・
    流石は先生! Sクラスですか! やはり先生たるものメルセデスに乗って欲しいものです
    しかし15年以上も維持されてたとは・・・ 1台の車を10年以上維持する人はマズ居ません! 尊敬致します!!!
    それだけ大事にされたベンツはとても幸せですよね

    ハイ! チビどもようやく空手始めました!
    ご指導のほどよろしくお願い致します〜

    中村

    2017/5/16(火) 午後 10:08

    返信する
  • > おとん♂

    『スカイツリーと進撃の巨人のコラボ』ですかっ!
    Eなぁ〜!愉しSO〜! サシャ・ブラウス好きですか?
    僕はサシャが愛おしくて堪りません〜

    中村

    2017/5/17(水) 午後 9:26

    返信する
  • > ビッキー

    そうそう、普通は『ベンツ』と云うだけで皆が嫌な顔する。
    でもベンツは本当に素晴らしい車なんだよね! 皆それを知らないだけ
    てか、S63??? マジですか・・・?! めっちゃシブいやんっ! パワー、エクステリア、キャビン全てにおいて世界中が絶賛している素晴らしい車ですよねっ
    凄いなぁ〜! 7〜8年前は『会社がヤバいからリストラ候補にあがってる』とか『給料が少ないから夜もバイト』してるとか云ってたのに、今は船を運転するは、接待ゴルフにS63ですか・・・
    俺も頑張るWA〜

    行こうぜ! 難波で酒呑もーZE

    中村

    2017/5/17(水) 午後 9:34

    返信する
  • ベンツは仰るように印象があまり良くないですが、良い車だと思います。
    皆、食わず嫌いなのかなとも。まぁ安い車じゃないから食う食わない以前の問題でもありますけれど。
    あとは同価格帯なら国産のレクサス選ぶかなーとも思います。

    GT3の話であれば、SLSはコックピットが小さいし、基礎骨格が素晴らしいから早そうですね。
    まぁただ仕方ないですけど、目が離れているのでお顔があまり好きじゃない・・・

    ホットプレートで焼くならバターもアリかなと思いますけど、ちょっと重たくなりそうですね。
    焼肉の薄いものじゃなく、ステーキみたいなランプ肉とかヒレ肉ならアリかも知れません。

    [ だいすけさん ]

    2017/5/18(木) 午前 6:42

    返信する
  • ボーイスカウト懐かしい(笑)
    自分もやってました。キャンプしたり登山したり募金活動したり色々やったなぁ。

    友達が入ってるからという理由で入ったけど、あまり好きじゃなくて結局毎回イヤイヤ通ってましたが、今思うとやっててよかったと思いますね(^^)

    それと、話は変わりますが中村さんの親戚や周りの方は中村さんが趣味として温室で珍しいウツボカズラを栽培してることは当然知ってるのですよね?見せて欲しいとか言われませんか??
    うちも来客があった時はみんな珍しがって栽培品を見ていきますが、基本的には周りには言わないようにしています😅
    他に大規模に温室建てて栽培されてる方は仕事仲間や周りにどれくらいその事について周知されてるのか前々から気になってました👀

  • > ピオッジャさん

    焼肉にバターだなんて邪道ですよね
    でも、その後リサーチしたらホットプレートの焼肉はバターって家庭も居るみたい。後、地域性とか。
    僕は牛肉とバターの組み合わせは絶対に食べません〜 子供の頃は貧困で毎日近所で貰ったカボチャや大根を煮込んだ物ばかり食べてたのに、大人になった今は気に入らないものは口にもしなくなりました・・・ あんなに食べ物に餓えてたのに何故なんだろう・・・?

    家の根性無しなチビ達は絶対に空手しないだろうなぁ・・・と想ってましたが、予想に反してめちゃくちゃ愉しんでいます。
    道場は厳しさの中に思いやりが溢れています。年上から物事を教わり、そして年下を導いてあげるスタンスは心身の鍛錬に最適だと感じています。ゲームばかりやっててもロクな人間に育ちませんからね

    中村

    2017/5/18(木) 午後 9:11

    返信する
  • > だいちゃん

    あはは・・・喰いたくて喰えないもんね、メルセデスは〜 ベンツは元々イメージが悪いから一般市民が食わず嫌いになるのは当たり前かな
    レクサスは人気ですねゑ〜! 車って実は平気でパクり合いしてるから、よく見るとどの車種もヘッドライトもグリルもバンパーも同じ顔してる。でもレクサスの顔はオリジナリティがあるので素敵だと想う。レクサスGT3は凄いもんねゑ!

