ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫全体表示

N.ephippiata BE

イメージ 1
Nepenthes ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics

 先冬が残した爪痕は深かった。今年のウツボカズラは不作ばかりで嫌になる。
私が住む地帯は冬季の間約4ヶ月間ずっと分厚い雲が停滞しているので温室の中が真っ暗だ。単純に考えればLED育成灯を10時間ほど照射すれば良さそうに思えるが、照度を上げると日中の温度も20℃以上上げてやらないと障害が起こる。 
冬季の当温室は低地性で最低温度15〜17℃、高地性で最低温度10℃に設定している。
それでも日中も陽が入らない僅か5坪の温室の油代は最高で月7万円に達する。
これが限界である。もし今より+5℃を維持するとなると燃料費は15万円/月は確実だと想うし、5坪をLED育成灯で10時間以上照射するとなると設備投資もランニングコストも現実的じゃなくなる。
これが限界なのである。 故に冬季の間は植物体を維持出来る最低温度に設定し成長を停めさせる。そして遅めの春を迎え夏季に一気に育成する様にコントロールする方法を見つけた。
しかし・・・先冬の環境は酷すぎた。去年早い内から上空に分厚い雲が停滞しはじめ、今年も4月頃まで毎日曇ってた。 長過ぎた冬に植物はボロボロ。未だ嘗て経験した事が無いほど弱らせてしまった。 高山性種の殆どが6月頃になって動き出したが展開する葉は去年の1/3程のものばかり。夏季の生育最盛期になっても去年より小さいままの個体ばかりの不作。
低地性種は10月現在になっても未だ1枚〜2枚目の葉を展開する始末でヒョロヒョロの小さな葉。沢山ある美しいラフレシアナはどの株も今年は一つも袋を着けるまで回復していない。
もう既に太陽の角度が低くなり、温室に差し込む日照は少なくなった。
もし次の冬が暖冬にならなければ低地性種はもう駄目かもしれない・・・・・

イメージ 2
 18th.Apr.2013 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
さて、今回の栽培記録はネペンテス・エフィピアタ。マレーシアのボルネオ島サラワク中心部のラヤ山、ホセ山及びBk.レサングの高山帯に自生しているウツボカズラ。 
ボルネオの代表的な高山性原種は北側に面したキナバル山付近に集中しているが、本種が自生している更に中心部へ南下した高山地帯は入山を拒む未開の地であり、本種の詳しい生態が未だに殆ど判っていない。
本苗はスリランカのBorneo Exoticsが販売しているラヤ山のクローンである。
前回の栽培記録から4年半ブリの記録になる。

イメージ 3
 22th.Aug.2013 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
私は本種をそれぞれ異なる3つの個体しか育てた事が無いが、近縁種のN.lowiiと比べると育成はとても簡単だと感じる。
他のネペンテス同様に耐陰性は無いが冬季の低温(約10℃前後)と日照ゼロを数ヶ月間過しても葉のクロロフォルムは然程壊れない様で、春からの立ち上がりも割りとスムーズな方だと感じる。

イメージ 4
 20th.May.2016 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
で、上の2013年8月の画像から3年間全く写真が無いし植物体も然程大きくなってない。
2013年夏と云えば忘れもしない。私の判断ミスによりたった1日で高山性ネペンテスを沢山失った夏だった。 その後2014年秋は脳腫瘍で手術。 入院中にまた沢山のネペンテスを失い、生き残った株も瀕死の状態のものは少なくなかった・・・
まあ平たく云えば失敗続きで上手く栽れなかったって事。
それでも本種は近縁種のN.lowiiと違い全く神経質な面が無く強靭なので、私の不精で杜撰な放置管理でも日照さえあれば直ぐに元気良く生育してくれる。

イメージ 5
 20th.May.2016 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
N.lowiiがズングリした様な捕虫嚢。捕虫嚢の蓋の裏には髭がビッシリ生える。
N.lowii同様に日照さえあれば袋着きは良い!

