ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

I wanna Alien...

イメージ 1
HR Giger working on Xenomorph for Alien
 
 エイリアン大好き・・・ 好き過ぎる。 このクリーチャー。つい最近まで『エイリアン』で通ってたけど、『エイリアン』は映画の題名であって、クリーチャーの事を『Xenomorph=ゼノモーフ』と呼ぶのが本当らしい。
しっくりこないなぁ・・・
私はマニアでも無くコレクターでも無いので欲しいエイリアンが限定されており、それ以外のものには見向きしないで済むので、数多のマニア/コレクターさんの様に物欲と資金に悩まなくて済んでいた。
しかし最近は続々と凄い立体物が発売されるようになったお陰で、一点限定派の私でさえも物欲と軍資金に悩む日々を送っている。 夢でうなされる程なのだからよっぽどだ。
続々とリリースされるハイクオリティの立体物群。嬉しくもあるが地獄でもある。
あ-----欲ちいっ!・欲っちィ----------------------YO

イメージ 2
ALIEN 1979
 当時小学生だった私は『ALIEN』を劇場で観る事は叶わずTVの『ゴールデン洋画劇場』で観た。 公開当時『エイリアン』は一世風靡し、子供達でも皆『エイリアン』と云う言葉を知っていた。どんなものかは知らなかったが・・・
TV初登場の日、友達同士で騒いでた! 『今日○○劇場でエイリアンやるで---!』
初めて見るHR Gigerの異世界と恐ろしいシナリオ、演出を夢中で観た。
暗がりから一瞬しか姿を見せないエイリアンの全貌は殆ど判らなかったけど今まで見た事も無い斬新は異形に魅入ってしまった。
武器も無い貨物船の中で一人ずつエイリアンに食い殺されて行くクルー達・・・
キイィィィーーーーーーーー!!!
ノストモロ号船長が襲われるこの場面が怖くて堪らなかった・・・

イメージ 3
 1979年公開の一作目エイリアンに夢中になった子供達は多かった。
当時、『宇宙船』というSF雑誌があって、その紙面に僅かに載ったエイリアンのプロップや全貌。HRギーガーの事等など、私は貪る様に見た。家は貧乏だったのでしょっちゅうは『宇宙船』を買えなかったけど、エイリアンがたくさん載ってる号は母にねだって買ってもらった。
それから中学生になり高校生になりアルバイトして少しのお金もあったのでエイリアンの模造品を買って悦に浸った。社会人になってからも少しづつ発売される1st.エイリアン、通称"ビッグチャップ"を買い漁った。 当時の情報源は『宇宙船』や『フィギア王』等の雑誌しかなかった。
あまりチープなものは買わなかったが、映画に出てくるエイリアンのヌメッとした顔と唇や歯の加減が上手く表現されている模造品には出会えなかった。
おそらく殆どのマニア/コレクターが同じ様に考えていたと想う。
私が30歳の頃(約17年前)にマーミットから直立ポーズの巨大なビッグチャップが発売され、更に私が34歳の時に同社からエイリアンAタイプ(アタックver.)、エイリアンBタイプ(屈みver.)の予約が開始された時は鳥肌が立った。 
それからしばらくしてサイコモンスターズがマーミットエイリアンをギーガー・ミュージアムのGiger's Alienに似せてカスタムしたものを観てアゴが外れそうになった。 サイコモンスターズに製作して戴こうかと悩み悶々とした日々を送っていた。

イメージ 4
Alien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver - Roswell
 2011年にRoswellから予約販売された佐野先生原型のSANO's BIGCHAP 1/3 バストスタチューの発表時にはとうとうアゴが外れた。『本物が此処に有る』と感じた。予約終了まで毎日ロズウェルのサイトを見ながら悶々としていた・・・
『私は1/6サイズの全身像以外は収集しない』という決意(?)があったからだ。
しかし予約終了を目の当たりにして激しく後悔した・・・ と悶絶していたら1/3 バストスタチュー発売後いきなり2011年夏のワンフェスで同じくロズウェルから佐野先生原型の1/5エイリアンスタチューが発表され予約開始! これには飛びついた!