    SLS AMGの顔キライ〜? あの低い(ペッタンコ)の顔が良いんだけどなぁ。例えば、人気のGTRとかレクサスも顔は厳ついけど車体が高過ぎてノーズも分厚過ぎ・・・
    まぁ好みの問題だけどねゑ〜

    おお、なるほど、だいちゃんもホットプレートならバター焼肉アリですか〜! 因みに僕はステーキのバターもアウトです。 食の違いって面白いね! 県民ショーとか面白いもんね

    中村

    2017/5/18(木) 午後 9:27

    返信する
  • > むっくー@さん

    へぇ〜! ボーイスカウトされてたんですか!!! やはり経験して良かったんですね
    僕も子供の頃憧れていたんですが貧乏で習い事は何も出来ませんでした
    家の子供達がボーイスカウトのユニフォームを着て自然を学ぶ姿に憧れていましたが、私が仕事ばかりで、ボーイスカウトの事にしても妻に任せる感じだったので、叶いませんでした。 妻からすれば、自分は何もせずに言うだけだから協力もしたくはなかったんでしょう。
    全部、私が悪かったと反省しています・・・
    今は空手を習う事になりましたが、子供達のイキイキとした姿を見る事が出来て良かったです

    中村

    2017/5/21(日) 午後 10:20

    返信する
  • 私の仲間はチョイ悪(ガチ悪)親父ばかりなので、趣味と云うと酒、女、ゴルフと云った感じばかりの世界です。 成体趣味に夢中になってる私は、昔から『変ってるなぁ』と仲間から云われ続けていますね。親戚も同じくです
    当然、そんな奴等が温室を見たいと云う訳もありません
    ただ今の住いに越して来て直ぐの頃は、近所の植物好きの人達が『見せてくれ』と尋ねてくる事が度々ありましたよ。これは正直迷惑でした・・・ 植物好きといっても、私みたいに一つの株を買うのに、他の嗜好を我慢して何十万もお金を使って買う様な人は居ません・・・ 温室に入って数十万円もする植物を雑草の如く雑に触る人が殆どでしたし、タダで株分けして欲しいと云う人も何人か居ました。植物愛好家でもレベルが違い過ぎると全く話しになりませんし、見せるのも迷惑でしかありませんでしたね・・・

    中村

    2017/5/21(日) 午後 10:34

    返信する
  • 顔アイコン

    『Mr.Blue Sky』は軽い感じでいい曲ですね。ピクニックを連想しましたよ。
    植物にも春が来て良かったですね。

    ここたまは、5歳の姪っ子が好きみたいで一方的に話をされます(笑)

    [ niziiro ]

    2017/5/22(月) 午後 10:31

    返信する
  • > niziiroさん

    ミスター・ブルースカイは晴々とした楽しい曲ですよね〜
    メロディも歌詞も最高〜
    疲れた時に聴くと元気になれる素敵な楽曲。落ち込んだ時に聴くのも良いかもしれませんね

    今年は、家の温室も5月になってやっと張るの立ち上りって感じです・・・
    相変わらず仕事と予定がガッツリ詰っていますが、ボチボチ植物を愉しみたいと想います

    へぇ〜5歳の姪っ子ちゃん、かわいいですねゑ〜
    本当にチビって無垢で、煩くて、超可愛くて、愛おしいですねゑ まぁ、その分、説教して泣かす事も多いケド

    前記事のお返事は近日中に致しますっ

    中村

    2017/5/25(木) 午後 9:23

    返信する
  • > 内緒さん

    素敵な贈り物ありがとうございました
    ありがたく戴きますYO
    流石にあのTMは贈れませんが、素敵なウツボを贈らせて下さい

    ウフフ、無理は禁物です。僕みたいに去年の6月に買ったウツボカズラの代金の残りが未だに残ってる・・・なんてのは情けない話しですからねゑ〜

    まぁ、でもあのTMは最・狂・で・す・ね・・・

    中村

    2017/5/25(木) 午後 9:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事