ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

P.Mt.Kitshakood

イメージ 1
 Platycerium Mt.Kitshakood / I Love Fern Shop
 
 今年最後のブログ(栽培記録)。  でも仕事に終わが見えない=3=3=3
年末年始の予定は12月30日に仕事納め。 仕事始めは1月4日と云う感じであった。
年末31日に母と一緒に正月の買い物、そして大掃除! 元旦〜2日は初詣と親類へのご挨拶! 
3日は家族でゆっくりと♪.............と想っていたのだが、今回は現場が年末年始もフル稼働だってさ=3=3=3
建築が稼働するのに設備関係が休む訳にはいかない。 嗚呼、正月も休み無しなのかかかかかか!?
SO〜云えば今年は生まれて初めてお盆を休まず仕事した。 もし正月も無ければもう盆も正月も関係ないねゑ。  自分で選んだ仕事だけども何だか嫌になる。  建築屋よ、休めYO=3=3=3
今年を想い返ると殆ど休んでいない様な気がする。 朝は陽が昇る前に起床して現場。 夜は翌日の段取りや現場調査に見積もり等の事務処理。 貧乏暇無、家族サービスも出来ていない。
それでも11月、12月は結構利益が上がったのでウハウハ♪ 儲かっていると休みが無くともストレスも出て来ない♪ むしろ仕事が面白くて仕方ないっ★  
ふと想う、何の為に働いてるの? 生きる為に働いてるのか、それとも働く為に生きているのか.............................
正月も休み無さそうでちょっとセンチメンタルになっちゃったYO〜><。
 
 栽培記録(ブログ)を記すのも命懸けってこと! 2週間に一度、ブログ記載の為に2時間を確保する事がどれだけの気合を要するかっ!   最近は温室に陽が入らないから植物に殆ど興味無いんだけどねゑ=3=3=3 
・・・と云う感じで今年最後の栽培記録はビカクシダ Platycerium Mt.Kitshakood
イメージ 2
 去年2011年 6月19日
 
前回の記事以降、P.ridleyi 寄りの感じの良い胞子葉がコンボで出て来た。 新たに貯水葉も出て良い感じ♪
本当に美しい交配種だと想う。 素晴らし過ぎる☆
 Platycerium Mt.Kitshakood (P.ridleyi x P.coronarium)
片親の P.ridleyi  は最も大好きな原種。 ヘラジカの如く見事な胞子葉と規則正しく流れる深い凹凸を持つ
貯水葉とのハーモニーは芸術的であり最も美しいビカクシダ原種であると云っても過言ではない。
そしてもう片親である P.coronarium は冠する種小名の通り、王冠の様に立派な形の貯水葉に上品は葉脈。
そしてナローな胞子葉は繊細で美しいウェービィーな葉形を長く伸ばす。 1mも2mも伸びる長い葉はシャンデリアの様な優雅さを彩りエレガントな草体を誇る。
両種とも最高に素晴らしい原種であるが栽培に一癖あり、維持は出来ても美しい草姿に仕上げる事が困難である。 私は大好きなこの原種達を上手く作る事が叶わない。 
しかし両種とのクロスである本交配種は私の至らぬ栽培技術の下でも見事に育ってくれている。
 
 
 
イメージ 5
 去年2011年 9月27日
 
おぉ! 大きな貯水葉を展開した。  画像では判り難いけどマウントしているヘゴ板はXLサイズ。
凄く大きな植物体! 今までビカクシダに一切の肥料を投与しなかったが去年は春〜秋迄の屋外に出している間に微量の科学肥料を投与してみた。 効果はテキメンであった。 ビカクシダの肥料喰いは常識であるが
当方では肥料厳禁のウツボカズラと一緒に育成しているのでビカクシダへの投肥を行わなかった。
まさか肥料の威力がここまで影響するとは想わなかった。
 
 
イメージ 6
 今年2012年10月30日
 
秋も深まり外気が冷たく湿度が急激に低下するので避寒の為に温室に取り入れる。
新たな胞子葉が伸びている。 大きい!  しかしながら汚らしい草姿。 自慢出来る様な美しい草姿に作りこみたい! 国内では未だ本交配種の美しい草姿を見た事ない。  
 