イメージ 6
 20th.Aug.2016 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
去年の8月。日照さえあれば一気にでかくなる。 時系列で写真を見ると色々想う。
もし私の住む土地の冬が晴れる場所なら・・・ 今の生育速度の3倍は早く育つだろうなとか。冬季の暖房費は今の1/3程でももっと暖められるだろうなとか・・・
皮肉な事に暑さに弱い高山性ネペンテス育成の最盛期がどうしても真夏になってしまうというのは悲しすぎる・・・

イメージ 7
 4th.Jun.2017 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
で、今年6月。強靭な本種は春から立ち上がりも早い… と云いたいところだけど、それでも先冬の環境は酷過ぎた。 茎は細くなり葉も小さい・・・
当温室ではN.ephippiataはマシな方。今年はN.lowiiやN.macrophyllaですら真夏の最盛期ですら生育が悪く去年よりも一回り以上小さくなってしまった・・・
今年はネペンテス栽培が本当に面白く無い年になった

イメージ 8
 4th.Jun.2017 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
傷んだ体でも陽をタップリ浴びて一生懸命に捕虫嚢を着けてくれるエフィピアタ。
この下位袋はなかなか興味深い形をしている。この奇抜なデザインは交配種にはない原種だけが持つ魅力。
しかし長い間、国内外のウェブで本種の苗を買って育ててるって話を観ないな・・・?
こんなに素晴らしい原種なのにね。 それを云うとN.lowiiもか。 
わが国の人間は基本的にミーハーばかりなのが面白く無いなあ。
音楽もファッションも食べ物までも『流行』・・・ ネペンテスにまでも『流行』があるんだからなぁ・・・
本当に自分が良いと想ったものを極める。 それが一番面白いんだよ。

イメージ 9
 4th.Jun.2017 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
捕虫嚢の蓋裏面にあるこの剣山は何の為にあるのだろうか。 剣山の間には無数の蜜線がある。 捕虫嚢が熟すと蜜線から白いムースの様な分泌物が出てくる。
この剣山はムースが落ちない為ののものなのか? ムースを舐めに来るリスが一気にムースを食べ尽くさない様に施された細工なのか。
その両方なんだと想う。

イメージ 10
 N.ephippiata - clone G.Raya / Robert Severitt
Robert Severitt氏の栽培品。G.Raya由来のクローン。 本記事のN.ephippiataも同じ上位袋を着けてくれると想う。
私はこのムンクの叫びの様な上位袋が大好きだ。
現在はこの単一クローンしか見掛けない。 昔、本種の初売りフラスコ苗は無菌播種の実生個体だったので、昔は色んな個体があって、上位袋の個体差を見掛ける事もあったけど、現在はそれらを維持している人を全く見掛けなくなった。
本種は近縁種のN.lowiiと違い挿し木が困難だとされている。 それが実生由来の成熟した挿し木増殖品の流出を拒んでいるのだろうか・・・

イメージ 11
 N.ephippiata - seedling G.Hose / Exotica Plants
これはオーストラリアの老舗エキゾチカ・プランツ(以下EP)が維持しているホセ山由来のエフィピアタ。 我々が一般的に知る個体群とは形が大きく異なる。
N.lowiiとN.ephippiataの中間的な形をしている。
昔、私はどうしてもホセ山由来のN.ephippiataが欲しかったが、持っているナーセリーや趣味家は皆無で、唯一EPだけがホセ山由来のN.ephippiataを所有していた。
EPのこの個体はとても大きく徒長し分岐もしていたのでお金を積めば枝を切ってくれるのでは?と想い色んなアプローチをしたが売って貰えなかった・・・
今は海外オークションサイト等でもホセ山の実生苗が手に入る時代になったし、SNSでも海外の愛好家がN.ephippiata G.Hose のアダルト株の栽培品写真をUPしているのを見掛ける様になった。
私が苦労して辿り着いていた事も、現在では簡単に良いものが手に入る様になった。
良い時代になったが何だか寂しい・・・ 

