ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

N.burbidgeae G.Tambuyukon #2.

イメージ 1
Nepenthes burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'

 暑い・・・ 夏は現場作業が辛くて堪らん。毎日約6ℓの水分を補給するが全部汗で出てしまいトイレに行っても何も出ない。こうなったら痛風が酷くなる。先生から沢山水分をとってトイレに行くように云われているが、出ないものは仕方無い・・・
温室の植物の世話は妻がやってくれている。気温や天候に応じて高山性温室の潅水シャワーと遠心力加湿器を交互に動かしてくれて、低地性温室が乾かない様にマメに水をやってくれている。 だがやはり水加減は素人には難しい・・・ 低地性温室はカラカラに乾いてしまってるのに鉢の用土はいつも濡れている。すると根腐れ気味になってしまう。せっかく調子が上がって来てこれから!と云う鉢が一気に不調になる。挿し木増殖していたN.ampullaria、N.rafflesianaの類が沢山ダメになった。
毎年この時期にN.northianaが作下がるのがもどかしい。
高山性温室も同じくだ。 乾くのを恐れ潅水シャワーに頼り過ぎてしまうのでどうしても根腐れ気味になる。 この時期に根腐れさせるとそのまま逝ってしまう事は少なくない。 本当に植物の世話する時間が無くなって来たなあ・・・
一昨年だったか、見かねたマニア志向の後輩達から『中村さんは栽培数を減らすべき』だと勧告された。私もそう想う。けど『コレだ!』と想う個体に出逢ってしまうとお金が無くても買ってしまう。そして世話できずに枯死させてしまうのである。
先日もバンコクから至極の逸品が届いた。ずっと欲しかった選別個体であるが、なかなか手に入らなかった。
枯れなきゃ良いけど・・・

イメージ 2
 29th.May.2015 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
タンブユコンのバービッジアエ種子から実生した個体。この個体の撮影が苦手だ。
凄く派手な色彩を写真に反映させる事が出来ない。逆光気味で撮ると繊細な色目が潰れてしまうし、順光気味で撮ると袋筒の鮮やかなピンク色が飛んでしまう
最初は沢山あったタンブユコン産実生苗の育苗中少し変った個体を残しながら選別した個体の一つで、この個体はタンブユコン産バービッジアエの#2. 小さな頃から植物体が派手なクリムゾンで捕虫嚢も丸くビビッドな蛍光ピンク色だった。

イメージ 3
 29th.May.2015 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
2年前の5月末。冬の間はどうしても草体を酷く傷めてしまうが、N.burbidgeaeは耐陰性があるのか冬季の傷みは軽度である。 本個体はとても鮮やかな赤味を帯びた植物体である。 他産地のN.burbidgeae同様に生育が早く、強い。 故に育成が杜撰になりがちで植替えも何年もやった記憶が無い・・・

イメージ 4
 3rd.Apr.2017 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
今年の4月。上記の様に本種は耐陰性があり、真っ暗な冬以外は常に着袋してくれる。 順光で撮影すると色が飛んでしまう。どうやって撮影したら良いのか。
写真でその美しさを表現する事が出来ないが、本個体は蛍光色の様なとても鮮やかなピンクの下地に綺麗なクリムゾン斑が入り、唇のクリーム色とクリムゾンのストライプも申し分ない美しさである。 今年に入ってから捕虫嚢がサイズアップし、本種特有の丸くどっしりした形になって来た。 本個体は最近までまだナンバリングもされていない個体であったが、'Vivid Pink Bag' と云う名前を付けてタンブユコン#2.の座を手に入れた。

イメージ 5
 1st.May.2016 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
去年5月、開いたばかりの捕虫嚢。 うまく撮れているが派手な発色が表現出来ない。

イメージ 6
 1st.May.2016 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
去年5月、植物体。相変わらず美しい草体。真夏の温色度数が高い光を当てると赤味が薄れる。 鉢はずっと4号鉢のまま植替えもしていない。 たぶん鉢の中は根がとぐろを巻き根鉢になっているんだろう。本種やN.rajah、N.merrillianaの様な根をよく張る大型種は大きな鉢で栽ってやらないと草体が大きく成らず当然、捕虫嚢も大きなものを着けてくれない。 先日、鉢増した。といっても7号鉢だけど。
そん時にまたやらかした・・・ あれだけ注意深くしたのに、葉っぱが千切れて草体も傷付けてしまった。

