ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

P.alcicorne

イメージ 1
Platycerium alcicorne f.Africa
 
 最近は何だかバイタリティとかモチベーションとかが低くてダラダラしているなぁ〜・・・・・
糖尿病とか腎臓疾患の影響なのか酒も旨く無いし美食を食べても全く美味しいと想わなくなってしまった。 
あんなに大好きだった中華料理なんて食べたくもなくなってしまった=3=3=3
美味しい!と想うのは妻が作ってくれたヘルシーなお昼の弁当だけ。 
後はあんなに好きだった女性への興味が無くなってしまった。 性欲が無くなってしまったら男は終わりYO・・・
 さて今回は久し振りにビカクシダの栽培記録でも付けようか。
11月になり外気温は随分下がり湿度もかなり低くなってしまった。 屋外に出していた植物を温室に取り込まなければならないのだが、私の温室は春〜夏の太陽が高い位置にある季節は良いのだが住宅地の隙間に立てている私の温室はこれからの季節は太陽の位置が低くなるので日中でも住宅の影になってしまい殆ど陽が入らなくなってしまう。
知人の温室はこの季節でも日中に冷房機器が稼働していると云うのに私の処は曇りの日は日中でも暖房器機がうなっている状態。 
今後更に太陽の角度が低くなり私の温室は12月〜3月までの間は日照ゼロなる。 
この時期は植物の成長が止まってしまい、暖房費の月額はサラリーマンの一ヶ月のお小遣い相当。
普通ならこれからの季節が高山性種の栽培に期待出来る期間なのに私の処は4月〜9月末迄しか植物を成長させる事が出来ない。  案外、条件悪いんだYO〜><。
 
 
 
 
イメージ 2
 Platycerium alcicorne 去年2011年 9月22日 
 
 なんて綺麗で瑞々しい植物体なんだろう。 当方栽培個体のビカクシダは殆どが10cm未満の小さな苗から
育成したものばかり。 簡単な原種なら普通の管理でも経年と共に大きく育ってくれる。
しかし本種の育成はやはり難しく何年経ってもなかなか満足行く成長を見せてくれない。  
この個体は当方の N.truncata 実生由来の選別個体の親株挿し木と交換してソコソコのサイズを入手したもの。
Platycerium alcicorne はアフリカ大陸東部からマダガスカルまで分布しているが大陸産とマダガスカル産とでは特性が全く違い、以前は其々をP.alcicorne f.Afurica P.alcicorne f.Madagascar と表記されていたが
現在では大陸産を P.alcicorne 、マダガスカル産を P.vassei と下位分類している。
 原種とは云ビカクシダ入門者から見ても本種と P.bifurcatum の相違点がイマイチ判らない様である。
確かにウェブ上の画像で見比べてみても判らないかもしれないが現物を見れば両種の特性は一目両全!
私は本種の鋭い胞子葉とスムージーで光沢のある貯水葉に堪らなく魅力を感じる!
 
 
イメージ 3
 今年2012年 8月6日
 
 株下部からエンドレスで子株を吹出す。 去年の今頃は貯水葉下部から無数に吹き出るPUPを全て切除して
株をヘゴ板にリマウントのだが今年も同じく無数の子株が吹き出た。
私の好みとしては株単体を極めたいと云う願望が強く、群生株は栽培容積の問題上でも望んでいないのだが。
本種の小さな苗を大きく育成する事は困難であるがある程度大きく育った個体は鬼の様な強さを持っている。
近年は国内で本種の苗が流通していないと云う。 子株を増殖して分譲に出そうかなぁ?
 
 
イメージ 4
 今年2012年 10月30日 温室内にて
 
 貯水葉が役目を終え褐色に染まる中胞子はがドンドン成長を始める♪
単体株ならコンパクトなイメージがある本種であるが以外と大きな植物体なので温室に収容するのも一苦労!
贅沢な悩みなんだろうね。 本種の育成は難しいからねゑ。 P.bifurcatum P.superbum と違ってやはり水加減が難しい。  水が多いリゾームを腐らせて株が縮小してしまうし乾燥させてしまうと一発でドライアウト!
常にリゾームが程好く湿っている様な最良の状態をキープしているとやがて成長が緩慢になる。 
植物と云うのはストレスが無いと強靭に育たないのである。 極端な乾湿を付ける! そこがポイント!
ギリギリまで辛くしてココ!と云う時にタップリ潅水するのが最高なんだけど、このタイミングが難しく何時まで経っても上手くなれない。
まぁ人生と一緒で園芸も一生勉強だいっ=3=3=3
 
 
イメージ 5
 同じく今年10月30日
 
 P.alcicorneと云えばピカピカ!ツルッツルの貯水葉の魅力が堪らないが、胞子葉の魅力の素晴らしい☆
剣の様に尖った胞子葉が天を目指して勢い良く伸びている! この胞子葉が何とも魅力的でナローな葉の形や
芸術的な葉脈を眺めて観察していると時の流れが止まってしまう。
来年の夏はどん草姿を見せてくれるのか。 当温室では今後は日照も無く成長が止まってしまうが来年の晩夏の草姿を想像するとワクワクする!
 
 
イメージ 6
 おまけ:海外栽培家所有の Platycerium alcicorne
 
 是は凄い! 見事な群生株!  栽培下でこんなになるものだろうか? 
国内とは風土の相違点も大きいが栽培下でこれだけのものが作れるのは超一級のビカクシダ栽培家の証☆
ビカクシダ栽培において株の本来の魅力は群生株。 殆どのビカクシダは成熟すると一般家庭では収容出来ないサイズになってしまう。 当方の狭い庭では現実的では無いが、だからと云って諦めたくない=3=3=3
さてどうする? そ〜の内 何とかな〜るだぁろぉ〜う♪ 
 
 
 
 
〜 秋 の お 散 歩 〜
イメージ 7
 先日の日曜日 10月21日
 
 家の裏にある黒鳥公園へ私の母とチーコ♪、O太♪と一緒に散歩〜☆
遠くに行かなくても黒鳥公園へ行けば1日中遊べる! チーコ♪もO太♪も大喜びィ!
オカンもチビたちと一緒に散歩に行くのが大好き! 愉しいねゑ♪
 
 
イメージ 8
 チーコ♪は釣りかなぁ? 
 
スルメを付けてザリガニ釣りだいっ! 釣果はゼロ。 釣れなくても良い、竿を垂らすと云う事が釣りの醍醐味♪
チーコ♪の足元を60cm位の鯉がユラ〜と泳いでいたのにチーコ♪は全く気付かない=3=3=3 
 
 
イメージ 9
 P−仔♪
 
 ギャングみたいだねゑ〜♪   お〜よちよち♪♪♪

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事