イメージ 12
 30th.Sep.2017 N.ephippiata - clone G.Raya / Borneo Exotics
今現在の植物体。約7年育ててまだこの草姿。 本種は強靭で育成にストレスを感じない、
それでも失敗続きで成長が緩慢。 先冬の影響で本夏は大して株の直径も変っていない。
茎も細くなってしまい葉も元気が無い。 それでも来年辺りは上位袋が着くんだろうな。
植物体の元気が少ないから小さな上位袋になると想うけど、もし上位袋が出来たら素直に嬉しいな。 私は未だ本種の上位袋を見た事が無いからだ。昔育ててたN.ephippiataは素人ながらも大切に育てて直径20cmほどまでにしたけれど、引越しの間に枯死させてしまった。 本苗はその後2010年に新たに導入したBEのクローン。
BEから輸入して箱を開けると小さな苗の茎が折れて切断されて届いていた・・・
不本意ながらも小さな挿し木から始めたこの苗も時間の経過でこんあに大きくなった。
私の末っ子P-仔♪よりも年上なんだね・・・ 植物栽培って人生そのものだよなあ。



〜 今日の音 〜
MC Hammer - U Can't Touch This
 MCハマーの『U Can't Touch This』! 間違いなく、この曲が国内においてラップ、そしてニュースクールHIP HOPに市民権を与えた事は間違い無い。
48歳の私が18歳だった頃は日本でラップを知るのはマニアしかいなかった。
当時の日本はユーロビート一色だった。 私は音キチで海外の音楽ばかり漁ってたのでブラックミュージックも少し聴いてたが当時はRUN-D.M.CやPUBLIC ENEMY等を聴いてたくらいで、回りにラップなんて聴く奴は誰も居なかった。
そんな中、MCハマーの『U Can't Touch This』が世界中で大ブレイク!
国内でラップミュージック、ヒップホップが一気に広がった瞬間だった。
まさしくラップ・ビッグバン!
あれから約30年近く経つ。 今聴いても心地良い音だねゑ〜





〜 わたしのかぞく 〜
イメージ 13
末っ子P-仔♪(ついで私の)の誕生日
P-仔♪は6才になったよ。
私の誕生日は末っ子P-仔♪と4日しか変らないので、いつも合同でされる。
子供の誕生日はチキンやフライドポテトがタップリ出てくる。
美味しいねゑ
2歳の時に成長ホルモン分泌不全性低身長症(小人症)と診断され
毎日ホルモン注射を欠かさず打ち続けている。
おかげで小さいながらも少しずつ大きくなってきた。
このまま伸び続けてくれる事を祈りたい

イメージ 14
グレムリンの様に悪くてラーテルの様に怖いもの知らずのP-仔♪
誕生日プレゼントは3ヶ月以上前から『メルちゃん』のお人形が欲しいと
呟いていた。毎日の様に私にカタログを見せてくる。
しかしメルちゃんとかポポちゃんって3歳児くらいの子が遊ぶおもちゃないの?
まあ大切にしてるから良いか。

イメージ 15
P-仔♪の運動会
ちっちゃいけど走りは速いねっ
幼稚園最後の運動会
愉しかったのかな〜?
来年は小学生ですね。嬉しい様な寂しい様な・・・

イメージ 16
おれ
みんなにお爺ちゃんになったと云われるよう・・・・・
病院ばっかし。診察・検査ばかりで毎月の医療費が結構掛かる。
ローンで普通乗用車が買えるくらい掛かってるよ
現在蓄膿症の手術を控えているが
脳神経外科の先生から手術を停められた・・・
前回の手術で頭蓋骨に損傷があるので普通のアプローチで
蓄膿症の手術を行うのは危険だと云われた・・・
総合医療センターでの手術を勧められている。
あ〜また検査尽くし・・・ たかが蓄膿症の手術なのに・・・
また費用が掛かるなぁ
まだ独身の頃は強靭な肉体を誇っていた。
病院なんて行かないのに毎月支払う高い健康保険料に怒りさえ覚えていたが
今はお世話になりっぱなし・・・ スミマセン・・・


  • > きゅあおっさん

    末っ子も来年小学生です。家にはもう幼稚園児が居なくなってしまいます。 何だか寂しいィ〜
    この時が永遠であって欲しいという様な子供みたいな事云ってられないので、5年以内には僕の身体をサイボーグ化して心もデジタル化して永遠の命を手に入れたいと考えています。