イメージ 5
12th.Feb.2012 From Roswell
 2011年末に先にレジンキャストキットが届いた。素晴らしい出来であった。
夏のワンフェスで発表後受付して半年以内に手に届くとは・・・ ロズウェルさんのお話では20世紀FOXの原型監修や販売申請承諾が11月頃まで掛かった筈なのに。
流石は段取りが良いですねゑ〜
そして年が変って2012年2月12日にとうとうAlien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL verが届いた

イメージ 11
Alien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver - Roswell
スイスにあるギーガー・ミュージアムに展示されているのと同じだ・・・
このスタチューは芸術品だと想った。 美しい・・・ それ以外の説明を添える事すら失礼に値する。 言葉を失う作品である。

イメージ 6
Alien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver - Roswell
遂に本物の芸術品が手に入った。
 コレクターじゃない私にとっては『もうビッグチャップを買わなくて済む』と云う想いであった。 これ以外のビッグチャップはもう欲しくない。 そう感じた。

イメージ 35
 H.R.G MONSTER 1:5 scale resin kit - HELLPAINTER
 地獄の塗り師/造形師集団ヘルペインターより2010年に放出されたH.R.G MONSTER !
エイリアンでもなくビッグチャップでもない、このキットを見た時は嵌り込んだ。
ビッグチャップ・スーツを着たスタントを模したスタイル。その姿勢が何とも堪らない。
モールドも丁寧で素晴らしい! ディティールには造形師の味付けが施されているが、そのアレンジも最高に素晴らしい・・・ 
当時一番のネックは発売時期であったが、それ以上に私自身が何も判っていなかった。
頭の中はギーガーズ・エイリアンの事だけ。造形師のアレンジは必要無い。サイズは1/6。
頭が固過ぎた。 それでもこのキットは引き付ける魅力があった。
最近は1/5、1/4、1/3スケールと、スタチューのサイズが大き目のものが流行っている。
私の好みも段々と変り始めている・・・

イメージ 7
Crouchin Alien 1:4 Resin Kit - Bill Wieger
『さあ皆さん、お手を拝借!』
2015年暮れだったかな、また凄いの出て来た・・・

イメージ 8
Crouchin Alien
 エイリアン愛好家なら誰もが見た事のあるこの写真。座り込んで尻尾を丸めているポージングが格好良い(美しい)。

イメージ 9
Crouchin Alien 1:4 Resin Kit - Bill Wieger / 腐乱犬 
腐乱犬/土肥典分氏
 そのクラウチングエイリアンをBill Wiegerがデジタル原型で製作したレジンキット
これは格好良い!と想った。欲しい!今でも欲しいんだけど・・・
まず1/4サイズの巨躯。そしてモナカキットの張り合わせ。このキットの合わせ目をどうやって消すのか・・・かなりの根気と技術を要する。 これは私の技術では作れないなぁと想った。キット自体の価格も割りと高く製作代行をお願いするとなるとかなりの高額になる・・・
その前にこのキットに手を出すと私の収集基準の収拾が付かなくなる・・・
このキットが私の夢に出て来てうなされたのである。 欲しい欲しい・・・って・・・

イメージ 10
Crouchin Alien 1:4 Resin Kit - Bill Wieger
 製作中のクラウチングエイリアン。このキット本当に良く出来ているよ・・・
やっぽし買うわ・・・

H.R. Giger Big Chap Alien 1:4 Art Statue Version 2.0

イメージ 12
Kotobukiya Big Chap 1:10 ARTFX+ Statue
 コトブキヤのARTFX+は去年だった。こりゃまた凄いのが出たよ・・・
藤木圭紀氏原型の素晴らしいディティール! 何よりもこのポージングが最狂である!
このポージングで1/6前後のサイズを出して欲しいなぁ!
近年の主流になってるギーガーズ・エイリアンとは顔付きが少し異なっていて厳つい目付きになっている。 これはCarlo Rambaldi's Alien Headを表現されているんだろうな。

イメージ 13
Carlo Rambaldi's Alien Head
 ギーガーミュージアムに展示されているCarlo Rambaldi's Alien Head。 
40年近く経ってかなり劣化しているんだねゑ・・・ いつの日かスイスに旅行してギーガーミュージアムを訪れてみたい・・・