イメージ 7
 3rd.Apr.2017 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
今年4月。う〜んドギツイ発色。 でっぷりした捕虫嚢。 素晴らしい個体。
N.burbidgeaeはとても美しい原種である。 捕虫嚢の形も大きさも申し分ない。
なのに最近の人達が本種について触れる事は稀である。苗を買い成熟させた若者なんて見た事もない。
本種は個体差が大きく驚くほど美しい個体も多いのに栽培している(欲しがる)人が少なく、故に価格面での価値が低い。 
私はN.burbidgeaeのとても美しい個体を色々と維持しているが、おそらく本種を増殖して放出する事は無いだろう。
私は狂気的なマニアだと想う。沢山の実生苗を育てて選別し、中には全てカスだった事もあるし、交雑していたものもある。 借金して数十万円〜百万円以上も掛けてようやく出逢った個体を放出してもネペンテス栽培界はマニアが少ないので、私が掛けた時間とお金に見合う額では誰も欲しがらない。 本種の場合は特に安い値しか付かないだろう。
実生からアダルトに出来る人はどれ位居るのか? 技術面や栽培容積、ランニングコスト等けっこう大変(その中から逸品を見出すのは栽培家としては醍醐味であるが)。 
しかし国内のネペンテス愛好家にとっては選別個体という概念は希薄で、品種としての感慨しか無い様である。 
故にクローン、実生を含めた海外輸入転売品と、抜擢個体の価値が等価値な様である。
私のナンバーズを格下げで放出するのは我慢出来ない。 
だから出さない。門外不出も良いと想う様になった。
昔の栽培人は本種を必ず栽培して愛でていた。 最近の若手は新しいものばかり追い求めている様に見える。美しい品種とは何なのか、個体差の奥深さ、選別個体の崇高さを理解して欲しいな。もっと栽培が愉しくなるのに。

イメージ 8
 14th.Jul.2017 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
今年7月の捕虫嚢。小振りの袋、残念。 この個体は2つのタイプの捕虫嚢を交互に着ける。画像1枚目の様な純血種そのもののドッシリした形の捕虫嚢。そしてもう一つは2枚目画像や、この袋の様な猫背っぽいオチョボ口に薄い唇の捕虫嚢。その2つの形の捕虫嚢を交互に着ける。何か過去の掛かってるのかな? タンブユコンのN.burbidgeaeが自生する地帯はどうだったかな。 確か海抜1,500m付近のmusang camp周辺に沢山のバービッジアエが地生していた。まるくて大きな袋を着ける個体が多かったがキナバル山系の個体群とは少し違った形質に感じた。キナバル山系の個体群(純血種と想われる個体)は硬くてゴツい感じなのに対して、タンブユコン産の個体群は少し薄くて繊細な様に感じた。 
musang campから直ぐ上は直ぐにN.edwardsianaが群生している。N.burbidgeaeとN.edwardsianaのクロスを探したが全く見付からなかった。 本個体が過去にN.edwardsianaを飲み込んだ形跡も見て取れない。musang campのN.burbidgeaeが地生する地帯にはN.tentaculataが生えてた。もしかしたら本個体の親株は大昔にN.tentaculataを飲み込んだ個体なのかもしれないな。

イメージ 9
 2nd.Aug.2017 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
この捕虫嚢はなかなか深みのある発色をしていたので沢山の写真を撮った。朝日の下で色んな角度から、昼間、そして夕方の西日から。けど何でこんなに色が飛んでしまうのだろうか。やはりカメラ任意で撮るとカメラが勝手にコントラストや明るさを変えてしまうのか。しかしマニュアル操作なんてやってる暇も無い。

イメージ 10
 14th.Jul.2017 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
明るめで撮ると明るいピンクが飛んでしまうし、暗めで撮ると発色どころじゃない画像になる。もういいわ。