    中村

    2017/10/15(日) 午後 6:24

  • > おとん♂

    ぼく貧乏暇無なのでムリです・・・・・

    中村

    2017/10/15(日) 午後 6:48

  • > きじま004215さん

    ありがとうございます。 私の本当の誕生日は高熱で寝込んでいました。
    その日は凄く愉しみな呑み会あったのに残念です・・・

    N.ephippiataの蓋裏の白いものは小動物を誘う分泌物なんです。
    ムースみたいなもので舐めるとポカリスエットみたいな味がする様です。

    中村

    2017/10/15(日) 午後 6:51

  • > 内緒さん

    最近EPからイロイロとレアなネペンテスがオークション出品されているようですね。
    私は知らなかったんですが、オークション終了後に山田さんから聞きましたよ。 私が持ってるものばかりだと聞いてたので何が出品されてたのか聞きませんでしたが、全て日本人が落札したと聞きました。
    海外のコレクターはセコい奴が多いので価値観が合いません。

    N.ephippiata G.Hoseの実生苗は2014年頃からよく見掛ける様になりましたね!
    替わりにG.Raya産のエヒピアタ(クローン)が品薄と聞いていますが本当なのでしょうか?
    ここ数年はナーセリー事情に疎くて何も判りません・・・

    中村

    2017/10/15(日) 午後 8:07

  • > nep*nla*dさん

    ありがとうございます。でも発熱で寝込んだ誕生日でした

    とりあえず記事完成しました

    中村

    2017/10/15(日) 午後 8:09

  • > ビッキー

    由良は遊びに行くには良い所だけど毎日仕事で通ってると嫌になるYO・・・
    昼飯喰いに行くのに、潰れたうどん屋は数件見掛けたけど、後は中華屋ばかりで、しかも何処も不味過ぎる。
    居酒屋も無いの。 中華屋はどの店も夜になると酒屋になるみたい・・・
    来週からは和歌山県日高町でデマンドの突貫工事。
    更に遠い場所になるから寝る時間が更に少なくなりそう。

    またウツボカズラ沢山枯れそう・・・・・・

    中村

    2017/10/15(日) 午後 8:17

  • > jaz*****さん

    うふふ・・・色々とイメージを膨らせていますねゑ〜
    栄養塩類の乏しい土壌で生き残る為に、葉の先端が伸びて大きな捕虫機構を獲得したネペンテスは凄く魅力的だけど、更に環境の悪い高山帯に逃げて進化した高山性種は理解に苦しむ様な奇抜で奇麗なデザインの捕虫嚢ばかりです。
    どんどん深みに嵌ってください〜

    中村

    2017/10/15(日) 午後 8:25

  • > yamachanさん

    N.lowiiやN.ephippiataはムンクの叫びの様(?)な奇抜な捕虫嚢が魅惑的で高山性ネペンテスの花形的存在なんですが栽培している人は居ませんねゑ・・・
    スマトラ高山種は歪な捕虫嚢が最高ですが育成が簡単なんで、私的にはN.lowiiの苗をアダルトに育て上げて初めてハイランダーとして一人前と云う感覚があります。
    新しい愛好家にも是非ともN.lowiiやN.ephippiataの栽培をTRYして欲しいと想います・・・

    赤いN.lowiiは一度しか見た事がありません・・・・・

    中村

    2017/10/18(水) 午後 8:32

  • > むっくーさん

    私は月に一度しかブログ更新しませんし、一年の内半分以上はネペンテス以外の事を書いてるもんね・・・
    苗時に記録をとった鉢のその後を綴る事無く、既に成熟を果し複数回脇芽更新した個体ばかりで、既に放出してしまった鉢も沢山あります・・・
    中には7、8年も育成して一度も記録を取らない内に放出したり枯死したものも沢山あります
    既にこのブログは栽培記録でもなんでもなくなってしまいましたね