イメージ 14
Kotobukiya Big Chap 1:10 ARTFX+ Statue / tonytony 
 tonytonyさんがリペイントしたARTFX+ Big Chap。うーん凄く素敵な色合いに仕上がりましたねっ! 私のSF系ブログ友達は皆さん自分でキットをフィニッシュされている人ばかり。 私なんて売ってるものを買ってるだけのゴマメなのに皆さん優しくして下さってありがとうございます
皆さんに『 Let's Try! 』とお勧めして戴く事が多々ありますが、実際何度か作った事があるんですよ・・・ でも目茶苦茶になってしまい途中で嫌になってしまうんです・・・
経験を積めばある程度上達はするものですが最後はセンスです。 絵が下手な人がいくら描いても上手くなりません。 私には才能が無いのです・・・
 と話しがそれてしまったが、このARTFX+ Big Chapの造形はとても素晴らしい!
それにtonytonyさんのペイントの良さと撮影の角度が素晴らしい。 この作品の良さを上手く表現出来ている写真だと想います
 それにしても佐野先生のビッグチャップ発表後は各メーカー、造形師さんの意識が高まってしまい凄く良いもの売られる様になった様に感じる・・・
凄く良い事だけどお金がありません・・・

イメージ 15
ALIEN 1979
 嗚呼・・・やっぱり良い・・・ 何が良いんだろう・・・
私がTVで『ALIEN』の初放送を観たのは1980年10月10日。鮮明に覚えている。
秋祭り(だんじり祭り)の本宮の日。私が11歳になったばかりの放送だった。
あの時の興奮は忘れない。 それまでこんな異質なクリーチャーは見た事が無かった。
バイオメカノイド・ギーガーズ・エイリアン・・・
1980年10月10日、当時11歳だった私がTVで『ALIEN』の初放送を観てから37年。
今年の10月10日には私は48歳になっている。 これほど月日が経っても、この1st.ALIENへの想いは色褪せる事はない。

イメージ 36
やっぱいビッグチャップは良いよなぁ〜

イメージ 16
2016 Dog Alien 1:3 Maquette prototype - CoolProps
 で今、凄まじい勢いのクールプロップスが『CoolProps 1;:3MAQUETTE LINE UP』をアナウンスした!
これは危険過ぎる〜っ

イメージ 17
ALIEN3 1992
 ブログで1st.ALIEN(BigChap)しか興味が無いって常々書いてるので、『そうか・・・』と想ってる人しかいないと想うけど、エイリアンシリーズ全部が好きで2作目になる『ALIENS』からは全て劇場で観てる。 
私が1st.ALIEN(BigChap)の次に好きなのが『ALIEN3』のDog Alien。
当時の私は23歳。彼女と一緒に『ALIEN3』を観た。今頃何してるのかな〜?
ドッグエイリアンのヌメヌメしたスムージーな頭部と『イーッ』と歯を食い縛った感じが堪らなくそそる。

イメージ 18
HR Giger's Dog Alien
 マエストロ・HR Gigerが自主制作したドッグエイリアンと、そのスケッチ。
熱狂的ファンが多いエイリアンについて否定的な事を書くとマニア/コレクターさんの反感を買ってしまうので他所では決して述べてはならない。
でも自分のブログでは好きな事を書いてもよいかな・・・?
『ドッグエイリアンのヌメヌメしたスムージーな頭部と『イーッ』と歯を食い縛った感じが堪らなくそそる』と云ってるのに今まで一度もドッグエイリアンの立体物を買った事がない。
何故なら私はHR.Gigerのバイオメカノイドに魅かれているからである。それは一貫している。
映画作中のドッグエイリアンの顔面〜頭部上部にはHR.Gigerのセクシャル・プレファンスが見事に反映されており、とても美しく恐ろしい。
しかし顎から首にかけての内臓の様な表現がどうしても好きになれない。
巨匠ギーガーが創ったドッグエイリアンはセクシャルとバイオメカが見事に融合しているではないか! なのに映画製作側はなんでこん有機的なデザインを選んだのか!?
当時、製作側とHR.ギーガーの間でエイリアンデザインについて色々と揉めたと読んだ事があるが・・・
でも、何度かドッグエイリアンの造形物を買おうとした事がある。
まずはHALCION製の1/9ドッグエイリアンである。 『ALIEN3』公開後に出版されたメイキングに関する分厚い本に載ってた、歯を『イーッ』と食い縛ったドッグエイリアンにそっくりで凄く良いなと想った。ハルシオン製のドッグエイリアンを威嚇する開口ver.に改造する人は沢山いるけど、私は歯を食い縛ったドッグが好きかな。
このHALCIONドッグエイリアンを佐野先生にお願いして仕上げて欲しいなぁと悩んだ事があったがサイズが小さ過ぎるので見送った。 
次はSIDESHOW製1/4マケット。これも欲しかった。同じく佐野先生にお願いして歯を『イーッ』と食い縛ったVer.で仕上げて戴きたい・・・と長らく想ってた。