イメージ 11
 30th.Mar.2017 N.burbidgeae G.Tambuyukon #2. 'Vivid Pink Bag'
数年前からボルネオ高山系の選別個体の事を書く事が億劫になっている。 以前、ボルネオ島で行われている密猟者による乱獲問題について書いた事があるが、その時に私は激しく叩かれた。 
どうやら一般のネペンテス愛好家は、先人達が自生する植物が無くならない様に徒長した枝の一部だけを切り採った事と、密猟者が無差別に大量の個体を根こそぎ抜き取ってしまう事の判別が付かない様であった。
私が維持する美しい個体の一部は、先人が自生地で切り採った枝から増えたものだと非難された。
自生地の個体数を減らさない様に分岐した枝の一部を持ち帰った行為を絶対に許されないとする一方で、たとえ乱獲由来だとしてもサイテスがあるものは正規品だと言い張る。
私からすれば先人達が行ったコレクトは”暗黙の了解”であり、全ての園芸界において行われて来た事である。 しかし密猟者の乱獲は”禁じ手”である。
ただでさえ個体数が少ない高山性種を根こそぎ採ってしまうと自生地消失に繋がるではないか。 
一般の愛好家にこの”暗黙の了解”と”禁じ手”の違いを解ってもらえなかった。
そもそもネペンテス園芸界に昔から存在する全てのものは先人の尽力で自生地から切採った枝ではないか。古くから受け継がれる交配種の親元、植物園に展示されている素晴らしい株のほぼ全てがそうなのである。
自分達の育てている植物の由来を知ろうともせずに他人の栽培品を非難する人達とは話し合いにならなかった。 
その時に私の栽培品と私の栽培スタンスにまで非難が及んだ。『あなたの云う”極袋”てなんですか?賛同出来ない。 あなたの様に美しく稀少な株を有り難がる人間が居るから、自生地で乱獲が増えるんだ』と云う様な事を連日書き込まれた。
書き込んだ人達の中には、入門時に私が色々と教えてあげた人達も居たし、当ブログを参考に栽培法を学んでいた人たちも少なくなかった。
後に色々と聞いた話では、乱獲問題について私が言及した時、愛好家どうしで乱獲問題について語られる中で事実が捻じ曲げられ話しが大きくなり、無知な怒りの矛先が一部のマニアに向いた。 
珍しい個体や高額なウツボカズラを収集するマニア達を吊るし上げようとする動きがあった様で有る。まるで魔女狩りである。 
彼らが余りに無知過ぎるのと、想い込みや便乗で私を叩く様子が哀れに見えた。 何も努力もしないで先人の栽培情報をタダ観し、ただ売ってるものを買って育ててるだけの若造が一人前の顔して、誰に向かって物を言ってるのか・・・と腹が立った。
乱獲由来の”正規品(?)”を買い求める人達が、私の栽培品を憶測で悪いものだと決め付けて叩く。 鼻で笑うしかなかったが、一時期ブログでネペンテスについて書くのが嫌になった。 それからは『選別個体』について書く事が億劫になってしまった。 
でも、良いものは良いし隠す必要もない。ここは私の栽培品の栽培記録を記す場所だし、最近は別に叩かれても平気になってきた
だから今回はタンブユコン産の実生苗から出た抜擢個体を書く事にした。 
けど『ビビッド・ピンク・バッグ』はセンスが無いなぁ・・・






〜 今日の音 〜
Queen - Killer Queen (Lyrics)  1974
クイーン・・・ 誰もが知ってる伝説のバンド
3人のコーラスとギター・オーケストレーションが
奏でる重厚な音はまるでオペラの様・・・
クイーンの曲全てが最高
その中から『Killer Queen 』が、~今日の音~
1974年に発表された素晴らしい音色。

Queen - Killer Queen (Live at Earl's Court, London '77)
活動開始してから6年後のライブ音源
フレディ・マーキュリー若いなぁ〜

Queen - Killer Queen (Live In Japan 1985)
1985年のライブ音源
フレディ・マーキュリーが逝ってしまう約5年前の映像。



〜 最近のおもいで 〜
夏になり無休が続いてる。この先も予定が詰ってる。
予定していた家族キャンプもキャンセルする他なかった・・・
初夏にこども達と遊んだ思い出
イメージ 12
4th.Jun.2017 南曽根子供会ボーリング大会
6月に子供会のボーリング大会に参加した。
こども達は初めてのボーリング
長女のチーコが愉しそうだった
妻は私よりもスコアが良かった・・・
イメージ 13
4th.Jun.2017 南曽根子供会バーベキュー大会
ボーリングの後は町内でバーベキュー
青年団と拾伍人組の若い奴らが準備を手伝ってくれたが
頼んでいたお肉が赤味ばかりでホルモン系の白身が無かった・・・
我々オヤジ世代から文句が出た
準備させておいて文句云うなって?
これは我々も若い頃やってきた事。 順番。
だから下手打ったら怒られるのは仕方ないのである。
しかし使えんなぁ〜・・・

イメージ 14
2nd.Jul.2017 南曽根公民館でそーめん
この日は町内で式典があった。
とても暑く汗を沢山かいたので式典終了後に公民館で涼んで呑んだ。
仲間達が家から肴や酒を持って来てくれた。
後輩の一人が高級ソーメンを持って来てくれた。
冷たいソーメンを啜って呑む焼酎は最高だった