    ムックーさんは漸く原種の栽培に目覚めたとの事なので今後が愉しみです!
    色々UPしてしてくださいね

    私の栽培環境・・・最低でしょ・・・・・
    仕事も忙しくなる一方で植物趣味に裂ける時間も無くなるばかりで、しんどくなってきました
    北海道に行っても私の仕事があれば引越しします

    中村

    2017/10/18(水) 午後 8:46

  • > doruitoriさん

    『EPのオークションホセ山のエフィピアタが14万円で落札』
    稀少度からすればそれくらい出しても欲しいものだと感じます。 これ位出せる趣味家は日本か中国、台湾位でしょうね。
    それ以外の国の趣味家は『くれくれ、交換希望』のセコい奴ばかりです・・・

    N.ephippiataの挿し木増殖は難しい様です。
    直ぐに腐ってしまい、N.lowiiの様にはいかないみたい。
    N.ephippiataに限らず、N.lowii、N.rajah等をアダルトに育てる人をこの10年全く見掛けません。
    工夫さえすれば特別冷やさなくとも成熟する種なのにね・・・
    新しいものにばかり走る人ばかりで面白くないですね・・・

    中村

    2017/10/18(水) 午後 8:57

  • > 左沢ねあさん

    やはり最近はN.ephippiataが入手難なんですか・・・
    やはりクローンであってもネペンテスは欲しいと想った時が買い時だという事なんですよね。
    10年程前はN.ephippiata、N.lowiiはハイランダーの憧れで誰もが育てていたものですが最近は育ててる人見掛けませんね。
    N.rajahですら育ててる人も見掛けないし、大きく出来てる人なんて全く見なくなりました・・・

    当方は前冬の日照不足でネペンテスが過去最大の損傷を受けました。 低地性種では夏になっても回復しない鉢が多く、このまま冬に入るとそのまま枯れてしまう鉢が出るでしょう。もうどうする事も出来ないし今年も忙殺されて沢山のレア個体を失ってしまいました。
    去年5月頃に買った150万円分のネペンテスも全部枯死させてしまったし、流石にネペンテス熱が冷めきってしまいましたね・・・
    次の冬が暖冬(上空に分厚い雲が停滞しない)にならなければネペンテスは壊滅すると想いますし、そうなると春にはネペンテス栽培辞めてしまいそうです・・・

    中村

    2017/10/19(木) 午後 11:02

  • > niziiroさん

    11、12月の灯油代はそんなに行かないけど、1、2月は7万円前後掛かります。 内張りも施してるんですがこれ以上の保温は物理的に難しいので限界ですね・・・
    当方の立地は冬季ねずみ色の分厚い雲が停滞するので日中も真っ暗で暖房機がフル稼働です。
    以前、他の人の温室を何度か見学しましたが雪が積もる場所でも日照があれば温室の中は汗をかくほど温かく暖房機も停止している状態でした。
    やはり立地条件が一番大切なんだと痛感しています。
    今までは熱意だけで何とかやってきましたが流石にもうシンドくなってきました
    もう数週間ネペンテスの世話もしていないし温室にも入っていません。

    中村

    2017/10/19(木) 午後 11:17

  • 顔アイコン

    アミノ酸やら何やら色々と試した事はありますが、多少でも日照あっての効果だと感じています。 当方の冬季は何をやっても焼け石に水ですね・・・
    冬季に人工的に照度や適正温度を確保するとなると設備投資やランニングコストが現実的じゃなくなるので不可能です。

    あ〜もう嫌。
    もう枯れるなら枯れろって感じで、今は全く世話する気力も無くなりましたよ。 栽培家としては最低の失格者です。

    中村

    2017/10/19(木) 午後 11:25

  • 未だに高山性種の殆どが着生種と想ってる人が多いですが、殆どが地生しているんです。
    自生地画像を見ると着生している様にしか見えませんが、実は地面から生えており、数m〜十数mに伸びた茎が木々に寄りかかり、その上からコケ類が蕪さっているだけなんです。それを見ると着生している様にしか見えませんから。
    中には木々に生えた苔から実生し育ってる株もありますが、アダルトに成れる個体は皆無です。

    デカイ車は好きです!