 
イメージ 7
  今年2012年12月16日
 
上の画像から更に新しい胞子葉を展開している。 本来なら期待出来るのであるが当方では現在日照を殆ど得る事が叶わない。 この後成長が止まり来年3月中旬まで休眠に入る。 
なかなか良い感じに成って来たので来シーズンが愉しみである。 
しかし本個体はどんな風に仕上がるのであろうか。 ウェブ画像で海外の本交配種のアダルト個体を見る事があいばしばある。 しかしどれも生育旺盛なのは良いのだがグチャグチャに育っておりお世辞にも美しいとは云えない。 溜息が毀れるほど美しい草姿をしているのはほんの数個体のみ。 
これは個体差なのか、それとも作り手の器量なのか、今の私には知る由も無い。 
本個体がどの様に育ってくれるのか、私自身がどれだけ作り込めるのか、愉しみである。  
 
イメージ 8
  Wannna姫 / I Love Fern Shop の Platycerium Mt.Kitshakood
美しい。 胞子葉の凹凸に物足りなさを感じるが芸術的は放射状と貯水葉の形の美しさに溜息が毀れる。
そしてこの見事な胞子葉にはもう何も語れない。 未だ未成熟な個体に見えるが当方栽培品と比べると数十倍の出来である。 流石はワンナ姫である。 私もこんな草姿に作ってみたい。
 
 
 ★ Merry Christmas ★
イメージ 9
 昨日は家族でクリスマス・パーティをしたYO〜 
チビたちも大きく成ってきてクリスマスを理解する様になってきた。 みんなでクリスマスの歌をたくさん歌って
美味しいチキンやケーキを食べてとても愉しかったね
 
イメージ 10
 妻が私にシャンパンを買ってくれた  モエ・シャンドン  私の大好物だ。
私はシャンパンが大好き。 特に結婚式の様にめでたい日やお祝いにお日によく冷えたシャンパンを呑むと凄く幸せな気分になる  でも¥高いから我慢してたのに、妻が私にプレゼントだって買ってくれた
 ありがとう、美味しかったYO
 
 
イメージ 3
 Merry christmas★子供達♪
 
 
 
 
 
今 年 の 想 い 出
イメージ 4
 三本松さん(オレオレさん)と山田さん(山田食虫植物農園)と私
 
 お二人にお会いするのは久ぶりであった。 たまたま用事で上京したところ何と山田さんも東京に居るとの事。
せっかくなので三本松さんの店で呑む事になった。 ネペン本田さんも呼んで超マニアックなウツボカズラ奇譚に華を咲かせようと想ったが私も山田さんんも長居が出来なかったので本田さんを誘えなかった。
残念であった。  とは云っても呑んで話す事は女の事や金(商売)のことばかりだけどねゑ。 しかもこのメンバーで呑むと生命の進化から始まり、バージェス頁岩に秘められた古代カンブリア紀の節足動物の事や生命の定義、混沌、真理。 時間と空間の概念、そして宇宙に及び収拾が付かなくなる=3=3=3
最後は私がトイレにサイフを落としてしまい無残な想いをしたがウケたので良かった♪  
 今年は食虫植物仲間とは誰とも会っていない。 以前より多田先生( Mr.Viking )から何時でも遊びにいらっしゃいと有り難いお誘いを戴いており是が日でも先生の栽培品を見たいと想っているが未だにお邪魔する事が叶わない。 谷口氏( Liberal Farm )からも同様に有り難いお誘いを戴き、今年の5月連休に泊まりで遊びに行かせて戴く事になっていたのに其れも叶わなかった。  来年はエンゲル係数を下げて休もうか。
 そんな感じで今年も地味に忙しくて殆ど休んでいない。 当然アッと云う間に一年が終わり家族との想い出は殆ど無い。 それでも4月の入園式は想い出深かった。 何時も家の中で甘えている子供達を外へ出す時は心配だった。
そして夏。 今年の夏は盆休みも無く働いていた。 そんな中、チーコ♪が私に 『 海につれていってほしい 』 と申し訳なさそうにお願いしてきた。 私は絶対に海に連れて行ってあげると応えたが休めそうに無く困っていた。 しかし8月の終わりに何とか休みが取れ無事にチーコ♪を海水浴に連れて行けた。 夏の想い出も想い出に残る。 しかし家族を何処にも遊びに連れて行けなかったなぁ。  何て情けない親父だ=3=3=3
 
 
 

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事