イメージ 15
 16th.Jul.2017極真カラテのバーベキュー大会
今年の5月からこども達が始めた極真カラテ
我が家は新参者で、私は誰が誰だか分からない状態。
こうなったら頑張るしかない!と云う事で焼き台の炭をいこして
肉を焼く役目を買って出た。もちろん最後の汚れ作業も進んでやったYO
みんな良い人ばかりだったので良かった〜
子どもたちも少しづつ友達が出来てる様で良かった





この記事に

  • 顔アイコン

    ただし中国人は幾らでもお金を出す様な感じで、上から目線で売ってくれ!と云います
    『サイテスのノウハウを知らないので売れない』と云うと、日本まで取りに来ると云います
    国でネペンテスに対する思想や価値観が違うので、そういった意味ではFBは面白いのかもしれませんが・・・

    中村

    2017/8/12(土) 午後 8:40

    返信する
  • 室内での密閉型栽培は急激な温度差が無く安定した湿度も維持出来るのでネペンテスの育成が上手く行きますね。
    けど仰る通り安定が続くストレスフリーの環境では何らかの悪い菌が増殖し、それらは何かの切欠で一気に飽和して栽培品を全滅させる事があります。
    私自身もワーディアンでやっていた頃は上手く栽れていたと感じていましたが菌類の疾病にも悩まされたものです。
    一方、外気を取り入れる屋外型で栽培は菌類の被害は少ないですが天候の急変や機器のトラブルにより、たった1日で全滅に近い甚大な損失を経験する事になります。夏季の潅水システムの不調や停電による冷房機器の停止、故障。冬季の暖房器機のエラーで1日で栽培品が壊滅した話しは沢山知っています。 また屋外温室ではダニ、スリップス、カメムシ等の被害を防ぎきれませんし、二次被害としてウィルス感染があります。用土のダライアウトや線虫の脅威もあります。

    中村

    2017/8/12(土) 午後 9:03

    返信する
  • 安定なら室内型。 高カロリー、栽培容積の充実なら屋外温室。
    どちらも一長一短といったところでしょう。
    室内型では適度な通気と定期的なリセットを行い、菌類の対処術さえ身に付ければ良いと想いますよ


    またエラーでました・・・
    どうやら500文字を超えるとエラーが出やすいようですね・・・
    レスをコピーしといてよかった〜
    いちいち何個にも分けてレスするのは面倒臭いですよね・・・
    せめて2000文字は書き込ませて欲しいですよ

    中村

    2017/8/12(土) 午後 9:06

    返信する
  • 顔アイコン

    > niziiroさん

    私のタンブユコンのトレイルは今年1月の栽培記録
    『P.ridleyi Myanmar』の一部で垣間見る事が出来ますYO
    海抜1,000m以下のMuluh Campの画像ですが・・・

    https://blogs.yahoo.co.jp/gavasurfacehiro/32964051.html

    ↑ です。

    明日も仕事が早いので今日は失礼します。
    またレスいたしますので宜しく

    中村

    2017/8/12(土) 午後 9:21

    返信する
  • 今日の東京は最高気温25度しか上がらない代わりに昼間でも湿度90パーセント越えの雨模様になってしまいました。暑さもなく湿度たっぷりで我が家のネペンテスはさぞかし元気になっただろうと思ったらツルの伸長が止まってしまいました。8月なのに日照の大事さを思い知らされる日々です。
    家(のベランダ)に初ネペンテス、EP由来のtruncata(g)(small)を迎えてから1週間程で袋のリップが夜間に蜜でテカテカになるようになりまして、最新の葉のツルにも小さな蜜の粒がつき始めました。これは家の環境に慣れて調子が上がってきたことによるものでしょうか。

    [ jaz***** ]

    2017/8/15(火) 午後 8:21

    返信する
  • > niziiroさん

    レスポンス大変お待たせいたしました
    お盆休みも無しで忙殺されていまして・・・
    明日は病院で検査故、現場に出ないので今晩はゆっくり出来ます。

    G.Mumの個体が入手出来るなんて・・・ しかも格安で
    しかし悲観的になる必要は無いかもしれません。
    ナーセリーが発売するクローン苗でもリリース時に入手出来なければその後入手不可と云うのはよくある事。 しかも苗を大きく出来る人も少なく、それらの増殖苗が放出される事なんて殆どありません。
    それと実生個体だから価値があると云うものでもありません。私自身も沢山の実生苗を育成してみて維持したいと想える個体に出逢える事は多くありません。