イメージ 19
ALEN3 / DOG ALIEN LIFE-SIZE HEAD PROP REPLICA - CoolProps
 クールプロップスのドッグエイエイアンLSヘッド・プロップレプリカ!
これは凄かった! 何と云っても仕上がりが美しい! 口の開き具合もなかなか・・・
エイリアンは目が無いので口の開き具合で表情が決る。ドッグはどちらかと云えば口を開いて威嚇した表情が好まれる。口を閉じたドッグエイリアン製品を改修して開口ver.に仕上げるコレクターが多い。
このクールプロップスLSヘッドは凄く良いなぁと想ってるけど、もしこれが口閉じver.だったなら借金する破目になってた。

イメージ 20
2017 Dog Alien 1:3 Maquette prototype - CoolProps
 夏のワンフェスでのプロトタイプ。 この1/3マケットは、獲物を前にしインナーマウスを突き出す瞬間のヘッドと口閉じヘッドのコンパチブル仕様だとの事である。
是非とも手に入れたいと考えてる! が・・・ 高SO〜・・・
出来る事なら、口閉じヘッドの歯をもう少し食いしばり気味なら最高〜

Prime 1 Alien 3 Dog Alien @ Summer Wonderfest 2017

イメージ 21
2017 ALIEN/GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE - CoolProps
 で、夏のワンフェス2017で発表されたて凄く話題になってたコレ・・・
『CoolProps 1:3MAQUETTE LINE UP』シリーズのGIGER'S ALIEN・・・ 
どうするよ? どうするの? これは行くしかないんですよ。 
しかしこんなの出されると嬉しくて堪らんけど、もうやめてくれ〜!ってなるよな。
佐野先生の芸術品1/5ギーガーズ・エイリアンで完結にして欲しかった・・・
お金が持たない。せめて同じ1/3マケットシリーズのドッグエイリアンの予約開始から1年は開けての予約にして欲しいところだけど・・・
一種類あたりの商品価格を抑える為には版権取得期間中に出来るだけ沢山ラインナップを出す事が重要になるみたいだし、ギーガー財団の版権は20世紀FOXよりも遥かに高いとの事なので、そうなると短期間に沢山の商品ラインナップを開発及び販売する事が商品価格を抑える事になる・・・と云う事なんですね?
しかし1/3サイズのハイクオリティー商品。2万〜3万円では済まない。安くともその10倍以上の価格にはなる筈・・・
はぁ〜・・・ 

イメージ 22
2017 ALIEN/GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE - CoolProps
 これは未だプロトタイプでしかない。けどこの凄い仕上がり・・・
GIGER'S ALIEN LIFE SIZE HEADの開発だけでも現在で既に2年以上掛かってるのだから、この1/3全身像(しかもマニアが最も煩く拘るギーガーズ・エイリアン)の開発には更に時間を掛けて細部に拘るかもしれない。そしてクールプロップスと云えば仕上げの美しさが尋常じゃない。
いったいどれだけ素晴らしいものが完成するんだろう・・・・・
凄く愉しみ でも凄く怖い・・・

CoolProps alien sideshow collectibles booth @sdcc 2017

イメージ 23
Stooping Alien
左:HR.Giger Ausstellung/Film のフライヤーで有名なStooping Alien
右:マーミット製のエイリアンBタイプ(Stoop var.)
右の写真は私が撮影したものだけど、なかなか上手く撮れているではないか
このStooping Alienが最も大好きなポージング。 唯一マーミットだけがこの屈み姿勢のビッグチャップを立体化させた。このマーミット製のエイリアンBタイプを手に入れた時は至福の極みであったが、今見てみると細部がチープに感じてしまう・・・
 で、クールプロップスが『CoolProps 1:3MAQUETTE LINE UP』の"ビッグチャップ第二弾"として近い内にこの『var.Stooping』を発表する気がとてもする・・・ 
今までのクールプロップスの開発ペースから見て、短期間内で1/3マケットラインナップを続々展開する気がしてしかたがない・・・
数十万円もするものを同時展開で予約開始されると流石に買えない・・・
しかしクールプロップスの高品質なマケットは絶対に手に入れなければならない!
故に希望よりも困惑と恐怖に苛まれてしまうのである