    中村

    2017/10/19(木) 午後 11:32

  • > coronaさん

    お久しぶりです。
    コロナさんもMCハマーお好きなんですね!
    何だか意外なきがします

    そろそろビカクシダの事書こうかな?
    でもビカクシダ好きな人はみんなツイッターとかピンスタみたいなのに行っちゃったからねゑ・・・・・

    中村

    2017/10/20(金) 午後 6:58

  • > ピオッジャさん

    ありがとうございます。 末っ子は大きく成らない病気なんですが、とても力強く走りも速いです
    保険は無理してでも掛けておきましょう。
    私も年金型保険、生命保険から様々な保険に入っています。掛け捨てじゃなくて貯蓄型にしているので毎月大変です・・・

    中村

    2017/10/20(金) 午後 7:02

  • 顔アイコン

    surfaceさんが最低の失格者なら
    私は最低のカマキリブリーダーですよー。
    彼らが、餌を欲しそうな視線や仕草をしてましたが、手が回らず、残念でした。
    自分を貶める気持ちは分かります。

    最近実感するのは、趣味やライフワークにも息抜きは必要だなーーと思います。

    最初は、趣味が生活の息抜きで。今では、彼女作りや結婚より優先してる程ですが、趣味そのものがプレッシャーやしんどい時はあります。
    気が向かない時は、適当に受け流すしかないです。
    積み上げた物や失う物も多々ありますが。
    良くも悪くも経験や記憶、思い出、人脈は簡単に消えません。
    気が向いた時に、リカバリーして少しずつ態勢を立て直しましょう。
    ただ諭吉さんのみ帰ってこなし、再建するのに更に諭吉さんが旅立つのが痛いですがねー。ため息

    当面は、温室から避難してフィギアやガンプラ、アニメに逃げるべしです。

    [ niziiro ]

    2017/10/23(月) 午前 0:26

  • > niziiroさん

    生体趣味を続けるのは難しいですね・・・
    私も多忙で淡水エイの餌を切らして餓死させたりアジアアロワナを出張中に亡くしたり色々とありました・・・

    ネペンテスの場合は息抜きどころか自分の時間すら作れないのでどうしようもありません。この10日程は毎日4時間半〜5時間程しか眠れないほど忙しくて食事と入浴の時間を作るのがやっとでした。
    と云う事で10月は一度も植物の世話をしていません。

    実はアニメDVDやレジンキット、本等を色々と買ってはいますが、多忙過ぎて梱包から出す事も無く、買った事すら忘れているのが現実です・・・

    中村

    2017/10/29(日) 午後 2:46

  • そろそろ冷えてきたので屋外に出している植物を取り込む為に調整して今日は現場を空けています。
    なのに台風接近で横殴りの大雨で植物の移動なんて出来る状態じゃないです。
    数日前から台風接近は判ってましたが今日以外の調整が難しく、もう昨夜からブチ切れです。
    何時もツイてない・・・
    外に出してるビカクシダも温室のネペンテスもどうぞ枯れてください〜ってな感じで自棄になってます。

    今は病院の検査、そして家族との時間と人との付き合いの時間だけ割く事で一杯一杯な感じです

    中村

    2017/10/29(日) 午後 2:50

  • 顔アイコン

    こんにちは。
    ephippiataはinermis と同時に購入しなんとか猛暑を乗りきりスクスク成長してくれました。
    Hoseも余裕が出来たら購入しようと考えて金策中です。
    自分の家であの大きなクチバシ蓋とボンネットにシャンパングラスを並べて6‚6ブローニーで写すのが夢であります!

    中村さんエイリアンはともかくサイレントヒル好き何ですか?うちらの世代がドンピシヤなので驚きました。
    私も仲間たちもバブルヘッドナースの話で一晩美味しく酒が飲める程ファンです!
    映画も一作目は色々踏まえていておもしろいですよ!
    2作目はゴミですが....
    寒暖差が激しくなってきましたお体に気を付けて頑張って下さい!!

    [ ケフお ]

    2018/10/28(日) 午後 3:47

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事