    近年、SNSの普及で海外から色んな由来の『個体』が流通する様になりましたが、『良いもの』に巡り合える事は難しいでしょう

    中村

    2017/8/18(金) 午後 8:42

    返信する
  • で、いきなりドライアウト寸前ですかっ
    ネペンテス栽培の失敗第一位は根腐れだと想います。
    上手い栽培家は基本的に用土を辛目に栽っていますが、辛目で管理出来る人なんて毎日植物の傍に居れる人だけですね。
    我々の様な一般の社会人がそれをするのは難しいので、自分の生活環境に合わせて、用土の過湿に気をつけつつ適度な水加減を掴むしかないんでしょうね
    私の場合は出張や現場の加減で1週間前後温室に入れない事が多く、ドライアウトさせない為にどうしても用土を濡らし気味にするしかありません・・・
    それでも小さな鉢が水切れで枯死する事は少なくありませんが・・・
    お互い、仕事の事情で想う様に植物を栽れないと想いますが、自分のバイオリズムに合った植物栽りが出来ると良いですね

    中村

    2017/8/18(金) 午後 8:57

    返信する
  • クイーン知りませんか・・・

    最近の若い子に『クイーンを知ってるか?』と訊いて『知っています』と云う奴は誰も居ないので仕方ありません・・・

    一休さんも知らないし、宇宙戦艦ヤマトも知りません・・・
    近年は昔と違って情報量が多く、TV番組も音楽も最新を好む傾向にあり、古いものを在り難がる若者は少ないですね
    私の妻は32歳になったばかりの、私から云わせれば小娘です。
    10年程前に、私が車中でゴダイゴの『銀河鉄道999』を聴いていたら、妻と義理の妹が『そんな昔の曲恥かしいからやめて』と云いましたが、その後エグザイルとか云う若造共のミーハー集団がゴダイゴの『銀河鉄道999』をカバーして、妻と義理の妹がキャーキャー云ってるのを見て悲しくなった覚えがあります
    どうでもよい話をしてしまいました、すみません・・・

    中村

    2017/8/18(金) 午後 9:09

    返信する
  • 今から、ちょっと用事するのでタンブユコンのお話はまた後日で宜しく〜

    中村

    2017/8/18(金) 午後 9:12

    返信する
  • タンブユコンで壺観察だけするならmusang campをAM3:00過ぎに出発して、キナバルエンシス群生地までトレイルラン気味に登ってから折り返しゆっくり観察すると良いと想います!
    最初から悠長に壺観察してたらタイムアウトになり途中で下山を余儀なくなれますから。
    とは云え、何日も掛けて苦しいタンブユコンに登ったんだから、漢ならサミットはするべきですが・・・
    漢を通すか、壺マニアに徹するかの判断が難しいところです。

    ボルネオ高山の自生地を見る事は良いですよ〜
    キナバル系トレイルでは有り得ない数の吸血蛭とマダニの猛襲は地獄ですが、感じて得るものは大きいです

    パスポート・・・?
    SO〜云えば私の10年パスポートもそろそろ切れる頃かも・・・
    ヨーロッパに旅行したいな。

    中村

    2017/8/19(土) 午後 10:03

    返信する
  • > jaz*****さん

    なるほど素晴らしい観察力ですね!
    jaz*****さんのウツボカズラに対する熱い想いが伝わって来ます!
    日本の四季の下でネペンテスを栽るのは大変です。通年安定しない天候と外気の下で栽培品を常にベストの状態で維持するのは至難です。ネペンテスはたった一日の判断ミスで枯死したり調子を崩してしまい何年も生育が停まってしまったりする植物ですから。
    jaz*****さんのその観察力はとても素晴らしいと想います。
    植物が喜んでいるのか苦しんでいるのか、栽培品をよく見る事で色んな事が判ってきます。 それが栽培技術を高めてくれるのです。

    何時の日か栽培品をブログで紹介して下さいね。
    待っています

    中村

    2017/8/19(土) 午後 10:17

    返信する
  • ブログ解説は大分先のことになるでしょうから、長生きして待っていてくださいね(笑)
    昨今の食虫植物ブーム(ブームの存在は食虫植物を栽培し始めてから知りました)のおかげでネペンテスがどんな植物なのか名前以外の情報を一般の方が知り始めた段階なのだと思います。知名度が上がるのはもちろんいい事だとは思いますが、今のような上がり始めは中途半端な、あるいは誤った知識を持つ人もまた多くなる時期でもあるのではないかと思います(私自身も半端者の自覚はあります)。そのためにこの宝石箱のようなブログをやめてしまうのはもったいないと思いますので、ぜひ続けて頂きたいです。