イメージ 24
Alien Queen for ALIENS 1986
 私が『ALIEN』シリーズで好きなゼノモーフは先ずビッグチャップこと1st.エイリアン。続いてドッグエイリアン、そしてエイリアン・クイーンになる。
クイーンも今まで欲しいものが色々とあった。SIDESHOWの1/4バストスタチューは撮影パペットレプリカで仕上がりも良いものだった。しかし高価である事に加えてバストモデルという部分で毎日悩んでる内に予約終了してしまった。 
そしてサイコモンスターズより、その全身版である1/4 ALIEN QUEEN"THE BITCH"が10体限定で販売された時は・・・ 
これは欲しかったなぁ・・・ でも45万円以上してたし踏み込む勇気が出なかった。
トーマスクンツのガレキも欲しかったなぁ・・・ 
飛ぶ鳥を落す勢いのクールプロップスの事だから、このクイーンも『CoolProps 1:3MAQUETTE LINE UP』で出しそうな予感・・・ 100万円位するのかな?
アガガガガ・・・・・ 外れたアゴが戻りませんYOっほ-------------い

イメージ 25
ALIEN 1979
 怖いよなぁ・・・ 当時こんな斬新なクリーチャーなんて存在しなかった。
無機質と有機質の融合体。目が無く、長くて透明な頭部。口の中にもう一つの口がある。6本の指。卵から生体に至るまでの生育スタンスetc...
故HR.Gigerが創り出したバイオメカノイド。 この美しくて恐ろしい存在に魂を囚われ続けて約40年。 死ぬまでずっと好きなんだろうなぁ。

イメージ 26
HR Giger working trunslucent duits
 しかし創造主であるギーガーはこの素晴らしきバイオメカノイド・エイリアンの出来の不満を方々で呟いている。 首の後ろの突起物、尻尾の形状等々。そして最も表現したかったのがトランスルーセントな体であった。製作は試みられたものの撮影や製作等の技術面でNGになってしまった。 もし透明なビッグチャップが完成していたら『SPECIES』の"SIL"の様なテクスチャになっていたのだろうか・・・
トランスルーセントなビッグチャップも見てみたい。

イメージ 27
HR Giger working on Xenomorph for Alien
何度見てもまったく飽きが来ないこのエイリアンは芸術品なのである。

イメージ 28
GIGER'S ALIEN LIFE SIZE HEAD - CoolProps 
 先ずはこのLSヘッドの到着を待つとするかっ! しかしデカイなぁ・・・
何処にも飾るスペースが無いんだけど、どーする・・・? 完成は早くて今年末〜来年3月頃だと云う事だ。 愉ちみィ--------------------------------
商品代は支払った! 何で予約金だけじゃなくて全額払ったかと云うと、今後続々と発表される高品質マケット群にそのつど予約ばかりしてしまい、商品発送時に軍資金が無い・・・って可能性が高いから!

 今回も情報の乏しい浅い記事を書いてしまった。欲しいけどお金の問題で苦悩話。
あ-----欲ちいっ!・欲っちィ----------------------YO

イメージ 29
よっこらせっと・仕事・仕事・・・
頑張っていっぱい働いてお金貯めなきゃねゑ・・・






〜 今日の音 〜
Michael Jackson - Smooth Criminal - Live in Munich 1997
超DOOP! MJ最高〜にカッコE〜
私が中学生の頃からスーパースターだったMJ
亡き今は神となった。

Michael Jackson -1995 MTV VIDEO MUSIC AWARDS PERFORMANCE
レジェンド
プ------------------------ッ!!!!!





〜 夏の想ひで 〜
イメージ 30
南曽根こども祭り
 毎年、地蔵盆の頃にだんじりを開放して屋台を出して地域活性化を図る。

イメージ 31
南曽根こども祭り
各団体で協力して屋台を出した。

イメージ 32
南曽根こども祭り
空手ばっかしのチビ達は当日も空手の稽古
恵子が終ってから子供祭りに遊びに来たYO
長女のチーコ♪は稽古で熱中症気味になって元気が無かった。

イメージ 33
極真カラテ
最初はO太♪の心身を鍛える為に入門した極真カラテ
こんなに夢中になるとは・・・
来月は昇級試験だね! 頑張れよ!

イメージ 34
また手術・・・
もう嫌になっちゃう・・・怖いなぁ・・・





  • 『CPUはcorei5はもうほとんど無くなり掛かっているような気もしますが、たしかインテルはcorei7くらいからもうCPUの性能向上には力を入れていなかったと思います。
    低電力とか発熱を抑える方向に走っていたと思います。
    それほど極端な処理を求めないなら安いのものでいいかもしれません。ただ、ハイスペックなマザボとグラボを入れるとなると場合によるとcorei5だと処理能力不足になる可能性はあるかもしれません』

    なるほどCPUもよく考えないといけませんね。
    パーツの組み合せには悩みも大きいですが、私にとって最大のポイントは水冷式です。やはり次は水冷で行きたい(機能より見た目)。
    愉しみィ〜! お金は無いけどね・・・

    中村

    2017/10/20(金) 午後 7:56

  • はじめまして
    私も同い年ですが、ビッグチャップに拘りのある人はこの年代に多いですね
    感受性豊かな時期に劇場かTVの洋画劇場でショックを受けたっていうのもその理由のひとつだと思いますし、今の様に簡単にネットでクリーチャーの全貌を見る事が出来ない時代だったので、ほとんど想像に頼るしかなかったんですよね
    だから悶々とする時期が長かった
    それゆえ自分の中のビッグチャップ像が膨らんで拘りが強くなるし、ちょっと頑固だったりもします
    今は本当に素晴らしいアイテムがたくさん出ていますね
    先立つものがあれぱ全部ゲットしたい位です
    でもそれは叶わないので、毎回悔しい思いをするばかりです
    ビッグチャップ関連のアイテムを手にして、あーでもないこーでもない言っていた頃がある意味幸せだったのかもしれないなんてちょっぴり思ってしまったりもします(罰当たりですが)
    因みに私もビッグチャップの次に好きなのがドッグエイリアンです
    それ以降、エイリアンの脚が全て逆間接使用になってしまったのは「?」ですが

    長文失礼しました

    [ エンドチャップ ]

    2017/11/6(月) 午後 8:52

  • > エンドチャップさん

    素敵なコメントありがとうございます❗
    仕事で忙殺されていてレスポンスが遅れています。
    申し訳ありません。
    落ち着いたら改めてレスポンス致します。
    宜しくお願い致します。

    中村

    2017/11/17(金) 午後 10:02

  • > エンドチャップさん

    確かにビッグチャップに拘りを持つ人って四十代後半〜五十代の人が特に多いですね。
    一作目公開当時はじめてビッグチャップを目にした我々世代は今まで見た事のないHR.Gigerのバイオメカノイドのデザインに衝撃を受けました!
    おっしゃる通り、昔はSF雑誌ですらビッグチャップの全貌が判る写真なんて無かったので私も想像を膨らませていました。
    若い世代はエイリアン全般が大好きで、特別にビッグチャップだけが好きな人は少ない様です。
    若い世代がSF趣味に入った時は既にギーガーのバイオメカノイドが浸透していてSF界では自然なものに感じられていましたし、雑誌やインターネットで何もかも見えるものになっていましたからビッグチャップは古臭く感じられてしまうのかも知れませんね。
    逆に私からすればビッグチャップ以外のエイリアンは妙に生々しくてHR.Gigerのバイオメカノイド『エイリアン』から大きく掛け離れており全く興味を示せません・・・

    中村

    2017/11/28(火) 午後 9:48

  • エイリアン一作目公開後、色々な立体物が販売され私自身も色々と買いましたがどれもが納得出来るものではなかったですね。
    そんな私がやっと巡り合えた本物が2010年〜2011年に佐野先生が発表したビッグチャップなんです。
    おそらく古い愛好家の殆どがそう感じた筈です。
    しかし佐野先生の作品は愛好家のみならず世界中の造形家達にも大きな衝撃を与え、その結果リリースされる造形物の殆どが素晴らしいものばかりになってしまいました。
    愛好家としては嬉しい事なんだけど、良いものはそれなりの価格になりますしどれもが限定品・・・
    入手するのが難しいですね・・・

    『ビッグチャップ関連のアイテムを手にして、あーでもないこーでもない言っていた頃がある意味幸せだったのかもしれないなんてちょっぴり思ってしまったりもします』
    そうかもしれません〜・・・

    私はビッグチャップとドッグ、クイーン以外のエイリアンには全く興味が持てません

    中村

    2017/11/28(火) 午後 10:01

  • コンバンワ
    返信気付きませんでしたー!
    申し訳ありません!