    [ jaz***** ]

    2017/8/21(月) 午後 2:26

    返信する
  • 解説×
    開設◯
    失礼しました…

    [ jaz***** ]

    2017/8/21(月) 午後 2:28

    返信する
  • 身体を大切にしましょう。
    私も薬欠かせないので、人の事言えませんが。

    写真のタンブユコンの樹もツタもデカ過ぎでしょ!!
    ビックらこきましたよ。

    バービーは、初期に気がついたので、今は問題なさそうです。ゆっくりですが、新葉も動き始めました。
    根が貧弱だったので早くボーボーになって欲しいです。
    私は、植え替えを滅多にしないので買って送られて来たままの鉢(無機質中心の用土)で管理してます。
    私は、無機質中心の用土の方が、水をタップリやれて、乾燥も早く好きです。
    ただ、夏は3日以上は家を空けれないです。

    一休さん見てましたよ。宇宙戦艦ヤマトは80年代、90年代は見ました。
    ここ数年の新しいヤマトは見てないです。
    昔の宇宙戦艦ヤマト2でしったけ、惑星破壊ミサイル「プロトン」で始まる話が好きでした。デスラー総統の男気溢れる良い話でした。

    空気を読む = 個性を出さない、みたいな風潮みたいですね。
    私の趣味に理解できないらしく説教したり、見下したりする知人もいます。
    ため息です。

    [ niziiro ]

    2017/8/21(月) 午後 6:32

    返信する
  • 顔アイコン

    今年も無事にトラスマディー山登頂して自生地を堪能してきました。
    来年当たりは、トンブユコン山にまた行こうかな。たぶんまた頂上まではいけませんが・・・。もしかしたらスマトラになるかもしれません。

    [ nep*nla*d ]

    2017/8/23(水) 午後 0:22

    返信する
  • > jaz*****さん


    ありがとうございます!
    最近は食虫植物ブームなんですか!
    ネペンテスが大好きですが食虫植物そのものには関心が薄く全く詳しくないんですよ〜

    ブログ開設待っています

    中村

    2017/8/27(日) 午後 5:22

    返信する
  • > niziiroさん

    メディアは自分の環境と栽培法に合ったものが一番ですね。
    早く乾くというのは最高ですが、多忙な社会人には冷や冷やする用土でもありますね。
    私みたいに世話する時間も無いのに鉢を沢山増やしてしまってドライアウトさせる様な人間にならないでくださいね

    おぉ!一休さんも宇宙戦艦ヤマトも観てましたかっ!
    昭和最高ですねゑ〜
    新しい宇宙戦艦ヤマトは最高ですYO
    DVD全部もってます。

    時代と共に人の精神も変わってゆくという事ですか・・・
    私はキャラと趣味が合っていないと周りから変人扱いされてます
    私の事を、温室で大麻育てて樹脂を製造していると皆が言うんです

    中村

    2017/8/27(日) 午後 5:32

    返信する
  • > nep*nla*dさん

    マイクのFBでねぺんらんどさんが写っていたので知ってました
    トラス・マディ良かったですか-------

    来年はスチュワート・マク・ファーソンのスマトラツアーですか、時期が合えば参加したいですねゑ
    私は11月しか長期休暇は取れないんです・・・

    中村

    2017/8/27(日) 午後 5:36

    返信する
  • 顔アイコン

    バービッチは個体差が強い、と思ってます。なので色々集めてみたい、と思いつつ2クローンしか持ってません。ピンクのバービは夢の夢。w いつか見てみたいデス。

    Queenはデビューを知ってますよ。w

    [ ippai_attena99 ]

    2017/9/1(金) 午前 11:50

    返信する
  • > ippai_attena99さん

    突然ウェブから消えてしまわれたのでとても心配していました。
    何度かコンタクトを考えましたが、お子様のこともありましたしどうする事も出来ないでいました。
    ネペンテスを続けておられる様で良かったです

    僕の感覚では2年後には徒長して脇芽を出すと想うので、この個体の増殖苗を放出するのはそう遠くないと想います!

    Queenはデビューですか・・・ 僕はまだ3〜4才の頃ですがクイーンを知ったのは中学生になってからです・・・
    曲自体はTVで知らずに聴いていましたが・・・

    中村

    2017/9/2(土) 午後 9:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事