    佐野氏の立像やバストモデルは本当に素晴らしいですね
    永きビッグチャップ論争(?)に終止符を打ってしまう程のモノで間違いないと思います
    クールプロップスから1/3立像も販売されますね(いい加減にしなさいという感じですが)
    これは今の内なら価格が案外リーズナブルなので狙い目かもしれません

    私自身、ビッグチャップには並々ならぬものがありますので、いずれブログで製作記など載せるかもしれませんので、その時は宜しくお願い申し上げます

    [ エンドチャップ ]

    2017/12/8(金) 午前 0:12

  • 顔アイコン

    ウヒ----------------------------


    俺はいつ休めるんだ・・・・・・・・・・

    中村

    2017/12/9(土) 午後 10:45

  • > エンドチャップさん

    佐野ビッグチャップが発表された時は、漸く欲しかったエイリアンに出逢えた。 そしてもうこれ以外のエイリアンは欲しく無いと感じました。
    やはり佐野先生の作品が多くの造形師に刺激を与えてしまった様ですね。
    その後に出てくるビッグチャップは凄いのばっかし!
    どれもが高額商品で複数同時展開での発売・・・
    買えましぇん・・・・・

    エンドチャップさんのビッグチャップ製作凄く愉しみにしていますね。

    中村

    2017/12/13(水) 午後 4:45

  • 今晩わ
    そうですね
    あのビッグチャップが出てからというもの、その後のエイリアン関連の造形物は確実にレベルアップしてますよね
    良い見本にもなってると思いますし、「ヘタなモノを出せない…」という空気になっているのかもしれませんね
    勿論おっしゃる通り、造形師のプライドに火を着けたというのもあるでしょう

    それにしても、もう少しペースを落としてもらいたいものです
    買いたくても手が出ません(笑)

    [ エンドチャップ ]

    2017/12/13(水) 午後 5:35

  • はじめまして。私もビッグチャップが大好きです。豆リアン買おうか迷いましたが、高額なので諦めました(^ν^)ビルウィンガークラウチングエイリアン最近購入しまして、これも高額なのですが全身スキャンしたキットなだけあって、最強のビッグチャップスタチューだと思います。

    [ dnw***** ]

    2019/2/16(土) 午後 8:21

  • > エンドチャップさん

    おっしゃる通りですね。
    おかげで愛好家の眼も肥えてしまい、近年は超ハイクオリティーなものしか出ませんし、質が低いものは売れなくなりました。
    しかし工品質なものは価格も高いのに、各メーカーが競う合う様に連発するので一般人は買えませんよねゑ・・・
    もう流石にエイリアンは落ち着いて欲しいものです。
    離婚問題に発展しかねません

    中村

    2019/2/16(土) 午後 10:15

  • > dnw*****さん

    はじめましてこんばんは。コメントありがとうございます。
    ビッグチャップは数あるゼノモーフの中で、H.R.ギーガーの『バイオメカノイド』を唯一 象徴したエイリアンです。
    私自身も昔はエイリアンの立体物を何でも買っていましたが近年はビッグチャップにしか興味を示さなくなりました。
    私はクールプロップスの1/3マケットと豆リアンを両方とも欲しかったんですが金銭的に難しく、豆リアンを予約しました。毎月コツコツと貯金していますが未だ15万円ほどしか貯まっていないのでリリースをもう少し先延ばししてほしいですね・・・

    ビル・ウェーガーのクラウチングは本当に最高ですよね!
    私もすごく欲しいんですが未だに入手が叶っていません。
    モナカキットを作る自信なんてありませんし製作代行をお願いするにしても費用が掛かる+キットのお値段もまあまあ高額なので・・・
    でも何れ絶対に手にしたいキットです!

    中村

    2019/2/16(土) 午後 10:30

  • 返信ありがとうございます。ビッグチャップは、本当に小さい頃映画で観て以来麻薬の様にハマっています。あの世界観、異星人の脅威たまらんです。クールプロップと原田さんプロデュースのビッグチャップそのままもどちらも欲しくなりますが、高額なのでどちらか手に入れても宝物です。豆リアンの投稿楽しみにしてます。

    [ dnw***** ]

    2019/2/19(火) 午後 0:32

  • > dnw*****さん

    此方こそ私の記事にレスして戴いてありがとうございます。
    dnw*****さんは劇場で本作を観られたんですね! 素晴らしい
    もう公開から40年経とうとしているんですね。
    でもこの素晴らしきバイオメカノイドは古さを全く感じさせません。
    エイリアン愛好家に怒られるので滅多に云えませんが、ビッグチャップこそがH.R.GIGERのバイオメカノイドであり、1st.ALIEN以降のゼノモーフはバイオメカノイドという記号だけの、ただのクリーチャーに過ぎないと私は感じてしまい、何の魅力も感じられません。

    中村

    2019/2/20(水) 午後 9:02

  • ビッグチャップといえば最初に思い浮かべる姿は直立か、屈み(人によってはアタックやクラウチングもありますが)ですよね。
    今回のクールプロップスの『直立』と豆魚雷『屈み』は1/3という凄いボリュームかつ高品質なので両方欲しかったのですが、金銭的に余裕も無く、豆リアンを予約する事にしました。
    『直立』は以前に佐野先生のを所有しているし、『屈み』は約15年前にマーミットからリリースされたものを持っていますが、今見るとどうしても造型が乏し感じらるからです。
    今回を最後にこれ以上すらしいモノを発表しないで欲しいです

    中村

    2019/2/20(水) 午後 9:08

  • 中村さん、わたるさんのカスタムマーミット60兩┐し歃冑覆任垢諭私は、持ってないので羨ましいです。セガのハイグレードキットを、わたるさんにカスタムしてもらいましたが、マーミットリアルペイントカスタムには遥かに及びません。エイリアン1作目の世界観に入れるのは、なんと言ってもギーガーの世界に魅入られる人のみが味わえる幸せだと思います。興味ない人には、粗探ししか目に入らないかもですね。豆リアンのかがみを超えるマケットは、もうでてこないと思うので、中村さんは最高に幸せです。

    [ dnw***** ]

    2019/2/22(金) 午後 6:48

  • > dnw*****さん

    マーミット・エイリアンのサイコモンスターズ・カスタムを初めて見た時は衝撃的でした! ギーガーの直立エイリアンそのものでした。
    サイコモンスターズ・カスタムを見てから、それまで私が見て来たものは『ビッグチャップ』という記号をただ形にしただけのものだったんだと云う意識が初めて芽生えました。 その後に佐野先生の究極ビッグチャップ。もしかしたらサイコモンスターズ・カスタムが世に出ていなかったら佐野先生のビッグチャップも発表されていなかったのかもしれませんね。

    中村

    2019/2/25(月) 午後 8:59

  • 『エイリアン1作目の世界観に入れるのは、なんと言ってもギーガーの世界に魅入られる人のみが味わえる幸せだと思います』

    狭義におけるギーガーズ・エイリアン(ビッグチャップ)好きは、広義におけるエイリアン好きに比べて、異常に拘る人が多く1作目エイリアン以外に興味を持てない人も多い筈です。
    故に苦悩する事も多かったと想います。
    しかし、だからこそ近年、各メーカーから挙って発表される高品質なビッグチャップに至極の歓喜を味わえるのでしょうね
    おっしゃる様にこの歓びは何十年もの間、ビッグチャップにしか興味を持てなかった愛好家への最高のプレゼントです。

    出来るならクールプロップスの直立チャップも欲しかったです・・・

    中村

    2019/2/25(月) 午後 9:15

  • 中村さん、令和元年になって、ようやく佐野好彦さんのスペシャルヴァージョンの30体限定の5分の1ロズウェルビッグチャップスタチューゲットしました。これでようやく、バストと揃いこみました。来年は、プライム1から3Dウォールプレートの原寸大のビッグチャップトロフィーが販売されますね。ビッグチャップファンには、例え買えなくても、ビッグチャップ高額スタチューが販売されるのは、高額ですが、(^ν^)嬉しいですね。

    [ dnw***** ]

    2019/6/16(日) 午後 2:36

  • > dnw*****さん

    おぉ! 佐野スペシャルGETされたんですね!
    私も持っていますが、30体限定だったんですね! 素晴らしい宝物です。
    最近は各メーカーから精巧で大き目サイズのビッグチャップが続々リリースされ続けています。 ファンとしては嬉しいのですがどれも数十万円というプライス・・・ なかなか買えませんよね・・・

    中村

    2019/7/5(金) 午後 5:50

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事